<   2010年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

桜道

千鳥が淵の満開に近い桜を見て、夜桜を前菜にディナーで桜づいて今日は桜トンネルを抜け、打ち合わせに。
まだ、こちらは六分咲きかなー。
f0073848_2323684.jpg

f0073848_2331010.jpg

歩いて歩いてもっともっと春を見つけました。
f0073848_2335845.jpg
f0073848_2341344.jpg

f0073848_23195829.jpg

ここに来るとなんだかハリーポッターの世界みたい・・・・。
f0073848_2345821.jpg

100均で万歩計を見つけて
f0073848_2371890.jpg

帰り道を測定。×2だから、5000歩なのね。一万歩が目標なんだけど、明日から二駅くらいは歩かないとね。

by yoshi-aki2006 | 2010-03-31 23:08 | アンテナ | Comments(0)  

知力 気力 体力

久しぶりに鈴木敬子さんのフラメンコを見に行く。
もちろん、一つ一つの演目の完成度は非常に高いのだけど、その中にもはっとするようなすばらしい場面が多々あり、人の生き方にメッセージを与えてくれる。
駆けつけて観にいって本当によかったと思った。
アーティストとしてすばらしい。

踊れてしゃべれて教えて経営もできるのだから、ビジネスウーマンとしてもすばらしい。

知力、気力、体力。

私も巻き巻きでシャンとしなきゃな! と改めて気持ちを引き締めた。
追記
カデーナフラメンカでは 体験レッスンが受けられます。

知力といえば、私が通っていた大学院とは別の大学院の先生と長い時間、お話できる機会に恵まれ、ご講義をライブで受けられているような貴重な体験をした。

ちょうど修士論文で研究したところと近い領域の話題だったので、とても参考になった。
話題の本、テーマなどワクワクの知的探求時間だった。

大学の先生に共通するのはどの先生もものすごい記憶力と変遷の歴史コンテクストのご説明がわかりやすいことだ。私などは修士論文で散々アプローチしたところも今、数字や年月はおぼろげながら覚えている体たらく。

やはり学問の府にいらっしゃる先生方は知力の鍛え方が違うんだな・・・・とここでも緩んでいるわが知力にカツ!

やることがたくさんあるなあ!
ボーっとしてられないよ~。といいつつ、花見に繰り出すイベントだらけ。遊びだけはいわれなくても巻き巻きで押せ押せイケイケ。
我ながら「何とかなんないか~!」と思いますが、よく遊び、よく働くに結び付けていこう~っとオチをつけてみる006.gif

さて、今週はイーウーマンで円卓会議の議長を務めさせていただいています。ぜひ、閲覧、ご投稿をお願いします~!

by yoshi-aki2006 | 2010-03-30 08:54 | アンテナ | Comments(0)  

3つのびっくり!

大学院在校中も仲間から聞いていたが、部下がMBAを取得しに行っていると、
思い切り、仕事を与えて邪魔する上司がいるらしい。
でも、「俺も行く」と学びに来る上司もいるから、上司運は大きいなあ。

また、MBAを取得し、大学院を卒業したらしたで、
リトマス試験紙に意外な人が発色する。

旧帝大卒でものすごく頭がよく、立派な分別盛りのおじいさんに近いおじさんでも
「ふん! 音沙汰ないから、落第したのかと思ったよ」と会うなり打ち込んでくるイヤミさんがいる。

「へーーーーっ!  妬いてるんだ???」とびっくり! その人とのかかわりを思い出してみると、今まで見えていなかった部分が見えてきて、なるほど、なるほど。この人が何故、出世しなかったか、わかる気がする。

反対に「おめでとう、よくがんばったねー」と両手を広げてくれる人もいる。
本当に大切にしたい人がこれほどはっきりわかる瞬間はない。人間ドックの結果や入退院、葬式、資格取得、卒業、昇進時の人の様子がその人を語る。
「これも人の姿」「まねしたい姿か真似したくない姿か」と自分も問われるのだけれど。

これが1つ目のびっくり。

2つ目のびっくりは半年振りで知り合いにあったのだが、わずか半年見ない間に、こんなにもBABA度が進んでしまうのかと華麗なる加齢進行におののく!
もちろん、向こうも「わー、老けたなー」と私を見て思っている。
半年で老けは容赦なく進む!

3つ目のびっくりはNHKの「人体製造」
幹細胞を注入すれば臓器も肌も再生される。
医者友達から聞いていたけれど、あと10年もしたら症例も集まるし、もっとカジュアルな治療方法になっているだろうなと確信。
値段も医者友達から聞いていた300万円でなく、50万円くらいで施術してもらえるだろう。
そうすりゃ、憧れのコカコーラボトル体型にもなれる!
長生すべし!
覚悟して年をとり、不死鳥のように幹細胞でよみがえる。
わーい!

