カテゴリ:マネー( 293 )

 

株式投資のうまい血液型って?

日本人の血液型は
A型40% O型30% B型20% AB型10%という分布だそうですね。

落語家さんにはO型が多いのだというお話を伺いました。
分布はこんな感じでなるほどですね。
そういえば先般、逝去された人間国宝の桂米朝師匠もO型なのだそうです。

一方、野球選手やスポーツ選手にはB型が多いとか。
O型には王貞治さん、星野仙一さん、落合博満さん、佐々木主浩さん、松井秀喜さん、松坂大輔さんらか゜いらっしゃいますが、B型は日本での分布が比較的少ないのに長嶋茂雄さん、金田正一さん、野村克也さん、張本勲さん、掛布さん、イチローさん、古田敦也さん、野茂英雄さん、清原和博さんと多士済々です。

スポーツ界では卓球の福原愛さんやフイギア・スケートの浅田真央さん、羽生結弦さんもB型とか。

さて、株式投資においてはどうでしょう?
投資のうまい下手を血液型に分けるとどうなるか? ちょっと興味津津ですよね。私の経験に基ずいた分類によると・・・・。

上げ相場の時には決断力と実行力などでグランド・デザインに乗るのがうまいO型の成果が良いように思います。
A型は業績の裏付けやロジックに共感できないと行動しないので業績相場に強いといえるでしょうか。

B型は「決めたら一途」でこだわりが強く、自分の興味の持てる分野では技巧者でもあります。なのでテクニカルで強みを発揮します。
B型は自分の納得感が先にこないと動けないので、上げ相場でも下げ相場でもチャート分析が先に来てから売買実行となりがちではないかと思います。どちらかというと下げ相場のほうが強いでしょうか。

AB型は基本的に二項モデル、動+静なので特定銘柄に対するアプローチになるかなと思います。

さて、当たるも八卦な血液型の持つ傾向ですが、今の相場はA型+O型にはいい相場ではないかと思います。アベノミクス、地方創生、オリンピック、リニア中央新幹線と材料満載。
この相場の生みの親、安倍総理は首相官邸に株価電光掲示板を持ち込み、株価への目配りは首相の中でも断トツなんだそう。
また、今の内閣には株式保有者が多いため、アベノミクスでホクホクだとの記事が13日発売号の週刊新潮で特集されていましたね。

投資家や証券関係者にとって、株価に全く関心がなかったといわれる小泉純一郎さんよりはずっとずっと心強い首相ですが、チャート分析を業とする私には今の株価形成の仕方にはちょっと無理があるかなあ・・・との思いがあります。

18700円を超えたあたりからの株価展開はトレンドラインがうまく引けないため、無理に持ち上げている印象がぬぐえません。

それは統一地方選挙を意識しているから、ここで株価を下げるわけにはいかないという、無理を承知の上げ頼みで相当下駄をはかせているからだという見解も持てそうです。

ということは4月半ばはちょいと用心なのかなあ(私は3月用心説を唱えてきたのですが2万円相場目前にして、アメリカ市場の盛り返し方から、この強さは侮れないため、自説の検証をしています)・・・・。

いずれにせよ、6月が外資決算。
個人投資家大量売り越しのさなか、外資は買いまくっているとの報。
その買いまくりを誰かに高値で買い取ってもらいたいわけでしょうから、個人投資家が辛抱貯まらず高値に飛びついてきたところがとりあえずの今年前半の高値かと思います。

20日東京での講演会では「それでも日経平均株価は何気に年に2~3回程度、10%前後の調整を見ますのでその時にどうするかの戦略を持ちましょう!」とお話しさせていただきました。

ちなみに安倍晋三総理の血液型はBだそうです。
首相官邸

同じ血液型の私としてはものすごくシンパシーを感じるのですが、安倍総理もチャート分析しているのかな。
f0073848_14415514.png

ゴールデンチャートの日足にトレンドラインを引いてみるのですが、何かうまくフィットしません。

トレンドラインの定石にはあてはならない相場展開が続いていることが、妙というか。相場は相場に聞けと言い、現場で起きていることがすべてを物語っているわけですけれど。

ここはテクニカルよりグランド・デザインに乗る相場と言えるかもしれませんがB型のチャート分析おたくである私は納得感が得られるところで売買をしたいと思っています。

オマケですが、B型の著名人には
                          西郷隆盛 B型
                          坂本龍馬 B型
                          織田信長 B型
                          伊達政宗 B型
                  
