経済評論家、一級FP技能士、チャート分析家の木村佳子さんが素敵な明日を迎えるためにお届けする ライフ&マネー メッセージ   ホームページはhttp://homepage2.nifty.com/fp-money/

by yoshi-aki2006

カテゴリ:生きる力( 93 )

最近、人に対して感動し、見事だなと思ったのは

女優でタレントの壇蜜さん

湖池屋のポテトチップスのCMで抜群の歌唱力で話題になっている鈴木瑛美子さん

です。

壇蜜さんはNHKの「お母さん、娘をやめていいですか?」に出演されているほか、映画「甘い鞭」でも主演されています(アマゾンの成人向けコンテンツなどで視聴可能)。


鈴木瑛美子さんは湖池屋CMの特別バージョンがYouTubeで見られます。
リンクを貼っておきますね。

ゴスペル甲子園優勝の時のもの youTube

鈴木瑛美子さんのYouTube

まず、壇蜜さんですが、グラビアモデルからタレントに。そして女優に。NHKほか、テレビ番組でも引っ張りだこの人気者です。
壇蜜さんがなぜ、ここまで売れるか、「人気株」「安定成長株」を探すのが仕事の株式評論家としてとても興味を持ちました。

まず、基礎的部分=ファンダメンタルが充実しています。

和であり好感度の高い幼顔。
秋田美人でお肌がきれいなのもいいですね。

次に声がいいです。

よく通り、聞き取りやすく、深く濃く、漆黒の墨のようなつやがあり、意思があり、官能的です。

次に彼女が最初に芸能の世界の足掛かりとしたグラビアですが、単にグラビアモデルでなく、また、タレントだけに終わらず、「甘い鞭」で石井隆監督の過酷な作品での役柄すら突き抜けています。まったく、役によって汚れない。
そして「次はこんな作品」「こんな展開」と次々と扉を開けさせる力を持つ。

それは、ひとえに過酷な現場を「これでもか」と与えられながら、その一つ一つに彼女が一生懸命に向き合っていることが伝わるからでしょう。「おかれた場所で咲きなさい」という信仰者の著書がありましたが、壇蜜さんがまさにそのことを体現されています。

それはお姫様役やかっこいい役だけで済ませられるに越したことはないでしょう。
が、来た仕事=おかれた場所で彼女は全力で真剣勝負している。

そのけなげな姿が人の胸を打たずにいられない。

かっこいい役、得な役でも全力咲きできていないケースもたくさんある弛緩と比べたら、壇蜜さんの濃厚な仕事ぶりの質的充実が際立ちます。

「この一生懸命な人に注目したい」「この人こそを応援したい」という気持ちになり、人を動かす力と動かされる自分の双方の間に生まれる第三極=奇跡の力に感動を覚える。

そうしたことに「そうだよ、そうなんだよ」と再確認させられる。

これはどんなビジネスにも通じることです。どんな過酷な現場でもこうして突破していくことができるじゃないか! と。

一生懸命さは何よりも強く人の胸を打ち、その感動は生きる力を与えてくれます。

官能的な壇蜜さんを数ある素材から選ぼうとする使い手の中にはそりゃあいろいろな気持ちを持つ人も含まれているだろうと想像します。

しかし、彼女の一生懸命さが胸に迫り、見る人に感動を与え、作品を超えていく。
結果的に雑駁なもろもろは吹き飛ばされていくのでしょう。


まったく分野も個性も違いますが

鈴木瑛美子さんも見事です。

鈴木さんの歌声、歌う姿そのものが、ドアを次々に開いていく奇跡の力になっています。
しかも存在がフェアです。
ものすごくわかりやすい。
誰もが納得です。


どんな分野であれ、なんであれ、自分しか使いえない奇跡の力は誰にもあるはずです。
それを見つけて真剣に一生懸命にドアをノックし続けることが人生を切り開いていくのですね。

その姿こそが何よりもフェアで強く美しい。

そのことを体現している壇蜜さんと鈴木瑛美子さん。

素晴らしいです!




by yoshi-aki2006 | 2017-02-26 11:09 | 生きる力
女が知っておかなければならないことは「女性」を持ち上げ、揉み手をしてすり寄って来る男には今も昔も、基本的に用心したほうがいいのです。

そういう男は概して一ミリたりとも女性が活躍してもらいたいとは思っていないから。

いや、安倍首相の女性活躍推進政策にどうこう言っているわけではありません。安倍首相は国の就労者が減り続けると日本国はいずれ倒産してしまう=と、同時に同盟国のアメリカも非常に困ることを懸念されているので、高齢者も女性もみんなで働こう!とハッパをかけられているわけで、彼が女性蔑視でないことは奥さんの昭恵さんを見ればわかること。

