日本テクニカルアナリスト協会 友の会セミナー

理事・運営部長として担当している日本テクニカルアナリスト協会の友の会勉強会が二夜続けてありました。
日程は私が講師の先生とご相談して三ヶ月前から決めるのですが、
9月16日と17日を選んだことで非常にタイムリーであると受講者に喜ばれました。

ちなみに日本テクニカルアナリスト協会会員になっていただくと年間60回前後開催されるさまざまなセミナーや研究会、勉強会に自由に参加していただくことができます。

さて、昨日も本日も実務経験も豊富なベテランで日本を代表するテクニカルアナリスト二氏の分析を拝聴しました。

考え方はそれぞれに個性、持ち味がありますが、大勢、まだ一連のムーブメントは終息していないとの点では一致しています。

こうした中でもしっかり儲けている人がいるのは事実で、自分なりの戦術と見識を持つことの大切さに気が付かされます。

人の刀、人のふんどしでは戦えません。
戦場で戦っている人だけがそのことの大切さを知るのだと思います。
こぎれいにまとまっているのは作り物の世界の話です。

ちなみに有名大手外資のある会社では昨年から給料、ボーナスの支給の遅配が起こっていたそうです。
1聞いて100を知る。
それも訓練と能力と実践によって身に付く所作なのでしょう。

by yoshi-aki2006 | 2008-09-17 22:01 | アンテナ | Comments(0)  

<< 学び賃 株価胸突き八丁 >>