送別会

「世の中にこんなさわやかな人がいるかしら?」
初対面から、そう感じないでいられなかったWさんが海外支店に転勤になりました。

みんなから愛されているWさんの送別会に有志が集まりました。

Wさんは荷物整理でおおわらわ。
多忙なはずなのに、ちゃんと顔を出しお別れの握手を一人一人にしてくれました。

ずっと当たらなかった宝くじ。それが100万円当たり番号と一番違いだった今年の春。
Wさんは「オヤ?」とそのとき、変化の予兆を感じたといいます。

そのときの思いは、今、ともに学ぶ学校に入学したときにいったん忘れたそうなのですが・・・・。

夏休みが終わろうとしたある日、上から「君、海外勤務希望だったよな」と移動を命じられ、なんと、腰をすえて勉強しようとしていた矢先に転勤が決まってしまったというわけです。

人の運命ってほんとに。
海外勤務の要望を引っ込めて、学ぶ道をとった矢先に。

こうした人の人生の展開をまじかに見て、いろいろ考えさせられます。

さて、みんなに愛されたさわやかなナイスガイWさん。
さわやかな人柄ってこういう人を言うのだということを教えてくれたWさん。

また、会おうね!!

私もまた会いたいといわれる人になりたいです。

f0073848_8373349.jpg

君想う 仲間集いて 海葡萄

by yoshi-aki2006 | 2008-09-23 23:36 | 感謝 | Comments(0)  

<< 秋に備えて 健康に感謝 2 >>