<   2007年 04月 ( 38 )   > この月の画像一覧

 

陽気なお酒

株式関係の方と飲む。
すっごく陽気なお酒で楽しかった!
ご一緒したかたは「大変じゃなかった?」と気を使ってくださるが、自分をさらけ出してくださる陽気な酔い姿というのはいいものだ。

家でまたまたワインを開ける。
ライトボティの飲みやすいワインだ。
「これは25歳の美人な女性って感じのワインね」と私が講釈をたれるのを、
みんなはフムフムと神妙な顔をして聞いてくれる(嵐を巻き起こしたくないとの一念であろう。皆の衆、気苦労をかけてすまぬ!)

うちの家族もみな陽気なお酒だ。
酒癖が一番悪いのはひょっとして私かもしれない。

私は酒はそれほど強くない。
20歳台前半までに一生分、飲んだような気がするのだが、あのときに消化酵素を使い果たしてしまったのだろう。

今は生ビール一杯と焼酎か日本酒を少々飲めばもう出来上がり。
後は眠くて仕方がなくなる。
帰りがめんどうなので家で飲むのが一番だ。

酒癖が悪い例として、ワインと日本酒を飲むと
誰かの手を握り締め、ほろほろと涙を流したくなる。
以前、ディレクターをしてくれていた女性とワイン三本を開けたことがあり、帰りの山手線でみんな私から引いているなあ・・・、と酔い頭ながら不思議に思っていた。
家に帰り着き、バスルームで風呂に入ろうとして、そのまま、床に眠り込んだらしい。

朝、シャワーを浴びようとドアを開いた家族がムンクの叫び状態になってつったっていた。
「あー、何が転がっているのかと思った・・・・」
と。
起き上がって鏡を見て今度は私がびっくり!
既に山手線車内で涙を流していたらしくパンダさながら目が2つの黒丸に埋まっていた!

これを酒癖が悪いと言わずして、何であろう?

みんなでふぐを食べに行き、ひれ酒を七杯か八杯飲んだ。
飲み口がいいとつい飲んでしまうが、後で効いてくるのが酒の恐ろしさだ。

総武線のホームについた頃には地面に転がってしまい、ついにベンチで寝るハメに!
さすがに座って寝たのだが、隣に入れ替わりたちかわり、男が座る気配がする。
「何か御用?」とバックに突っ伏していた顔を上げると、みんな、「失礼しましたッ」とそそくさとどこかへ立ち去った。
一時間ほども寝て、ふと、駅の鏡でわが身を見ると、これまた、パンダ目+口紅がズレてクチ二つ状態になっていた。
プラットホームの怪女・・・・。
彼らはそう思ったに違いない。夜、悪夢にうなされなかったろうか? それが心配である。

やっぱり、これはどう考えても酒癖が悪い。

家で25歳のライトボティな淑女をお友達の結婚式でいただいた取っておきのバカラに注いで特別なチョコレートでこっそり飲むっていうのがいいかもしれない。連休はコレクションしたワインをちびちびやるつもりです。さて、日のあるうちに酒の肴の調達をば!

by yoshi-aki2006 | 2007-04-30 14:41 | シンキング | Comments(0)  

物事上達法

私はなぜかメタボ・オヤジにすっごくモテる。
メタボ・オヤジ・・・・。
メタボーな人々は望んで腹がせり出したわけではない(だろうと思う)。
筋腫が勝手に大きくなった私にはそのお困り度がよく分る(違うか?)。
同病相憐れむように、私はメタボーな方たちの出腹をじろじろ見ない。
これがメタボ・オヤジの私に対する支持率の高さに寄与していると思う。
巨乳の女性が「胸ばかり見る男が嫌い」と言っていた心理と通じるものがあるんじゃないか?(違うか?)。

私は腹が少々メタボでも、頭頂部が天使の輪状態でも二重あごでも
じろじろ見ない。
だから、メタボーな人々は安心して私としゃべってくださるってわけだ。

さて、そんなメタボ・オヤジのひとりAさんに私のフラメンコの時のショットを見せると、
濃い目化粧の女性が大好きなAさんは
「是非、自分の所属している異業種交流会の記念式典で踊ってくれ」
とおっしゃる。
ちなみに、Aさんに見せたショットの1部はこんな絵面だ!
f0073848_1351945.jpg


