カテゴリ:医食同源( 123 )

 

予算150円チョイ~夏バテ対策~安くてヘルシー&おいしいお手軽一品

暑い~!!
食欲減退ですねえ(その割に体重は減りませんが037.gif)。

さて、きれいなイワシが300円→150円に値下げされていたので、生姜としょうゆで箸休めでもつくろうかなーと買い求めましたが、朝、
「そーだ、自家製オイルサーデンにしてサラダのトッピングにしよう」
と思い立ちました。
イワシに塩して氷水でさっと洗ってペーパータオルで水気を切ります。
f0073848_11284562.jpg

オリーブオイル、シードオイルなど適当にブレンドし、
コショウ、鷹の爪、乾燥にんにく適宜、ローレルを入れ
f0073848_11301195.jpg

ひと煮たちしたところにイワシを入れて、
f0073848_11331310.jpg

完成!! このオイルにバルサミコ酢などを加えてサラダドレッシングにしてもいいですし無駄なく全部食べられるので結構、いけるメニューじゃないかしら?
ちなみにうちではマーガリンを卒業して朝のパンはオリーブオイルかバターでいただいています。
夏バテ対策効果にも効き目ありみたいですし、何しろ魚のオイルは頭にもいいらしい。
期待して午後、仕事と勉強に励も~!
お試しあれ!

by yoshi-aki2006 | 2011-07-04 11:36 | 医食同源 | Comments(0)  

レスキューランチ!

f0073848_1193431.jpg


春はおなかが空きますねえ!  
低コスト高パフォーマンスが自慢の私の肉体も年々、稼働スイッチ値が上がり、容易なことでは炎上せずエネルギー変換がスムースにいかなくなりました。原稿も確定申告も迫るのに体も頭も口も回らない!

そこで、なんか作って食べるべし!

結論はそこに落ち着き、超手抜きレスキューランチを料理。

タンパク質補給に残り物の地鶏。塩コショウ、ローズマリー、粉をふるいます。
オリーブオイルを敷いた鍋に冷凍うどんと一緒に入れてふた。

その間にありあわせの野菜を切り、オクラをゆでて
ゴマダレ、昆布つゆ、しょうゆ、塩適宜で出来上がり。今日は花かつおもトッピングしました。
なべ底にうどんがへばりつきますが、少しさませばパリッと取れます。

結構、サラダ触感も楽しめてゴマダレが濃厚で、鶏の油で満腹感ももてて、ランチとしてはまあまあ。
(しかし、盛り付けがイマイチだなあ・・・反省)

食後に「百歳万歳」で長生き健脳の方が「りんごとゆでたまごを毎日食べる」とおっしゃっていたので真似してリンゴ。


さあ、食べるものも食べたし、原稿書けよ。
レジュメも作れよ。
で、皆さんにお土産となる話をちゃんと用意して三連荘の講演と超締切に向かってダッシュだ!

おなかをさすりながら春眠っっっっっっっっっっっっっ。
こらこら~!

by yoshi-aki2006 | 2011-03-10 09:24 | 医食同源 | Comments(0)  

料理脳、仕事脳

昨日から料理し続けで頭が非常に疲れました~。
企画→実行→成果→撤収→反省→企画→仕込み
料理はこの繰り返しです。

食材原型をぱっと目で見て頭に完成図を描き、その目標実現に向かってひたすらダッシュ。
家族がそれを食べておいしかったのか、不味かったのかの推測をし、また、企画して仕込んでダッシュ・・・。

これを朝から晩までノンストップで五食やったら疲れてしまいました。

昨日の朝作ったものは姉妹サイトの書華茶菓&歴歩にアップしますね。

株の銘柄は景気敏感株に来てますね~。
1月17日発売号の週刊大衆と1月11日発売のサンデー毎日に寄稿しました。

ご興味あればぜひごらんくだいさいね!