アッキーは実にのびのびされているではないですか。

ただし、安倍首相以外であなたのまわりで「女性」をやたらおだてるような会社組織の人がいたら、ご用心めされよといいたいですね。

そういう男性の本心は?
女性がバリバリ働くのは大嫌いなのですよ。
そうした男性の頭の中の「働く女性」とは「妻」か「娘」のようなイメージであり、話す内容は基本「お花畑」的な事がよく、男を凌駕するエラソーな女などは絶対に認めないのです。
特に政治、経済、地政学、経営に対してグローバル戦略的な見識をもつような女は嫌いも嫌い。おそらく毛虫よりも大嫌いだと思います。

だから、仕事ができる女性、
仕事の評価が高い女性、
人気者の女性、
学歴の高い女性、
処理能力の高い女性、
なんでもできてしまえる女性、
悩む姿を人に見せない女性、
健康で丈夫でへこたれない女性、
先が見通せる女性、
資産や仕事に不自由していない女性、
夫がそれなりの人、家族が立派な女性、
持ち物、服装のクオリティが高い女性

などは嫌われ度が高いことを自覚して、ご注意召されよ。

もしも、そんな女性たちにアドバイスするとしたら、剛腕な女性であればあるほど、社内外にいる小さき男に気を付けることです。
小さき男は剛腕な女性のスカートを踏むチャンスを虎視眈々と狙っています。

そして、策を弄して、剛腕な女性を陥れ、うまくやれたと陰で喝采することで自らの小さなアイデンテティの安定を図ろうとします。

こんなことを思うのは
最近、異業種交流会で女性の部長や取締役とたくさんお知り合いになり、いろいろと聞くからですね。
こちらは年の功というか、最前線に立つ彼女たちを眺める場所にいる山姥みたいなものですから、
その悩み、苦しみはかつての経験から、よくわかります。

一ついえることは、剛腕の女性が小さき男にスカートを踏まれたら、
「ああ、この男は自らの精神衛生上、己の使える権力を最大限に使って、剛腕女性を料理したいのだろうな。それくらいしか、自分の力を確認するすべがないのだろうな」「会社や組織でのストレス解消法にそういうことをしないと精神衛生が保てないのだろうな」
と、まずはその小さき器を眺めて、笑う余裕がほしいですね。

小さき男は面とは向って剛腕女性に意見を言ったりはできないのです。だから、口先旨く、へつらい、媚びて、耳触りのいいことをペラペラと口にします。

しかし、己にはない能力を持つ女に対して、うらやましいのを通り越して、敵愾心はものすごく持っており
何とかはめ事を企画して、剛腕女性のスカートを踏もうとチャンスをうかがっています。

敵愾心を何とか隠そうとするあまり、「女性を応援したい」みたいな言葉を使って接近してきます。

剛腕女性は何でも見抜いてしまうので、その下心はわかるのですが、そのたくらみと小さき男のもみ手の小ささを笑うのは気の毒だと思ったり、その子供っぽさは可愛らしくさえ思ったりし、胸にあることは言うまい、気がつかないふりをしてあげようとかするのですが、

小さき男は自分の力を試したいのです。蟻のカマきり背負い投げのようなタイミングを見ています。

もしも、図られたなら? 逆上は禁物です。
何故なら、剛腕女性の逆上こそが小さき男にとって己の力の確認ができる最高のごちそうだからです。
エサを与えることはありません。逆上はそんな相手にはもったいなさすぎます。

おそらくこうした類の男は怖い母親に叱られながら育ったか、無視されて愛情不足だったか、モテ期がなかったかなので、母親や女性への代償行為として、憎い女性の象徴として剛腕女性を困らせて喜びたいわけです。

もしも、生きていくなかで小さき男の組織人に理不尽なことを仕掛けられたら、そんなことをしたことを100倍後悔させるようなスキームを正当な方法で打ち返すことです。

女の時代ともてはやされる時こそ、油断せず、
小さき男の姑息なやり口に、逆上せず100倍返しのパワーで真に有意義な仕事を通して世の中に佳きこと、善なるものを還元していくのです。

それができる女性こそ、「女性の時代」とおだてられても、木に登ったふりをして全体を俯瞰し、最善が尽くせる賢い人です。

姑息な小さき男を輝く強さで吹き飛ばす。
負けるな、女たち!
悩みを聞くたびにそう思います。
by yoshi-aki2006 | 2016-04-24 00:54 | 生きる力 | Comments(0)
明けましておめでとうございます!
いかがお過ごしですか?

