三寒四温

3日寒いと4日目暖かいよ、という意味だろうか。
三寒四温。体で納得する言葉である。

私の仕事部屋は北西の角部屋。やはり仕事場が閉塞的な窓なし部屋で「太陽光不足」の太陽渇望友達がいて、講演の前にランチして思い切り太陽さんさんな公園を歩く。

お互いに忙しい身だが、陽光の中でたわいもない話をしていると楽しい。
これは一重に太陽様のおかげだ。
雪が降ったりしたので、今日のランチがどんより空だったらブーだなあ、と思っていたら、雪が降った翌日は晴れるんだそうだ。

公園には梅の花が風情よく咲きはじめている。桜は玉三郎のようにキレイだが、梅はまた梅で実に上品だ。恥じらいながら花開かせるその姿は奥の深いしっとりした美人のようで、見惚れてしまう。

さて、太陽光友達。最近、猫の恋模様に夜の静寂をかき乱され、よく眠れないという。近所に餌撒きの人がいて、去勢もしないため、猫が増えて増えてそれがこの季節に恋模様と来てほとほと困っているそうな。

恋のはてには子ができるわなあ。春になるともっと猫が増えてしまいそうですねえ。

太陽の下でそんなたわいもない話をしばし。
内容はお困り度が高かったのですが、気持は久しぶりに楽しかったのでした。

公園のあとは講演で、その後は速攻で家に帰って日焼け対策をしました。
人間にとって、とくに年増にとって春は恋の季節の前に紫外線対策の季節なのであります。

by yoshi-aki2006 | 2008-02-06 03:53 | 感謝 | Comments(0)  

<< 与えられたものに感謝する 理想のヘアスタイル >>