経済評論家、一級FP技能士、チャート分析家の木村佳子さんが素敵な明日を迎えるためにお届けする ライフ&マネー メッセージ   ホームページはhttp://homepage2.nifty.com/fp-money/

by yoshi-aki2006

<   2007年 05月 ( 43 )   > この月の画像一覧

ひよこのお昼ねプリン

12時出発3時10分仕事場戻り。
競歩のように歩きまくって七ヶ所制覇!
全ての所用を済ましてまた、最速原稿打ちスタート。
途中で「お腹減ったなあ・・・」と何度もランチの誘惑を感じたが、
途中で休むと絶対、今日中にしなくてはならない用事を済ますことはできない。
で、鬼のように歩き、電車を乗り継いで、七ヵ所に立ち寄り用事を済ませる。
さすがに終盤、「しんどい~」と感じ、有楽町「北海道館」で夕張メロンのソフトクリームを食べる。甘いものは吸収がよく、疲れがすっと消える。

せっかく北海道館に来たのだ。
何かもっと買って帰ろう!
かごに入れたのはひよこのお昼ねプリン

久しぶりにこんなおいしいプリンを食べたなあ。
オススメです。
ソフトクリームは食べるは、プリンと出会うわ、道で見つけたペットショップでケースに入れられ新しい飼い主を待つブランド子猫数匹と遊びまくるわ、七ヵ所行事めぐりとあわせて今日は充実した外遊だった。
さて!
原稿締め切りの内憂を早く解決しなければ~。
夜は親しい人の送別会にうまいものを食べに行くのだ~。
仕事ブイブイ、お腹はグーグー。
原稿に全力突入でGO!
by yoshi-aki2006 | 2007-05-31 16:01 | アンテナ | Comments(0)

ああ、野麦峠!

未明に起きて書き仕事。今日は7本の原稿を仕上げて出さなければならない。
いずれも印刷の時間から絶対に時間までに納品する必要がある。

ああ、野麦峠!
機織のようにキーボードを打ちながら、
24時間かちかちに詰まった己が現状を考える。
正直、こんな締め切りラッシュから逃れたい。
出かける用事も山とある。
公的機関のあいている時間にやらなければならないことが一杯なのだ。
しかし、原稿と格闘。
しかも銘柄出しの場合は当てなければならない。

そして、出張だ。
髪の毛をいい加減切りにいきたい。
が、その時間を確保するのは難しい。
忙しいからといって電話も応対は丁寧にしないと人間関係に響く。

とかなんとか言っちゃって、段取りよく仕事していれぱここまでドミノ倒しに仕事が重なることはなかろうに。いや、そうでもないか。飛び込み仕事、突然発生する指名仕事を請けちゃってるからなあ。

ああ、野麦峠。峠を越えれば眠れるのか?
まあ、いいや。なるようになる!
驀進あるのみ。火事場のバカ力よ出て来い!
by yoshi-aki2006 | 2007-05-31 04:27 | ビジネス | Comments(4)
仕事のオファーをいただく。
「決定!」と手帳に書く。

と?

よりにもよって全く同じ日に別の会社さんがオファーを入れてくださる。
あーあ、
どうしてかち合うのだろう? 前後の日なら空いているのに。

こういうときは一応、先着順だ。後から来た仕事がかなり条件がよくても、先に決まったほうが優先。市場原理で行くわけである。
これを無理無理ひっくり返すと信用をなくし、その後、仕事が来なくなる。そんなもんだよ、ビジネスは。
しかし、一応は伺ってみる。
「日程、完全にフィックスですか? もう、動かすの難しいですよね?」と。
「いーよ」
そういわれることはまずない。
「やっぱ、ダメですよね。はい、了解しました」
と引き下がる。
それにしても第六感は働く。
月曜日と木曜日。候補日でどっちがいいですか? と聞かれる。
本当は月曜日にしておくに越したことはない。たいてい、木曜日のオファーのほうが多いからだ。が、月曜日は突発的なことが起こりやすい。第一自分も含め、誰しもが忙しい。月曜日からセミナーを聞くのは大変だ。入りを考えるとどうしても無難な木曜日を選びたくなる。
たまたま、最近の月曜仕事でものすごく忙しい目をしてちょっとしたしくじりがあり、それがトラウマになっていることの心理的回避の気持も働いている。

第六感は月曜日にしておけよ、かち合わないのは月曜日だよ、としきりとささやくのに。
計算しすぎて木曜日にしてしまう。いや、弱い気持が木曜日を選ばせる。

すると後でのオファーはたいてい木曜日を指定して来られる。バカだね。月曜日から埋めていけばいいものを。
そういうもんだよ、ビジネスは。ついでに勝負はこういうもんだよ。弱い気持での選択は勝負の神様に読まれてる。

体は二つない。優先順位で先にオファーをいただいたところからやらせていただく。
それにしてもどうしてかち合うの?
そんなして決まった日程がNGになった日にゃぁ、ホント大凶御籤でも引いた気分ですぞよ。
が、モノは考えよう・・・としぶとい私は考える。
その日、飛行機に乗ってたら落ちたかも知れないと。
by yoshi-aki2006 | 2007-05-30 16:32 | ビジネス | Comments(2)