今年は正月休みが少なくて、あっという間に三が日を迎えてしまいましたね。
うわっ! ね、年賀状、急がねば~!

さて、今年初めての「ワンツモ」。
今年の抱負をば。

私が手に持っているのは自分の8分の一の模型です。
f0073848_11415189.jpg

己を知り、なすべきことを知ろう。
そのためには自分を客観視する必要がある。そう思い、できるだけ具体的にイメージするために、専門家に作成していただきました。
出来上がりをはじめてみたときは、「えっ? これが私?」とびっくり。
「へー、こんな顔しているんだ~」と脳内認識している自己像と一致させるまでに数秒の「間」がありました。
鏡でも写真でもきれいに写っている部分しか見ないわけで、自分を客観視するのがいかに難しいかということを思い知らされます。

でも、自分のデータを全測定してもらってそれをもとに作ってもらっているので、別物であるわけがなく、この姿形をしっかりと認識する必要がありますね。 

まず形から己を客観視し、そして、やるべきことを実行していく。
もし、やりたいことが実現できていない場合は、何が足りていないのか、どうすればいいのかを考え、解決策を導いていく。

その積み重ねが自分の後姿になっていくんだと思います。
f0073848_10372915.jpg


前面の自分は自分の意欲であり、夢であり、望んでいることであり、エゴともいえる。
背面の自分が自分の成してきたことの履歴であり、人が観ている部分ではないかと思います。
この両面を知り、明日に向かって今日を生きる。

その積み重ねが大切なのですよね。
休み中、オンデマンドでNHK新・映像の世紀で戦火に焼かれ、苦しみながらなくなっていった多くの命、絶え間なく繰り返される弱者への戦争の悲劇を観ました。
一瞬の内に不条理に巻き込まれていく命。
なすすべもなく苦難に見舞われる命。

奪うもの、奪われるもの。

歴史は一刻たりとも人々が争わなかった時代はなかったことを私たちに教えています。

そのドキュメンタリーを観て、改めて命とは何だろう? 個々の人々の命とは何だろう? と考えさせられました。
命にはそれぞれの想いがあり、魂が宿っているはずで、その想いや魂は命が終わった後、どうなるかとも。

そして、与えられたこの動的時間に、なすべきことを成そう、と強く思いました。

その思いあらたかに、今年も一生懸命、生きて生きたいと思います。
f0073848_11593530.jpg

則天去私の心でいずれかの彼岸にたどり着かん。

f0073848_1241770.jpg

今年もしっかりと務めてまいります。

よろしくお願いしますね!
by yoshi-aki2006 | 2016-01-03 12:23 | 生きる力 | Comments(4)
金力と筋力。どっちも大切な資源ですね。
両方がバランスよくあればいうことなしですが、どうでしょうか?

私はお金に関しては「回転財」だと思っているので、溜め込むよりは回っていればヨシという考え方です。
お金はたくさんあっても幸せとは限らないし、「なくて不幸だ」と思わない程度にあれば十分です。

しかし、筋力だけはちゃんと保っていないと大変なことになります。
油断しているとこの資源だけはどうにもなりません。
自分の体調と照らし合わせて実測した結果、48時間に対して1時間は何かしたほうがいいという結論に達しましたので、定期的に筋力アップのためにウオーキングなどのトレーニングをしています。

筋肉で鍛えられた体は柔らかくてとてもしなやかですね。
東京国際フォーラムで開催されたロシアバレエを鑑賞して、つくずくそう思いました。
f0073848_3285620.png

八王子などでも開催されるそうですので、見逃した方は是非どうぞ。
色彩もそれはそれは素晴らしかったですよ~。

さて、今週は今年最後の講演で福岡です。
f0073848_404574.png



f0073848_3562424.png

f0073848_357101.jpg

こちらは先週の名古屋での模様です。

福岡でもしっかり
がんばりまーす!


