ありがとう、を見つける心

五木寛之さんが「毎日一つ感謝を、ありがとうをいうことにして心の空疎な感じから立ち直れた」みたいなことをどこかでおっしゃっていた。
えっ? 五木寛之さんほど恵まれているように見える方でも、そんなことを感じられていたのかと思った。

人は誰しも不満を覚える。
情けない思いも味わう。
獏とした寂しさに寒い日もある。

だけど一日に何か一つ「ありがとう」と言える事はあるはずだ。
五木さんは「それをみつけてありがとう、というんです」とおっしゃっていた。
そしたら心が温まるよと。

まねして「ありがとう」を見つけることに。

今日はいつになくあったかだった。ありがとう。
今日は原稿を一つ仕上げられたよ。ありがとう。
今日はバレエの授業に間に合ったよ。ありがとう。
筋肉がちょっと動いた。ありがとう。
そしておいしいカツ弁当が大好きなレモン汁で食べられた。ありがとう。
混雑している電車で「降りまーす」と声を出すとみんなが通してくれたよ。ありがとう。

こうしたことが反対であればきっと今、もっとかたくなな気持だろうな。
あしたももっとありがとうがいえますように。

by yoshi-aki2006 | 2008-03-08 21:43 | 感謝 | Comments(0)  

<< 「人はお湯」論 段々・・・ >>