                          田中角栄 B型
                          竹下登  B型


                          橋本市長 B型

そして、「東大生にB型が多い」のだそう。出典

自戒としてはB型は絶対に負けを認めないため、周到であるものの、勝っている状態にすぐ飽きて、結果にあまりこだわらず、ずさんというか、鷹揚なところがあり、その油断を突かれやすいと言えます。執念深いところとあっさりしすぎているところの両極端と自分なりの合理哲学を持っていて、それが強みでありながら、人からは理解されにくい所がある点に留意ですね。

by yoshi-aki2006 | 2015-03-21 14:56 | マネー | Comments(0)  

次回の「木村佳子の女子株会」は3月14日東証フエスタで

昨日は東京丸の内で女子株会の講演をさせていただきました。
多数のご参加ありがとうございます!

もっともっと株について知りたい方は次回3月14日東証フエスタで一日2講演開催される「木村佳子の女子株会」にお申し込みくださいね。

f0073848_1529514.png


お申し込み先です

女性に特段の働きが期待されている今。
日本はどんな状態なのでしょうか?

まず、今の人口データを見てみましょう(出所 総務省)

f0073848_15313451.png

12700万人をピークに日本の人口は減少傾向です。
人口ピラミッドの推移からみてみますと団塊退職が始まった2005年
f0073848_1533160.png

続いて2010年
f0073848_15331383.png

そしてオリンピックの年2020年はこんな感じです。
f0073848_15335053.png

経済的にはマイナンバー、オリンピック、リニア中央新幹線、観光立国といろいろ切り口がありますが肝心の人口が減少し働き手が少なくなっていく点に対策が求められますね。

企業には儲け機会を増やし、納税してもらう。
女性には働き手になって所得税、消費税、社会保障費用に協力してもらう。
そうやって支えあっていきましょうというのがアベノミクスの一つのメッセージかと思います。

とはいえ女性は子供を産んだり、家事分担でも期待されているため、あれもこれもと手を出してしまうと収拾がつかないことにもなりかねません。

効率よく、賢く、すがすがしいお金との付き合い方を女子株会で学びあいましょう!
そして人口減少時代の日本でかなえられる夢とかなえさせてあげられる夢の両方に目配りできる豊かな人間性を磨きたいものですね。

お目にかかれることを楽しみにしております!!

by yoshi-aki2006 | 2015-02-20 15:42 | マネー | Comments(0)  

2015年初からきな臭いマーケット~仕掛けられるユーロ安、シェールガスビジネスつぶし

スイスフラン高阻止の制限を撤廃する措置でユーロ急落、スイスフラン高進行。
これが円高をもたらす力となってマーケットを直撃。

他方では原油安、シェールガス安で大損ファンドも予見されるとして立て続く講演でこうした材料を踏まえた戦略的な投資方法をご紹介させていただいています。

今年はボラテイリティの高いマーケットとなりそうなので油断禁物です。

詳しくは17日大阪か18日名古屋等の講演会場でか、16日午前中にも更新される予定のここの為替コラム=マネーパートナーズをご覧くださいね。
さて、東京~福山間は新幹線のぞみで乗り換えなしなら約三時間半ですが一路福山に伺いまして、講演させていただき、翌15日は暴風雨の中で開催された東証アカデミーで投資ストラテジーについて講演させていただきました。

天候が順調な時と違って、お天気が荒れる日のしかも冬の夜開催のセミナーはお客様のご来場数に影響します。
ものすごく心配していましたがたくさんのご来場をいただき、本当にありがたいことだと胸がいっぱいになりました。
福山でもお客様から「来てよかったわ~」と言葉をかけていただき、励みになりました。
この感激を胸に仕事でお返ししていきたいと思います。
f0073848_8552333.png

f0073848_8575879.png

悪天候な時はマーケットも買いは少なく、したがって安値となりますが、そういう時ほど喜んで買える投資家になりたいものです。

さて、このところ、地域再生、活性化が声高に言われますが、土地土地に良さがあります。
特に瀬戸内海に面した地域は本当においしいものが多く、食文化が豊かで「また来たい!」と心を鷲掴みにされます。

今回、福山で初体験した食べ物に「うずみ」があります。
私が食べたのは宿泊先のホテルの朝食ででした。
せいろに小さな器に入った陶器が蒸されてありました。ゆで卵スタンドくらいの大きさの器にご飯が盛ってあるのですが、なんとなく底がほの黒い。
何か埋まっていることがわかります。
その器を取りだし、菜を盛り、わさびと海苔を配してほうじ茶をかけて小さなスプーンでいただくのですが・・・・、食べ始めるや、中から塩昆布、お魚のほぐし身、エビのようなものがほろほろと出てくるではありませんか。
その、あまりのおいしさにびっくり!