追記
この前の記事はなんとこのブログ始まって以来の約3500アクセスをいただきました!このブログにソーシャルマークは出る設定にしていますが、「更新お知らせ」がうるさいかなと思って、自分からは自動リンクしていないのですが、どうしてこうアクセス数が伸びたのか、びっくりでした。

あまりのアクセス数に最初、何が起こっているかわかりませんでした。それだけ皆さんの関心が高いトピックだったのですね。これからもそんなテーマを探してみますね。
by yoshi-aki2006 | 2015-12-23 10:22 | 生きる力 | Comments(2)
11月に入ったばかりの音楽教室の発表会が12月初旬にあり、いきなり舞台に立ちました!
f0073848_22492920.jpg


ちなみに「飲む」とか「遠出」とか「温泉」などの趣味から、いま、結構、こうした演奏系の趣味を持つ人が増えている気がします。練習スタジオで「よくコレだけ音楽を愛する若者、中年、それ以上の人がいるもんだなー」というほど、たくさんの人と遭遇しました。そして私たちの音楽教室の社長さんは超カッコイイ青年実業家で着眼点が素晴らしいと思います。

さて、私たちのグループは3曲歌いました。
最初はアカペラ。
二曲目はゴスペル。
三曲目は踊りながら歌うヘブライ語の混じったリズミカルなゴスペル。

いや、かねがねいろんなアーティストが歌いながら踊っている姿は目にしていましたが、観るのとやるのでは大違い。

歌えば踊りは間違うし、踊れば声が出ていない。実に難しいものですねえ!

人が振付けた踊りを間違わずに踊るのは苦手な上に、今まで自分が身に着けている「なんちゃって」ジャズダンスやベリーダンス、フラメンコ、バレエ、ラテンダンス、フラダンスの微妙な癖がところどころで振りを阻みます。
振り向く動作一つとっても、振りかぶって振り向くパターンもあれば、パキパキとデジタルに振り向くパターンもあります。どれなんだろう?と頭が混乱する上、

プレ認知症かと疑わしくなるほとの物忘れの激しさ

それに加えて、そもそもモノを覚えることが超不得意というもって生まれた「怠惰な才能」もフルに発揮され、

おまけに練習が行き届かないという舐めた状態だったのですが、

「亡き中村勘三郎さんは天才的な上に人一倍の練習であんなに魅力的な踊りが舞えた」
とか、
フイギアスケートの浅田真央さんや羽生結弦さんのNHK杯の戦いぶりを思い出し、
「真央さんはあんなに練習して練習では決められていても本番ではちょっとのミスで残念な結果になったんだし、あの羽生結弦さんが世界最高得点を得られた影にはものすごい練習量があるわけだし」
と自分を奮い立たせ、一週間前くらいからラストスパートをかけ、何とか本番ではミスなく歌い、踊ることができました。


f0073848_2393053.jpg


本番が終わった後、舞台を観てくださっていた見ず知らずの方たちから、
「かっこよかったですよ~」
と声をかけていただき、もちろんグループのほかのみんなが素晴らしい演技を発揮したからだとは思いながらも、よかったー、これで打ち上げでなんとか面目を保てる・・・と心から思いました。

本番で決めることができて、ようやく、仲間からも認知してもらった気がします。

私のいまの目標は挑戦し、必ず結果を出すこと。それが毎期の試験だけが評価基準だった大学院で得られた学びで、今回の舞台への挑戦もその延長です。

多様な相手のいる世界では、どんなにお愛想やお追従、笑顔や言葉や思いやり、奉仕、尽力、利他の精神、豊かな人間性で人に接しても、結果を出せないままでは、人の輪の中で居場所を作ることは難しいです。

結果を出さない限り、自分以外のさまざまな人の坩堝である社会ではリスペクトされません。

人間関係が延々と続いた社会構造から、今はテーマテーマで人の集まりができています。そのテーマの中で結果が出せないとその分野ではリスペクトされない。
好かれるだけではその次にいけない。

だから結果を出さないとならないと思います。そのための努力は必須です。

結果を出そうと努力し続けること。そして、挑戦し続けること。

それは生きているという実感を自分に届けるためにも必要なことだと思います。

もしも、挑戦と努力の必要に迫られず、結果が出せなくてもいい世界に生きることに慣れると、私の場合は生きてるのか死んでるのか、わからなくなるような気がします。

年齢とともにできなくなることは増えていきます。
目が見えにくくなり、
肌つや、弾力、容貌全般が衰え、
よたよたしたり、よれよれしたり、気の効いたことが思いつかなくなったり。

滑舌が悪くなったり、切れが悪くなったり。

が、それはゲームみたいなものと思えばいいのです。

負荷がかかっても負けないでやる。それが生きる力につながるのだと思います。
大事な試験が控えている時に限って大量の仕事が押し寄せてきたときも、「こんなことに負けない!」と思いました。
今回の舞台の時も、私たちの前で舞台を務めたグループが「クンバーヤ」という乗り乗りの曲で観客の気持ちを全部、持っていってしまいました。
そこにさっそうと登場し、もう一度、人の気持ちを舞台に引き寄せ、「いやー、さっきのもよかったけどこのグループもすごくいい!!」と気持ちをさらわなくてはなりません。
芸能人の人たちも、ダンサーもシンガーもきっと、同じような場面で、こんな気持ちになるだろうと思います。

