経済評論家、一級FP技能士、チャート分析家の木村佳子さんが素敵な明日を迎えるためにお届けする ライフ&マネー メッセージ   ホームページはhttp://homepage2.nifty.com/fp-money/

by yoshi-aki2006

2016年 09月 17日 ( 1 )

9月15日の敬老の日から一週間を老人週間として年齢の高い人を敬う週としている我が国日本。
すでにこの世にいなくなった人に思いをはせたいときでもあります。

さて・・・・私の場合は・・・・。

昔々、その昔。
いろいろあって手に入れた小さな戸建住宅がありました。
注文建築で家族みんなで住む予定でした。

ところが諸事情あって、その家は人に貸すことになりました。
新築を貸すなんて!

とご近所さんからは「もったいなーい!」と散々いわれたのですが、家は何戸あっても体は一つ。

不動産屋さんにお願いして賃貸人さんが決まるまで、ちょっと遠方ながら、畳がかびないように風を入れたりしないといけないんだけれど、体は一つ。仕事も家の管理も、はなかなか私には難しいことでした。

すると退職していた父が「どれ、見てきてやるよ」と時々、足を運んでくれたのでした。
その時は「自分は暇になった父に用事を作ってあげている」くらいに思っていて、あんまりちゃんとお礼も言わなかったし、交通費も返していなかったのですが、

今になって思うと、父はありがたい存在だったな、としみじみ思います。

世間知らずでわがままな母を連れ合いにして、ずいぶんガマンもしたろうな。

そういうこともわかるようになりました。

子供は母親を通して父親像を作るところがあり、うちでは母親から刷り込まれる父の行状ははかばかしいものではなかったので、父を不思議な人となかなか理解が進まなかったところがありましたが、

今になってみると母がいらだつ父の行動原理はよく考えると、そういう考え方の人なんだと理解してあげれば味わい深いものだったように思います。

母は父を「ねちゃこい」といって、もっと竹を割ったようなすっきりした男らしい人が良かったらしいのです。それは母方の父、私の祖父が軍人だったから、そういう人と比べると、私の父は「てれんこてれんこ」した「ねちゃこい」人だったかもしれません。

また、母は父のことを父方の父、私の父方祖父におもねり過ぎるというのも不満なようでした。

というのも父方の私の祖父は自分の仕事に対し「こういうのは斜陽産業だから、自分の代で終わりにしたい。そのかわり大家業がいいのだ」といってためたお金でどんどん不動産を買い、大家業に転じようとしていました。そして父には「継がなくていい。おまえは外に出ろ」と言っていたのだそうです。

が、父はそんな祖父を「可哀そうだ。自分が後継ぎとして頑張る」といい、いくら祖父がサラリーマンになれ、と言っても断って家業をつぎました。しかし、その家業は不況になるといっぺんに傾きました。

そいういいきさつを知る母は「アホや」となじり、弁護士、医者などの士業、師業を格上として迷走する父の職業人人生を非難していたので、子供心に私も父を尊敬できないまま、思春期を過ごしました。


が、この年齢になると、「父は優しい人だったんだな」と思います。
戸建に風を入れに行ってくれた優しい父。

祖父がたたもうとしていた家業を継ぎたい、応援したいと思った父。
私が多忙でできなかったことをしてくれた父。愛猫が亡くなったとき、深大寺で供養してくれたりもしました。

けして、気が弱いだけの「アカンたれ」ではなかったと思います。

それにしても孝行のしたい時には親はなし。

今日は小松原亜矢子さんのラジオ番組の放送がありゲストに呼んでいただきました。
f0073848_105793.png



「今晩のムーンライトサプリは、生活経済情報研究所 ビューズ代表 木村佳子さんをゲストにお迎えして

オトナのお金の備えについてお話しいただきます☺️

そして、今日のB'zもお楽しみに✨

是非、今晩もお聴きくださいね??

かわさきFM 79.1
#オトナの時間ムーンライトサプリ
毎週金曜日22:30-23:00

可聴区域外の方は スマホはリスラジ、PCからはサイマルラジオでお聴きください」


とテキストにあるように、リスラジやサイマルラジオなどで聴けるようです。

その番組の中で
「お墓に持って入れないもの→たとえばお金を追い求めるより、死んでも人の心に生きる生き方が大切」というお話をさせていただきました。

人の心に生きる生き方。

「ああ、あの人のしてくれたこと、有難かったな・・・・」
「うれしかったな・・・・・」
「助けられたな・・・・・」

そういうふうに感謝の気持ちで思い出してもらえるような生き方ができたら、それが肉体から離れた後の魂の栄養となって、死んだあとも人の魂はいい気持ち、幸せな気持ちでこの世とつながれるのではないかと思います(逆のことをすればいつまでもいつまでもつらいものと縁が切れないのだろうとも思います)。

ありがとう、と手を合わせる時が幸せ→手のシワを合わせる→拝む→拝まれる生き方

たくさんの人に拝まれる、そんな生き方が豊かな人生なのではないかと思います。

今夜は父の姿を思い出し、ありがとう・・・と拝みたいと思います。

さて、仕事ですがようやく念願の東京講演の機会をいただきました。

●10月15日武蔵小杉、
●21日新座、
●25日東京です。

主催はあかつき証券さん。お口座がなくても入場していただけます。当日の営業はありませんので是非ふるってご参加くださいね。

11月1日は東証会館でIRプランナーズの集まりがあります。いずれも会場が決まりましたらgooでご案内してまいります。


それにしても10月は12現場、11月1日東京と11月3日大阪も入れると14現場です。
うれしい大阪3連発と重なるのですが、なかなか伺えていない名古屋、福岡にも行けたらなあ、と思います。
by yoshi-aki2006 | 2016-09-17 00:51 | ライフスタイル | Comments(2)