経済評論家、一級FP技能士、チャート分析家の木村佳子さんが素敵な明日を迎えるためにお届けする ライフ&マネー メッセージ   ホームページはhttp://homepage2.nifty.com/fp-money/

by yoshi-aki2006

2016年 08月 01日 ( 2 )

小池・都政で動く銘柄

小池百合子さんが都知事になってどんな銘柄が動くのか?
すでに「圧勝」「リード」「優勢」が事前に伝えられるたび関連銘柄は動いていましたが、

○電線地中化
・・・・掘って、埋めて
・・・・ファイバーにして
・・・・舗装して
という関連を物色

○保育園の増設、既存の施設の上階増設化
・・・公園、都の保有地
・・・整備、建設
・・・人員配置

○災害減災

などなどヤフーファイナンスのコラムにもリンクしましたのでご参照ください。

【追記】
小池百合子さんの公約で7つのゼロというのもありました。
f0073848_1534100.jpg

小池さんの公約7つのゼロ 転載させていただきます。

8月2日、初都庁出勤されるそうですので、このうち、すぐ出来そうなものはどんどんしていただきたいと思います。ペット殺処分ゼロなどは保健所にすぐ電話して、駆除を止めていただきたいと思います。

ほかにすぐにも手を付けていただきたいのは満員電車ゼロ。できない公約ならうたわないはずなので大いに期待したいところです。

しかし、多くの事を施策していくためには議会の承認が必要です。その議会とうまくやっていけるかどうか、事前に小池百合子さんを応援していた猪瀬直樹さんは
「議会と戦争になる」として「頑張ってください」とエールを送っています。

詳細

しかし、よく吟味しなければならないのは、それは「戦争になってほしい」という猪瀬直樹さんの願望ではないかという点です。

小池百合子さんは戦争を仕掛けられたら受けては立つでしょうが、自分からは仕掛けてはいかないでしょう。自分から動いて得なことは何もないからです。

小池百合子さんは自民党に嫌われている、と言われ、森元総理からはかねがね「あんな奴」と言われているとはよく耳にし、さもありなんと思うわけですが、
安倍晋三首相は特に小池百合子氏を嫌っているわけではないらしい、といわれます。

こんな話が伝えられるほか、こんな話も伝えられています。

ということは石原伸晃氏や都議会のドンこと内田氏から見て、小池百合子氏は避けたい候補であっても、リンク先のような話なら、
安倍さんはそもそも「小池さんでもいいかもしれない」と思っていたことになります。
それを何としてでも「小池さん以外」を立てたかった石原さんや内田さんが知名度のない増田寛也氏を無理くり、擁立したとみることもできます。

順番がどっちか忘れましたが、官邸は「鳥越さんだけは嫌」ということで票が分散するならそれもいい、と考えて増田氏擁立を許したのか、その辺りはよくわかりません。


安倍さんが増田さんの応援に行かなかった理由がわかりませんでしたが、石原&内田氏の「小池さんだけは嫌」で分裂選挙になったのなら、安倍さんが増田さんの応援に行かなかった理由はわかる気がします。
「私は小池さんでもいいと思っていたのに、あんたたちが、増田さんを擁立し、分裂選挙になってしまったじゃないか。だったら、その分裂のお先棒を担ぐのはごめんだ」

もし、そういうことなら、増田さんの生応援に行かなかった不思議さもよく理解できるのです。

また、小池さんが自民党を離党しない理由も「おとがめなし。むしろ、自民党から関係修復に動いてくるはず」と考えているからでしょう。

都議会が荒れるかどうかは株式市場にも関わる重大事。
都の予算は13兆円もあるわけなので、その点で、今後の動向を注視しているわけです。

都議会とは戦争にはならず、多少がたつくものの、
安倍さんが後ろ盾なのなら、
石原親子、ドンらの一掃につながり、

改憲問題でタッグを組む

という流れはあり得るかと思います。

そうなるとマネーマーケットウオッチャーとして一つ気がかりなのは東京テロの確率が増す危惧です。

改憲に手を突っ込むと首都はリスクが増しそう。この三段論法はまたお話しする機会を待ちたいと思います。


マネーマーケットウオッチャーとしては今、それを心配しています。
北朝鮮問題も緊張化の方向に動くだろうと思いますし、米大統領選挙後は近隣海域も心配です。

すると新都知事銘柄はもう少し広げておいたほうがいいですね。

8月3日洲本
8月22日倉敷
8月23日滋賀草津
8月26日静岡

木村佳子の株式講演会日程は
こちらでご確認ください。

8月30日はJPX女性講座が開港されます18:3--20:00 サイトは8月2日に公開され、メールでお申込みできます(また、ご案内いたします)