「さあー、私たちもブイブイいわしちゃいましょー!!」せーの、で気合をいれ、舞台で一人ひとりのベストを出しました。
こういう全力×全員×観客みたいなモデルが株式市場でもビジネスの現場でも芸能でも必要だと思います。
一人で仕事をする機会が多い私にはものすごく栄養になりました。

必ず結果を出す!
これをずっと肝に銘じてやっていきたいものです。

f0073848_082786.jpg


全力練習×1週間の結果、頬肉がアップしたような気がします!やった~!
f0073848_162875.jpg

by yoshi-aki2006 | 2015-12-08 00:01 | 生きる力 | Comments(0)
先日、電車の中で「あ、そういうこと~」「そうなんだ」の2つのフレーズだけで会話している男性2人組がいました。
A君「かくかく、しかじか、かくかく、しかじか・・・・・」
B君「そーなんだ」
A君「かくかく、しかじか、かくかく、しかじか・・・」
B君「あ、そういうこと~」

B君はこの2フレーズしかいわないんです。A君はもっぱら話して、B君は2フレーズを交代交代に挟むだけ。
でも、話がスルスル展開していくのが面白かったですね。

が、時に会話によって自分に火の粉が降りかかってくることがあります。
その時に役立つのが、ユーモア力。
予期しない相手からの悪意の言葉に対して、パッと面白い言葉で返せば、もうそれ以上、火の粉は降りかかってきません。
笑いが邪気を払ってくれます。

とっさに気の利いた言葉が思いつかないときは真逆の言葉を返すといいかも。

たとえば、
マズイ→ウマイ
イケテル→イケテナイ
ブラック→ホワイト
という単純な真逆言葉で返すだけでも場の空気を変えることができます。

「おたくの会社、残業多過ぎでしょ。ブラック企業って言われちゃいますよ」
と言われたら、
「いや、従業員はなぜかホワイト企業って言ってくれています。ホワイ? 企業かも」
という具合です。

こうしたユーモアの力を上手に使って切り返していく力を磨けば、つまらない人間関係の拗れリスクからは相当免れると思います。

私の身辺でも、ユーモア力のある人は一目置かれています。ユーモアを錦織テニスのように返せる人は実は正確に事態を把握し、冷静にボールを選んで、相手のミサイル攻撃をユーモア剛速球で撃墜しているわけで、「お笑い」が心底好きなわけではありません。

ユーモア力で場を弾けさせた人を思い出すと、どんな時にユーモア力を発揮していたかの検証で、実は難しい人が場に混じっていたからなんだな、と後で気ずかされます。

私は分析おたくなので、ユーモア力を発揮して火の粉を振り払うより、「何故、この人はこう言うのか? 」「こう行動するのか?」「その背景にはどんな意図や深層心理があるのか?」を過去のデータも動員して、会話と行動の乖離を徹底的に照合し、その人の人となりや嘘、本音と建て前を見抜こうとします。 仕事柄、どうしても、嘘や体裁、ダマシを見抜き、実態との乖離を見極めなくてはならないからです。

しかし、人間関係に潤滑油は必要です。
ユーモア力があれば、今もテレビ界で衝撃が冷めやらないFキャスターとレギュラーコメンテーターK氏のようなシリアスな展開にならなかったかもしれません。

ちなみにこの問題は私たち同業者の間でも、考えさせられていて、同業者の先生に「私なら、同じアンチテーゼを出すにしても、自分をキャスティングしてくれた人の社会人人生を揺るがすような、キャステングを後悔させるような話にはしない」とおっしゃる方がいました。全く同感です。

自分をキャステングしてくれた人に恩義を感じないフリーはいないのではないでしょうか。そういう人を後悔させる仕事はしないのがフリーの礼儀であり鉄則です。

もっとも、恩義ある人の立ち位置が自分と同業者になればライバルになるわけで、そのライバルがこちらに対して火の粉を振りかけてくることもないとは限らない。人に火の粉をふりかけてくる人が「悪かった」と反省することはなく、「あんたなんか、自分が担当していた時はさあ・・・・」といつまでも上から目線で、酒の力を借りて絡んでくるのがよくあるパターン。そんなシリアスな場合でも、ユーモア力の力を借り、上手にかわすのがベスト。

