<   2011年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

生き方に迷ったらこの言葉を思い出そう!~鈴木富雄医師の素晴らしい言葉

どう生きていったらいいか、迷うことがありますよね。
ありがとうございました、よろしくお願いしますと一日に何度も何度も口にし、相手のことを優しい気持ちで見ているつもりなのに、

時にものすごく嫉妬されていて、意地悪なことをされたり、
能力があると過剰に警戒されて「あいつがいると自分の権益が脅かされそうだから」と邪魔にされたり、
こちらの段取りが相手には面白くなくて足を引っ張られたり、

信じられないような心根の人の比率が最近とみに密度が高くなっている印象を受けます。

嫌になっちゃうねえ、どいつもこいつも自分の権益ばっかりに汲々としてさ。。。。と思うようなとき、

私は9月29日に見たNHKの総合診療ドクターGに出演された鈴木富雄先生の言葉を思い出そうと思いました。

この番組は時間があるときはできるだけ見るようにしているのですが登壇される医師はどなたも素晴らしい方ばかりでこれまでに何度も感銘を受けています。

そんななかで9月29日の回は特に胸にしみました。

その日のドクターG、鈴木富雄先生は「患者様とうまくいかないとき、つい、その方の病床に行くのが嫌になることがあると思います。しかし、その時に思い出してください。この患者様はどんな人生を送ってこられ、どんな人を愛し、また、どんな人に愛されてきたか。どんなことをうれしいと思われるのか。そういうことを考えながらそのかたの病気を診させていただく。それが医師という仕事です」(正確には表現できませんがそのような意味のことをおっしゃいました)

この言葉にものすごく救われました。

そうなんだよな。

仕事を通して私たちは自分のスキルをアップさせようとしたり昇進や評価を求めたり、報酬のことなどを考えたりするけれども、それだけにとどまってやしないか。

仕事を通して成し遂げるべきは人の役に立つこと。本当にその人の役に立って相手が抱えている問題を取り除けた時なのだ、と。
社会にある問題を一つでも解消できたときなのだと。

だから私も仕事の向こうにいらっしゃる多くのニーズを抱えたお客様の役に立つことを念頭に猛進しよう。そうしたら会いたい人に会えるから。途中のさまざまな減退要因はスルーできるから。

会いたい人=「ありがとう」の笑顔をたたえた人に会えたときがきっと自分のGoolなのだし何度も何度もその地に行かなければならないと。それが仕事のモチベーションになるんだと。

そう思いました。

ありがとう! 鈴木富雄先生。
素晴らしい言葉にとても元気づけられました。

そしてこの番組にも感謝です。

ちなみにどんな放送だったかを簡潔にまとめられたブログを見つけましたのでリンクさせていただきますね。

この日のテーマは感染症についてでした。

この病で最終的に亡くなった知り合いがいるだけに、診断の部分にも関心を持って拝見いたしました。


追記 2015年10月放送の鈴木富雄先生の珠玉の言葉メモ
 また、鈴木先生が薫陶されている放送を拝見する機会に恵まれました。

 その日の放送は最初、3人の回答者である若手医師が一致して病名を挙げた後、
その病気の例外的症状を次々に紹介する映像を見せ、講義しながら正しい病名に導いた後、鈴木先生が最後にこんなメッセージを若い医師たちに伝えます。
「皆さんが今迄、蓄積してきた知識は国試に通るためのものでした。しかし、今日、皆さんがなさったことは診察し、検査を通して、正しくロジックを展開し、病名を特定するという行為、つまり、医学をなさったのです。それこそが医学なのです。これからは国試に通るための知識でなく、それを現場で医学に生かしてください」(意訳ですがこのような意味のことをおっしゃいました)。

国試にとおる知識を現場で生きた知識として応用し、正しい診断ができる医師になってください。知識では「その病気ではないはず」と思えても、実際の病気名では起こりにくい例外的症状が出ていることもある。医学は 「こういう症状が出ているが、だからといってこの病気ではないとは言い切れない」という疑いを持ち、診断、検査を通して、正しい病気の特定をすること。そうすれば適切な治療ができて、早く回復させることができる・・・・。
「医学とは何か?」が伝わる素晴らしいメッセージでした。鈴木富雄先生、素晴らしい講義をありがとうございました!

by yoshi-aki2006 | 2011-09-30 09:57 | 感謝 | Comments(2)  

金価格の行方

株でも金でもなんでもそうだけど、極端な説が出てきたころが相場はピーク。
f0073848_0485594.jpg

この号の婦人公論での麻木さん、川合さんと対談させていただいた時に指摘しましたがその意味では金もピークアウトしたかもれませんね。

極端な説が出てきたところが要注意なんです。「乗り遅れてはいけない」と焦って買う動きが出ますが、その際に安値で仕込んでいた人がせっせと売却しているってことはよくある話

