カテゴリ:マネー( 299 )

 

いつ立ち直るのか? 日経平均株価日足で見る相場

あれあれあれ、という間に17000円割れですね。
このところの講演会では「もし、こういう条件なら」として「16600円と゜ころ」という安値メドをお伝えしてきましたが、
「それで止まればいいけれど」というくらい頼りない罫線形成です。
(図は2015年9月29日引け値が入ったゴールデンチャート日足より)
f0073848_21495296.png


罫線ではまだこの先も厳しい足取りに見えますので、用心が必要ですが、高速プログラム売買によって自在に市場で買ったり売ったりを繰り返す巨額資金の存在から、これまでの経験則がなかなか通用しなくなっています。
こういう時は自分自身の投資方針をしっかり立てて、この安値を有効活用するに限ります。

配当利回りに注目すれば、この安値は利回りアップのチャンスですし、
下がり過ぎたものは買戻しが入ることも視野に入れれば、反発場面もあるわけで、上手にその波をとらえたいですね。

個人投資家が負けない投資をするには暴落を上手に活用するにつきます。
しっかり将来設計し、それに基ずいた投資を実行したいものです。

ちなみに10月1日は日銀短観、10月2日はアメリカ雇用統計発表。
「こういう時はさすがに買い辛い」という声が多いのですが、そういう時こそ、前から欲しかったあの株この株の買いチャンス。

皆が買いやすい時は逆に売りです。

by yoshi-aki2006 | 2015-09-29 22:00 | マネー | Comments(0)  

もう強欲資本主義はこりごりだ!~全世界的風潮なのに今も仕掛けられる日本

立て続けにマネーがらみのDVDを見ました。
f0073848_20562132.png

画像はパワーゲーム公式サイトより

当たりのDVDは出演者の顔を見ればわかるという方法を踏襲して選んだ一作ですが、なるほど。ハリウッドもこういう映画を作るのね、というマネーエンタテイメントミステリーです。ハリソン・フォード出演の映画です。

そして次は
f0073848_20584422.png

amazon サイトより
パリとNY、日本を舞台にしたグローバル・マネーのカラクリを示唆したやはりマネーエンタテイメント。2012年フランス作品です。

両方とも、ズルでクズな強欲資本主義はNOという内容。
役者のセリフにそのメッセージをずいぶん取り込んでいます。

ハリウッドは派手に銃器をぶっ放す映画ばかり作っている印象があり、共和党の宣伝広報的なイメージを持っていたのですが、あちらの生活が長い人に言わせるとハリウッドは民主党寄りだという意見を聞きます。

両方の映画はズルくクズな強欲資本主義が株に関係のない人の生活を壊していることを示唆しています。
いや、なかなか面白かったですよ。

ところでもうああいう人達はいないのか?
ハゲタカとか強欲と言われる彼らは滅んだのか?

いやいや、さにあらず。ご健在ですよね。
日本株の流れを見ているとそれがつくずく良くわかります。

多くの個人投資家が株を売ると、株価上昇方向に持ち上げられ、
個人投資家が買い始めると、どどどどど~と売り浴びせられたのはついこの間です。

個人投資家も賢くなっているから、セ-リング・メイを避けて現金比率を高めていたところ、仕掛けられてたまらずに買い始めました。
八月は過去の経験則では夏枯れである傾向もあったのですが、異常気象よろしく今年は8月前半は高かった。
そして個人投資家が買い始めると売り浴びせ、安値をすかさず買い、という動きが見受けられます。