願わくばユーモア力で「昔の上下関係」をお互いにスパッと忘れて、明日に向けた関係に切り替えられる言葉の力がユーモアで表現できるといいですね。

元上司、元同僚など、春はお互いの立ち位置が変化している中での会合も多くなります。そんな席で「難しくなりそうな空気」を感じたら、パンチの効いたユーモア力でいい場面に切り替えられるといいですね。

難しいのはテンションの高さとユーモア力は似て非である点です。
常にテンションが高く、甲高い声で笑っている人がユーモア力があるかというとそうではありません。テンションが高すぎる場合は、無理していい人ぶっていることがあり、本心は違う人である場合が多いです。

相手が思わずプッと吹き出すようなユーモア力で切り返していく力を是非、養っていきたいものですね。

さて、以下のお写真はネットマネー9周年パーティで撮ったもの。
ご一緒させていただいたのは、

早見雄二郎先生
天海源一郎先生
木村和久先生
藤本誠之先生
とワタシ 木村佳子
f0073848_21373110.png

将棋の桐谷広人先生の〆のお話はユーモア炸裂。みんな腹を抱えていました。
桐谷先生は「ネットマネー5月号に優待バカの話があったけど、支出ゼロで暮らしていけるのも株主優待と配当のおかげ。投資のうまい人は別として株主優待はいいですよ」とユーモアたっぷりにお話くださいました。

「木村さんは私の前からカレンダー投資法という株主優待を生かした投資を世間に発表されていたのでよく知っています」と快く2ショットを許可してくださいました。

桐谷広人先生、ありがとうございました!
相場爆上げになくてはならない諸先生方、ご一緒させていただき心から感謝です!

今、書店で手に入る二誌に寄稿させていただいています。よかったらお手に取ってくださいね!
f0073848_222363.png

f0073848_1583120.png

by yoshi-aki2006 | 2015-04-03 14:55 | 生きる力 | Comments(0)
今日はオールアバウトが毎年開催しているレッドボールの集いが開催されました。
電子メールでの原稿のやりとりが多くなっている今、なかなか昔のように業界人が一堂に集う機会はないので、とてもうれしい集まりです。

f0073848_0215490.jpg

f0073848_0222555.jpg

f0073848_11254278.jpg

f0073848_0234849.jpg
f0073848_11242448.png

横山利香さんともご一緒させていただきました。
美しすぎるアナリスト・横山利香さんのブログ

はるばる遠方から参加されている方も少なくないので、席を移して夕方のはるか前ですが、空いているお店で初対面のご挨拶を交わしたり、旧交を温めました。
f0073848_1144481.jpg

(撮影・オールアバウト マネーなどで活躍中の伊藤加奈子さん)
翌日、テレビ出演を控える先生、体調管理の必要がある先生を早めにお見送りして、二次会、三次会へと移行し、お酒の後はコーヒーで〆ることに。

利害関係なしに話せる仲間はありがたい存在です。

私もここから、もっと成長しなければ、と帰路、反省しました。
そういう気持ちにも気付かせてくれる大切な仲間。


本当にありがたいご縁です。
f0073848_038366.jpg


オールアバウトの株価も急騰中。ゲーム会社買収の材料が出て、3日ストップ高で出来高ピークかと思えるようなすごい取引量。
今後についてはわかりませんから、慎重にかつ、冷静にemoticon-0105-wink.gif
f0073848_11301140.png

(チャートはゴールデンチャート日足圧縮版です)
by yoshi-aki2006 | 2015-03-01 00:35 | 生きる力 | Comments(0)
小渕優子さんが辞任して一夜明けました。
辞任会見の模様はラジオでの音声と静止画像でしか拝見していないけれど、気丈に発言しておられるご様子やこみあげてくるものがあっただろうと思えるご様子などは音声を通して想像できました。

ネットで会見時のお写真も拝見しました。
げっそり痩せておられて心労の深さが伝わってきました。

よく通る声でテキパキと発言される若手のりりしい女性政治家
として期待が大きかっただけに今回の顛末は誠に残念です。

どうしてこんなことになってしまったのでしょうか。私なりに考えてみました。

小渕恵三さんという内閣総理大臣も務められた政治家の娘に生まれたものの、ご本人はTBSに入社され、そこで知り合った方とご結婚もされ、二児の母でもいらっしゃいます。

父である小渕恵三さんが脳梗塞で急死された2000年当時、小渕優子さんはまだ社会人生活5年余りの27歳でした。
それがお父様の急逝で、急きょ後継者に担がれ選挙で当選。

以来13年余、政治家の道を歩いてこられたわけですが、小渕優子さんは本当に本心から政治家を志して今日まで来られたのでしょうか? 