バカになる仕事のやり方

できるだけエスカレーターに乗らない。階段を上り下りするように心がけている。
理由は無自覚に目的地に着くことは頭に悪い影響を及ぼすと思うからだ。

これに慣れたら、断るべき仕事を明確にしたいと思っている。
突然、畑違いの急がされ仕事を面識もない人、人間関係のない人から依頼されることがある。
それに必死で対応していると他の大事な仕事に多大な影響が出る。
体や頭に無理がきくときは欲も手伝ってみんな引き受けた。
が、もはやそういう年齢ではない。
断るべきは断らないと、本当に大事な仕事の質が落ちる。


相手のローテーション消化のための一歯車みたいな仕事はやらないに越したことはない。

今は出張で海外に一泊して戻るようなセミナーも控え、体と頭を大事にしないといけない。

タダメシ食いとエスカレーター式の仕事のやり方は死の病ほど恐ろしい。
人間を根本から腐らせていく。
戒めなければ・・・・。
by yoshi-aki2006 | 2007-05-30 08:11 | ビジネス | Comments(0)

いってみたい場所 1

私の祖先がいたお城。
それが

筑前秋月城
だ。

母方祖先はこの城で槍の名手だったそうな。
無血開城した後、祖先は島根県浜田・長浜の地に領地を得て旅籠、回船問屋、酒造、両替商をしていたという。その住居は今、郷土博物館になっているという。親戚は見に行ってきたというが私は一度もいったことがない。

時間を作って、先祖のいた場所をたずねたいものだ。
by yoshi-aki2006 | 2007-05-29 23:55 | アンテナ | Comments(0)
今回で3回目だ。つり銭で納得いかない事件。
一回目は500円玉と100円玉を相手が間違い、「あのー、足りないんですが」といわれたのだ。

相手はカウンターからお金を回収しており、「アッ、違うなあ」と思ったけれど
証拠がないし、こちらの勘違いもあるかもしれない。
仕方なく、お金を足した。

二回目はものすごく混雑している店で、コーヒーを買って、お釣りを待っていると、
「渡しました」という。うそー、もらってない。そう思ったけど、ま、数百円のことだし、目くじら立てるのも並んでいる後ろの人に悪いかなと思って、引き下がった。

そして、今日だ。
ドラッグストアーにてなにやらかにやら買おうとすると、レジの男性が「そっちのほうがお得ですよ」といろいろセールスしてくる。欲しかったブランドとは違うので躊躇していると、また、セールストークが始まったので「ええい、じゃあ、両方買うね」と一万円札を出した。すると「まず、5000円」と5000円札の釣りをくれた。その後、455円の端数の小銭の釣りを待っていると、「ポイントカードを持っていますか」といわれる。出してポイントをつけてもらって、レシートをもらった。
で、「お釣り下さる?」と聞くと「え、渡しましたよ」という。そんなわけはない。財布には五円玉がない。ということはお釣りをもらっていないのだ。が、レシートはポイントを付け直したときに打ち直し、4545円現金となっていて、釣りはゼロと表示されている。
現代版トキそばかなあ・・・と非常に怪しんだが、「サービスだ」といって試供品を放り込まれる。ま、いーか、455円くらい?
キツネにつままれたような、腑に落ちない気持のまま、店を出た。
善人の間違いか?
それとも故意にしているのか?
気持のよいレジでは「はい、いくらいくらお預かりしました。まず大きいほう、これこれ。そして小さいほうこれこれ」と間髪おかず釣りを出してくれる。
怪しいレジ。
外国旅行の時、ある免税店で日本人がレシートを見ない、外貨をちゃんと確認しないのをいいことにつり銭をごまかしているレジ担当がいた。レジ打ちと袋詰めの人が連携している風だった。
「ちょっと、釣りが足りないよ」とクレームをつけたら、待たせ待たせた挙句、足りない分をほうって寄越した。しかも、一回目も足りない、2回目も足りない。三回目の投げ銭でやっともらうべきつり銭に達するという有様。

日本もそうなってきたのかな? 一日何度かそうして掠めているのかな?
しっかりモノの奥さんに話たら、「きっちり出すか、声を上げて、ハイ、一万円だからお釣りは××くださいね、ということよ」と教えられた。
万円札から崩していく。その横着さを戒めた一日だった。
それにしても・・・。
もしも故意なら? よほどお人良しというかぼんやりした人、アホに見えたんだな。

よく見知らぬ人に道を聞かれるが、そのときはとっつきやすいのかな、とまんざらでもないが現代版トキそばの被害にあうのはうれしくないよ~。
by yoshi-aki2006 | 2007-05-29 01:32 | マネー | Comments(8)