そうはやすやすと損させられてたまるか、との気概をもって、仕掛けの裏の裏を読んで賢く資産運用をしていただきたいものです。

ヤフーフアイナンスのコラムにも書きましたがいろいろな動きが気になります。

9月18日にはネットマネーのWEB版に寄稿しています。

キーワードはネットマネー本誌(書店売り)に掲載されています。

近々の講演でもエッセンスはお話ししたいと思っています。

どなたでもご来場可能な
●9月18日大阪・朝日ホール16:00~
f0073848_21183647.png


●9月26日(土)東京
会場・ベルサール八重洲
時間・午前10:00~12:00

●10月7日京都
f0073848_21201071.png


●10月14日
東京大手町
大手町ファーストスクエアカンファレンス 
18:30~21:30の間で ・60分程度の講演

●10月24日
大阪光世証券+東証プラスYOU

を予定しています。

自分の買う株は誰が売った株?を常に考え、うっかりおびき出されない、臆病風に吹かされすぎないで本質的視点を養いたいものですね。

映画は娯楽作品ではありますが、示唆していることは本質に近いものがあります。
シルバーウイークにでもお時間があったら見てみてくださいね。

日本のマーケットへの洞察力強化に使えそうです。

by yoshi-aki2006 | 2015-09-15 21:28 | マネー | Comments(0)  

株価が教えるアベノミクスの曲がり角

皆さん、8月24日の週の株式市場をいかがお過ごしでしたか?
22日の講演(青山と名古屋)で、名古屋会場では特に相場の見通しに触れる演題でしたので、月曜日は果敢に買いを提案しました。

私が想定していたより、ちょっと深く押しましたが、安値で買えた銘柄ですと今週末にかけて利確できた銘柄もあったかと思います。

また、時期はいつかはわかりませんが相場がぐらつくと思います。
そして、相場がいったん深く押した場合、それまでの景気けん引役だったテーマの一区切りといいますか、終息といいますか、場面転換が起こるケースが多いです。


株価は景気の先行指標です。
ぐらっとぐらついた時は景気の天底に関して、腹を据えたほうがいいです。

これからどんなにバラ色を語られても、足元をしっかり見据えて生活防衛にウエイトを高めたほうがいいと思います。

株式投資とは一生涯のお付き合い。
いい時も悪い時も、上手に付き合っていきたいですね。

さて、JPX女性講座では
第一回目に大ホールで講演を聞いていただき、
f0073848_162857.jpg

(女子株式投資の大ホールでの講演)
その後、3回続けて一か月に一度ゼミ方式での講義を行っています。
f0073848_16304071.jpg

(第一回目のゼミ)

昨日は取引所が設営しているバーチャル取引をゼミ受講の皆様に体験していただきました。
1000万円の元手でいろいろなニュースに対応して銘柄への投資判断をしていただくのですが、一番成績を上げた方は1000万円を40%近く増やしておられました。

ニュースに対してチャートを見ながら的確に投資していくのはプロでも難しいものです。
また、そんなに忙しい投資をしたい人ばかりでもないと思います。

いろいろな投資を知って、ゆっくり行く人、急いでいく人、ご自身の投資スタイルを見つけていただければ幸いです。

株式市場は海。
証券会社や金融機関は海の家のようなもの。
そして私のようなリテラシーデフューザーは海の状況に応じたアクアラングやライフジャケットのつけ方を教えする立場です。

広い海をどこまで泳ぎ、どんなふうに海の恵みを生活に取り入れていくかは皆さん、お一人お一人ということになります。

3回ワンクールのゼミはいよいよ9月24日に第一期生を送り出します。
みんな、海の恵みを上手に生活に、そして人生に取り入れていってほしいな♪


企業主催の女子セミナーも開催されます。
日時は9月17日。
場所は名古屋のミッドランドスクウェア。
f0073848_16323686.png

お申し込み先
です。
是非、たくさんの女性とお会いして、リテラシーアップに務めたいです。ふるってご応募くださいね。

by yoshi-aki2006 | 2015-08-28 16:28 | マネー | Comments(0)  

株をやるからには株式投資を始める前よりもお金が増えていなければおかしい~できそうでできない投資の基本

JPXの女性講座が開催され、「こんなにもたくさんの株に関心を持つ女性投資家、これから株式投資を実行したいという女性がいらっしゃるんだ!」と取材に来てくださった記者の方が驚くほどの数の女性が東証ホールに来て私の講演を聞いてくださいました。
f0073848_1091628.png

f0073848_1094694.jpg

90分の枠内で株式投資の基礎をすべてお話申し上げるのは聴くほうも大変。そこでこの講座では、講演の後、3回にわたってホールではない小ぶりの会議室で、10~30名程度の枠を設け、ゼミ方式でお一人お一人の知りたい事柄(例・チャートの見方、新聞の見方、会社四季報、会社情報の見方など)を質疑応答時間も入れて、勉強をする方式を取らせていただきます。

