目に星

若い美容師さんは大変だ。
私が時々お邪魔する近所の美容室のお嬢さん、若者はこの寒い中、パンフレット配り。
その前を通ると「あ、木村さん!」と声をかけてくれる。すると私の母性DNAは突然、起動し、
「まー、あなた、こんな寒いところで~」といたわりの言葉を発している。
駅に向かうとまた、そこの若い美容師さんが出勤で、「あ、木村さん!」と声をかけてくれる。
また、私の母性DNAはフル稼働し、この若い子をいたわりたくなる。
「あら、あなた、最近、めっきりきれいになって~。目に星が入ってるよ! いいことあったのね?」と。「えー???」
「なんかいいことあったでしょ」と聞かれて何もない人はいない。
相手はいいことを思い出し、「うふっ」とか笑う。
それで一日ハッピー。

私にもそれくらいの機転は働く。

若い人を喜ばすこと。
年上の務めだと思うね。

by yoshi-aki2006 | 2008-02-14 12:50 | 感謝 | Comments(0)  

<< キオスクに人だかり 鼻水 >>