そうこうしているうちに需給がバランスしなくなり価格が急落するのが常道。
アメリカのシェールガスが軌道に乗ればアメリカ・クライシスは一段落し、恐怖感とともに暴騰していた金価格の一服が起こるのは現実味があると私は感じています。

ファイナンシャルタイムスの記事でも金価格の失速を取り上げていますね。

気になる雑誌ののタイトルに「世界失速」
f0073848_122117.jpg


お~い! どっかに景気のいい話ないのかい?

by yoshi-aki2006 | 2011-09-28 01:05 | マネー | Comments(0)  

体の底から元気になる方法

25日、皆で踊りの舞台に立ちました!

そしてすっかり魔法にかかりました。

どんな魔法かって?

その答えは・・・・。ヒントは下の写真です。
f0073848_15491625.jpg

あ、なんだか浮かれてますね!?
そうなんです!
ものすごく元気になれますよ。だから、ぜひぜひ踊りの舞台に立つことをお勧めします!

この世は様々なことがぐちゃぐちゃしていて、いろんな辛いこと、かなしいことが錯綜しています。

いい人に囲まれていい仕事について楽しいことが当たり前ならそれは奇跡。
そんな状況ばかりがずっと続くわけではありません。

でも、くじけて負けて泣いてたって始まらない。

嫌な目に逢ったら、私は人にそうはしないというお手本と出会ったと思えばいいし、
いじめられたらチャンスと思えばいい。それを跳ね返す底力が体の底から湧いてくるから。
その力でどんどん浄化されると思えばいい。
ものすごくいいことが起こる前触れだと思って、自分を信じて心の底から笑い飛ばしましょう。

今回、大きな舞台のど真ん中で踊れたのも様々な試練の果てに奇跡のように善意の人々が手を差し伸べてくれて、力強いご縁を頂けたこと。

大震災のあの辛い辛い無残な映像を前に無力感でいっぱいだった今年。
一人の人間としてわずかな寄付をすることくらいしかできず、何の力にもなれなかったことがものすごく無念でなりませんでしたが、大きな舞台を体験し、いろいろな人にもまれたことで、
負けるもんかというファイトを取り戻しました。
そして、自分の思いが通じるまで頑張り続けるんだということも再確認できました。

だからお勧めします!

辛い時こそ逆にとんでもない大きなことにチャレンジしましょう。
きっと元気になれるから。

私の場合、踊りの大舞台は貧血を治療するために入院し、病院で処置していただいた07年以来で、実に四年ぶりでしたが、責任あるポジションに身を置いたことの緊張もあり、それで逆に本当に本当に元気になれました。

もしも今、すごく落ち込んでいるなら、大きなプレッシャーのかかることに挑戦することをお勧めします。
舞台に立つ以外でも、
留学するとか、
公募に応募するとか、
人前で朗読するとか、歌を歌うとか、
試験を受けるとか、
新規事業をするとか、

きっと体の底から元気になれますよ。
また、皆の了解がとれたら当日の写真をアップしますね016.gif

by yoshi-aki2006 | 2011-09-26 16:01 | 感謝 | Comments(0)  

芸術の秋日~画家 堀文子さん~自由に描きたいものを描きたいように

先日、NHKで画家の堀文子さんが出演されていました。
戸井十月さんとの対談でしたね。

その中で堀さんは「自由に描きたいものを描く。画壇とかそういうもので偉くなろうとは思わない(そんなエネルギーがもったいない。描くことに自分は集中したいという意味でおっしゃったように感じました)」というようなお話をされていました。

本当ですね。描きたいと思ったら難しく考えないで描いてみる。そこから始めないと何もできないと思います。人から評価されようとか、偉くなろうとか、かっこよく思われようとか、そんなことを考えて何もできない人は実は結構多いのではないでしょうか。

堀さんの言葉を励みに好きなことを好きなように、自由に表現してみる。その気になって私も始めたいと思います。

最近、聴いた素敵なジャズピアノ、吉岡秀晃さんの繊細さ、謙虚さ、その向こうにある大きな表現力。スイング力にもヒントを頂きました。自由に表現して嫌われない。吉岡さんがものすごく謙虚な人であることはステージを拝見していてすぐわかりました。俺が俺がという感じが全くなくて、それなのにとても大きな存在感がある。

二人の芸術家にいろいろなことを示唆されたアーリイオータム。

小さい秋みつけた♪

by yoshi-aki2006 | 2011-09-22 10:38 | アンテナ | Comments(2)  

