戻りが弱い日本の株式市場

アメリカが公定歩合を下げましたが、
空けて月曜日の日本市場は今ひとつ戻りパワー不足。
夏休みシーズンで投資家は離散。
こんな暑い最中、株、株という総人口に対するハッスル投資家比率は僅少。
今夜のニューヨークを開けて見ないと分らないというのが正直なところ。

なんせ今の日本の売買シェア7割が外国人なんです。
その外国人に信用収縮の津波が来ているので、私はネガティブ・シナリオです。

堅い運用に徹するべきというのが自説。

明日は上弦の月。流れが変わってくれるように祈りたいですね。

by yoshi-aki2006 | 2007-08-20 14:35 | マネー | Comments(0)  

<< 木村佳子の講演会と最新スケジュール 「貯蓄から投資へ」を検証する >>