料理脳から、仕事脳へ。
これがまた地球から金星に行くくらい脳領域では遠い気がします。

行くぞ! 探査船。
金星近くの仕事脳領域へ!

by yoshi-aki2006 | 2011-01-07 15:04 | 医食同源 | Comments(0)  

水を飲もう!~代謝をあげ循環を正常化させるために

コーヒーを何杯も飲むし、果物も乳酸飲料もしっかり摂っているので、ま、いいかと「水」をあまり飲まなかった私ですが・・・、これからペットボトルに二㍑目標で飲むようにしようかなと思います。

体調手帳を見てみると、食べるものや生活があまり変わらなくても、体調は変化していることがわかります。

何の悩みもない時期もあれば、
どうもお通じがとか、
肌の調子がとか、
なんとはなく体の調子が「いまいち」という時期があります。

そんな時、どうやって建てなおしたか?
思い出してみました。
運動もよかったし、
大勢の人の気配のなかに身を置くことで「元」「気」になれたこともあります。
そして、たくさん水を飲むことでリズムを取り戻せたことも思い出しました。

そういえば最近、十分に水を飲んでいなかったことに気がつき、
水飲みを始めようと思った次第です。

水といえば、父は長年、痔に悩み、散歩や繊維質のものを多く取るなど工夫していましたが、唯一、水をあまり飲みませんでした。
父も私と同じようにコーヒーを愛し、果物が好きでした。
が、おなかたっぽん感が嫌いらしく、
水はめったに飲みませんでした。

「水を飲むとボケにくい」と積極的に飲む人もいるのに飲まないで、そのせいかどうかわかりませんが数年前にちょっとボケました。

「水」の摂取は体密度が薄まるみたいでたしかにちょっと抵抗感があります。

が、DNAでいけば親は私の先行スパンを歩いているので、
「水を飲まないとああなるよ」という警鐘かなと思います。

水をしっかり飲んで代謝と循環の正常化を図りたいと思います。

そうそう、お水といえば、新年に新しい水を汲み、お茶をたてていただくという心洗われる儀式が茶の湯にはありますね。

いい水を飲めるよう、
いい流れに身をゆだねて、
新たな年に、
新たな気持ちで
生きていきたいですね。

by yoshi-aki2006 | 2010-12-17 01:51 | 医食同源 | Comments(0)  

まかない料理で冷蔵庫を空にする

冷蔵庫に猫残し(ちょっとだけ残すこと)してある食材で二食作りました。
とってもおいしくできましたよ。

まず、ちょっと残しのおかず類を使ったチャーハン。
たっぷりごま油を使い、フライパンをよく熱してタカのつめを輪切りにして辛味を油に移し、冷ご飯をいれ、ちょっと残しの具を入れます。この日はフジッコの生姜大豆のおかず。えのきの小口きり。ピーマン。
味の引き締めにはねぎの青い部分のみじん切りの塩もみを一掴み。ちりめんじゃこ。生姜センキリ。
フライパンにご飯が引っ付くときは、使っていないごとくで冷まして、再び火にかけるとご飯はフライパンからはがれやすくなります。

塩コショウで味を調えると出来上がり。

煮物が余ったときも小口にきってチャーハンの具財に使います。

チャーハンでなくても卵とじ、湯豆腐の薬味、変わりオムレツなどにちょっとあまった具を入れれば立派なおかず。
ほかにジャガイモを一口大に切り、粉をして(うちでは片栗粉にしました)素揚げにして塩コショウ、カレー粉、パセリの微塵きりで温かいサラダ代わりに。ピールのつまみにもあいます。

マグロのあらの赤身はオリーブオイルでカルパッチョ風に。
たまねぎを薄くスライスし水にさらしてあく抜きし、塩でしんなりさせて水気を取り、あとは冷蔵庫の半端な生野菜とアレンジしてカルパッチョ赤みとさっくりあえ、レモン、塩コショウで立派な一品に。

ぶり大根なども安くておいしい一品ですね。ぶりは熱湯にくぐらせ、大根は蒸してヒト手間かければ上品な味になります。

あまった野菜は中華スープの具にして、片栗でとろみをつけ、落とし卵でこれもおいしい!

