付き合い考

ねちこい人。
私がもっとも苦手とするタイプだ。

特にねちこい初老の男性が苦手だ。

どうしてか、そういうおじさん以上おじいさん未満がくっついてくる。
携帯を持った「おじさん以上おじいさん未満」は夜昼関係なくかけまくる。
飲んではかけ、出張先からかけって頻度。
たいてい無視して出ないようにしているが、それでも共同での用事があるので、つい出てしまう。
携帯で話しだすとこれが長い。途中で切ろうとしようものなら大変だ。
「まだ話が終わっていない」「ちょっと待って、話の途中です」という具合。
ねちこい君は付け入るところを見つける。
たとえば「なぜ、会議に欠席したのか」と延々と説教、とか。

詰問が続くあまり、ついに、女性なら誰もがあまり言いたくない体調不良を明かすことになったりする。それも餌なのか? そう思うと腹立たしい。

ねちこい君に何か頼むと大変だ。事前事後に携帯プラス面会。

小さい頃、お母さんとの関係でなんかあったんだろーか?

そして、たびたびセクハラ発言がある。

「あなたはうちの奥さんよりずっと若いし・・・」(何の関連性があるというのだ?)
一緒に行動すると
「周囲の人に僕たちどう写っているのかな?」(誰もそんな発想はしないって)

「段取りしてくれる?」と依頼されてセットした会議で決定したことをすぐひっくり返す(私の面子丸つぶれだろーが)

るる百害を感じるのだが、切ると意地悪攻勢が始まるのでうっとおしい。

かまって君。
子育てをしてこなかったツケを社会に還さないとな。
そう思うこともあって、育ち上がりの遅い人の面倒も見るべきなのか、と思ったりする。

世のビジネスウーマンもこうした人間関係の海を泳いでいるんだろうか?
切れずに「あきれる」ってきれかたもある。
とりあえず、「あきれて」しまえば、「ねちこい君にかすめとられた時間の痛さ」に沸騰した気持ちの建て直しは図れる気がする。

by yoshi-aki2006 | 2008-07-24 23:16 | 人間考察 | Comments(2)  

Commented by poran at 2008-07-25 09:33 x
この手の男性は増殖中ですね。とりあえず、かまって君はほっておいて、若い人を育てたい。あれ、私がねちこいおばさんか?自戒自戒です。これからの人生、若い人の邪魔にならないように気をつけて生きていきたいと思ってます。
それにしても木村先生は魅力的。おじさまのアイドルなのでしょう。
若い人も先生には憧れているのではないかなー。
Commented by yoshi-aki2006 at 2008-07-25 09:48
poranさま

すみませんです。「かまって君」みたいなオヤジのことなんて書くのも癪だし、削除しようっかなーと思ってブログにきたら、poranさまの心さわやかになるコメントをいただいていて、気持ちが救われました! 考えてみたら、自分もイケメン若い衆にかまってもらうと大変!
携帯したり、飲み会に誘ったりして、接点を作ろうと意図してる!(苦笑!!) 相手が断れないのを知っているくせに(セクハラオヤジと同じことをしていますよね 苦笑!)
人にしたことは自分に返ってくる、を肝に銘じて、セクハラオヤジのかまって君供養、鎮魂に努めたいと思います。

<< 理想の男性最前線から「藤正太」... 豊橋の勘助桃とクリタのおいしいお水 >>