さて、夢の再生医療で見た目年齢は変えられる可能性があるとしても、意地悪ジーさん、バーさんマインドは自分で治療するほかない。

成長が止まると人は人の成長を阻止したくなる。
それこそが老化なのだが、怖いことに自分ではそのことがわからない。
いつまでもみずみずしい心でいるために、嫉妬深い老人を反面教師に成長し続けよう。
まだまだ、まだまだ、挑戦だ!

by yoshi-aki2006 | 2010-03-29 02:16 | アンテナ | Comments(0)  

パン半額に思わず・・・・!

帰り道、いつも定価で買っているパン屋さんの前に人だかりができている。
また、限定物の行列かな? 
やり過ごそうとして、

販売員さんの「パン半額、全品半額!」の声に耳ダンボ。
パンが半額!
えっ? ホント?

磁石のように吸い寄せられ、気がつけば行列の末尾の人に。

みんな手に手にパンを持っているのに私はただ、並んでいるだけ。
それじゃ、単なるアホじゃん、思いと行動の不一致というか不備に気がつく。
買わなきゃお得感は絵に描いた餅。
みんなと同じように何か選ばねばと、パンの陳列棚を見る。

ミートパン。うーん、肥りそうだ~。
カツパン。うまそうだけど、同じくの理由で却下。
えびカツ。同じく却下。
サンドイッチ。夜食で食べるとまた肥る。

明日の朝用に豆パン。と、思うまに三人前の人にゲットされる。

やっと私の番になり、食パンを買い込む。半額というのはやっぱりすごくて、帰り道、えらく得した気分になり、このパン安売りタイムの時刻を覚えておこうとほくそえむ。

思いは広がり、雨の中をスキップ(単純な奴だ、私は)

どうやら毎日、こういうイベントがあるようだ。
ならば夜ジョギング・半額パンゲットコースというのを自己トレーニングとして定番化しようかな。
定価で何も専門店で買うことないじゃん?

しかし、生産管理をきちんとすれば定価でソールドアウトできるのにといつしか経営課題に思いは飛んで、
安売りや廃棄のコストを考える。

さらにメタボ対策のためにこの店舗まで競歩で歩く脂肪燃焼効果と安売りパンのゲットによる家計費効果、時間コストの計算をしてみる。

ところで、買ったパンをどうするか?

食べれば肥る。肥りたくなければ食べない。食べないなら買わない。買わないなら店舗に行かない。
行かないなら歩かない。歩かないと肥る。

食パン、メビウスの帯。

何でもいいけど腹のメタボの帯よ、解けてくれ!

by yoshi-aki2006 | 2010-03-24 22:37 | アンテナ | Comments(0)  

探し物はナンですか?

以前、企業調査の先生から聞いたことがある。

伸びない会社の特徴は整理整頓が行き届いていない。
だから、ねんがら年中探し物をしている。
実際に社員がちゃんと働いている時間は、すごく短いんだよ。
効率が悪いよね。
だから会社は儲からないんだ。

あら、そうなの。

そりゃそうだわね。
でも、そんな馬鹿な会社ってあるのかしら?
第一、社員がそんな状態でよく、社長が許しているよね、って
私は思ったもんでした。

しかし、実のところ、それって私のことだ!
最近、そのことに気がついた。

今日もマツキヨで買ってきたサプリがない。
最近、毎日肥っていくようで、その理由を栄養のバランスが悪いと結論づけた私。
サプリで補填しようといろいろ買ってきたのだ。

その袋が忽然と見当たらない。

朝、「10時半までおかたずけとともに探そう」と決意する。

しかし、11時になっても、13時になっても見つからない。部屋はちよっとかたずいたが、袋がない。

どこかに置き忘れて部屋にはない。
ごみと間違えて捨てた。
そもそも買ったことは幻想だった。

3つの仮説を立てて、昼ごはんを食べながら検討する。

いや、絶対に見た。私は見た。
この部屋で見た! とスタンディング。
またぞろ探す。

ようやく、見つけた!
紙袋の中にあった!
時刻は14時だ。
原稿を書かねば!

しかし、こんなことを2日に一回はしている。
ある日はペンダントを探し、ある日は靴を
ある日はカットソーを。
そして、ある日はカード、さっきは挟みだ。

稼働率の悪いうちの会社。
決算が怖いよ。
その割りに労働分配率が高すぎ?

社長の顔を観てみたい(私だ!)
今月中にかたずけよう!!

by yoshi-aki2006 | 2010-03-23 23:53 | ライフスタイル | Comments(0)  

レジデンシャル・ライフ 価値ある生活空間

都心から私鉄に乗ること10数分。
木々の間を歩いていくと・・・
f0073848_139633.jpg

突然、ボストンの街に似た閑静なレジデンス群が・・・
f0073848_13102893.jpg

コンセルジュハウスがあり、パーティ会場に案内してもらうと
f0073848_13112351.jpg

素敵なパーティ会場に。私は誰も思いつかないかもとお花を持って会場に・・・・。
花瓶は持参しました。
f0073848_13124554.jpg

これで駅から四分。一つのレジデンスに多分10所帯くらいのゆったりスペース。鳥が水を飲みに来る水場もあります。地価は下がっても価値ある生活空間が次々と提案されています。タワーでなく低層マンションもいいですね。
f0073848_13151853.jpg

楽しい大学院の仲間とのパーティでした。

by yoshi-aki2006 | 2010-03-21 13:15 | アンテナ | Comments(2)  

どこもかしこもアジア人の観光客だらけ!

