経済評論家、一級FP技能士、チャート分析家の木村佳子さんが素敵な明日を迎えるためにお届けする ライフ&マネー メッセージ   ホームページはhttp://homepage2.nifty.com/fp-money/

by yoshi-aki2006

2016年 07月 14日 ( 1 )

参議院選挙で「改憲」を政策テーマにあえて掲げず、焦点をぼかして「ま、今のまんまでいいでしょう」という国民判断によって勝利した与党にご褒美相場が展開されています。


選挙前は100円を割る勢いだった円相場は104円台に。
日経平均株価もブレグジット前の水準に。

あれはいったい何だったのか? という激動相場でしたが、個人投資家で大きく張っていた人はおそらく相当運用資産を吸い取られたことだろうと思います。

今の今になって、「やっぱり買っておくべきか」と人間頭脳はそう判断するわけですが、人工知能を駆使したヘッジファンドを中心とした外国資本は参議院選挙が終わるや否や買い出動してきました。

ここから乗っていくようでは高い下駄で走るようなものです。

相手は人工知能なのです。手玉に取られるのがおちだと心得ましょう。
今、相場が見せているのは「ほら、ほら、ほら、買え、買え、買え」という信号でしょう。

青信号を発信し、お金の奔流を誘導しているわけです。

人工知能の盲点を突くには、「大欲は無欲に似たり」を実践するにつきます。
儲けたいと焦るから転がされるのです。

じっと人間でしかキャッチできえないチャンスを待つべきではないでしょうか(#^.^#)。

先日、何を間違ったかトンボが室内に飛んできました。
窓を開けて逃がしてやろうとすると、サッシを伝って大きな蜘蛛がさささささーっとトンボに急接近してきました。

私はものすごくその蜘蛛に感心し、しばし見とれ、絶賛しました。この広い部屋のどこに隠れてこの千載一遇のチャンスを知ったのか? なぜ、トンボがいることが分かったのか?

生まれたてのトンボはしばらくもたもたとしていましたがやがて窓の外に飛翔。
すると蜘蛛は深追いせずにあっという間に退却していきました。


投資家はこの蜘蛛のようにありたいものです。
チャンスを待つ。
大きなパワー(人間)が新聞を丸めて叩くかもしれない危機を知り、トンボが逃げたらさっと姿を隠す。深追いしないことが最大のリスク管理です。


また、人間だけがつかめる千載一遇のチャンスがやってきます。そのときに動けばいいのです。
参議院選のご褒美相場のような流れをうれしがるのは、選挙で勝った人。

何しろこれから私たちは今まで支払ってきた税金がどう使われるのかをしっかり見極めなければならない国政資金の出し手という立場ですから、そう、浮かれてもいられません。

シュチュワードシップコードという点で、査定に入る前に執事たちがさかんにごちそうをテーブルに盛るものを貪り食うようではごまかされかねませんから、しっかりしなければネ(*'▽')

株価も円相場もテーブルに乗ったごちそうの一つ。しかも人工知能という食べるとしびれる毒付きです。転がされない用心で。
by yoshi-aki2006 | 2016-07-14 10:32 | マネー | Comments(0)