格差付き景気回復実感

ウェスティンホテルのラウンジにて面談。
少し早く着き、メニューをしげしげ見てびっくり!
載っている金額に唖然。今まで人にご馳走してもらっていたことを深く反省した。
何、この値段!
ちょっと年代モノのブランデーだと一杯3600円だよー。
といいつつ、ドライシェリーをば一杯。
それにしても何、この混みかた。
こんな高い値段なのに、皆様、領収書族ではあらっしゃりませんのよ。
で、ぶらぶら歩くとどうよ。
ベントレーだし、ベンツだし、サーブだし。
しかも新車だよ~。しかもあの色のベントレーは特注品だよねー。
何この金持ち車のオンパレードは。
景気がいいんだわー。
あるとこにはあるんだわー。

と、女性がバスみたいに長い車を運転している。
収入が月に10万円ちょっとしかないと嘆く人もたくさんいるのに、富は偏在している。
格差付き景気回復の姿を見て、アメリカ以上に差は広がっていると感じる今日この頃です。
by yoshi-aki2006 | 2007-05-28 13:36 | 事象観察 | Comments(2)

ウエストが細くなった!

一日一つ、何かを喜ぶことにして数日・・・。
最近のもっぱらの喜びはウエストだ。
ついに63センチを切りつつあり、大いなる喜びである~!

筋腫が大きくなっていくにつれ、私のウエストは「ずんどう」という名に呼び名を変えたほうがよい状態になっていた。

ところがめきめき筋腫治療薬が効いて、今では腹のせり出し解消!
筋腫の縮み度と平行してウエスト復活。
以前はなにげに68センチくらいあったのに、今はもうすぐ50センチ台に届きそうだ。

また、胃が納まるべき位置に戻れたために非常に幸せな空腹感を覚える。

以前は筋腫に圧迫されて胃が相当持ち上げられていて、食欲がなく、何を食べてもおいしく感じられなかった。

わーい! うれしいぞー。

加えて貧血の改善とともにどこまでも歩ける体をとりもどした。
以前は歩くことさえ辛かった。ヘモグロビンの値が5という多臓器不全で心停止になってもおかしくない数値で日常生活を送っていたのだ。

しかし、治療薬の副作用でちょっとボーっとはする。バーチャルパーさん状態になっているので、もう料理を作る燃えるような意欲は感じられないし、サッカーくじの行列にも射幸心が後退して興味がわかない。

これは困るがま、あと半年の辛抱だ。半年なんかあつという間だ。
ついでにいえば、パーチャルではなくホンマもんのバーさんになるのもあつという間のことだろう。

もう何も怖いものなどあるものかーーーといいつつ、果てしない食欲を謳歌する私。
この姿、端から見ると、いや本人にしてもちょっと怖いかも~
by yoshi-aki2006 | 2007-05-28 10:54 | ボディ | Comments(0)
今週はイーウーマンて゜サーベイを担当します。

テーマは「決算書読めますか?」

順位やイエス、ノーの数字は順次入れ替わるのですが、今のところ「読めません」が圧倒的に多いです。
私も今の仕事でなければスルーしていたかも。
でも、読めたほうがいいですよね。
一週間イーウーマンでご一緒に勉強しましょう!

投稿よろしくでーす。
by yoshi-aki2006 | 2007-05-26 22:02 | お知らせ | Comments(0)
マネー関係の人々の中にはタイプがある。

成功した自分のノウハウを人に公開、提供する人。
取材したことを中心に提供し、自分の運用はしない人。

もちろん例外はある。

運用していないといいつつ、実は運用している人。
運用しているといいつつ、実は運用していない人。

また、専門家といえど大失敗もする。

引退したくても借金があるので引退できない人もいる。
亡くなった方の奥さんがその整理に明け暮れるケースもある。

さて、私の場合はどうか?
実験工房の意味でいろんなファンドを組んで「やってみている」
そして有効なものを人にご提案している。
カレンダー投資法もオートマリッチ投資法も実験して成功したマネー運用モデルだ。
誰がやっても大きな失敗をしにくい投資モデルなら講演会でお話してもいいのではないかと考える。

社長会などでお話しするとカレンダー投資法はすぐ理解していただける。彼らはル-ティンワークの大変さをよくお分かりだからだろう。

一発狙いの運用が好きな方はカレンダー投資法のように3~12銘柄そろえて持つという発想には気分がのらないようである。
こういうかたも確かにいる。
さて、私が目下、実験しているAちゃんファンド。Aちゃんというのは私の大先輩の愛称。Aちゃんファンドから学んだノウハウを佳子流にアレンジしていずれ全面的に公開させていただこうと思っているが、このファンド、目下のところ日経平均株価が下落すると2%以上の値幅が取れる。逆行高する銘柄選定をしているからだ。

そうした銘柄の選定法を過去、5地区でお話したが、アンケートを拝見すると理解できないかたの比率がまだまだあってそれが課題だと思っている。
しかし、理解した人は既に儲けていると思う(想像だけど)

明日の講演会ではAちゃんファンドの現在の研究報告も兼ねたいと考えています。
銀座です。
わたしの出番は2時15分ですが、クラッカーズさんのセミナーは13時からです
お申し込みは締め切りましたが、広い会場なのでお席に多少の余裕はあると思います。
詳細はここをご覧くださいね
是非、ご来場くださいませ。お待ちしております!
by yoshi-aki2006 | 2007-05-25 15:08 | マネー | Comments(5)