肉だの魚だのメインの食材がなくても、工夫して冷蔵庫の中の素材で料理すれば、買いすぎて腐らせてしまう材料もなくなり、地球環境にもお財布にもGOOD。

材料がかぎられているときこそ、いい味の料理ができます。
そうそう。玄米ご飯があまってしまったので焼きせんべいに。りんごもいっょにやいて、食休めに。
きれいにかたずいた台所に心も満足!

by yoshi-aki2006 | 2010-11-20 19:38 | 医食同源 | Comments(0)  

もう飲みましたか? 2010年ボジョレーヌーボー~一杯の赤ワインが心にしみる

f0073848_14212036.jpg


アポナシで近所の出版社にあそびに行った。
おいしいお菓子が手に入ったので届けてすぐ帰りました。
今はみんな忙しいからアポナシはマナー違反。
長居は無用です。

するとその会社からボジョレーヌーボーを送ってきてくださった。なんか海老で鯛を釣った気分012.gif

さっそくいただきました!
グラスに注ぎ、空気にある程度さらして、味を落ち着かせ、くいっといくと・・・・。
結構辛口で、でも、豊かでした。すっくと立ち上がるイケメンって感じ。
ワインとしてはあたりの作付けだったのでは?

たった一杯なのに、赤ワインをひっかけたとたん鬱々気分から脱せられる。いいですねー。
何が鬱々の原因かというとこの天気も一因ですね。
夏、かっかと暑かったのに急に落ち葉舞う晩秋。
すると、鬱っとしてくるんですよね。「冗談でしょ、あなたが鬱っぽくなるなんて」と言われる私でも。

なんか気分が晴れない。

そんな時に友達、知り合いの訃報などが届くと本当に鬱っとしてきます。

人の人生をいろいろ考えますよね。
もっと話をしたかったとか、ああもしてあげればよかった、こうもしてあげればよかったとか。

結局何もできなかったとか。

で、弔辞などで「何かしてあげたかった」とかいうわけですが・・・。
じゃ、いつするの、いつだったらできたの?

それを考えて、今できることは全部しようと思うようになりました。

だから、家計がけしてそんなに楽勝でなくても、餌をあげている野良猫の去勢はしようと思いました。
その費用。もったいない気もしますが近場に温泉に行ったり服を買ったりするのを一回我慢すればできることです。

最近、他界した知り合いが言ってました。家周りに野良猫が増えて困ってるって。そんなある日、近所のクリーニング屋の奥さんが何十匹もの猫の去勢を全部自腹でやったんですって。
それを聞いて自分は反省したと。猫がうるさい、自分が植えたクロッカスを枯らしたとか文句ばっかり言ってて何もしなかった自分と比べて、虎の子をはたいて野良猫の去勢に動いたそのクリーニング屋の女将さんはえらいって。

そうですよね。
私も「今できるいいこと」は全部やっていこうと思います。
そうやっていろんなことをいろんな人に教わって生きていくんですね。

一杯のワインで気持ちがほっとするように、
私も市井の一人として何か人がほっとすることをし続けて行きたいです。
ワインを飲みながらそんなことを考えました。

そういえば鬼籍に入った故人と赤ワインにはたくさんの思い出があります。
「これ、結構あたり。きっと、おいしいと思うよ」と嬉々として自分が見つけたあたりの赤ワインをよくくれた島村麻里さん(作家)。
赤ワインを二人で四本近く空けたよなあ・・・(帰りは前後不覚となりパンダ目で山手線に乗っていました。乗客が私の周囲一メートルは引いていたなあ・・・・)
Aさんともよく赤ワインを飲みました。
海外のバーで数千万円という金額のワインを見つけて「誰が飲むの?」と現地の人に聞いたらオイルマネーで潤う人や王侯貴族みたいな人がたまーに発注するんだという話を教えてくれたなあ。

