経済評論家、一級FP技能士、チャート分析家の木村佳子さんが素敵な明日を迎えるためにお届けする ライフ&マネー メッセージ   ホームページはhttp://homepage2.nifty.com/fp-money/

by yoshi-aki2006

<   2007年 01月 ( 36 )   > この月の画像一覧

株式評論家もサービス業

すんごく忙しい猫の手も借りたい締め切りラッシュの最中、「早く、メールで原稿をおくらなきゃーーーーー」という時に、読者と名乗る男性から電話がかかってきた。

「今、とっても忙しい」と断ったが、せっかくなので話を聞くことに。
私の本の中のある部分についてのご質問である。
とってもまじめな方で、とつとつとご自分の質問を説明される。
しかし、伺っていると、原稿の締め切りに間に合わない。
ちょっと、あわただしい、ぞんざいな対応になってしまった。
すると男性は「では、結構です」と電話を切ってしまった。

せっかく私の本を買って下さったのになあ。
日ごろ、自説としてお客様の声をよく聞け、よく聞く会社が伸びるといっているではないか。

そう考え直して、原稿作成、送信は一端中止。書庫に行き、自分の本を取り出し、男性のご質問の箇所をよく読んでみた。そして、おもむろに電話をかけなおす。
「先ほどはバタバタしていてスミマセンでした。ご質問の部分は・・・・」
と説明すると、男性も気を取り直して、話の続きを聞かせてくださった。

かいつまんでいうと移動平均線と株価の関係を短期、中期、長期の3本とも説明する必要はないのではないかというご質問であった。それについて、「こういう理由で取り上げた」とご説明すると、「そういうことだったら分ります」と理解してもらえた。

知らない人からいきなり電話がかかってくると、そして、それが忙しい最中であると、
私の場合、結構、頭がパニ食って、とっ散らかってしまう。

しかし、株式評論家もサービス業の一種だ。
ましてやお金を出して本を買ってくださった私の大切なお客様である。
そのお客様からの質問に丁寧に答えられないのはやっぱりよくない。

今日はそんな反省をしました。
ちゃんとご説明すればわかってくださいます。
大切なお客様。
もっともっと大切にしなくては、と思いました。

追伸
読者様、ごめんなさいね。最初の電話でとってもとってもパニ食っていて。
何しろ、これからも延々と10本の原稿を朝までに仕上げなければならないという締め切りラッシュ。みんなタイムリミットが来ているものばかり。

お昼は作表とメールで込み入った打ち合わせの真っ最中でございました。
ホント、申し訳なかったなあ・・・。
by yoshi-aki2006 | 2007-01-31 16:32 | ビジネス | Comments(0)

天寿まっとう

一番多いときは七匹もいた猫。
そのうち三匹が明らかに老衰でなくなりました。

次第に体温が低くなり、動けなくなり、死に場所を探し出し、暗がりにいるようになります。
そして、水も飲めなくなり、最後は骨皮になってなくなりました。

人も老衰の死に方はそうだろうと想像します。
加齢とともに寒さを感じるようになり、
体が固くなり、
動けなくなり、
やがて・・・・。

いつまでもあると思うな、親と金、でしたっけ。
最近、めっきり老いた近親者を見ていて、そんなことを思います。

作家の渡辺淳一先生がエッセーに書いておられましたが
「母親の具合が悪いからと聞いていたが、今日にも明日にもという具合の悪さではないと思っていた。そしたら・・・。会いに行っておけばよかった」と。

いつまでも、あると思うな親と金。
ホントにそうです。大切にしたいですね。
by yoshi-aki2006 | 2007-01-30 23:30 | シンキング | Comments(2)

賞味期限

皆さんのご家庭では賞味期限ってどうとらえていらっしゃいますか?

知人のMさんは「期限が切れたらすぐ捨てる」といってました。

私は一応、捨てる前に匂いをかいだり、シュークリームなどの場合は半分に切ってみます。
以前シュークリームを切って中を見たら生クリームにアオカビが生えていました。
「やっぱり賞味期限はバカにできないな」というのが結論です。

知人のTさんはいたって大雑把。「いいじゃん、いいじゃん、一日くらい賞味期限が切れていても」というタイプ。彼女の場合は一日どころの無視ではない様子ですが、ある日、カレーを作って食べたら夫とともに3日3晩食あたりで苦しんだそうです。

肉が悪かったみたい。
肉はあたるとホントに怖いよ!

