経済評論家、一級FP技能士、チャート分析家の木村佳子さんが素敵な明日を迎えるためにお届けする ライフ&マネー メッセージ   ホームページはhttp://homepage2.nifty.com/fp-money/

by yoshi-aki2006

<   2007年 02月 ( 36 )   > この月の画像一覧

中国発世界同時株安。
日本人はアメリカ市場ばかり見てきたが、これからは中国、インド、ロシアなどをみておかないと資産運用のチャンスを逃してしまいそうですね。

世界の覇権国家交代の象徴的事件。
それがテリブル・チューズディ 2007年2月27日。

次はアメリカ発で何かあるかもしれませんね。

もっとも日本の株式市場は信用買い残もつみあがっていなかったので、
私は過度には心配していません。

中国株の情報サイトたまにはみておきたいですね
by yoshi-aki2006 | 2007-02-28 14:36 | マネー | Comments(4)
若き日、ワーキングプアーなライター稼業に従事しあくせく夜遅くまで出版社、新聞社で原稿を書いていた。そんな時、「おい、原稿上がったか、飯でもどう?」と団塊オヤジによく誘ってもらった。いっつもお腹がすいていたので、単純にうれしかった。

団塊オヤジに連れて行ってもらったのはうどんやとかそばや、焼き鳥や、うなぎやなど。
結構おいしく、やすく、老舗で居心地がよく、団塊オヤジ達の話も面白かった。

今、自分は仕事の現場であの頃の団塊オヤジと同じような年格好。
若い衆が遅くまで仕事していると、
「どう、一杯行く?」と誘ってみる。
「え、いいんですか?」と付き合ってもらえることが多いが、
「無理しているんじゃないかな?」と気になることもある。
実は帰りたいのにセンセに誘われちゃ断れない、みたいな気を使わせているのではないかと。

見極めはとっても難しい。
ある時、付き合いのよい人が翌日朝6時おきを控えていると聞いてとってもとっても反省した。
悪いことしちゃった、と思った。
付き合いがいいからって人は暇なわけじゃない。

パワーハラスメントになってもいけないし。
で、最近は交互にしている。
「どう、一杯行く?」
ってバージョンと、チョコとかクッキーとか差し入れるパターンと。
差し入れのほうがどうも喜ばれている気がする。

こっちもたまにぐすぐず酒でも飲みたいが、なかなか相手にしてもらえない。
みんな忙しいし、
気の合う人は人気者で引っ張りだこ。

合わせてもらってたまに飲むとこっちのぐずぐず酒はばれていて、
「まただよ」と飽きられているような気配がどうも、する。

一人酒。そろそろそういう年恰好になってきたのかな。
一人酒が似合う、許される店も少ない気がするのだが。
えーい、いっそキッチンドランカーってのもいいかもと、ふと、思う今日この頃。
昔は猫相手に飲んだ、いや、猫が遊んでくれたのだが。
中年期、ひげやつめのないまるい遊び相手をたくさんこさえなきゃ。
by yoshi-aki2006 | 2007-02-27 23:34 | シンキング | Comments(4)

春のセミナー

今日は表参道でセミナーがあります。

19時からです

あさっては九州・小倉です。
九州をクリックしスクロールすると詳細がわかります

他の地域も是非ご覧ください。
ゴーカキャストが全国に!

そして土曜日は東京丸の内です。
楽しいお話がいっぱい聞けそうです!

お時間があえばいらしてくださいね!
by yoshi-aki2006 | 2007-02-27 14:08 | お知らせ | Comments(0)

ワーキングプアー

まさにワーキングプワーな気分・・・。
月曜日の朝6時に起きて、仕事が延々続く~♪
火曜日の午前2時半、なのにまだ仕事が終わらん♪
いつになったら仕事は終わる?
あと3つもやれば終わる♪

ちゅらちゅらちゅらちゅらら、ちゅらちゅらちゅららららー♪


あーあ(と、ぼやく)

ふぅぅぅぅ~とため息(じっと手を見る)

ふあああ~とあくび(なんてとっちらかった部屋なんだ?)

あーあ(と、鏡を見る)

ナーンにも食べるものがなくなっちゃった・・・、何か食べたーい!