ほうじ茶の香ばしさ、わさびの香味、海苔の香り・・・と相まって中の具材の塩加減と少量の白いご飯のハーモニーが実に絶妙! 島根の鯛茶漬けとはまた一味違う味わいです。海の恵み、山の恵みの詰まった和食の奥行きの深さですね。
「もう一杯食べたい!」
と強く強~く思いましたが、「次来たときの楽しみに取っておこう!」と思い直し、一杯だけにしました。

家でも是非、作りたいなと思いましたね~。
どんな感じのものかインターネットで検索するとこんな感じです。
f0073848_8254077.jpg

写真では具材が見えていますが、実際は見えないように埋めてある=名前の由来も埋め→埋見、or 埋身・・・・ということらしいです。(画像は福山 うずみの紹介観光ページより)
素敵な塗り椀でいただいてもいいですね~。
f0073848_829314.jpg

(画像は福山 食文化紹介のページより)

この「うずみ」に似せて、運用資産も食べれば食べるほど中からお宝がほろほろと味わい深くでてくる感じに仕上げていきたいものですよね!

土曜日の大阪、日曜日の名古屋で続きを聞いてくださいね~!

by yoshi-aki2006 | 2015-01-16 08:47 | マネー | Comments(0)  

投資と資金移動の違いを学ぶ~子供と一緒に経済感覚を養うイベント札幌証券取引所+JPX

お天気同様、株価が波乱含みですね!
でも、波乱の時ほど、投資したい企業の株が安く買えるのは確か。
しっかりと投資計画を立てて、投資したい企業を探し、ぶれずに応援し、果実が得られたら売却するもよし!
成長の過程を楽しむもよし!

そんな風に思えたら、株価波乱もまた楽しいととらえられるのではないかと思います。

とはいえ、投資でお金が増やせられなかったら努力も水泡に帰してしまいます。その点で、投資が本当に報われるのか、私も一定金額を実験的に投資して、どのような結果になるか観察しています。

カレンダー投資という独自に編み出した方法・・・企業の決算期の差に注目して配当、優待を得ながらじっくり投資していくタイプの投資方法に100万円を投じると資金はどのように変化するのか? (逆にどのように損をするのか?)、これを今も継続して実験しています。

うまくいった例では当時のすっ高値である女性向け商品のメーカーに投資。配当と優待をもらいながら5年の期間で株価は倍以上に! 優待製品も魅力的ですし、成長もしているので、長期保有の殿堂入りにしようと思っています。

失敗例では優待の利回りの良さに目がくらんで倒産されてしまった銘柄もあります。その企業を全然好きではなかったのに、買いやすさと優待魅力で株数を買い増していきました。すると監査法人が変わった途端、粉飾が発覚し、倒産してしまったのでした。後で、確信犯的に優待で個人投資家をおびき寄せていたのではないかということで修士論文に実例として入れました。生きた事例とはいえ、高い取材費になりました~!

企業を見極める目を養うにはある程度の実践智と研究が必要です。まだ、よくわかっていないときに無制限に資金を足すと、ビギナーズラックで大儲けできる可能性もあるけれど、本格的投資で株式投資を始める前より貧乏になるケースもあります。
投資ではなく、単なる資金移動だけしているケースもあり、何が投資で何が資金移動なのかを見極められるようになりたいものですね。

自分でそうした違いを知り、平常心で投資できるようになるまで、自制心が必要です。
投資のタイミングは常にあるとは限りません。むやみに資金を足していくと絶好のタイミングで投資することができなくなります。なので、「自分の資力で今、投資に振り向けられる額はこれだけ」というしっかりした認識のもと、お目当ての企業を買うタイミングをはかれるようになりたいものですね。


さて、投資に関して、なるべく早いうちから素養、教養を養おうとの取り組みが取引所中心に進められています。
この週末には札幌で楽しい親子イベントが開催されますよ。お子様のいらっしゃる札幌界隈の皆様にご案内しますね!
f0073848_12194169.png


f0073848_12195628.png


お申込み詳細~参加賞ももらえるそうです!

