<   2007年 07月 ( 43 )   > この月の画像一覧

 

迷い?遊び?カラスの地下街散歩

f0073848_9383068.jpg


30日午前9時台が満月。そして自民大敗の選挙開けの月曜日。ニューヨークは週末安値引け。台風接近。

こんな日は人心もいろいろなバイヤスがかかって、ネガティブな情報に神経質になりがち。この日、都営地下鉄が事故で動かないので、別のルートででばろう、と歩いていたら職員さん(青いズボンの方がそう。どこの?かな)の男性がカラスに「さあ、行こう! あっち」と優しく話しかけているんです。

通りすがりのみんなも「そうだよ、あっち!」とカラスに教えるんです。
「かわいいー」といいながら、通り過ぎるお嬢さんたちも。

カラスは賢いから、たぶん、迷ったわけでなく地下街に遊びに来たんだと思いますが、みんなに言われて、「はーい、じゃ、ご厚意を無にしないように外にでまーす」といわんばかりに階段を上がっていきました。

よかった、よかった!
協力隊の皆さん、お疲れ様でした。
心優しく誘導した職員さんも素敵でした!

by yoshi-aki2006 | 2007-07-31 09:38 | 事象観察 | Comments(0)  

選挙に行こう!

講演で出張を控えているのですが、投票所は7時からあいているのでひとっ走り、投票してきました。
戦争に自分も加担したくないし、知り合いや家族が戦地に行くのはいや。
まず、正直に自分が思うことを実行してくれそうな人に。

次に国際的に丁々発止とやってくれる党はどこ?
これは今の政権ですら難しいことだから、野党にはもっと難しいと思います。
が、しかし。選挙にいったことがないと公言しているアホな候補にはいかになんでも投票するのははばかられ・・・。
良心を感じる政党と候補者に的を絞りました。
団塊退職で選挙に参加する人の層も大きく変わりそう。

さて! どうなることか見守りましょう!

by yoshi-aki2006 | 2007-07-29 08:44 | ライフスタイル | Comments(2)  

今週はイーウーマンサーベイ担当

今週はイーウーマンのサーベイランスキャスターを担当します。

奮ってご意見をお寄せくださいね!

by yoshi-aki2006 | 2007-07-29 06:29 | お知らせ | Comments(0)  

株上手の運用下手、株下手の運用上手

クイズをば。
株上手の運用下手、株下手の運用上手。
さて、どっちが資産を残せるか?

例えば、株を当てモノみたいに上手に当てている場合でもトータルにお金を上手に増やしているかどうかは怪しい。プロセスでリッチでもどこかで何千万円もやられている人が結構いるからだ。

しかし、株が下手でも運用がうまくいっている場合もある。

一億円を株で運用し、東証1部上場株の平均配当利回り1%に回せたら年手取り配当は90万円。2%なら180万円で月額10万円以上の配当リッチだ。

一方、1億円を日経平均騰落率程度に運用していた場合、お金はさして増えていない。
特に1989年12月以降、16年近くの右肩下がりで、資金を大きく減らした人も多い。


ちなみに長期国債の利回りは目下1.9%どころ。国債の利回り以下の配当しか得られておらず、かつ10年間に大きく資産を減らしている人は自分のお金運用の対象として本当に株がいいのか、よくよく考えてみるべきだろう。


ところで、ほとんどのインテリは株が下手だと思う。
そういう自覚があれば利息か配当をもらうことに徹する投資で大損しない工夫を凝らしたほうがいいってことも一考の余地がある。

by yoshi-aki2006 | 2007-07-28 22:40 | マネー | Comments(0)  

7月29日は名古屋で基調講演です!