あ、間違えた。チョコをアップしちゃった!


f0073848_137312.jpg


わーーー。塗りも塗ったり! すっごいメイク~!!
ちなみに、この翌日、「普段どの程度、化粧していたか?」が分らなくなり、最近、ようやくフツー化粧濃度に戻ったばかり・・・。

さて、人前で踊る話の続き。
「えっ? 人さまに見せられるような状態ではまったくないんですが」と絶句しながら、早くも、「どの衣装で何を踊ろうか?」と企画してしまうワタシ(!)

人前で踊るとなると、どういう手順で登場しようか? 音源はどうする? 照明は? とか、頭がくるくる動き出す。どんな顔して踊ればみんなが喜んでくれるか、どこでどういうふうにすれば盛り上がるかなど、想像は果てしなく広がる。
そして、「こうすれば絶対受ける!」とワクワクすることはことごとく、日ごろからフラメンコの先生から教えてもらっていることばかりだ。

「なぁるほど! 先生のおっしゃっていることはこういうことだったんだー」
何度も何度もいろんな場所で踊りこんできた先生だからこそ、どこでどうすれば盛り上がるか、ヒトが見るかが分るんですねえ。

ぼーっとお教室で受身で踊っている限り、絶対に進歩がない。
発表会も突き詰めると、引かれたレール上で受身で踊っていたことに気がつく。もっとも、アップアップでそんなことを感じるゆとりもなかったというのがホントのところだけれど。

物事を上達しようと思ったら、単品で実際に踊るだとか、一人親方として全部引き受けることだ。だれかと一緒、だれかに頼ってという状態では物事に上達はできない。

単独で記念式典で踊るとなるときっと恥をかくのが怖くて、思い切り練習もするだろうし、見てくださった人に喜んでもらおうと何かアイデアも一杯湧いてくるに違いない。

こんなふうにいろいろ楽しみながら自分を追い詰め追い込んで、磨いていきたいなと思う。

by yoshi-aki2006 | 2007-04-29 01:37 | シンキング | Comments(2)  

名古屋展望

f0073848_2005256.jpg


昨日は大好きな仕事の大先輩とこれから仕事でお世話になる皆々様とおいしいお酒の会。
穴場を教えていただき、これからちょくちょく通うことにしよう、と決心。
先輩からは仕事のコツもいくつか示唆していただく。
先輩が教えてくださることはちょっとしたコツではあるがみんな大事なことばかり。
また、この先輩に代表される「世間知」にいつも、気ずかされることは多い。
その方は「世知辛い」ということを身を持って体験されている。
だから、彼の話は説得力があるのだ。

例えば、「シングルなんていったって、日本語に置き換えれば、独身なんだし、その独身も長すぎれば、世間の人は“あの人、どんな事情で結婚できないんだろうね”とネガティブに推測するのが常。本人がいくら結婚しない生き方を選択していると主張しても人は“結婚できない理由”をネガティブに想像する。世間とはそういうものだ」と言う具合。

そうした世知を持って生きていくべきで、シングルとかシングル・マザーという言い換えでなんか別の認識のされ方を世間からしてもらっていると思うのは大きな間違いだし、すり替えだ、というふうにある種、まっとうな、人の本質をつく話をなさる。

また、女がいつまでも最前線でがんばっているのは、あまりみっともいいことではないとも示唆される。こうした見方が世間の年配の男性中心にいまだ脈々とあるのは事実である。

いつまでも子供を産まないで仕事をする既婚女性に対して、「だんなの気持」などをきちんと解説もしてくださる。私に「世間」を教えてくださる親族のようにありがたい存在だ。


日時が前後するが、一昨昨日はこれまた仕事の大先輩と痛飲。
この方からもいろいろなお話を伺う。
知らなかったことが多いので、教えていただけることがいちいちためになる。
ありがたいことだ。
大先輩過ぎて煙たがっていた自分を反省する。