子供のうちから経済感覚が養われれば、むやみに投資して資金ロスをすることも少なくなるのではないかと思います。投資と資金移動の違いをしっかり学びたいものですね!
東京で開催される際もご案内しますね!

大人は今年も株価波乱をチャンスにできるよう、しっかりマーケット動向をとらえましょう!

by yoshi-aki2006 | 2015-01-07 12:24 | マネー | Comments(1)  

日経平均爆下げでもあわてないテクニカル分析の楽しみ2015年1月15日東証アカデミーで勉強しよう!

日経平均株価が大きく変動しています。
18000円台から16000円台へ。
チャートで見てみるとこの数日の動きの激しさがわかりますね。
(チャートはゴールデンチャート社より)
f0073848_18494842.png

今日の反発はたいした幅ではないし、まだ下がる可能性もありながら、こういう時に前から欲しかった銘柄に少しずつ投資していければ、高値つかみを避けられます。
しかし、心理的に「もっと下がるのではないか?」と思い、実際はなかなか買えないのが実情ではないでしょうか。

だったら、下げ止ってから買う?

それもまた難しいですよね。
昨日のお題「明日ありと思う心の・・・」ではありませんが、あっという間に反発して、「わ! 出遅れた!」とあわてて参戦し、高値を買ってしまいがちです。

そこでテクニカル分析の出番です。
テクニカル分析は株価の値動きから妥当な買い場、売り場を探そうとするときに便利です。

難しく考えがちですが、まずは株価が居所のよさそうな位置はどこか? を過去データを使って推定していきま
す。
学者の間では「テクニカル分析で株価が予測できたら、こんな楽なことはない(だから、実際はそうそううまくいかないはずだ)」と懐疑的な見方をしている先生もいます。

さはさりながら、株で儲けるのはいわばカスタマイズの世界です。

お化粧と同じで、化粧品は元顔を根底から美しくするわけではないという前提に立つか、いやいや、使いようによってはものすごくきれいになれるという前提に立つかで使い方は違ってきます。

私は、「そりゃ、ファンダメンタル情報をすべて縦横無尽に使えたに越したことはないが」「それは難しい」という前提で、使えるツールは何でも使う、という観点からテクニカル分析でまずはざっくり足場固めが有効だと思っています。
使えるツールは何でも使って剣が峰を渡っていくのが株という変動性の高い対象と付き合うための備えだと思っています。
日経平均株価を分析するだけでも実にさまざまな示唆があります。個別銘柄にも応用して勉強してみましょう。

テクニカル分析の次のセミナーは無料で場所は東証大ホールです。
2015年1月15日18:30~20時まで。

お申し込みはここでできますよ! 数日前から募集開始です
f0073848_1963029.png

ご一緒に勉強しましょう!

by yoshi-aki2006 | 2014-12-17 19:13 | マネー | Comments(2)  

もらってメッチャ嬉しいふるさと納税~鶴ヶ島

f0073848_14383490.jpg


わー!養命酒が営む「くらすわ」(上諏訪の名店)の生ハム、ロースハムなど4種類の品とハーブ酒3本セットが届きました!

埼玉県鶴ヶ島に納税した5万円分の1万円で選択した品です。
他に1万円でコシヒカリ10㌔、
3万円で市販では3万円相当する機関車セットが届きました。

家族全員大満足。

もちろん、納税した分は控除対象になりますから、納税の義務も果たせるし、地元産業の活性化にもつながるし、生活は豊かに潤うし、いうことなしです。

ふるさと納税をしっかりしつつ、生活に関連したグッズをいただき、じっくり株の安値で株主優待&業績向上銘柄をゲットできればわらしべ長者になれる!!006.gif

30歳代前半の主婦のK子ちゃんもふるさと納税にはまっていて、いろんな市の納税者になっています。
こんなに楽しい納税ならどんどんしたくなりますね。

株価の下げも楽しく待てますよ~。
VIX指数とインデックス型ETFでしのぎながら、いい株は安く仕込む。

納税は応援したい市にしっかり届ける!

するとこんな立派なお品が来るという次第。
お試しあれ。

10㌔のお米もお味はばっちりでした!

by yoshi-aki2006 | 2014-10-22 14:47 | マネー | Comments(0)  

LINE、リクルートの上場、女性版ダボス会議開催で秋相場はどうなる?