9月3日は青山テプラでIRフォーラムが開催され、基調講演をさせていただきます。
ご案内
by yoshi-aki2006 | 2016-08-01 13:49 | マネー | Comments(1)
今回の都知事選挙。

紅一点(これまでの男どもにはうんざりコンだ)
今までの都知事の金権問題への辟易(女の人ならまだそんなに悪いことはしなさそう)
都政、オリンピックの予算透明化をしてもらいたいもんだ

という点で人心をつかんで小池百合子氏が圧勝されました。

勝てば官軍

という言葉が古来よりあるように結果がすべての世界ですから(その点では株式投資や受験と似ていますね)、明々白々、勝ったもん勝ち。

で、負けたほうはというと
勝ちに不思議の勝ちあり
負けに不思議の負けなし
というように、
ああ、そういうことかとはっきり見えた部分がありました。

まず、候補者は増田寛也さん、鳥越俊太郎さん、いずれも負けの弁は立派だったと思います。
四の五の言わず「自分の至らなさ、力不足だ」と認め、協力者に謝罪し、感謝し、立派に負けの弁を述べられました。

しょうがないな、と思わせられたのは各陣営の後ろの人でした。

まず、増田寛也さんを担いだ責任者・石原伸晃さんです。
記者対応をすっぽかしたのはカッコ悪いから?

そもそも知名度のない増田寛也氏を担ぎ出したのだから、土下座してでも安倍総理の生応援を一度と言わず二度三度、頼むべきでした。それをしたのでしょうか。していないでしょうね。

だから負けるんですよ。

担いだ人をどうでも勝たせるという気迫が足りなかったように感じられます。記者対応をすっぽかしてどこに行ったんでしょうか?

小池百合子さんが出馬するというときの対応もまずかったんじゃないでしょうか。あの「一家一族郎党まで処罰する」なんてペーパーのセンス。どういう頭の構造の人かわかろうというものです。

ひと言でいうと男脳というのでしょうか。
ロジックで人は動くと思い込んでいるというか・・・・、誠に残念な対応です。

残念と言えば、もう一人、岡田克也氏です。
なんで選挙日前日にこういうことをいうのでしょう????

とても信じられません。この行動で岡田克也氏がどんな政治家かよくわかった気がします。

あれでは鳥越俊太郎さんもほかの応援弁士も選挙ボランテイアも全員、脱力する以外、ないじゃないですか。

負けに不思議の負けなし。

石原伸晃さんと岡田克也さんが「なぜ負けたのか」を自ら体現し、象徴していますよ。

その行動が、何を生むか、わからないんですねえ。体面ばっかりに気持ちが向くのかしら?

しかし、増田寛也さんも鳥越俊太郎さんも「言いたくなる言葉」をぐっとこらえ、一切言わず、敗軍の将として、凛とされていました。

お二人に拍手したいと思います。

一方、男脳のもろさをしり目に女脳を駆使して、見事、勝利した小池百合子さん。

さて、これからもよく回る女脳を最大活用して、伏魔殿の都政に斬り込んでいかれるのでしょう。

池上彰さんの小池百合さんへの問いかけに対し、男脳には男脳を使うというしたたかな作戦も垣間見えます。

ちなみに以前の都知事はみな2年金の問題で職から去りました。
女性初の都知事として選ばれた小池さんこそは4年の任期を全うさせますように。ヤフーファイナンスに
小池百合子さんの公約関連銘柄のコラムを執筆しました。

かつて55日でさっさと辞任された防衛大臣職の二の舞とならず、

今は公約の実現を心から祈念したいと思います。
by yoshi-aki2006 | 2016-08-01 04:04 | シンキング | Comments(4)