そして、名古屋にたどり着き、手配していただいた駅直結のマリオットで迎えた朝が写真の展望。夜もシカゴの夜景のようできれいだった。

名古屋での収穫はたくさんあった。イベントで主催者さま、ご来場者様、担当者様などから暖かく接していただき、気持ちよく仕事をさせていただいたこともその一つ。

不思議なことに「こういうことが実現すればいいな」ということが次々に叶っていく。
もう一人、人生の師というか、大先輩であり投資家の鑑とも言うべき方からありがたいお話
を伺うチャンスに恵まれる大先輩のお考えについては大先輩のホームページで

大先輩からは「恕」という孔子の言葉を教わる。
恕とは女性が赤子に乳を含ませるときの心ではないかと大先輩はおっしゃる。
そうした情と適度な「理」があればたいていのことはうまくいくのだと。

「よく学ばしていただきます」とお約束をして、お別れした。
ありがたいことだ。私も後輩にこうした大先輩からいただいた「徳」を還元したいと思う。

by yoshi-aki2006 | 2007-04-28 20:00 | 感謝 | Comments(3)  

鈍感力、もしくはバカの壁

鈍感力は作家 渡辺淳一さんの本のタイトル。
バカの壁は養老盂司さんの本のタイトルだ。

鈍感力は「人が何をいおうと屁のカッパ」という居直りが大切でゴーイングマイウェイをといた本であろう(読んでいないので想像だ)

バカの壁は買ったが積読状態でまだ読みきっていない。主旨が違っていれば申し訳ないが、要するに、誰が何を聞いたところで、「自分はこうするんだ」と思い込んでいて、聞く耳持たない限り、それは「バカの壁」とでもいえるどうしようもない海綿体みたいなもんだろう、ということではないか(これも違っていたらスミマセン)

海外にいた頃、ハウスキーピングの女性に何度か言って聞かせたことがあった。
「ご飯を炊いたままにして保温をしておくより、まずは炊飯器からお櫃を出して、ご飯をさっくりかき回し、ふきんをかけてご飯を涼しいところにおいておくと腐らないのよ」

私の表現力に問題があったのかもしれないが、何度言っても「ヤッシー」は忘れてしまい、毎度ご飯を腐らせていた。「ヤッシー」はふきんを拡げて干すことも苦手だった。「ふきんは拡げてほしましょうね」と1000回はいったと思う。が、「ヤッシー」は毎回、家事に夢中になって、やったらやったッパナシになってしまう。
でも、ヤッシーは私のいうことができなくても「悪い」とは思っていなかったようだ。

鈍感力とかバカの壁という言葉で私は自分とヤッシーのエピソードを思い出す。

鈍感力。
今、私がこの力を発揮しているのはいつまでたっても思うように動かない体に関して。
放置していたら、りんご、りんご、みかん、ゆで卵と4つがそれぞれ大きくなってしまった筋腫。
これから治療していくわけだが、はっきりいってそんだけのものをお腹に抱えて、歩いたり走ったりはすっごく大変。また、ジャマッケこの上ない。
が、鈍感力で、「そのうち退治する」と鷹揚に構えると、気持が開ける。

時々、私のことを「太っ腹」とか「包容力がある」とか言ってくださる方がいる。
そりぁあ、そうだよ。りんご、りんご、みかん、ゆで卵を抱えた腹を太っ腹といわずして、なんという?
そんなじゃまっけなものと共存しているうちに包容力も増すわな~。

稀に私の「ま、いいじゃない」という〆かたに「ラテン」という言い方で「大雑把」果ては「ずさん」を指摘する者もいないではない。
が、段々、そうなるんだよ。それが年増の魅力ってもんだ~。

ま、ヤッシーのことも許すとするか。米一表は腐らしてしまった気がするが。

by yoshi-aki2006 | 2007-04-26 14:36 | シンキング | Comments(4)  

ミュージカル マリー・アントワネット 帝国劇場

f0073848_23185686.jpg


仕事の合間を縫って、帝国劇場へ。3時間半ほど観劇。
4月6日から5月30日まで、栗山民也監督でミュージカル・マリーアントワネットがかかっている。
主演は日本を代表する美人といえばワタシ的にこの人!と一押しの涼風真世さん。
涼風真世さんが主演なら行くわ~という気持だったが、
いやいや、涼風さんの美貌は文句なしとしても、
カリオストロ役の山口祐一郎さんがまたすばらしい!(それにワタシ的にドミンゴ様以来のヒット!)
声といい、中年男の色気爆発。見る価値がある!