新鮮な食材で料理すべきなのはいうまでもありませんが私はお肉がちょっと怪しいな、というとき、にんにくや胡椒、ハーブで保険をかけておきます。この保険をかける前は二回ほど、大変な思いをしたのですが、保険かけを知ってから、今のところ、これであたったことはないですね。

それでも食あたりしてしまった時はどくだみ茶を煎じて飲みます。
毎年、生牡蠣であたってしまうのですが、「うっ!」と来たら、ともかくどくだみ茶です。

ノロウイルス対策は清潔にすることと新鮮な食材をいただくことが大切ですが、こうしたちょっとした工夫も有効ではないかと思います。

それにしても、不二家さんのあってないがごとくの賞味期限はいただけませんでしたねえ。
山崎パンの支援が決まったそうですが、頼みますよ~。多くの人の口に入るモノを作っているってことをお忘れなく~!
by yoshi-aki2006 | 2007-01-30 16:50 | 医食同源 | Comments(2)
ずいぶん、ほったからし状態が続いたホームページ「木村佳子のマネープラン」
今後のスケジュールをご案内するため、更新を果たしました。
木村佳子さんからのお知らせをクリックしていただくと今後の有料、無料のセミナーのご案内が見ていただけます。

ご参考になれば幸いです。
by yoshi-aki2006 | 2007-01-30 12:11 | お知らせ | Comments(0)
今日は株界のスーパースターの両先生、北浜流一郎先生と杉村富生先生とご一緒。その模様は2月3日土曜17時のCS朝日で放送されます。
先生の銘柄と私の銘柄もバッチリご紹介。

放送がご覧になれるかたは是非お見逃しなく。

現場仕切りの仕事仲間のSさんが16㌔のダイエットに成功してびっくり。
体が半分に細くなっていた!

「人間ドックの数値があまりにひどかったんで一念発起しました」とのこと。

彼は夜食にとんこつラーメンとビールを愛し、トンカツ、ケーキの類も大好き。
夜中に焼肉食べに行ったりもしょっちゅう。

そしたら来ちゃったそうです。数値の悪化のオンパレードが!

私もダイエットは成功したけど、16㌔もの過酷なものはまだ未体験。10㌔ほど痩せて達成感を味わい、最近はややリバウンド傾向かも。

問題はいい調子を維持すること。仕事も体調や体重も。
継続こそ力なりといいますが、本当に難しいですね。
がんばりましょう!
by yoshi-aki2006 | 2007-01-29 20:13 | マネー | Comments(5)

セミナー

f0073848_1742027.jpg


今日は都内でセミナー。皆さんの関心はもう基調講演から「お楽しみ抽選会」に。
皆さんの目線が抽選箱に注がれているのが分ります。
今日はバカラのグラスやお菓子の詰め合わせなので、
当たれば超~うれしい! と思います。

講演が終わった後は恒例の「一人反省会」をします。

約200名のお客様のアンケートに全て目を通し、
ご要望、ご意見を承ります。

今日の反省点はレジュメの枚数が多かったかな-という点と
毎回、意見が相違する「金持ち父さん、貧乏父さん」世代の30歳の男性を二名、満足させることができなかった点。

あと、50歳台、60歳台の男性各一名ずつ、満足していただけなかったお客様がいらっしゃいました。都合4名さま、ごめんなさい。

196名のお客様はほぼ大満足、満足。

満足度98%
不満足度2%
課題は続くよ、どこまでも。

また来週も東京でセミナーがあります。今日とは全く別の話を準備し、本ちゃんに間に合わせてリハーサルします。少しでも評価が上がるよう、がんばらなくちゃ!
by yoshi-aki2006 | 2007-01-27 17:04 | ビジネス | Comments(9)
株式市場ではいろいろなテーマで個別株が買われますが、
バイオマス、エタノールなどのクリーンエネルギーに関する話題も盛り上がりつつあります。
バイオマスは生ゴミ、木片チップなどの有機物質を代替エネルギーとしようとするもの。
詳細は

ここをご覧ください。参考になりますよ。
by yoshi-aki2006 | 2007-01-27 11:18 | マネー | Comments(2)

株枕

株を枕にオーバーナイトできるか?

長期保有や安いときの仕掛け買いなら気にならないことですが、
売り買い攻防の佳境に差し掛かっている銘柄の場合、
悩ましいものがあります。

特に金曜日の引け間際。

ここではその人の株に対する考え方というか勝負師としての力量が問われる局面。
性格がアッサリしている人、粘り強い人。
株がうまい人、下手な人。
打つ手に「その人」が見える気がする。

激しく売買が攻防するA株。
人気が高く、なかなか押さない。何度もエントリーして儲けている人もいそう。
これだけ値動きがあれば、仕事しているよりずっと儲かる、と感じる人も多いでしょう。

一時人気があったB株。
A株よりずっとよくうご゛いていたけど、沈静を狙ってか、最近はしずか。

私なら月~金前場までの間、A株で儲け、儲けたお金で金曜日の換金売り、オーバーナイトしない人の売りに押されがちなB株を仕込みます。

A株には金曜日の引け間際、怒涛(ちょっとオーバー)の買いが入り、一層の急騰。
一日の加重平均から一気に値がぶっ飛びました。
が、しかし。
この世で最大のリスクの一つに私は人の心変わりがあると思います。