私の住まい近辺のスーパーは韓国や台湾、タイ、マレーシアの観光客が多いですね。ホテルが近いからかもしれません。渋谷に出るともっと観光客の人口比率は高まります。

銀座もそう。

彼女たちはヘアカラーやホネケーキをたくさん購入しています。
資生堂はアジアで
ブランドが際立っているんでしょうね。
雪肌精も買っていますね。コーセーですね。

私たちが欧米に観光に繰り出したときは現地から必ずしも好意的とばかりはいえない対応をされたケースもあったと思いますが、今まさに受け入れ側としてアジアの観光客のかたに対する感情がそう。

彼らたちは私たちが海外でそうであるのと同じように、限られた時間で買い物などをしなければいけないため殺気立っています。その勢い、その熱さにびっくり、ややげんなりしてしまう。

私たちも海外ではそうであることが多いのだけど。

もっとゆったりとした旅をしてほしいな、と思いつつ、殺気立つ買い物になってしまうほどかの国々では休みが少なく、仕事が忙しい状態があればこそ、日本に買い物に来られるわけで、
しばらくはアジアの人々の一心不乱の買い物ツアーを遠巻きにほほえんで見るとしますか。

by yoshi-aki2006 | 2010-03-20 10:53 | アンテナ | Comments(0)  

ツイッター始めました!

まだ使い方初心者なのですがツイッター始めました!

ここがアドレスです

即攻でレスする方法などはおいおい身に着けて行きたいと思いますので、詳しい方、どんどん教えてくださいね029.gif

by yoshi-aki2006 | 2010-03-18 21:30 | アンテナ | Comments(0)  

新たな春 2

修士論文を書かなければならないときにいろいろな職務の用事で心身の労と時間を吸い取られてしまい、「何で勉強に集中したいときに物事は足を引っ張るのかな・・・」と思う日々もありましたが、こうして無事に大学院を出る日を迎えられました。

学長様がご登壇され、送る言葉をお話くださっている中に「当大学院には木村佳子さんが学ばれ・・・」といってくださったのですが、そのまさにそのどんぴしゃのタイミングでマナーにし忘れた携帯が鳴るという、最後の最後まで、「世の中の仕組みとはそういうもんだよ、だから万端整えてことに当たらねば」という教訓を学ぶことになりました。
あとで学友からは「木村さん、最後の最後も、やってくれちゃったね(爆笑)」とからかわれるし・・・(は・ん・せ・い・しきりです 汗)

院では様々な人と知り合いました。

こつこつと研究を積み重ねていた人。
ガッツリどんなことをしても勝ちに来る人。
ほんのりいい味の人。
仕事回しのうまい人。
緻密に静かに目的にアプローチしていく人。

執行役員で次に役員王手の経営のど真ん中にいる人。
どうもこの会社、この仕事ではないと想いながら門をたたく人。

社会人大学院にはいろいろな人がいて、それぞれの課題をそれなりに消化し旅立っていきます。

この日を迎えられたのはブログや講演会や雑誌、勉強会でお会いした皆々様、編集者や取引先の皆様、友人、家族のおかげです。

そして健康な体にしてくださった二人の忘れられないドクターに心から感謝したいと思います。
いただいたエネルギーを社会に還元できるようこれからも邁進してまいります!
よろしくご支援、ご指導のほどお願いいたします!

f0073848_10435129.jpg

撮影 ピクチャーコレクション(西麻布スタジオ)

by yoshi-aki2006 | 2010-03-18 10:49 | 生きる力 | Comments(4)  

新たな春

大学院の卒業式です。

f0073848_18275124.jpg


入学したときは33名の仲間がいました。
しかし、国内外の転勤で数名のかたが退学や休学を余儀なくされ、業務多忙に付き復学のメドがつかない仲間も数名・・・・・。
修士論文が間に合わず半期卒業を延ばした方も何人か・・・。

その結果、卒業式を迎えたのは18名。

さらに博士課程となると同期では数名しか博士にはなれない現実。

私はラッキーにも修士の学位をいただけることになり、ほっとしたようなうれしいようなありがたいような、そしてちょっと脱力したような、複雑な気持ちを楽しんでいるところです。

謝恩会では気持ちを切り替え・・・

f0073848_18335098.jpg
f0073848_1834749.jpg


実家には老親の見舞いに親戚が来てくれていました。

春の料理を作りました。
f0073848_18354666.jpg

f0073848_1836210.jpg


おいしかったかどうかはわかりませんがそれぞれの春をかみしめました。

by yoshi-aki2006 | 2010-03-15 18:37 | 生きる力 | Comments(5)