それからダブルキャストのマルグリット・アルノー役。ワタシの回は笹本玲奈さんだったが歌がうまい!声もいい! はまり役だ!

その他の皆様もレベルが高く、舞台美術、照明、衣装、どれをとっても洗練されている。
みんな感じることは同じで、カーテンコールは何度も何度もという具合。

時間があったら是非、お出かけください。見てよかった! ときっと思うから。

by yoshi-aki2006 | 2007-04-25 23:18 | アンテナ | Comments(3)  

IRプランナーになろう!

今月から、私のホームページ
新しいバナー広告が一つ増えた。右、一番上の
「IRプランナー、CIRP」という告知だ。

今、就職、転職は完全に売り手市場で人手不足。
スキルが少なくても職場は多い。
しかし、収入を増加させるには、スキルは充実させるべきで、
日本版SOX法にたけているとか、IRプランナー、環境スペシャリストなどは非常に有利だ。

私も自分の仕事周りの知識を補強すべく、IRプランナーの勉強に着手した。
学んでみて本当によかったと思う。
最新の業界事情もよくわかる。

何か今の自分にプラスαの学びを、と思っている方にはオススメの資格である。

by yoshi-aki2006 | 2007-04-25 04:06 | マネー | Comments(0)  

私の定点観測している経済指標 

今日は銀座で仕事だ。帰り道、てんぷらとカレーとどっちが食べたいかずーっと考え続ける。
で、悩んだ挙句、トップスのカレーにする。以下のセットにトマトサラダとビシソワーズ、食後にチョコレートケーキ、コーヒーがつく。

f0073848_105450.jpg


用心して甘口にしたが、辛口で゛もよかったかもしれない。いつもここで、「次回こそ、辛口にしよう」と決意して、甘口を頼んでしまう(私はあほや~)

この店の難点は隣席の声が丸聞こえで、ものすごく大きく山彦状態になることだ。壁材をもっと工夫すれば、ここまで声が響くことはないかと思う。今日は、ひとつおいた向こうの席の四人のマダームのおしゃべりに「耳栓オーダー」といいたくなった。

毎度感じるのだが、他の席のおしゃべりに「あー、うるさいなー」と辟易する。「食事時くらい心静かに食べさせてよー」と。私も声が大きいほうなので、自分は絶対レストランなどで、大きな声でしゃべるまいと誓う(誓うことは誓うのだ~)

やっとマダームたちが退場すると次は80歳くらいのお父さんと50歳くらいの娘。特に娘さんの声がやたら響く。「お父さん、あの土地のこと、お兄さんにちゃんと言ってくれた?」お父さんはむにゃむにゃ・・・・。「ね、800坪はあるでしょ! ちゃんと話してよっ」お父さんはむにゃむにゃ・・・。「えっ、ちゃんと話してくれるわよね?」

つかつかとテーブルに近寄り「あなた、それでも女? もっとちゃんとした口をおとうさまにききなさいっ」といいたくなるのをぐっと、ぐーっとこらえる。

と、そのとき、「ああ、うちのお父さんともこうして食事にでる機会がなくなっちゃったなあ」との思いがよぎる(父は足が悪くなり遠出ができなくなった)。
と、我知らず、つーんと目の奥が熱くなる。お、お父さん!
弱った父を思い出して、憐れさがこみ上げてくる・・・。いかん、いかん! あの娘に怒っておったというのに!