お父様の急死で、「後継者はあなたしかいない」という周囲の期待を一身に担って、妻でありたい、二児の母親として良き家庭人でありたい、という本心に蓋をしたまま無理してずっと走ってこられたのではないか?

そのことが政治資金の管理が人任せになった遠因ではないかと思います。
ご本人が「知らなかったでは済まされない」
とおっしゃり、それを「他人事のように聞こえるが」と批判されたのも、無理やり政治家の路線を歩んでしまった表の小渕優子さんと本心は違っていた、ということを感じさせるやり取りです。

もし、本当に政治家として野心があるなら、役職に着く可能性が生じてきた時に自ら乗り出して政治資金に整合性を持たせる目配りもしたろうと思いますが、小渕優子さんはしていなかった。

それはとりもなおさず、ご自身は良き家庭人、妻として女性として充実した人生を送りたいにもかかわらず、後継者としてがんじがらめになり、きめられた路線を走らざるを得ないという状況から、人任せになってしまったのではないか。

今回の会見で小渕優子さんがぐっと感極まった部分が「一人の政治家として一から出直したい」という発言の時でした。

ご自身もこれまでの人生の進め方、進み方における自己矛盾に気が付いており、こういう形でしか自身の本心と向き合えなかったこと、自ら、こういう形でしか本心への回帰ができなかったこと、ご自身のしがらみとこれからの道筋について今ここがまさに分岐点なのだということ、それを自分だけが知っているという孤独、そういう思いがせりあがってきて、感極まられたのだと思います。

誰もそれに気づいてくれない孤独な状況なんでしょうね。
お父さんが存命であれば、小渕優子さんは政治家の道に進まなかったかもしれない。
良き家庭人として女として母として別の幸せがあったのかもしれない。

でも、お父さんを亡くし、
自分が背負わなくてはならないものがたくさんあって、
本心を横に置き、今日まで頑張ってこられたのでしょう。

わかっていますよ、小渕優子さん。あなたの哀しみ、辛い状況。メディアを通して、涙ぐまれたことの意味はちゃんと伝わっていますよ。
子供と夫と普通に過ごす道もあったのに、しがらみに足を踏み入れ今日までこらえてこられたこともみな。

女性の時代と担がれて、無理無理、目玉として引っ張り出され、原発稼働の判断を担うポジションにあざとくも据えられた。
そして、一番弱くほころびやすい部分を突こうという野党の政治手法で手ひどくつつかれた。全部来年四月の統一地方選挙の下準備のため。己の飯だねのための戦法です。

あなたの涙の中には「その矢面に立たされた」ことへの慟哭もあったはずです。選んだ側と突いてきた側のあざとさにご自身が犠牲にした子供のこと、ご自身のこれまでの人生、積み上げてきたものを資源にされた、そのとてつもない犠牲の大きさに情けない思いが込み上げてきたのだとお察しいたします。

でも、今回のことを千載一遇のチャンスとして今、政治家を辞めて普通の家庭人となったっていいじゃありませんか。心ここにあらずな空疎なお人形のような政治家として出世階段を上り詰めるより、ずっとずっといいと思います。

でも、本心から「一から政治家としてやり直したい」と思うなら、今度は政治家の娘としての立場ではなく、是非とも一人の女性として政治家として立ってくださいな。そして国民のことをそっちのけで国会審議に応じないような政治家を一掃してください。

あなたの背中を見ている人に鬼ばかりはいないと思います。

どちらの道を選ぼうとも、それがご自身の本心からの一念発起なら、女性はあなたの勇気ある決断をきっときっと心から応援すると思います。

女はそれくらい懐が深い生き物です。

残念ながら男はどうもそのあたりがよくわかっていない場合が多いみたいなんですが。
by yoshi-aki2006 | 2014-10-21 23:57 | 生きる力 | Comments(3)
昨日は素晴らしい建造物で有名な光世証券さんで異能で相場分析の達人、岡崎良介先生とご一緒に東証プラスYOUプロジェクトでセミナーを開催させていただきました。
f0073848_110715.jpg

素敵なエントランスの光世証券さん。北浜駅からすぐです。
ほかにもお写真を撮っていただきましたので、入手でき次第、模様をアップさせていただきますね。北浜を通られたら、ぜひ、足を止めて素敵な建造物を見てみてくださいね。周辺のお散歩も楽しいですよ(中之島にはバラ園がありますし、水上バスも運行しています)