向こうでもみんな飲んでるんでしょうか?

by yoshi-aki2006 | 2010-11-19 14:21 | 医食同源 | Comments(0)  

美味! 広島 宮島の牡蠣弁当

先日のアナゴ弁当に続いて今日は牡蠣弁当を紹介します。
朝早くから炊きたてのご飯に焼きたての牡蠣が食べられるオイスターショップが島にはあって、そこであつあつの弁当を買い込みました。
f0073848_18502324.jpg


牡蠣は粋なお兄さんか焼いてくれます。これで1000円です。
f0073848_18512868.jpg


味はとっても濃厚で「おいしいものたべたー」という実感が体にぱぁぁぁ~と広がります。
し、あ、わ、せ!

by yoshi-aki2006 | 2010-11-15 18:53 | 医食同源 | Comments(0)  

鯛めしと利九まんじゅう

今日はスーパーで一尾198円で売っていた鯛を使って鯛めしを昼ごはんに作りました。
すごく簡単です。

土鍋にお米(女の人は一合で十分)、水で戻した昆布とそのだし汁、酒、市販の昆布つゆ、塩、ねぎの青いところ少々、しょうがの絞り汁を入れてご飯を炊きます。

ぱりばりと音がしてきたら火を止め、蒸らして、味噌汁が出来上がったころにふたを開け、身をほぐして茶碗によそい食べる!

注意点は鯛のした処理。
うろこはペットボトルのふたで取れますが、ゴム手をしていないと背ひれなどで指に怪我します。
今日も横着したら指にざっくりひれの骨が刺さり、いててててて~。

冷めてもおいしいですが米が光っている温かいうちに食べるのがいいです。

味噌汁でなくウシオ汁にしてゆずかなんか入れたのでもgood。

鯛はああ見えても結構、濃厚なので、たくさん食べると結構ヘビー。
しそやみょうが、香の物など香りのある箸休めかふりかけがあるといいですね。

うちでは鯛めしの副菜は水菜やさやえんどう、わかめ、ねぎなどたっぷりの合わせ味噌のお椀とかぼちゃの煮物にしました。

デザートは自分で作った利休まんじゅう。
利休まんじゅうは蒸し器があるとアっというまにできます。
f0073848_2314732.jpg

by yoshi-aki2006 | 2010-11-05 23:03 | 医食同源 | Comments(0)  

赤ワインで牛肉煮込みシチュー

一日限定25食という牛シチューをいただきました。


f0073848_12451571.jpg


とてもおいしかったです。このように大きな牛肉を赤ワインで煮込んだ料理を家でも作りたいですね。
ワインが余ったとき+肉がすぐ手に入るとき+マッシュルームを忘れずに買って帰ること
の三拍子がそろったときにやってみましょう!

by yoshi-aki2006 | 2010-10-29 12:49 | 医食同源 | Comments(0)  

とうがんを食べた!

あまりに暑いのでとうがんを食べました。
干しえび、干ししいたけ、干しほたて、昆布、鶏肉などで出汁をとり(これだけでも十分なおかずになりますが)
とうがんを煮て、冷蔵庫に寝かし、冷たいまま、酒の肴に。
好評でした。

あわてて作るとろくなものはできませんが時間差攻撃で一品あると食卓に深みが出ます。

出張ラッシュを控え資料の整理。
とりおいた新聞に「長く飲み続ける薬には用心」という本の広告が。
さっそく読んでみよう。

さて、
昨日発売のサンデー毎日にt株等のコメントしています。
表紙は大河ドラマで高杉氏を演じている「いい役者だなー」と思っていた男性。
さっそく名前を調べてみよう!

f0073848_19551890.jpg

by yoshi-aki2006 | 2010-09-22 19:55 | 医食同源 | Comments(2)