今年の秋相場。

例年ですと、秋は台風シーズンで災害も多くなりがち。とても株どころではない、というムードが醸成されやすい時です。
また、3月本決算企業の9月中間決算数字を秋口、広げた風呂敷を畳むように修正する時期でもあり、あまりさえないことが多いですね。

でも、ここで株価が下がるようでは、アベノミクスに失望と批判が噴出するのは目に見えています。それを最も承知しているのがほかでもない安倍総理。
9月12日~15日には「女性版ダボス会議」を東京で開催することを企画。
さらに10月リクルート、11月にはLINEの上場で盛り上げ、「午年相場は尻下がり」にならないよう注意していると見られます。

そうです。安倍総理!
やれることは何でもやってくださいな。日本人の懐は他国で発生したリーマンショックに巻き込まれ、震源地であるご本家アメリカはまるでお金を吸いとったように高値更新を続けているのに、巻き添えをくった日本はまだまだ低い位置に据え置かれたままです。

バブル崩壊以来、日経平均は100万円が18万円になるのに相当する値下がりで、今も、40万円くらいに戻した程度です。

日本が戦後築いた金融資産はかくも酷い状態であり、誰かにかすめ取られたように減ったままです。リップサービスであれ、イベントであれ、やれることは何でもやって株を上げてもらいたいというのが投資家や証券ビジネスの人達の本音といえるでしょう。

積めるだけ積んだルーレット台のコインがこの先、誰の懐に入るのか?

富の移転市場である株式市場でしっかり見届けながら、ちゃんと資産運用しただけのことはあったとリスクをとった投資家に納得感を与えたい。それが私の仕事のペースですが、例年とは違う午年相場になりそうではありますね。
今週後半からまた怒涛の全国講演が始まりますが講演予定です
LINEの話題もお届けしたいと思います。
LINE
LINEを知るのにとても参考になるいいブログを読みました

21日は大阪講演です

by yoshi-aki2006 | 2014-08-18 10:58 | マネー | Comments(0)  

貧困女子からの脱出

NHKで「女性の貧困が増加している」というテーマを取り上げていました。
さまざまな貧困例が取り上げられていましたが、ちょっと首をかしげる部分もありました。

それは母親、娘二人が各々ネットカフエに長期滞在しているというケースでした。長期滞在すると滞在費は一人一日当たり1900円になるとのことでした。

長女がアルバイトしているコンビニで買ってきたものを姉妹で一日一食、分けて食べている映像もありました。

が、待てよ。一日一人1900円なら家族3人で一日コスト5700円。一か月31日で176700円にもなります。
年額にすると2120400円で結構な額です。

月176700円、ネットカフエ宿泊費用にかけているなら礼金敷金ナシの月10万円未満で借りられる家を探したほうがコストは低減できますよね。

姉妹は月10万円のお姉さんのコンビニバイト代とお母さんからの数万円でやりくりしているそうです。ここから二人分のネットカフエ宿泊費を引き、一日の可処分所得を割り出すと1038円です。これで姉妹の3食費用を割り出すと一食173円になります。

確かに厳しい数字で、衛生品などを買うとひっ迫してしまうのは理解できます。

だけど、ネットカフエに月額18万円近くも支払う生活を見直したり、市場で安い食材を調達してきて、一食あたりのコストを下げて、栄養バランスを整えたりと工夫すれば、今よりも生活の質は上げられるのではないかと思います。

その浮いたお金で学校に通えていないという妹さんを中学校に通わせることはできるのではないかなと番組を見ていて思いました。

お金の貧困というだけではない問題があるように思えてなりません。
ライフプラン、暮らし方のイメージの貧困なども考慮する必要があるのではないかと感じます。

どうやったらこの人たちは貧困から脱出できるのだろうか?
効率的に出口にたどりつき、確実に現状から脱出できるのだうか?

番組を観終わった後、私なりに考えました。

貧困の背景には「消費者としてのコンプリート志向」も強いのではないかと思います。

人はコストのかかる生活を知らず知らずに選択してしまっていて、自分が生きたい人生を考える以前に、よき消費者としての訓練が日々の暮らしの中で先行し、ストレッチされているのではないでしょうか。

知らず知らずに高コストな生活を送るように仕向けられていて、それに気がつかないまま、消費生活を提供する側は高度な戦略で消費者をつかみつづけ、それにより可処分所得が縮み続ける生活者の中から、次第に貧困層が生まれているのではないか?

