理想の男性最前線から「藤正太」削除の巻

そうだ、理想の男性の話をしよう。

「近いかな」と思って読んでいた日経新聞朝刊の「望郷の道」の藤正太。

が、正太はサキに誘われて浮気した。

サキと付き合い、しかも、女将さんにばれた。
ばれた後、女将さんに謝りもせず、謝ったらサキに悪いと開き直り、800円を持ってサキの元に走り、いないとそれを持って帰って金庫に入れた。

うつくしくな~い!!

もうダメ。正太は愛せない。
男なら、女将さんが抜き身で3つの竹人形を斬ったシーンでふんどしひとつになって庭に出るべき。そして、「お前、俺を斬れ」と女将さんと対峙すべき。

そして、真剣勝負で見つめあい、女将さんが泣き崩れたところで、抱きしめてわびる。
それが男というものだろうがっ!(違うって、佳子さんと私の男学の先生から言われそう・・・)

代わりに「いいかも!」と気になりだしたのは戦争で負傷して帰ってきた弟。
彼っていいかも!

もうちょっと見守ろう。
それにしても、女が惚れる女将さん。
女将さんも浮気しちゃえ?!

by yoshi-aki2006 | 2008-07-25 00:03 | 人間考察 | Comments(2)  

Commented by ココナッツ at 2008-07-25 22:50 x
まったく同感。女将さんには惚れますが正太にはがっかり。
Commented by yoshi-aki2006 at 2008-07-27 00:05
ココナッツさま
ホント! 正太、絶対×印ですよね。
なぜ浮気したのか。女将さんに悪いと思う気はないのか。

ホント、許せん!

でも、女将さんは素敵。
きっとあの日、3つの竹人形を斬って、自分も死んだつもりなんでしょう。

忍んで泣いた日もあったろうな・・・・。

<< カップル 付き合い考 >>