経済評論家、一級FP技能士、チャート分析家の木村佳子さんが素敵な明日を迎えるためにお届けする ライフ&マネー メッセージ   ホームページはhttp://homepage2.nifty.com/fp-money/

by yoshi-aki2006

2016年 06月 19日 ( 1 )

浜矩子先生は同志社大学大学院ビジネス研究科の教授であり経済学者でいらっしゃいます。
詳しくは同志社大学大学院の浜矩子先生のご紹介ページをご覧ください。

さて、浜先生はかねてより、「ユーロは一地方通貨になる」と指摘されており、御著書もたくさん世に出されています。


私も浜先生のご本は何冊も読み、勉強しました。


日経のイベントの時はご一緒させていただき、お名刺交換の機会もいただきました。
とても気さくに接していただき、ありがたかったことを覚えています。

さて、今般イギリスのEU離脱国民選挙を23日に控え、その動きがイギリスだけにとどまらない様相も広がっており、ユーロへの信任が揺らぎつつあるのはご存知の通り。

浜矩子先生は何年も前から、今日のこうした事態を懸念されていたのでしょう。
が、アベノミクスが登場したあたりから為替が円安方向に振れ、浜先生の「ユーロ激安説」はトレンドとは違った時期があり、
その期間は
「浜矩子先生の見通しって?????」ということもあったかもしれません。


でも、今は浜矩子先生の見通しが大変示唆に富んでいたことに改めて敬意を表すべき時です。

浜先生はアベノミクスにも懐疑的な発言をされていたので、摩擦を避けたいケースには敬遠されたかと思いますが、

先見の明

という点で、

ユーロしかり、
アベノミクスしかり、

きちんとリスクを指摘してくださる知性として今最も、「この人の話を改めて聞くべき人」なのではないかと思います。


勇気を出して、異論持論を展開するのは難しいものです。
だけど、そうした異論を唱える人が鮮明に見通しているものがあることを人は知るべきです。

今こそ聞きたい浜矩子先生のユーロ観。

メディアや講演で浜先生のご意見を伺いたいものです!

浜先生~、ユーロの今後についてどんどんご発言してくださいね~。期待しています!

ちなみに私はマネーパートナーズ為替原稿で毎週木曜日に寄稿しています。よかったら見てみてくださいねー
by yoshi-aki2006 | 2016-06-19 00:03 | マネー | Comments(0)