経済評論家、一級FP技能士、チャート分析家の木村佳子さんが素敵な明日を迎えるためにお届けする ライフ&マネー メッセージ   ホームページはhttp://homepage2.nifty.com/fp-money/

by yoshi-aki2006

2016年 06月 14日 ( 1 )

6月の講演会は消化したのですが、毎日、雑用でバタバタしてしまいます。

オマケにペットや家族のごはんとその準備の買い出し、後始末に追われるため、出張がない時のほうが自分の時間は取りにくいですね。

今日の晩御飯は結構バリエーションに富んだものを作りました。
写真を撮るのを忘れたのですが・・・・。

・ズッキーニとベーコンのゆず胡椒炒め
・卵ときゅうりとトマトのサラダ
・大根とトリ肉のごま・八丁味噌和え
・焼きナス(かつ節)
・大根の自家製ピクルス
・築地卵焼きと大根おろし
・頂き物の山椒とじゃこの佃煮

ごはんを炊いたのに、ふたがバカっと開いたままになっており、ご飯を炊きなおすことに。

炊き立てごはんと上記のおかずで家族は
「旅館ごはんみたい」
と喜んでいました。

冷蔵庫の中の野菜が傷む前に使い切りたいと思うと、結構、重複した野菜の使い回しになるのですが、料理方法を変えると飽きずに食べてもらえるようです。

しかし、これだけの品を作っては出すのを土日は3食×3回=9食ぶん作るとなると結構大変です。
いろいろ習い事もしているし、
7-8月の出張の準備もしないといけないというのに・・・・・。

と、そんな時に救われるのはちょっと年上の人達とのお付き合いです。

皆さん、たっぷりと人生の様々な体験を積まれた方たちなので包容力があるある。
いろんな悩みを受け止め、優しくヒントを授けてくださいます。

ああ、こうやってしのいでいけばいいのだな、という知恵や
なるほど、そうすればいいんだ、というヒント

ふむふむ、そういうことか、と納得したり、
へーえ、そういうこともあるのかと気がついたり。

子育てしたり、旦那さんとのいろいろ、舅姑、親せきづきあいで培った人としての深みが人を救う許容力となってもたらされる。
ちょっと年上の人達との交わりで救われたり、教わったことはとても多いです。

そして、それをちょっと若い世代の人に応援の意味で還元していくこともしています。
それが私の世代の務めかなとも思いますし。

さて、講演でもお話ししましたように23日のEU離脱国民投票に向けてポンド売り円高株安のリスクが高まっています。

ま、仕掛ける側は恰好の仕掛け時なので、手ぐすね引いて大儲けしようとしているだろうと思います。
そんなのに巻き込まれずに個人投資家は配当優待がうれしい株の安値買いに徹することですね。

好きな株を買い下がっていけばいい時だと思います。

大きな嵐に巻き込まれずにいたいものです。
それが賢い個人投資家道ですね。


今の年齢になってちょっと若い世代の人にアドバイスするとしたら、それは人生も同じってことです。
大きな嵐に巻き込まれない生き方をしたいものです。

それと、どん底まで落ちたとき、誰も手を差し伸べてくれないような人になってはさびしいよということも肝に銘じたいですね。今、都知事の金銭問題が連日報道されていますが、あそこまで叩かれ、自民党の森元総理が「彼はオリンピックに関してはよくやっている」と言われた以外は誰も彼を擁護してないですね。どんなに金を自由に使える立場であっても貧しい生き方になっちゃってたんでしょうかね。

蓄積するのは金だけではだめなんですね。

大きな嵐に巻き込まれないように生き、それでも巻き込まれた時、頼りになるのは自分と自分のしてきたことですね。

いろんな意味で賢明でありたいものです。
by yoshi-aki2006 | 2016-06-14 23:53 | ライフスタイル | Comments(0)