そんなところにご近隣さま。癌と闘い生還されたかただ。
1年で癌から生還!
「髪の毛も生えてきました」と。
いただいたバームクーヘンにこちらも命拾いだ~。感謝!
by yoshi-aki2006 | 2007-02-27 02:36 | ビジネス | Comments(0)

いよいよ不動産業者が!

いよいよ不動産業者が動きだした。
都心一等地の駅近物件を賃貸に出している人のもとに業者が訪ねてきて
「物件を売ってくれませんか」というのだそうだ。

知り合いが7800万で出していたマンションも年末に9000万円台で業者に売れたそうな。
その業者か次の業者かは分らないが、今、その物件はキレイに内装されて1億1500万円で売りに出されている。

不動産業者の一人が「この5年が勝負時」といっていた。
みんな都心物件に関しては強気だ。

利食い金をどうするか?
名古屋売りの大阪買いに出た業者もいる。
出遅れ関西への流れも続きそうだ。
で、ツワモノどもの語る夢の後は?

人口ピラミッドから見ても国の財政問題から見て長期金利の動向からも一時のバブルを過ぎたらひどいだろうね、と。

かつてのバブルでババをつかみ、沈んでいった業者に自分はなるまいとの戒めを持ちながらも
業者筋の顔には
このたびのバブルで最大限に勝ってやる、との自信もちらつく。
乗るかそるか?
誰にとっても日本人がおこす最後のバブルかも。
いずれにしてもいつもの通りビックウェンズデーは一瞬だ。
by yoshi-aki2006 | 2007-02-26 16:33 | マネー | Comments(2)

quality of life

quality of life=クオリティ オブ ライフ
生活や生命の質を高めようとすること。

これから登っていくという感じに突き動かされる年齢と異なり、初老とされる40歳以降は
このクオリティ オブ ライフを考える必要に迫られる。

仕事
人間関係
生活の基盤
健康
ノーブレスオブリッジというか社会還元
そして人生の夢

幸い、やってもやっても飽きない仕事に恵まれ、健康もまずまず。
人にも家族にも良くしてもらってる。

「後半、どうやって生きていこうかなー」と常々考えていたがだいたいの目標が定まり始めたところ。あまりたくさんの時間は残っていないので効率よく時間を配分しないと目標には到達できない。
働いて小金をためて、それでどうした?
そんなんじゃあ、あんまり面白くないぞ~
とかねがね思い悩んでいたが、やりたいこと、やりたい方向が見えてきたので、ちょっと気持が開けてきた。
やっぱし、人生は夢である! 夢に向かって走る。それが醍醐味である。
枯山水はもうちょっと先でいい。
人生の後半、花も実もある満開の山を作るべし!
by yoshi-aki2006 | 2007-02-26 11:55 | ライフスタイル | Comments(0)
渋谷・ブンカムラ・オーチャード・ホール。今日からアントニオ・ガデス舞踊団のステージがしばらくの間、日本で見られる。
前売り券を入手していなかったので、「なかったら帰ろう」とレッスンの帰り、タクシーでブンカムラに。
初日にもかかわらず、運良く、残り僅少のA席をゲット。
開演までの間、地下一階で開催中のティアラ展をなめておく。

燦然と輝く世界のリッチな女性を飾った
ティアラ。しかし、女性の美しさはティアラで変わるわけではないと気つかされる。
ダイヤやエメラルドそのものは確かに美しい。
ティアラを見慣れないからだろうか。自分の日常には関係ないからだろうか。
指輪やブローチ、ネックレスとティアラはまた全く趣きが異なる。
男性の胸を飾る勲章に宝石をつけ、デザインをすればティアラになるのではないか。
そんなふうに感じた。


会場に流されていた雅子様や紀子様の映像ではたしかにティアラは映えていた。
それは私たちが彼女達のお祝い事を知っているからだ。
どんなイベントの時に身につけられたのかこちらが知らない女性が写真の中で、あるいは絵画の中で、ティアラをいただいていても、なんの感慨も覚えない。

さて、アントニオ・ガデス舞踊団の舞台。
初日の今日はAプログラムの「カルメン」。
さすがに世界に名だたる踊り達者の踊りは宝石のように美しい。
キレがある。
華がある。
リズムが心地よい。

途中、あまり効果的には思えない演出が気になる部分があったが、
見る価値のある舞台だった。

踊りそのものを鑑賞したいフラメンカーならヌメロ中心のBプログラムがいいかもしれない。両方のチケットを前売り券で求める場合は10%オフ。
ティアラ展のほうは窓口で東急カードを提示すれば当日大人1300円が100円オフになる。
by yoshi-aki2006 | 2007-02-24 17:55 | 感謝 | Comments(4)

朝4時!