7月29日(日) 名古屋 栄 東急イン 無料 13:30-16:30
       基調講演 木村 佳子
       個人投資家向けIR説明会

by yoshi-aki2006 | 2007-07-27 14:08 | お知らせ | Comments(2)  

男の嫉妬 女の嫉妬

男の嫉妬と女の嫉妬。どっちがどうか?
「女の嫉妬なんて可愛いもんだよ。男の嫉妬のほうがすざまじい」
時にそんな話を耳にする。
実際、男社会で男の嫉妬を見る機会もあり、「なるほど、なるほど」と思う。

男が女に嫉妬するケースもある。
「あいつ、女の癖になんだよ(俺より稼ぎやがって、とか、俺よりエラソーに)」と。
こういうのを女の腐ったような男というのだろうか?
女の持つパワーにものすごいコンプレックスを感じるってどういう男だろうと考えさせられる。

今、大統領候補としてがんばっているヒラリー・クリントンさんは賢すぎてエラソーに見えてしまうのが悩みだそうで、男からも女からも敬遠される傾向があるという。
私は彼女を表出している情報だけでしか知らないけれど、好感を持ってみているけどネ。ちなみにコンドリーサ・ライスさんも好き。

その点、オバマ議員は気さくそうだし、ひょろひょろっとして絶妙なオトボケ感が人心をくすぐる。
こういう人は男からも女からも嫉妬されにくいタイプだろう。目下、大統領の有力候補者なのだそうだ。

私は男っぽい声だし、顔も男顔で、女の人から嫉妬されるいわれはないと思うが、時々、「あ、この人、嫉妬深い人だなー」と感じる一瞬に遭遇することがある。
どういうときにそれを感じるかというと、「どんな家にお住まいですか? 駅から何分? マンションなら何階建ての何平米?」と聞く女性。
それと自分の年齢を先にいい、「木村さんは×歳?」と結構な年嵩にこちらを一方的に断定するときだ。相手を絶対に若く見てあげたくないという心理がこうした発言のウラにはあるんだろうと思う。

人がどんな家に住んでいるかを自分の尺度でランク付けして、勝手に勝った負けたと決めている。
自分の年齢をいうのはまだしも、相手を年嵩に言うのは、「いい年のあなたに負けているのは許せるわよ」という心理からだろうか? ということは同じ年や年下なら許せないくらい嫉妬してしまうということだろうか?
その飢餓感は豊かさとは対極のもの。そんな気がする。

選挙間じかな日本の議員同士もくだらないことで足の引っ張り合いをしているようだ。
私たちの払っている税金をサラリーにしている議員さんたち。ちゃんと選びたいものである。

by yoshi-aki2006 | 2007-07-27 10:16 | 人間考察 | Comments(2)  

適切な資産運用情報の伝えかた

昨日の講演会では任天堂の簡単な企業分析をさせていただいた。
任天堂は日本テクニカルアナリスト協会2006年アンケートにおいて運用パフォーマンス1位表彰を受けた私の思い入れ銘柄。

投資家なら誰でも、銘柄一覧をインデックスで拡げると、「コレだよ」とピカッと光って見える銘柄があると思う。私にとって任天堂はそうした銘柄だった。

さて、任天堂はこの五年の間に純利益が10倍に膨らんでいる。株価パフォーマンスを創出するのはこうしたとてつもない業績変動によるところが大きい。

人は正直にパフォーマンスのよいものに惹かれていく。
しかし、プロの中には「今から買うのは危険」と警鐘を鳴らす人もいる。
高値には違いないので警鐘には耳を傾けるべきではある。
私ももし、一期一会のお客様が買うとおっしゃったら、「まだ上がるとは思いますがどこが天井かはだれにも分らないので売り場は難しいですよ」という。

が、私はこうした警鐘を発することに非常に考えさせられることがある。
投信のグローバルソブリンに警鐘を鳴らし続けた一部のマネーマスコミについて考えさせられるのとおなじように。
一部のマネーマスコミは10年近く前から、グロソブについて「危ない」「円高になったらどうする」「経費が損だ」と警鐘を鳴らし続ける。
ちなみにFXについても同様の警鐘が鳴らされている。

