経済評論家、一級FP技能士、チャート分析家の木村佳子さんが素敵な明日を迎えるためにお届けする ライフ&マネー メッセージ   ホームページはhttp://homepage2.nifty.com/fp-money/

by yoshi-aki2006

追証 一回目が思案のしどころ 道の分かれ道

株式市場が下がると信用買いをしている人は二重に損をします。
担保に入れている株券の価値は下がる。
建てている株の価値も下がる。

そして担保力に問題が出てくれば追加保証金を入れなくてはならなくなります。
通常、現金を使い果たして信用取引に手を出すので、追証を入れる余裕はありません。

余裕がなくなると、怖い目の人になります。

追証を入れなくてはならなくなって、立ち直った人は少ないものです。

「自分の間違った判断で損してしまった」

素直に認めて撤収する人には明日があります。
過ちを認めることができない人は
「相場が悪い」「日銀が、証券会社が、評論家が悪い」と非を相手に見つけ、
「自分が株が下手なんだ」という事実を認めることができません。

何年やっても株でお金が増えていないなら、それは株が下手なんです。
でも、それを苦に思うことはありません。大多数の人が損をするのがマーケットなんですから、人並みなだけです。

好きなのに下手な人は昔からいます。下手の横好きっていうじゃありませんか。
下手なのに好きならそれは趣味です。
趣味なら、楽しめる額だけつぎ込むことです。

怖い目の人になって、思いつめるようでは富はけして構築できません。
追証がかかっているなら、やめ時を検討するよい機会かもしれません。
by yoshi-aki2006 | 2007-08-22 23:23 | マネー | Comments(6)
Commented by poran charan at 2007-08-23 09:19 x
先生、お久しぶりです。ちょっと旅行をしておりました。その間に市場はすごいことに。まったく怖いですね、株は。旅行中は旅行に徹していたので、気になりながらもしらんぷり。帰宅後、木村先生のコメント、一週間分の日経新聞を読み、ラジオ日経のオンデマンドを聞きました。私の場合、株は趣味。忙しい時は、あわてて対処しなくてもよいような、取り組みでやっていきたいと思います。これからも、ご指導お願い致します。
Commented by ココナッツ at 2007-08-23 14:07 x
株をやるときに最初に読んだ本が木村先生の本だった幸運をいまさらながら思います。

その本に先生は「信用はこわい」とはっきりお書きになっておられました。
私はその言葉を肝に銘じていました。
また、「株は余裕資金でやりなさい。」という言葉も忘れていません。

とあるところで、株をやる方に
「私は信用はしません。」と言ったら、その方は
「まあ、お金持ちなのね。」と馬鹿にしたようにいわれました。

その方は、私が初心者でなにもしらない
という意味で言ったのかもしれませんが、
私自身は、お金を借りて相場をしなければならないくらいなら、
そこそこにしておいたほうがいいと思います。

最近は初心者向けのネット証券でも信用取引についての
案内がのっていて、首をかしげていました。

借金をしてまで、お金を稼ぎたいというなら、
それなりに、覚悟がいると思います。

相場に命をかけているような、専業の方なら、
私はなにもいいませんが、
中途半端な主婦の方がされるのは、
見ていてハラハラします。

私が甘いのかもしれませんが。
Commented by yoshi-aki2006 at 2007-08-24 00:12
poran charan さま

9月はじめあたりまでは戻していくと
思います。安いとき、思い切り買える投資家になりたいですね!
Commented by yoshi-aki2006 at 2007-08-24 00:15
ココナッツさま

お金と名誉にターゲットがあると信用取引でも何でもして金持ちになりたいと思うのでしょうね。
幸せな株式投資をしたいものですよね。
「ザイ」などを読むと、すぐにでも億万長者になれる気がしてくる人もいると思いますが、リスクと上手に付き合える素人さんって少ないんではないでしょうかねえ。
楽しい投資、趣味の投資でお金を増やせればと願っています。
Commented by poran charan at 2007-08-24 11:09 x
ご指導ありがとうございます。心がけたいと思います。
Commented by ココナッツ at 2007-08-24 20:43 x
「幸せな株式投資」そうですね。
いい言葉をありがとうございました。

ゆっくりと、楽しく株式投資をしたいものです。