そうすれば講演の後、「質問したかったのに、その機会がなかったなあ」という「もう少し、理解を進めたかった」という聞き手満足を高めることができます。ただいま、ゼミ講座の募集の準備をしていますので以下のリンク先で募集開始になりましたら是非、お申し込みくださいね。

女性講座の継続ゼミのご案内

この講座での私のミッションは「投資をするからには、株式投資をする前よりも投資家のお金が増えていること」。
この当たり前だけどなかなかできない投資の基本を定着させたいという願いからです。

頭のいい人、お金持ち。

といわれる外国の常識。

日本ではどうでしょうか?

頭のいい人、心のいい人が投資で損するケースが多いのではないかと思います。

それはリスク管理のノウハウをきちんと意識化する機会がないからだと思います。
リスク管理を意識していたのにできなかったとしたら、投資をする前よりもお金を減らしてしまいます。
だったらやらないほうがいい、株式投資などやらなかったらよかったという結果になります。

そうなっては残念なのでリスク管理し、貯蓄よりはずっと成果が上がったという結果を株式投資で得たいものです。

ご一緒に知識を磨き、知恵のある投資家になりたいものですよね。

by yoshi-aki2006 | 2015-06-26 10:17 | マネー | Comments(0)  

三重県伊勢志摩サミット2016開催決定!~アベノミクスの地方創生 

2016年6月以降の景気をどう維持していくかが政府の課題であり、投資家の注目点だったわけですが、
「やれることは何でもやる!」ことをスローガンに掲げたアベノミクスにとって景気維持にもっとも効果的な場所が選ばれましたね。

2016年6月開催予定のサミットは三重県伊勢志摩で開催されることになりました。詳しい経緯をまとめておられる廣谷徹さんのブログを発見いたしましたのでリンクさせていただきます
こちらはヤフーニュースです
現地はリニア中央新幹線発着場所の名古屋に近く、今回の決定によって近隣県にもよい効果が生まれると思います。
三重県伊勢志摩は奈良、和歌山、大阪に近く福井、京都などにも相乗効果が出てくるでしょう。サミットで世界に地名が映像とともに配信される機会が増え、それが観光需要を生み出す効果として大いに期待できるので、関連企業は2016年6月以降の決算にもいい数字を残せそうです。
オリンピック以降の観光需要につなげていければいいですね。

オリンピックですら開催国はその前年、前々年あたりには息切れ状態の景気となりがちなので、オリンピックやアフターオリンピックを意識してできるだけ景気減速にならないような仕組み作りが重要ですよね。

さて、今回の関連企業はたくさんあります。名古屋~伊勢志摩だけでも

近畿鉄道
高島屋
JR東海
TAZAKI
などがありますし、
飲食店や物流関連、派生産業となるともっと恩恵を受ける企業が増えますね。

伊勢志摩といえば皇室御用達的な伊勢志摩観光ホテルがありますが2016年春には耐震補強工事が完了する予定だとか。丁度いいですね。

伊勢志摩観光ホテルといえば、今は亡き叔母に素晴らしい景色と食事を味わってもらいたくて家族と出かけたことがありました。そういえばあの時も株価は大いに盛り上がっていましたっけ。

その時のお席はオフシーズンを選んだことから、伊勢志摩の素晴らしい夕日が眺められる特等席に座らせていただきました。

晴れやかな真昼間の素晴らしさを
穏やかで豊かな夕日を微笑みながら眺められるようにつなげるには
投資家は出口戦略のデザインを今からしっかり描いておきたいですね。沈まない太陽(再生されない朝はないのと同義語ですよね)はないのですから。


さて、広島は雨にもかかわらず多数ご来場を賜り、誠にありがとうございました!
6月11日は15時より、東京築地の時事ホールで講演させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします!

f0073848_9455124.png

詳細とお申し込み先にリンクしますね

f0073848_21163385.jpg

by yoshi-aki2006 | 2015-06-06 09:49 | マネー | Comments(2)  

