経済評論家、一級FP技能士、チャート分析家の木村佳子さんが素敵な明日を迎えるためにお届けする ライフ&マネー メッセージ   ホームページはhttp://homepage2.nifty.com/fp-money/

by yoshi-aki2006

2017年 03月 15日 ( 1 )

仕事がら、テレビは基本的につけっぱなしにし、ニュース、時事をできる限りながらウオッチするようにしています。
今、テレビで見たいテーマは

①森友学園問題で政治家の関与があったのかどうか?=内閣支持率低迷は株式市場に響くので。

②稲田朋美氏の防衛大臣の適性問題=やはり、内閣支持率の低迷になりえる事柄なので。
 それにしても稲田防衛大臣の不思議・・・・。

 あんなに指差しモンで民進党の質疑に自信満々に答弁したそのすぐ後で、ここまで、ボロが出てしまうのは茶番もいいところで、なぜ、あそこまで「無関係ですよ!」と「言い切り答弁」しなければならなかったのか?  もっとうまい言い方があったろうになぜなんだろうと不思議です。稲田朋美さんって弁護士の資格もお持ちの超インテリなのに?

 また、どんだけお金がかかっているんだろうといういで立ちも目立ちます。以前のあまりにものファッションと比較すると洗練されたとは感じるものの、
フランク・ミューラーと思しき時計が国会という国政審議の場で場違いにキラキラ輝き、ブランドジュエリーもとっかえひっかえで、セットしたて、ヘアダイしたばかりのクルクル・つやつやのヘアで、服も次から次へとおろしたてですよね。 そこまでテレビ映えを気にするエネルギーは無駄燃えでは?

そんなことより、誠実な答弁で国民の支持を取り付けることに力を注げばいいのになあ。最初は「標的になってかわいそう」と同情しましたが、今は、「対応に問題あったなあ」と思います。

国会で椅子に座っておられる姿が一部分なども含めて、画面にちらちら移るのですが、落ち着きなく手を動かせておられる様子などから、激しい心の揺れを感じます。大丈夫なんだろうか? 国会中継も含めて目下の重点視聴対象です。

③安倍首相の答弁、国内外での動向 

 安倍首相が今一つ、この局面を真摯、重大に感じておられないご様子も気になり視聴対象です。もっと危機感を持つべきだろうに。

私は今回の問題は、下手すると安倍さんの足元をすくうと思っています。
そうすると今までアベノミクスで保たれてきた経済が揺らいできます。
安倍さんの任期延長が危うくなるとこの先のシナリオが一気に崩れます。
そうなるとポスト安倍がいない中で日本経済に大いに影響が出てくるし、株式市場にも響くので、安倍さんのノー天気ぶりは大いに気になり、視聴対象です。やっぱ、慢心なのかなあ、と。

 それと、トランプ大統領と会食の際、トランプ夫妻は「酒は身を亡ぼす」とアルコールを飲まないのに昭恵夫人だけがワインを豪快に飲まれて、トランプ夫妻が冷ややかな目線でそれを見ていたという報道をネット・メディアで見ました。こういうことも国民として知っておくべきだろうと思います。

④小池百合子さんの公約実行力や都政運営に対する真摯な評価

小池劇場に乗せられずに報道している番組にはチャンネルを合わせます。視聴するのは都民、国民目線の報道です。BSだったと思いますが、「今、小池さんの都民ファーストの会が選挙で大勝ちすると小池イエスマン都政になるリスクがありますよね」とコメンテータの皆さんがおっしゃっていて、その視点はもっと周知されるべきだと思いました。
司会は新聞社社員、出演者は現役知事、中田元横浜市長、学者、都の元市場長でした。ここでの議論は聞くに値しました。

メディアではロイターがまっとうな報道をしていました。
小池都政に対する都議の質問
こういう問題は 都民の負担も含めて掘り下げてしっかり目に報道してもらいたいですね。



⑤考えさせられる事件事故

 保育サポーターに子供を預けて、病院に行き治療を受けたお母さんが、保育サポーターの家に子供を引き取りに行ったら、さっきまで元気だった子供が心肺停止になっており、結局その子供さんは亡くなったそうです。ところが保育サポーターからは謝罪もなく、裁判になり、和解金と謝罪でようやく決着した、という報道をネットニュースで知りましたが、どうしてこういうバカなことになるのか、掘り下げてもらいたいと思います。保育サポーター制度の充実はメディアの力で行政を動かせるのではないでしょうか。

最近の痛ましい事件事故では、能登で何故、見ず知らずの男子学生に女子学生が殺傷されなければならないのか、大磯金属パイプ事件のような理不尽極まりない事件なども視聴者としては憤りとともに関心を持たずにはいられません。
ほか、観光客の非常識さについて。
実際に怒っている日本人は日々、見かけるし、実際、目にする機会は多いので、マナー向上、啓蒙のためにも必要だと思います。

⑥悪い奴らは許さない、というテーマの番組。ネットと対抗するにはメディアが「文春砲化する生き残り方」があると思います。

⑦生き別れ、の親族捜索もの。以前、ドイツで生き別れた母を日本に探してやってきた女性のドキュメントを見て、国際結婚の現実を考えさせられました。こうした取材物は見るに値する価値のあるものです。結末は涙なくては見られないものでした。女性の母親は行き倒れてなくなっていました。こうした事実を知れるのは貴重です。きちんとつくられた取材物は視聴されるし、印象に残ります。


⑦海外情勢、国際的な選挙に関する状況
オランダ、フランス、ドイツの国民目線の報道。
あおりたてるようなものではなく、国民の判断、アンケートなどのデータベースの報道が見たいわけです。

トランプ氏やトランプ政権の施策

中国の政治経済、軍事、民衆動向、対日感情、対日政策


逆に興味が薄いテーマは

●マレーシアでの暗殺事件・・・ここでいくら北朝鮮の関与があるないと聞かされたところで、それ以上、掘りようがなく議論対象としてはあまり関心を持てません。Vxがどう合成されたか、という点は危機管理として知る必要はありますが、長々見たいテーマではないです。

●当て逃げした芸人の涙の会見・・・テレビで長々報道することかなとすぐチャンネルを切り替えます。

●おバカタレントの新婚生活がどうしたこうした・・・だからどうなんよ、とすぐチャンネル切り替えです。

●災害の「過去」を情緒的に取り上げた番組
 見るべきものは、災害にあったからかわいそう、ではなく、その災害からどう立ち直り、「明日」をどう生きていくかの話です。

というわけで、視聴者として日々、見るべきものを探しています。「この大事な時に、何をノー天気な」と思う番組は即、チャンネルを変えます。ぜひ、今、見るべきものを放送してほしいものです。

さてお仕事。
f0073848_22414057.png
f0073848_22422856.jpg
疲れても、身の回りにはお菓子がいっぱい!

女子から頂いたお菓子!
f0073848_22193841.jpg
f0073848_22202878.jpg

f0073848_22433847.jpg
我が家の哲学者、にゃんこにもホワイトデーのお差し入れ。

f0073848_22443938.jpg
いざ、大阪へ!

f0073848_11331488.png












 






by yoshi-aki2006 | 2017-03-15 22:47 | 時事 | Comments(0)