が、しかし。気持はすぐさま食欲のほうに。明日は、自分でたらの芽のてんぷらを作り、食す予定。いや、いっそ、早朝に仕事をかたずけ、また、銀座か麻布に繰り出し、てんぷら定食を食そうか?という計画もむくむくと・・・。

と、ここで、皆様におといかけ。皆様は定点観測している経済指標をお持ちですか?
私は外食機会かなー。
自分が景気がいいと感じるときは回っていないすし屋にも出没する。
株安、ヒマ、収入減少、おとなしくしてるべ、という時は外食に行くモチベーションはどうしても下がる。

さてさて、今週はイーウーマンで「定点観測している経済指標お持ちですか?」というテーマで調査の担当キャスターを務めております。

なにか身近な観測対象をお持ちでしたら、是非是非、投票かコメントをお願いしまーす。

by yoshi-aki2006 | 2007-04-24 01:00 | マネー | Comments(6)  

今日はカデーナフラメンカの発表会

f0073848_23124095.jpg


みんなが何を見ているかというと、フラメンコ教室「カデーナ・フラメンカ」(スペイン舞踊家 鈴木敬子さん主宰)の発表会で披露されている自分以外の踊り手の実技に注目しているってわけです。

ここは中野ゼロホールの楽屋の一つ。
私も皆さんと同じヌメロ(曲)で踊るために出番待ちの合間にモニターで他のかたの踊りを拝見しているところです。

発表会前に貧血となり、二週間、安静にしていた時期があったので、満足に練習もできなかったのですが、医師の適切な治療と皆さんの暖かいおはげまし。そして、ご協力と鈴木敬子先生や代理の教師役を務めてくださっている先輩たち、そして、生徒さんのご家族、お友達 のおかげで、ま、3曲をなんとかちょっと間違いながらも、無事に踊り終えました。

当日、お話する機会があった師匠の鈴木敬子先生に励ましていただいたり、お子様ご出産で教室から少しの間、遠のかれている金融関係のアナウンサーのOさんからも、エネルギーをいただき、また、体を治して、踊りに挑戦し続けようという気持になりました。

また、私と同じ体の悩みをもつお仕事関係の女性たちも応援に来てくださり、発表会が終わった後、情報交換もしていただきました。

同じ病気を乗り越えて、今はマスコミでバリバリ働いているお友達の一人が「私もフラメンコしようかな」といっていて、その気持、分かる気がしました。健康が踊りの基本なので、そういう気持になるということは彼女の体はかなりポジティブになっているんだと思います。

お稽古事は①意欲、②能力、③健康、④時間、⑤家族の協力、⑥お金がないとなかなか続けられません(仕事にもある部分当てはまるところがありますね)。

いくら能力が高くてもご家族の具合が悪くなって、お教室を休んだり、やめたりした先輩もたくさんいます。せっかくの才能を持ちながら、転勤になったり、ご出産を控えてたりという理由でやめる、休むかたもいますし、がんばりすぎて、続かなくなる人もいます。

私はけして踊りの能力も高くないし、時間や健康にも恵まれているとはいえませんが、コツコツと続けられる範囲で自分の領域を広げていけたらと思います。

先生が「ソロを目標にがんばって通ってくださいね」と声をかけてくださったので、体を治しながら、これからも踊りを研究し、前向きに生きていきたいな、と思ったのでした~!

皆様ありがとう。そして、一緒に踊った楽しい仲間達に感謝をこめて!

by yoshi-aki2006 | 2007-04-22 23:12 | ライフスタイル | Comments(11)  

焼肉が食べた~い! 続編

そうなのだ!
昨日、宣言したとおり、今日は早朝に起きて仕事を仕上げ、私はウキウキして近所のデニーズへと出かけたのであった!
と、ところが・・・・。なんか、店の中が変だ~。静かだし、しらけてるし、第一、デニーズの店内に一歩足を踏み入れると、臭ってくる洋食の匂いがまったくしないではないか!
これはどうしたことだ!
ウエイトレスが持ってきたペラーンとした見開きのメニューを見る。
ないっ! どこを探してもないっ!ぬらりひょんさんが「幸せ」を感じたというステーキ、私もかつて食べて、思いのほかうまく感じてうるうるしたステーキメニューがない、ない、ない!

載っているのはシーザーズサラダ+トーストセット、フレンチトースト+コーヒーセット、などなど。。。朝~、モーニング~、パン~、コーシーみたいなものばっかりだ。そんな小鳥みたいな食事ではとても満足できないっ。

ステーキを、肉を食わせろーーーー!!!