プロが実践するリバランス投資法

鎌倉投信の新井和宏代表といえば社会に有用な企業を応援する人として金融業界だけでなく、多くの人から注目されている方です。

先日、NHKのプロフェッショナルで紹介されていましたね。鎌倉投信の詳細はHPでご覧くださいね。

私は新井和宏さんとは直接ご面識はありませんが、やはり志を持つ若手経営者のマジカル・ポケット代表・平田 茂邦社長(千代田区の優秀企業賞受賞)から、その活動の素晴らしさや鎌倉投信につどう出資者の皆さんの和気あいあいとしたご交流ぶりをかねがねうかがっていました。ちなみにマジカルポケットは企業IRと個人をつなぐ活動に力を入れておられます。

改めてテレビ報道でそのフアンドの素晴らしい取り組みを拝見したわけですが、運用術においても個人投資家には役立つ点が多かったのではないかと思います。

個人投資家はついつい値動き重視になり、どこまで上がる? 
どこまで下がる?のメドを知りたくなるのですが、新井さんはリバランスに専念されていましたね。


このリバランス投資法はプロにはよく知られた手法でファイナンシャルプランナーの神戸孝さんも何年も前からリバランスの大切さを指摘していらっしゃいました。

が、このリバランス。
欲が邪魔してなかなか冷徹には成しえないだけに、やり遂げるのはなかなか難しいものです。

プロは「こうだ!」と決めたらひたすら、その実現を目指しますが、アマチュアは「まあ、いいか」となってそれが運用において命取りになることもあるので、要注意です。

私も個人投資家に「この点に用心してね」ということがいえるように予算を決めて実験工房的にいろいろ実験しています。
たとえば30万円だけと予算を決めて「飛びつき買いフアンド」として運用したり、
同じくポロ株フアンドとして100円以下の銘柄にだけ投資してみたり。

同じようにリバランス投資も実践していますが
これは神戸孝さんの提唱している4等分投資を実行し、うまくいっています。

リバランス投資をやってみようとする場合、個人投資家にとって何が難しいか、どうして失敗するのかですが、
利益確定まではできても値下がりしているものにリバランスしない点が挙げられます。
せっかく利確ができたのに、リバランスせず、ついついよそ見していくからフアンドの当初の主旨から逸脱していくのですね。

途中で新たな出資金を得て、「永久ナンピン」がかけられる場合は別として限られた予算で投資でお金を増やしていくならリバランスをしっかり貫くことですね。

そうすればプロセス・リッチの結果ピンポーにならない株式投資が可能になります。

実践あるのみ!
f0073848_12224356.jpg

そうすれば投資成果を大きく花開かせられそうですね!

by yoshi-aki2006 | 2015-05-13 12:26 | マネー | Comments(4)  

株式投資のうまい血液型って?

日本人の血液型は
A型40% O型30% B型20% AB型10%という分布だそうですね。

落語家さんにはO型が多いのだというお話を伺いました。
分布はこんな感じでなるほどですね。
そういえば先般、逝去された人間国宝の桂米朝師匠もO型なのだそうです。

一方、野球選手やスポーツ選手にはB型が多いとか。
O型には王貞治さん、星野仙一さん、落合博満さん、佐々木主浩さん、松井秀喜さん、松坂大輔さんらか゜いらっしゃいますが、B型は日本での分布が比較的少ないのに長嶋茂雄さん、金田正一さん、野村克也さん、張本勲さん、掛布さん、イチローさん、古田敦也さん、野茂英雄さん、清原和博さんと多士済々です。

スポーツ界では卓球の福原愛さんやフイギア・スケートの浅田真央さん、羽生結弦さんもB型とか。

さて、株式投資においてはどうでしょう?
投資のうまい下手を血液型に分けるとどうなるか? ちょっと興味津津ですよね。私の経験に基ずいた分類によると・・・・。

上げ相場の時には決断力と実行力などでグランド・デザインに乗るのがうまいO型の成果が良いように思います。
A型は業績の裏付けやロジックに共感できないと行動しないので業績相場に強いといえるでしょうか。