しかし、一般論としてのリスクを声高に言うだけではかえって混乱させるだけではないかという気がする。
突き詰めれば投資商品には全てリスク(変動)がつきもので、リスクのないものはないといって過言ではない。
ただ、危ない危ないというだけでは、相手の共感を得られない。かえって不満につながるのではないかと思う。
適切な資産運用情報をよくよく伝えられるようになりたいものだ。

by yoshi-aki2006 | 2007-07-27 09:14 | シンキング | Comments(0)  

人情に触れる

飛行機で移動中、窓から太陽光が私の後頭部を直射。
あつ~い! 思わず、手を伸ばして後方の窓をぴしゃッと閉め、その後、爆睡してしまった。が、降りるにあたり、後ろの人はさぞ、びっくりしたろうと気がつく。深く反省。即行動!

くるりん、と身を回して「大変済みませんでした!! 急に窓を閉めてしまってびっくりされたでしょう?」と後部座席のお客様に詫びを入れる。

すると、「よかよか! 気にせんでよか」と気持ちよく許していただけた。
そして、「あ、この人は話せば通じる人」と認知していただけたようで、飛行機から降りるまで、何かと親切にしていただいた。

福岡に着き、お寿司屋さんでランチ。すると板前さんが水槽の魚について「毎日餌をやっていて三センチも大きくなった。可愛くて仕方なかけん、お客さんが料理してといわれても断る」と照れくさそうに教えてくれた。こういう話をしてくれる人がいると本当にうれしい。

また、講演会場ではせっかく話が佳境に入っている最中、最前列のおじいさんが立ち上がって徘徊?????

「どうかなさいましたか?」と満場のお客様のいらっしゃる会場で思わず伺うと、
「いやー、わしゃ帰りますわ」とおっしゃる。
わー、つまんなかったのかなあ??? とすッごく気にしていたら
「クーラーが寒くていられない」とのこと。伺ってみてよかったと思った。

どんなお客様にも、どんなシュチュエーションでも心からお話をうかがってみる。相手の立場にたって、考えてみる。そして仕事をひとつひとつかっちり進めていく・・・・。

あたりまえのことを一生懸命まっすぐにやっていこうと思い新たに今日も一日無事に済みました~。感謝!
スタッフのお嬢さんから「行列のできるまんじゅうやさんで買って来ました」とおいしいお菓子の差し入れを頂戴する。
こうした人の人情にも感謝で一杯だ。ありがとう!

by yoshi-aki2006 | 2007-07-26 22:00 | 感謝 | Comments(0)  

リアリストの経済人 中原伸之先生

先日、お話をうかがう機会に恵まれましたが、大変立派な経済人でいらっしゃいます。
特に経営者として4期8年の実績をお持ちなだけに、論旨明快、地に足がついた経済論がともすれば偏向しがちなオタク・アナリストの目を覚まさせてくださいます。

中原伸之先生のインタビューが見られるサイトを見つけました


※サイトのURLを貼り付けるのを忘れていました。今、貼り付けましたから飛んでいけると思います。

by yoshi-aki2006 | 2007-07-25 22:22 | マネー | Comments(14)  

変調の兆しあり

このブログでも紹介したが
6月末に野村総研の芳賀沼千里さんが「変調の兆しあり!」という主旨の基調講演をされた。
「変調」ということは「株は調整するよ」ということであり、それを耳のいい人は聞き分けているわけだ。そして、行動できる人はすぐ対策を打ったはずだ。
一方、「ふーん」と聞いて、事が起こってから慌てる人もいる。
後者が「大衆」というか「普通の人」、つまり「人並み」である。

「人並み」ではいつも混雑したバスに揺られていくことになる。

人よりちょっとだけ早く電車に乗ればいつも空いた車内で悠々と目的地に着ける・・・・。

分っちゃいるけど????

by yoshi-aki2006 | 2007-07-25 09:36 | マネー | Comments(2)