土曜日、日曜日で人の気は変わります。そんなのは恋をしたことのある人はみんな知っていますよね(なんちゃって)。

金曜日、大引け間際に大量の買い注文を出し、その日の最高値を買った人の心理はどう変化しているでしょうか。
それとも、その買い方に何かに対する確信を感じるべきでしょうか。
あるいは「仕掛け」ているのでしょうか。
そんな推理をしながら土・日を過ごす・・・(土日は仕事がありますが)。

株を枕にトラタヌもまた楽し!
土日を前にもう次の月曜寄り付きに思いは飛んでいきます。
by yoshi-aki2006 | 2007-01-26 19:13 | マネー | Comments(6)
体調がとってもよい日とそうでない日がありますねえ。

特に年々歳々、加齢によって(?)か、眠りの質にムラがありますわぁ。
ハードワークしたのに朝まで一睡もできないで横になっている日があるかと思えば、「ちょっと横になってまた一仕事」と思っていたのに朝まで爆睡していたりとか。

頭がクリーンで「我輩に不可能はないっ!」というくらい、バッチリ原稿や会議の進行が決まる日や「ひょっとして私はファナックのロボットよりすごいんではないか?」というほど速射砲のように何本もの原稿を同時進行で打ちまくれる日もあるのに、いきなりつるべ落としにあってしまいます。
フラメンコのたったちょっとの振り付けが何度やってもできなかったり(私はアホかと自問する)、料理のアイデアがまとまらないまま、ヘンなおかずを作っていたり。

今日もやる気まんまんだったのに、ポカミスをしたなぁ。
ある事柄をバッチリ決めるチャンスがあったのに、お得意の「ま、いいや」というずぼらな性格が災いして、思い通りに決められませんでした~。
ま、これも実力のうちというか、これが自分の実力、限界なんだわーと悟るのですが。

こういうときは「ま、体調が悪かったんだ」と思いなおし、好きなものを食べる!
トン勝つ、明日勝つと縁起を担いで今日はトンカツを食すことに!

生真面目な知人はこの私の切り替えかたにがちょょょょょょんとなるらしいのですが、
体調が悪いときは仕方ないですよね。
なぜか「和」のものとご縁が深まり、呉服屋さんと会話する機会も増えたのですが、
所用あってたずねた店頭で「明日はいいことありますよー」とお店の方が明るい声、笑顔で送り出してくださり、
「そうだなー」と共感し取り損ねたものにこだわらないことにしました。

成功はゴミ箱に。失敗は成功の母。
きっといいことあるさ、そのうちに。
この根拠のない期待こそ、人間を明日に向かわせる原動力。
がんばるぞー!と夕日にキラリン、目を輝かして誓うのでした!
by yoshi-aki2006 | 2007-01-26 01:00 | ライフスタイル | Comments(0)
若き日、好きな色の服を着ていた。
カーキ色、ベージュ、こげ茶、オレンジ。
いわゆるアースカラーと呼ばれる色。

今にして思うとそれらはブルーベースの私には全く似合っていなかった。

口紅もオレンジ系が好きだったが、いくら鏡を見ても全く似合わない。

でも、当時の発想は「つけても似合わないなら似合うようにしなくては」と考えていた。今は全く逆で、「似合わないものは着ない、つけない、買わない、欲しがらない」

英語の先生に教わったこと。
「10年かけて学校で習った英語で話せますか? 話せないでしょう? だったらそれは役に立たないもの、不要なもの。いらないシステムです。即刻、捨てなくてはいけません」

大学に入学した最初の授業で担当教授も同じことをおっしゃっていた。
メーカー名をあげて「ここのホワイトはにじみます。持っていたら即刻ゴミ箱に捨てなさい」と。
「ここの烏口も捨てましょう」
と。私はもったいない、と思って捨てては罪悪感に悩んだ。だってこれってお父さん、お母さん、そして私が汗水たらして働いたお金でやっと買ったものだよ、と。教室の隅にあるゴミ箱に真っ白なケント紙が無造作に投げ込まれてあるの見るたびに「何かに使えないか?」と必死で考えた。

どこか「捨てたり、消費しつくすのはいけない」という発想があり、それに縛られてしまう。

が、似合わないものは捨てるに限る。

これは株式投資にも当てはまる。デイトレをする人は特に儲からない株には近ずかないことだ。
似合わない服にこだわっているのと同じだから。
似合う服で勝負したほうがよっぽと楽しい。
by yoshi-aki2006 | 2007-01-25 01:05 | アンテナ | Comments(4)