B型は「決めたら一途」でこだわりが強く、自分の興味の持てる分野では技巧者でもあります。なのでテクニカルで強みを発揮します。
B型は自分の納得感が先にこないと動けないので、上げ相場でも下げ相場でもチャート分析が先に来てから売買実行となりがちではないかと思います。どちらかというと下げ相場のほうが強いでしょうか。

AB型は基本的に二項モデル、動+静なので特定銘柄に対するアプローチになるかなと思います。

さて、当たるも八卦な血液型の持つ傾向ですが、今の相場はA型+O型にはいい相場ではないかと思います。アベノミクス、地方創生、オリンピック、リニア中央新幹線と材料満載。
この相場の生みの親、安倍総理は首相官邸に株価電光掲示板を持ち込み、株価への目配りは首相の中でも断トツなんだそう。
また、今の内閣には株式保有者が多いため、アベノミクスでホクホクだとの記事が13日発売号の週刊新潮で特集されていましたね。

投資家や証券関係者にとって、株価に全く関心がなかったといわれる小泉純一郎さんよりはずっとずっと心強い首相ですが、チャート分析を業とする私には今の株価形成の仕方にはちょっと無理があるかなあ・・・との思いがあります。

18700円を超えたあたりからの株価展開はトレンドラインがうまく引けないため、無理に持ち上げている印象がぬぐえません。

それは統一地方選挙を意識しているから、ここで株価を下げるわけにはいかないという、無理を承知の上げ頼みで相当下駄をはかせているからだという見解も持てそうです。

ということは4月半ばはちょいと用心なのかなあ(私は3月用心説を唱えてきたのですが2万円相場目前にして、アメリカ市場の盛り返し方から、この強さは侮れないため、自説の検証をしています)・・・・。

いずれにせよ、6月が外資決算。
個人投資家大量売り越しのさなか、外資は買いまくっているとの報。
その買いまくりを誰かに高値で買い取ってもらいたいわけでしょうから、個人投資家が辛抱貯まらず高値に飛びついてきたところがとりあえずの今年前半の高値かと思います。

20日東京での講演会では「それでも日経平均株価は何気に年に2~3回程度、10%前後の調整を見ますのでその時にどうするかの戦略を持ちましょう!」とお話しさせていただきました。

ちなみに安倍晋三総理の血液型はBだそうです。
首相官邸

同じ血液型の私としてはものすごくシンパシーを感じるのですが、安倍総理もチャート分析しているのかな。
f0073848_14415514.png

ゴールデンチャートの日足にトレンドラインを引いてみるのですが、何かうまくフィットしません。

トレンドラインの定石にはあてはならない相場展開が続いていることが、妙というか。相場は相場に聞けと言い、現場で起きていることがすべてを物語っているわけですけれど。

ここはテクニカルよりグランド・デザインに乗る相場と言えるかもしれませんがB型のチャート分析おたくである私は納得感が得られるところで売買をしたいと思っています。

オマケですが、B型の著名人には
                          西郷隆盛 B型
                          坂本龍馬 B型
                          織田信長 B型
                          伊達政宗 B型
                  
                          田中角栄 B型
                          竹下登  B型


                          橋本市長 B型

そして、「東大生にB型が多い」のだそう。出典

自戒としてはB型は絶対に負けを認めないため、周到であるものの、勝っている状態にすぐ飽きて、結果にあまりこだわらず、ずさんというか、鷹揚なところがあり、その油断を突かれやすいと言えます。執念深いところとあっさりしすぎているところの両極端と自分なりの合理哲学を持っていて、それが強みでありながら、人からは理解されにくい所がある点に留意ですね。

by yoshi-aki2006 | 2015-03-21 14:56 | マネー | Comments(0)  

次回の「木村佳子の女子株会」は3月14日東証フエスタで

昨日は東京丸の内で女子株会の講演をさせていただきました。
多数のご参加ありがとうございます!

もっともっと株について知りたい方は次回3月14日東証フエスタで一日2講演開催される「木村佳子の女子株会」にお申し込みくださいね。

f0073848_1529514.png


お申し込み先です

女性に特段の働きが期待されている今。
日本はどんな状態なのでしょうか?

