2007年をふり返って

寒い日は・・・。
食べるならチゲに限ります。
といっても本格的な作り方は知らないのですが。
キムチの素と「早く食べないと傷んでしまう!」と思える白菜漬け、
豚肉、生姜、葱をごま油でいためて、豆腐、モヤシ、きのこ類などありあわせのお野菜でちゃっちゃと。講演、対談、ラジオ、テレビがあるときは食べられないにんにく料理。今日は思い切り食べられます~♪

これにとっておきのお酒をちょこっと。

はぁぁぁ~、温まります。

大貧血が改善したので体調はバッチリ!
今年、体を直せたことがなによりでした。
名医に出会え、そして、その名医への信頼感から抜本的に直していただく道を選択できたこと。
名医を軸とした院のシステムとスタッフの皆様には心から感謝です。

医師、看護士というお仕事には深い尊敬の念を覚えました。
自分がこの世で一番くらい忙しいと思っていましたが、とんでもない。
先生達は朝一番で手術を3~4人。
昼からは外来診察。夕方まで大勢の外来患者ひとりひとりに向き合い、説明し、データを見て解析、分析、診断、処方していきます。
そして夜は入院病棟を見て回るのです。
一体いつ寝て、いつ休むんでしょう。
私を診てくださった先生は5年間夏休みなしとおっしゃっていました。
若い先生も朝から夜まで働き通しでした。

そして、直ってあたりまえ。何かあったら大クレーム。
過酷なお仕事だと思いました。
自分の体のことでなく人の体のことで悩むのですよ。
職業に貴賎はないといいますが、医師は尊敬されてしかるべき職業の一つだと思います。薬害や診療ミスのことばかりマスコミで取り上げられますが、世の中にはすばらしい医師や看護士がたくさんいらっしゃることを身をもって知りました。

今年は人にチャンスを与えていただいて海外に三度も仕事で行けたこともトピックスでした。
90年初頭~97年は北米の北側と南側のUSドル圏、98年はアジアキャラバンで「元」圏、
00年、01年はユーロ圏、
そして今年は新興国、アフリカ大陸と未知の国々にふれる機会がありました。

こうした体験からこれから自分の進むべき道のヒントを得たような気がしています。

もともと私はお金持ちのお嬢さんでもなんでもないし、親も私も無一文から人にさまざまチャンスを与えていただいて、かじろうて今、人並みかあるいはそのちょっと下、中の下程度の生活ができている人間です。そして、特に容姿や才能に恵まれているわけでもなく、ただただ健康だけがとりえで生きてきた人間です。
その健康を今年、取り戻せたこと。
そのことに深く感謝して、健康に生きられる残りの人生を大切に、何か人の喜びにつながることを探して努力して行きたいと思っています。

さあ、2008年、どんなことをしようかなあ!
いろいろ考えてみたいと思います!

by yoshi-aki2006 | 2007-12-16 01:05 | 感謝 | Comments(0)  

<< スペイン舞踊家 鈴木敬子さんのライブ 倒れるほど働く? >>