会場は100名様がマックスのところ150名様ほどのご来場をいただいたそうでありがとうございました! また、そうそうにお申込数に達してしまい、募集が締め切られてしまったようです。多数の皆様のご支持に心から御礼を申し上げます。
f0073848_12574888.jpg

(素晴らしいホールで講演させていただき感激です! お写真提供 光世証券さん)

ご入場できなかった場合でも、年内に何度か大阪にはうかがえると思いますので、次回、ぜひご来場くださいね。

さて、表題の「人生は魂の旅である」というのは最近、しっくりきている私の人生観です。
今の絶対無二の自分だけに魂(生きるエネルギーのようなもの)って宿るものなのかなあ?と考えると「そんなことはない」と思うのです。植物や生物学の本などを読むと、種子は巧みに外部環境を利用して、次の時間軸に命をつないでいく例を知ることができます。

人間もそのような仕組みの中に生きる生物で、わかりやすい例でいうと子孫にDNAが受け継がれていく点が挙げられます。

でも、「心はDNAに宿るのか」というと時間の中での代謝などの生物活動を通して出会う様々な外部環境の中で「心」はいかようにも反応し、はぐくまれていくわけです。その意味で、「心」というか「魂」というか、そのようなものはライダーである、と思うんですよね。

そして、ライダーは次々に新たな命に宿りながら、時間の中で生き延びつつ、都度都度与えられた条件の中で問題にチャレンジしていくのだろうと思います。

この時間軸にこの条件(どんな親の元に生まれるかや性別や体つき、顔つきなどの容貌)で生まれた「私」が抱える課題をこの時間軸で解決しようといろいろ試し見ることが「人生」で、それはきっと魂=楽しい=ことなんだろうと思います。

韻が似ている魂=楽しい。

語源をたどれば魂=楽しいなのではないかと思うようになりました。

飽きずに与えられた制約条件の中でMax値を求めたいと思います。
制約条件って数学問題に出てくるのですが、数学もこうして考えると人間臭いものなのかもしれないなと思います。

たまたま与えられた様々な課題を魂=楽しい=はどう解決していこうとするのか? いろんな解法があり、素敵な「解」もあれば、回り道して「解」を導くこともあると思います。

「解」が結果ではないのだ、「解」に至る道が魂=楽しいの栄養なのだ、と思えば展望が開けるような気がします。

さてさて、相場見通しに関しては講演録のような感じで少々お時間をいただいて防備録のような形でまとめてみたいと思います。
まずはお天気に恵まれている今日の休日(10月19日)を楽しんで(魂んで)お過ごしくださいね
emoticon-0100-smile.gif

私は学校から課されている宿題をしっかりやろうと思いますemoticon-0141-whew.gif



●沖縄・那覇での不動産リート+株式講演会のご案内
ご来場をお待ちしております!
f0073848_23262666.png



●11月6日開催の東証アカデミー(チャート見方、分析法入門)
詳細です
すでに満杯で申し込みは締め切られていますが、今までの経験則では当日、来られなくなった方の空き席が見受けられます。(当日のご参加の場合はテーブル席ではなくなってしまうかもしれません。ご了承くださいませ)
by yoshi-aki2006 | 2014-10-19 11:18 | 生きる力 | Comments(0)
暑くて体も心もダルダル~という時にはしゃっきり感のある人と歌でリフレッシュ!

私は一石二丁バージョンで
ダンス+発声+やる気+集中力アップが図れる歌を勉強前などにアクション付きで歌って心身の活性化を図っています。

それにぴったりなのが「トゥナイト、トゥナイト、トゥナイト、トゥナイト、今夜・・・・」と決めフレーズにはまる世良公則さんの鉄爪という歌です。

だれた~と思う時、この歌でしゃっきり感アップ!

是非、アクション付きで完唱してみてください。ギターに模した床モップとかがあればなおヨシ!
世良巻きには首タオルも気分を高めてくれます!emoticon-0105-wink.gif
You チュウブで見つけた世良公則さんの映像にリンクします。
歌ボリュームが大きいので、クリック前に音量の調節ヨロシクです!
世良公則さんの鉄爪にリンク

f0073848_11343546.png


明日講演とかプレゼン発表という時は是非、世良公則さんのノリノリ曲でモチベーションアップを!!
このほか、自由振付でコア筋力アップにぴったりなおすすめ曲も随時アップしますね~
by yoshi-aki2006 | 2014-08-05 11:36 | 生きる力 | Comments(0)