カテゴリ:マネー( 294 )

 

オンデマンド放送(30分)

11日に放送された短波放送を聞き逃したかたはオンデマンドで聞く方法がある。

ここをクリック
していただくと「きらっと輝く企業発見!」のページが現れる。

スクロールするとオンデマンド放送の記述があるのでそこをクリックするとメディアプレーヤーの画面に切り替わり、30分番組が聴ける。

次の金曜日の夕方まで聴けるのはもちろん、スクロールの手間さえいとわなければ何週間でも繰り返し聞けるのでお楽しみください。

なお、番組中、名古屋セントレックスの銘柄紹介の話の中に出てくるランドネットはランドコム(8948)が正しい社名です。

by yoshi-aki2006 | 2006-08-12 08:43 | マネー | Comments(2)  

チャートレッスン

ここの所の株価波乱について。

最安値を買いたいと思っている人はスタンバイ、もしくは打診買いのタイミングにきつつある。
チャート

をみるとわかるように全ての移動平均線がデッド・クロス方向。
株価は先行して下げ。

外国人は売りこし。

全くよい状況ではない。

ボールを投げるとどこかにこつんとあたってまたリバウンドする。
また下落する。そのうち、下げの勢いがおとろえる。
そしてどこかでトレンドが変わって切り返していく。

今は、まだトレンドが変わって上げて行ける状況ではなく、下落途中のリバウンド、また下落というリスクをはらんだ場所にいる。

しかし、最安値のピンポイントで買えることは少ない。

だいたいのざっくりした安値を買っていく姿勢をとるなら、好機到来といえよう。

今日はそんなことを詳しく大阪でお話する予定。

by yoshi-aki2006 | 2006-06-15 07:31 | マネー | Comments(2)  

株式市場の見通しと為替

株式市場の見通しはアスカビジネスカレッジのレポートに詳しく触れているが、
木曜更新の増田足でフォローアップもかねて最新の見解を書き足している。
午前中には最新版が6日から13日に変更されるはずだ。
ご興味のある方は見てみてください。

木曜日はマネーパートナーズのfxコラムで為替見通しにも触れる。
大忙しだ。こちらにはブログ左の木村佳子のマネープランをクリックし、
また左リンク先をクリック、fxコラム 木曜日に行けば最新情報が見られる。
fxコラムはいずれブログ化の予定だが、今のところはこうやって行っていただくしかない。
ちょっとクリック回数が多くて恐縮だが、銭単位で予想する(もちろん、ハズレもあるが当たることもアル!!)職人技の世界だ。命が縮まるよ~!

by yoshi-aki2006 | 2006-04-13 03:24 | マネー | Comments(0)  

ずぼら投資、絶好調報告

今日は、投信の話。
その昔、たった7ドル(100口で8万円くらい)で買ったグレイターチャイナファンド(投信)から今年は26995円の配当ゲット。9ドル(×100口)で買ったチャイナファンドからは26364円、やはり9ドル(×100口)で買ったインドファンドからは41312円の配当が来た。
昨年より配当額はぐっと増えている。既に投下した元金は回収しているから、この調子で配当金が得られれば理想的な展開だ。
1997~1998年にパッパッと買って放置しておいたものだが、このところ毎年のように増配である上にインドファンドなどは基準価額が5倍以上(40ドル前後)になっている。

日本にもよい投信が登場しているが(今、販売されている「投資の達人」エコノミスト増刊号に詳しい)、私がこれまで「木村佳子のお金の実験工房」として試したものでは、上記のほかに償還になって結果的には14万円の投資額が50万円以上のリターンになったイベリア・ファンドの例など、海外市場で買ったものにヒットが多い。

将来、どの国に経済パワーが移るか? ということが、ざっくり分るなら、海外市場のカントリーファンドがお勧めだ。英語表記だがウオールストリートジャーナルやニューヨーク証券取引所などで情報収集を。
アメ株、ナス株の中にも分割や高配当でリターンが多いものがある。
ネットが発達し、日々、分速で原稿を処理することが求められたりして、日常生活は多忙だ。
従って自身の運用に関して、トレーディング系のものにはあまり関心がない。というより不完全な形でしかかかわれないからやりたくてもやれないのが実情だ。
だから私の場合は放置していたらお金が増えていたというのが望ましい。
これを研究して「ずぼら投資」と命名し、求められれば媒体や講演などでご紹介している。
この「放置系」の運用方法をさらに研究し、これからもいろんな媒体でご案内したい。

今週は木曜日に東京で講演会があるので、その席でもいろいろな研究結果をお話できたたらと思う。

知人は、「どうして100口でなく1万口とか買っとかなかったの? そしたら、配当は何十万円、何百万円も来たろうに」と突っ込んでくる。

まったく、仰せのとおりだ。
しかし、逆に7ドル×100口だから放置できたんだってこともいえる。投資って「余裕」がないと成功しない。私にとって当時は7ドル×100口が余裕資金だった。そういうことだ(しかし、ホントに1000口、1万口と買っておけばもっとすごい額の配当が来た!  まことに惜しいことをした!)。

by yoshi-aki2006 | 2006-04-11 00:29 | マネー | Comments(4)