なんで朝4時におきるかといえば、5時半から生放送があるからだ。
寝たと思ったら起床。
さすがに眠いよ~!

まっくらななか仕事場のスタジオへ。
私は朝からたいていテンションが高い。テクニカルでいうと起きるや、いきなりスローストキャス上限に張り付きっぱなしとなる。

眠かろうがなんだろうが後は全身全霊をこめて聴取者の立場になって仕事を進めていかなければならない。
それには耳を澄まして、流れを読まなければならない。
先日、取材に行った先で、そこの会社の社長さんから、
「聞く事はとても重要。見ることばかりに意識がいくが、聞く事が大事なのだ」と教えていただいたのだ。耳から入る情報を解析し、手を打って目で効果を確かめるという方法は有効だ。
私は今まで目で見て、目で判断する傾向が強かったが耳は重要な器官だと最近つくづく思う。

話しがうまくなるにも耳が重要な役割を果たす。

なんて思っているうちにあっという間に本番終了。
寝なおしたが、どうもすっきりしない。

それにしても朝日新聞のトップ記事。三洋電機粉飾決算の疑念ありとか。
株価は乱高下している。
ったく、どこまで出るよ、悪材料。
三洋の洗濯機、大好きだったのになあ。大阪の会社なので応援したい気持はあるが、これでもかの悪材料にさすがに考えさせられる。
by yoshi-aki2006 | 2007-02-23 11:41 | ビジネス | Comments(0)

企業の社会的責任 CSR

今週はイーウーマンでサーベイランスを担当しているのですが、なかなか、よい意見をたくさんいただいています。

企業の社会的責任について注目する投資家が増えているのは誠に心強い限りです。
この流れに注目したいと思います。

ワーキングプアーを作らない株式投資。
私のライフワークとして研究していきたいと思っています。
by yoshi-aki2006 | 2007-02-22 22:26 | アンテナ | Comments(2)
厚生労働省が2月21日発表したデータによると2006年の出生数が3万2000人増えたそうだ。
確かに最近、乳母車を押して電車に乗ってる女性をよく見かけるようになった。
出生数増加といわれると「なるほど、それで」と思う。

駅の改築工事が進んでいるとはいえ、乳母車を押す人や車椅子の人にはまだまだ過酷な社会設備。
社会資本は少子高齢化に対応できていない。
働く健常人のための社会資本が多々、目に付く(というかほとんどそうだ)

長く急な階段。
上り下りが未整理な表示。
人間の欲望横着行動からはとても守れそうもない動線。

こんな中を携帯を持ったサルもどき、硬くて重いかばんを抱えたゴリラもどき、人の3倍、4倍のスペースを占領する巨体の持ち主が殺到したり、押し合いへしあいしたりしているのだ。

子供の数を増やそうったって、こんな社会構造の中で育てていくのは大変だと思う。

だから、どうしても強くなるのだろうか。最近、乳母車を押して車内に足を踏み入れるや、乳母車をスーパーのレジかご台車のように使って席取りするお母さんがいるのには驚かされる。子供が乗っている乳母車を急発進させて座席取りに使うのは危ないよ。

目の前で急カーブした乳母車。その押し手のお母さんに目でそう訴えかけるようにしたら、ムッとされた。乳母車にもスピード違反があるんじゃないのかな。お子さんが乗っていることを忘れずにね。

「お母さん」つながりでもう一席。
お母さんには二通りいるのではないかなと思う。
「あんたを産んでやったのは私だ!」と子にえばるお母さん。
「産まれて来てくれてありがとう」と子に感謝するお母さん。

どんな母を持つかで人生違うんじゃないかしら。出生数増加にそんなことも考えました。
by yoshi-aki2006 | 2007-02-22 14:41 | 時事 | Comments(4)