まず、今の人口データを見てみましょう(出所 総務省)

f0073848_15313451.png

12700万人をピークに日本の人口は減少傾向です。
人口ピラミッドの推移からみてみますと団塊退職が始まった2005年
f0073848_1533160.png

続いて2010年
f0073848_15331383.png

そしてオリンピックの年2020年はこんな感じです。
f0073848_15335053.png

経済的にはマイナンバー、オリンピック、リニア中央新幹線、観光立国といろいろ切り口がありますが肝心の人口が減少し働き手が少なくなっていく点に対策が求められますね。

企業には儲け機会を増やし、納税してもらう。
女性には働き手になって所得税、消費税、社会保障費用に協力してもらう。
そうやって支えあっていきましょうというのがアベノミクスの一つのメッセージかと思います。

とはいえ女性は子供を産んだり、家事分担でも期待されているため、あれもこれもと手を出してしまうと収拾がつかないことにもなりかねません。

効率よく、賢く、すがすがしいお金との付き合い方を女子株会で学びあいましょう!
そして人口減少時代の日本でかなえられる夢とかなえさせてあげられる夢の両方に目配りできる豊かな人間性を磨きたいものですね。

お目にかかれることを楽しみにしております!!

by yoshi-aki2006 | 2015-02-20 15:42 | マネー | Comments(0)  

2015年初からきな臭いマーケット~仕掛けられるユーロ安、シェールガスビジネスつぶし

スイスフラン高阻止の制限を撤廃する措置でユーロ急落、スイスフラン高進行。
これが円高をもたらす力となってマーケットを直撃。

他方では原油安、シェールガス安で大損ファンドも予見されるとして立て続く講演でこうした材料を踏まえた戦略的な投資方法をご紹介させていただいています。

今年はボラテイリティの高いマーケットとなりそうなので油断禁物です。

詳しくは17日大阪か18日名古屋等の講演会場でか、16日午前中にも更新される予定のここの為替コラム=マネーパートナーズをご覧くださいね。
さて、東京~福山間は新幹線のぞみで乗り換えなしなら約三時間半ですが一路福山に伺いまして、講演させていただき、翌15日は暴風雨の中で開催された東証アカデミーで投資ストラテジーについて講演させていただきました。

天候が順調な時と違って、お天気が荒れる日のしかも冬の夜開催のセミナーはお客様のご来場数に影響します。
ものすごく心配していましたがたくさんのご来場をいただき、本当にありがたいことだと胸がいっぱいになりました。
福山でもお客様から「来てよかったわ~」と言葉をかけていただき、励みになりました。
この感激を胸に仕事でお返ししていきたいと思います。
f0073848_8552333.png

f0073848_8575879.png

悪天候な時はマーケットも買いは少なく、したがって安値となりますが、そういう時ほど喜んで買える投資家になりたいものです。

さて、このところ、地域再生、活性化が声高に言われますが、土地土地に良さがあります。
特に瀬戸内海に面した地域は本当においしいものが多く、食文化が豊かで「また来たい!」と心を鷲掴みにされます。

今回、福山で初体験した食べ物に「うずみ」があります。
私が食べたのは宿泊先のホテルの朝食ででした。
せいろに小さな器に入った陶器が蒸されてありました。ゆで卵スタンドくらいの大きさの器にご飯が盛ってあるのですが、なんとなく底がほの黒い。
何か埋まっていることがわかります。
その器を取りだし、菜を盛り、わさびと海苔を配してほうじ茶をかけて小さなスプーンでいただくのですが・・・・、食べ始めるや、中から塩昆布、お魚のほぐし身、エビのようなものがほろほろと出てくるではありませんか。
その、あまりのおいしさにびっくり!