その罠に取り込まれていることに気がついた人は高コストな生活から脱出できるのですが、気がつかない人は高コストな生活費を払い続けるのではないかと思います。

前述の例なら、電光熱費込みではありながら月額176700円のコストがかかっているネットカフエでの親子生活を見直すことでしょう。

それと「声を上げない、サイレントプア」問題もあると思います。母親と娘二人でネットカフエ生活。声を上げて行政の何らかのケアを受けられないものでしょうか?

貧困は忍び寄り、人を貧困のるつぼに引きずり込みます。そして過酷な条件で働き続け、SOSも発信しないサイレントプアの沼地に沈みこませていきます。

この罠に引っ掛からないためには、目先は低コストであるけれども、実は高コストなものに手を出さないことです。そして、いっとき苦しくても安定的な収入が得られる仕事に就けるような取組をすべきです。

取組を実現するには一つ一つの「必要だと思ってしまっているコト」をコストという面で見直したり、自治体への問い合わせをしてみるところから始めましょう。自治体への問い合わせでいきなり、いい情報にヒットすることはないかもしれません。徒労となってもあきらめず、自分をすくうことができる情報に出合えるまで、問い合わせることです(自治体の住宅整備委員をさせてもらいましたが、母子家庭用住宅も用意されている自治体があります。応募が少ないこともあり、枠があいていることもありました)。
親身になってそういう問題と向き合っておられる民生委員の先生がいらっしゃいました。民生委員の人に話を聞いてもらうことからヒントが得られるかもしれません。

さて、貧乏は悪循環する、というのが自説ですが、たとえばの例をあげてみましょう。
たとえばタバコです。
タバコを吸うと健康被害があるといわれて久しいわけですが、おいしい(目先の楽しみ)ことが蓄積すると長いスパンでは健康被害(大損失)をもたらします。

吸い続けている間、お金もかかります。
部屋は汚れるし、衣類や体ににおいもつきます。
タバコを吸おうと場所を探して、時間やお金をロスすることもあります。

タバコの先を落として衣類を焦がしたり、髪の毛やまつ毛、眉毛を焼いたりというリスクとも背中合わせです。

タバコという一つのアイテムから「金銭」「リスク」の大損害が連鎖し蓄積していくわけです。

これがいい方向に働くほうがいいに決まっています。たとえばお米は一粒が1600粒の実りになるそうで、上手に種まきすればたくさんのリターンが得られるわけです。

人に平等に与えられているのは1日24時間。そして、いつかは寿命が来るという条件です。
効率よく、その時間をリターンの大きなものに使えれば現状は変えられると思います。

私も家庭の事情などで高校を中退し、大検をとって大学に行くまでの生活ではアルバイトを3件掛け持ちし、1合の米をおかゆにして3食食べしのいだりし、未来の自分のために貯蓄をしました。幸いにも当時は金利が高かったので助かりました。

アルバイトでは「まかない食」が食べられるお店や「寮完備」「住手当あり」「交通費全額支給」などを必死で探しました。学園祭では八百屋さんから大根の葉をただでもらってきて、それを具にしたおにぎりを売ったり、雨合羽を仕入れて、雨が降ったら即売して臨時収入を得たりしました。あの時、頑張って働いて良かったなと思います。体が健康だったことも恵まれていました。

しかし、人生は山あり、、谷ありです。働いて大学に行き、資格も取って次第に仕事にも恵まれるようになりましたが30歳代ころから貧血がひどくなり、健康問題が深刻になった時期がありました。

貧困も辛いものですが、体が思い通りにならないことも情けないものですよね。
何年も苦しみましたが、ひょんなことから名医を知り、完治してもらって以来、奇跡的に仕事にも学校にも趣味にも自在に動けるようになりました。

貧困に悩む若い女性はあきらめずに、今いる自分の空間から自分の夢を実現できる世界に道を作ろうと「自分頼み」でがん張ってほしいと思います。

今、振り返って思うのは心温まる接し方をしてくれたのは自分も辛い境遇でありながらも、一生懸命生きようとしていた人達や人のことを思いやれる深い気持ちを持っている人達でした。
逆に足を引っ張ってきたのは周囲のいい年をした大人たちでした。そういう人たちは自分たちがどれほど恵まれている立場かということに思い至らないばかりか、世の中の弱者や過酷な状態から這い上がろうと努力している若者を利用して自分の望みをかなえようとしていました。たいていは甘やかされて生きてきた人たちです。

