2016年 10月 01日 ( 1 )

 

福山雅治さん主演、二階堂ふみさん出演の映画「SCOOP」を観てきた!

「投資の日」のイベントで広島。終わるとすぐ2日(日)開催地の岡山へ。新幹線で移動し、岡山の宿舎につくと目の前に「投資の日」イベント会場「おかやま未来ホール」があるイオンモール岡山。
その中にはイオンシネマが!
吉田羊さんが「徹子の部屋」で映画scoopのパブをなさっていた時から気になっていて、ちょうど10月1日のこの日から上映。

「これは観ろってことだな」とさっそく、イオンシネマに。

福山雅治さんの3年ぶりの映画、しかもイメージチェンジも話題になっています。
f0073848_23144112.jpg

scoop公式サイトより転載

内容はこれから観る方のお楽しみとして書くのを控えますね。

まず、福山雅治さん。
私は大河ドラマ「龍馬伝」以来のファン。

龍馬伝で福山さんはキャラの立て方にとても成功していました。

続いて湯川博士のテレビドラマ、劇場映画でもキャラの立て方に成功されていました。
「そして父になる」の映画でもそれはあったと思います。

では今回のSCOOPでのカメラマン役は?

まず、カメラの構え方や扱いはカメラマンとしても活躍している福山さんならではの安定感があり、違和感は全くなし。とてもいい感じでした。

だけど今回のキャラはどうなんでしょう。

福山さんは性格がとてもまじめなかたなんでしょうね。
役つくりとして、持ち味の「真面目さ」を目立たなく鎮めていくのはそもそも、難しいのだろうと思います。

やさぐれた感じ、を福山さんという素材を通して出そうとするには
なかなか大変だなーと思いつつ、二階堂ふみさんの自然さに次第次第に、映画の中に引き込まれていく感じです。二階堂ふみさんは第二の宮崎あおいさんといわれるのもうなずけます。すーっと入っていけます。

そこに存在感がドラマチックな吉田羊さんや滝藤賢一さんが絡んでくるんですが、
なんといってもリリー・フランキーさんのすごみがすごい。

リリーさんって「どんだけ深いの?」という裂け目を持つすごい俳優さんです。作品次第では国際アカデミー賞も取れるんじゃないかな・・・。

さて、クライマックス。このラストシーンに至るまでの数分間の福山さんがこの映画の中で一番役になじんでいたなー。このキャラ路線で全編押し通せばよかったのにと思いました。

なので私が福山さんのプロデューサーだったら、次回作は高倉健さんが演じた「ブラック・レイン」の日本側刑事役みたいな役を取ってきたいなと思いました。

タバコ=福山さんのライフデザイン上の理由で本気吸いができなかった時期だったろうと感じますが、タバコの吸い方、扱い方で主人公のキャラを表現する余白はもう少し、あったかな~。

女性=真面目感、清潔感が出ていて、どちらかというと淡泊な人なのでは?

会話の妙=真面目な理性的な人だと感じられます。

よって今回の前半のはちゃけた破れキャラ協調路線ではなくラスト近くのキャラクター設計がファンとしてはリクエストしたいところです。

福山さんは坂本龍馬のような奔走し、調整し、成し遂げようと一生懸命挑戦する男役が似合う。

湯川博士のような冷徹、冷静、分析、解明役も似合う。

今回のパパラッチ役の前半部分はだから、ちょっと違和感があり、後半のキャラに幅寄せしていたら、また、もう少し違ったし、この作品ももう一味、化けたのになーと思います。

が、作品として不満かというと全くそんなことはなく、もう一回見たくなるようないい映画でした。笑えるシーン、楽しいシーン、驚かされるシーンもあった上に、
会場で泣いている人もいたから、福山フアンはハンカチ必需品かも。十分楽しめます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、広島の投資の日のイベント。
f0073848_23535285.jpg


f0073848_2355437.jpg

2日はイオンモール岡山で13:00開場です。
f0073848_23584437.png

どなたでも参加していただけますので是非お越しくださいね。

by yoshi-aki2006 | 2016-10-01 23:59 | アンテナ | Comments(0)