ほうじ茶の香ばしさ、わさびの香味、海苔の香り・・・と相まって中の具材の塩加減と少量の白いご飯のハーモニーが実に絶妙! 島根の鯛茶漬けとはまた一味違う味わいです。海の恵み、山の恵みの詰まった和食の奥行きの深さですね。
「もう一杯食べたい!」
と強く強~く思いましたが、「次来たときの楽しみに取っておこう!」と思い直し、一杯だけにしました。

家でも是非、作りたいなと思いましたね~。
どんな感じのものかインターネットで検索するとこんな感じです。
f0073848_8254077.jpg

写真では具材が見えていますが、実際は見えないように埋めてある=名前の由来も埋め→埋見、or 埋身・・・・ということらしいです。(画像は福山 うずみの紹介観光ページより)
素敵な塗り椀でいただいてもいいですね~。
f0073848_829314.jpg

(画像は福山 食文化紹介のページより)

この「うずみ」に似せて、運用資産も食べれば食べるほど中からお宝がほろほろと味わい深くでてくる感じに仕上げていきたいものですよね!

土曜日の大阪、日曜日の名古屋で続きを聞いてくださいね~!

by yoshi-aki2006 | 2015-01-16 08:47 | マネー | Comments(0)  

投資と資金移動の違いを学ぶ~子供と一緒に経済感覚を養うイベント札幌証券取引所+JPX

お天気同様、株価が波乱含みですね!
でも、波乱の時ほど、投資したい企業の株が安く買えるのは確か。
しっかりと投資計画を立てて、投資したい企業を探し、ぶれずに応援し、果実が得られたら売却するもよし!
成長の過程を楽しむもよし!

そんな風に思えたら、株価波乱もまた楽しいととらえられるのではないかと思います。

とはいえ、投資でお金が増やせられなかったら努力も水泡に帰してしまいます。その点で、投資が本当に報われるのか、私も一定金額を実験的に投資して、どのような結果になるか観察しています。

カレンダー投資という独自に編み出した方法・・・企業の決算期の差に注目して配当、優待を得ながらじっくり投資していくタイプの投資方法に100万円を投じると資金はどのように変化するのか? (逆にどのように損をするのか?)、これを今も継続して実験しています。

うまくいった例では当時のすっ高値である女性向け商品のメーカーに投資。配当と優待をもらいながら5年の期間で株価は倍以上に! 優待製品も魅力的ですし、成長もしているので、長期保有の殿堂入りにしようと思っています。

失敗例では優待の利回りの良さに目がくらんで倒産されてしまった銘柄もあります。その企業を全然好きではなかったのに、買いやすさと優待魅力で株数を買い増していきました。すると監査法人が変わった途端、粉飾が発覚し、倒産してしまったのでした。後で、確信犯的に優待で個人投資家をおびき寄せていたのではないかということで修士論文に実例として入れました。生きた事例とはいえ、高い取材費になりました~!

企業を見極める目を養うにはある程度の実践智と研究が必要です。まだ、よくわかっていないときに無制限に資金を足すと、ビギナーズラックで大儲けできる可能性もあるけれど、本格的投資で株式投資を始める前より貧乏になるケースもあります。
投資ではなく、単なる資金移動だけしているケースもあり、何が投資で何が資金移動なのかを見極められるようになりたいものですね。

自分でそうした違いを知り、平常心で投資できるようになるまで、自制心が必要です。
投資のタイミングは常にあるとは限りません。むやみに資金を足していくと絶好のタイミングで投資することができなくなります。なので、「自分の資力で今、投資に振り向けられる額はこれだけ」というしっかりした認識のもと、お目当ての企業を買うタイミングをはかれるようになりたいものですね。


さて、投資に関して、なるべく早いうちから素養、教養を養おうとの取り組みが取引所中心に進められています。
この週末には札幌で楽しい親子イベントが開催されますよ。お子様のいらっしゃる札幌界隈の皆様にご案内しますね!
f0073848_12194169.png


f0073848_12195628.png


お申込み詳細~参加賞ももらえるそうです!

子供のうちから経済感覚が養われれば、むやみに投資して資金ロスをすることも少なくなるのではないかと思います。投資と資金移動の違いをしっかり学びたいものですね!
東京で開催される際もご案内しますね!

大人は今年も株価波乱をチャンスにできるよう、しっかりマーケット動向をとらえましょう!

by yoshi-aki2006 | 2015-01-07 12:24 | マネー | Comments(1)