2017年 10月 01日 ( 1 )

 

衆議院選挙~10月19日発売号の文春砲が決め手?


メディアで「衆議院選挙の行方について」が連日のように取り上げられていますが、

現在のところ、

寄せ集め感の強い「希望の党」に大事な国政を任せられるのか?

小池百合子氏は都知事に専念すべき

というごくまっとうな意見が過半数を占めているようです。

私もやはり、できたばかりの党、首相候補者がいない党と言われても仕方がない「希望の党」には信頼感はもてません。

なんだかんだ言っても安倍晋三内閣で株価も土地価格もデフレ脱却方向に動けているのだし、
オリンピックも決まって、円安でインバウンドも加速し、それで、有効求人倍率も上昇しているのだし、
少々、一強のゆるみがでてしまったことはあったとしても、
安倍自民党+公明党の従来路線のほうが希望の党よりは絶対にマシだと思います。

が、選挙はミズモノです。
この点で投資家は「どちらが勝っても大丈夫なように」ポートフォリオ強化が必要ですね。


特に仕掛け上手な人が仕掛けてくれば
10月19日発売の週刊文春、週刊新潮あたりで、

「えええええええーーーーーー」

というような話がどちらかに出てくるかもしれません。

今までのスキャンダルは元秘書経由で漏えいしたものが多かったように思います。各党の先生方、大丈夫でしょうか。

ちなみに小池百合子さんはこれまで、そのスキャンダルの追い風を受けてきた人です。
メディアの使い方もたけているといえます。

小泉首相の手法の研究もされたのでしょう。対立軸をつくり、相手を悪と決めつけ、自分が正義側につく。
「私を応援してください」という構図作りがうまいですね。

連日、メディアに取り上げ続けられるようにネタを提供し続ける。
パンダの名前発表から、大阪、名古屋の知事と連携してみせるなど、毎日、話題を提供し、顔を売って印象強化をしています。毎日、メディアが「小池、小池」と話題にするように仕向けている点で宣伝力はすごいですね。

これは影響力の武器を知っている人のやり方です。人はよく名前を聞く人に親近感を抱くということを狙っているのでしょう。

また、こんな例も思い出します。
古くは、彼女が防衛大臣の時。
当時の事務次官が更迭されましたが、追い風になったのはメディアによって事務次官氏の「くれくれ妻」「おねだり妻」のことが明らかになつたことが大きかったし、
先般の稲田朋美さん、安倍昭恵さんの報道の時でも、それがきっかけとなって安倍首相が窮地に追い込まれていくことになり、結果的に小池さんには有利になりました。

都議選直前の週刊新潮スクープの「このハゲー」もインパクトがありましたし。

もし、今の小池さんへの逆風を一転させたいということになれば、
誰が仕掛けるのかはわかりませんが、10月19日を狙って仕掛けてくる可能性もあるのでは、と一読者としては思います。

今の段階では、
「やっぱり安倍さんがいい」という声のほうが強い中、安倍さんは
「ええーーーーーー」というような仕掛けを仕掛けられないよう
最後の最後まで気を抜くことなく、
しっかりと国難回避に尽くしていただきたいですし、
各党各人も国難回避に真剣勝負で挑んでいただきたいものです。

選挙はミズモノ。最後の最後まで予断禁物。投資家はどちらがどうなっても大丈夫なようにポートフォリオを強化しておきましょう!

さて、経済+株式セミナーの募集告知サイトが続々と出来上がってきています。

名古屋は

f0073848_16585822.png
詳細とお申し込み先です




大阪は
f0073848_17014478.png


日本取引所グループお申込みサイト










by yoshi-aki2006 | 2017-10-01 17:18 | アンテナ | Comments(5)