しかし、一応は穏便に女性に聞いてみる。
「あのぅ、ここのメニューに載っている以外のメニューはできないの?」
「あ、はい。今はモーニングメニューで通常メニューは11時からのご提供なんです・・・」
ガ~ン! ナンのためにあたしゃ、朝早くからデ二ーズを目差して走ってきたのだろう?
昨夜から、興奮して眠れなかったというのに、バッカみたいだ~(みたいは余計だ~)

「ゴメンねー、出ていいですか? どうしても食べたいメニューがないので・・・」といいながら既に私の体はドアを押して外に・・・。

どうしてくれよう? と、そこに目に飛び込んできたのが下の写真だ!


f0073848_22285660.jpg


おお! ほっかほっか亭!
よりにもよって4月限定メニューでサーロイン弁当!
これだ!
と、いう間ももどかしく、私はほっかほっか亭のカウンターに。
二個注文し、待つ間は「喜びの舞」状態(店の人は何事と見ていた)
家族の分も、と思ったが家に帰るなり、二個一気食いをした。
ああーーーー、幸せ!
すっごく満足!
お腹をさすりながら、私は11時の集合場所へ。
と、今度はムショウにソフトクリームが食べたくなる。
飛行場には必ずあるソフトクリームのあのオブジェが、何ゆえ、都会にはないのだろう?
頼みのファミリーマート店頭にもまだソフトクリームのオブジェはないっ。
仕方なく、超バニラを食することに。
と、超バニラを食べ終わると今度はムショウにたらの芽のてんぷらが食べたくなる。
この続きは明日に持ち越すことにいたします。では、おやすみなさい!

by yoshi-aki2006 | 2007-04-21 22:28 | 医食同源 | Comments(0)  

焼肉がたべた~い!

どうしても焼肉が食べたい!
なのに時間が細切れで焼肉屋さんに行く時間が取れない!
肉を買って家で焼く?
今日は両手に荷物が一杯でとてもお買い物の余裕ナシ!

焼肉が頭をぐるぐる~!
明日朝は11時に着いていないといけない場所があるので、ランチもままならない!
荷物を3つも持ってヘロヘロしながら焼肉のことを考えつつ、車を拾うべく道に出る。

「あっ! 松屋が道路向こうに!」
思わずつられて松屋に引き込まれそうになるワタシ。
が! この荷物・・・。松屋店内で荷物と格闘する図に引く。

車に乗った後も焼肉をいかに明日朝までに食べるかの作戦を考える。
荷物を家に置く。すぐ、出かけて焼肉屋に行く。家に帰って仕事するコース。
これは早々に挫折した。現実は荷物を置く⇒ちょっと横になる⇒爆睡してしまったからだ。

家にあるのはレモンチキン、加賀の生麩、湯葉・・・・。そんなんじゃダメ! 焼肉が食べたい!
居眠りから醒めてまた、いかに明日の朝11時までに焼肉を食すかの作戦を考える。

朝、身支度をしてスーパーに行き、ローストビーフを買い、イートンスペースで食べる? ブー! スーパーは10時開店。ローストビーフの搬入はもう少し後。11時集合に遅れる。

そうだ! あたしんちの近所にはデニーズがあったじゃないか!
確か、24時間営業だったはず。仕事を明け方にかたずけ、朝、七時にデニーズに行く!
そしてステーキを食べる! ま、焼肉でない点は不満だが、肉に変わりはないので妥協する。
朝からステーキ! 元気がつきそうだ~!

それにしても!
最近、寿司! とか、肉!とか、トンカツ!とか、焼きそば!とかがムショウに食べたくなって、途中で別の食事では妥協できない。特にジューシー焼きそばは是非、焼肉の次に食べたいし、カレー、それも赤ワインでしっかりベースを作った濃厚カレーをその後に食べたいと思う。

こんだけ食べ物に執着するって、一体どうしちゃったんだろう?
健康を取り戻しつつある証拠かも? いや、とっくに常人以上の食欲だって。

by yoshi-aki2006 | 2007-04-21 00:22 | 医食同源 | Comments(2)