貧困から這い上がろうとしている人はどうかそういう大人に利用されないようにして、大事な自分の人生を生きていただきたいと思います。

貧困とは無縁だという人達は少しでも自分が恵まれていると思うならば

ハンデイを背負って貧困層といわれる世界で過酷な日常を送る人が質の高い人生時間を得ていく努力を支援するために、

●ズルをしない・・・自分がさらに得をするために、欲ボケたことをしない
●自分が恵まれていると感じて感謝した分、そうではない人らへの貢献をすべき
●自慢をしない

などの生活規範を実践すべきだと感じます。

だから、私はブログにこれ見よがしに明らかに格上の有名人と一緒のフレームに納まった写真を掲載して、露骨に自分の価値を底上げしたり、「あれを食べた、この有名店に行った」と食べ物の写真を載せない人が好きです。

また、このトピックで続編を書きたいと思います。

by yoshi-aki2006 | 2014-04-27 23:55 | マネー | Comments(9)  

頑張る企業を評価する市場インフラ研究第一人者・米澤康博 早大教授が年金運営委員長にご就任

アベノミクスは「成長する日本を取り戻す」というのがミッションです。
それにふさわしい、最適な布陣だと思います。

日本の年金運用が変わる!~頑張る企業を評価する市場インフラ研究第一人者・米澤康博 早大教授が運営委員長にご就任はビックニュースなので是非、関連記事を読んでくださいね!

ヤフーコラムにも書きましたのでリンクしておきます。

東証アカデミーのセミナー告知も同時に見られるようにしました

by yoshi-aki2006 | 2014-04-23 12:13 | マネー | Comments(0)  

2014年東証フェスタ・大学対抗・株式投資サークル・プレゼン大会

お天気に恵まれ、2日間にわたって開催された2014年東証フェスタが終了しました。

私は今回、大学生の皆さんのプレゼンテーション発表の司会進行役と今回、初めて開催される企画「東証女子株会」での講演を担当させていただきました。
「東証女子株会」は企画の段階から皆さんと力を合わせて進めてきましたので、無事に役目を果たせて、改めて運営スタッフの皆さんや聞きに来てくださったお客様に御礼を申し上げたいと思います(初回募集で午前午後合計60席に対し300名様近いご応募があり、早々に満席表示となってしまいましたので、次回に続けるにあたって、さらに多くの人に楽しんでいただけるよう、ご提案に努めたいと思います)

それにしても、もう一つの企画だった大学生の皆さんの銘柄プレゼン大会。いやはや、びっくりしたのは大学生の皆さんの研究発表力でした!
プロもびっくりな研究ぶりで、日本の未来は明るいな~!ということをつくずく実感しました。団塊力から平成男子女子へとまさに世代交代ですね~。頼もしい!

どの銘柄も聞き手を納得させる理由がキチンと示され、非常に勉強になりました。
嬉しかったのは、聞き手の皆さんが真剣に彼らの話に聞き耳を立ててくださり、メモを取ってくださっていたことです。お子さんやお孫さんの世代の若者の視点をご自身の株式投資に役立てようとすることは合理的な投資姿勢だと思います。

資産運用はそれなりに蓄積のある方ということで年配の方が多くなるのですが、実社会でこれから先、働くのは若者たちです。

その若者の目から見て、「この会社、いいな」というきらりと光った会社がこれだ、という視点が示されるので、伸びしろのある対象を見つけるヒントになると思います。

f0073848_9101854.png

お客様(予約した講演会の時間が来たりして、お客様も流動的にならざるを得ないので、その時、聞いた講演者の銘柄に引き付けられるという部分はあるのですが、午後の部で優勝した立教大学の表彰式の模様です)

私も若い彼らに大いに触発されました。
このときの模様も今週から来月初旬にかけて開催される各地での講演会でお伝えしたいと思います。

2月26日は倉敷、
f0073848_9224329.png

27日は徳島・鳴門、
f0073848_9314358.png

28日は大阪・朝日ホールです。
f0073848_9352294.png

ふるってご参加くださいね!

by yoshi-aki2006 | 2014-02-24 09:35 | マネー | Comments(0)