桜餡

昨日は打ち合わせも兼ねた会食だった。
お食事のテーマは「桜」
桜にちなんだお品が続き、最後に釣鐘まんじゅうが出された。
釣鐘まんじゅうは大阪で有名だが、中の餡は通常、つぶし餡。
ところが昨日のは真ん中で割るとピンク色の餡。
白餡にしお漬けの桜が混ぜてあり、ほのかにピンク色でお味もしゃれていた。

女将さんは紫に桜模様のお着物。

私も以前、桜柄の付け下げ小紋を持っていた。
「桜やったら着る季節が限られているやない?」といわれて
「そうかな?」と思い、一度も手を通さないまま、年下の女性に引き取ってもらった。

分厚い羽二重のピンクの付け下げ小紋。
今みたいな季節に着れば映えたかも。
釣鐘まんじゅうの桜餡に昔に手放した着物がふと思い出された。

桜柄の着物も春の日をこの桜餡のおまんじゅうのように人の心をほっこりとさせますように。人様をきれいにゆかしく彩っていますように。

by yoshi-aki2006 | 2008-03-18 10:10 | 医食同源 | Comments(0)  

<< グリーンスパン前FRB議長の発言 円95円、日経平均株価1200... >>