どうやったら自宅に帰りつけるかの工夫必要

東京は台風一過ですがすがしい青空が広がっています。
でも昨日は本当にむちゃくちゃな天気で何度も電車が立ち往生。

近くの川も歩道まで浸水し、傘は風であおられ体ごと持ってかれそうな勢いでした。

建物の陰に避難し様子を見ていましたが、らちが明きません。

傘を畳んで大嵐の間隙を縫い、雨の中を泳ぐようにして歩き、なんとか事務所のデスクまでたどり着くことができました。

山手線は止まったり動いたり不安定でしたが、夜にかけても帰宅困難なかたがたくさんいて、タクシーなどを何時間も待たれたという報道に災害時、どこにどうたどり着くかのハザードマップを自分なりに構築しておく必要があるなあ、と痛感しました。

家に帰る選択肢以外に、明日、会社に行くにはここに泊まるなどのめぼしを付けておく必要がありますね。

私は布製バックを持っていましたが、携帯はバックの一番底に仕舞い、歩きつつ、放置されてある破れ傘のビニールをはがしては鞄を包み、暴風雨で体が持って行かれそうなときは建物の陰に隠れ、大きなガラスの前にいるとガラスがわれた時、怪我をする可能性を避けるため、ガラスからは離れました。

あとは頭を庇い、持っていた傘は畳んでバックの口に水が入らないようにふたのようにしました。
PCを持っていなくて良かったなと思いました。
ラッキーにことにマスカラとアイメイクをしていなかったこと、コンタクトをしていなかったことで雨の中、視界確保がしやすかったと思います。

雨の中、目を開けているのは結構大変ですね。水泳の時のように視界不良でした。

今年は台風や豪雨がことのほか心配されます。
なお予断を許さないと思いますので、気を付けたいですね。

さて、ここでお知らせです。今日発売の大竹しのぶさんが表紙の婦人公論で対談しています。良かったらご覧くださいませ♪
f0073848_824928.jpg


それから9月25日、品川区民芸術祭の第二部15時過ぎに楽しい踊り仲間と一緒に震災復興祈願の祈りを込めて踊ります。お時間がございましたらどなた様も無料でご覧いただける催しですので是非、ご来場くださいませ。場所は大井町駅直結のきゅりあん大ホール八階です。たくさんの皆様の善意に支えられてこの日を迎えられることを心から感謝いたします。
ご一緒に踊ることができなかった人もご一緒に踊る人も心から楽しみ、明るい明日を迎えるワンダフルツモロー、ワンツモなひと時を共有できたらと願っています016.gif

by yoshi-aki2006 | 2011-09-22 08:02 | お知らせ | Comments(0)  

喪失からの立ち直り、そして喪失と共存しながら創る未来にむけて

喪失。

私たち日本人、いやこの世に生きる人は今まで何度も大きな喪失を味わっています。過去の戦争も震災もマネー敗戦と呼ばれる金融状態にも。
大切な生活、人、くらし。
そうしたものを無念な形で亡くした痛みははかり知れません。

何故、こんなことに?

神様はどうして私をこんな目に?

人々は喪失を体験して悲しみ、嘆き、慟哭します。

しかし、泣いていたってもうもとには時間を戻せない。
亡くしたものは帰ってこない。

哀しいけれど辛いけれどその事実を受け入れるほかありません。

そして失くしたものの大きな穴を埋めるためにがむしゃらに動く。それしか辛さを忘れる方法がない。

辛い辛い喪失感の中で、耐えがたい痛みに突き動かされるその力を

亡くなっていった人はこの世の私たちに与えてくれた。

そう思います。

痛み、辛さに耐えかねて、天を仰ぎながら「この先、どう生きていったらいいんだ!」と絶叫する、その生身に感じるこのやり場のない止むことのない感情を亡くなっていった人々はこの世の私たちに遺産として残してくれたのだと思います。

だから、私は踊り、仕事をして、新しい企画もどんどんたてて、今まで知らなかった人ともつながり、焼けた鉄板の上の一粒のトウモロコシや大豆の実のように
この世にいる限り、活動を続けようと思います。

喪失の痛みと共存して創る今の時間、明日という日。

そしたら亡くなった人たちもきっと一緒にこの世を生きて耕したことになる。
戦争や大震災、不慮の死、無念な死に方をされた人々のことを心にお彼岸を迎えたいと思います。

by yoshi-aki2006 | 2011-09-18 08:17 | 生きる力 | Comments(0)  

吉岡秀晃さんのピアノにしびれた~!

いや、かっこよかった~!

久しぶりにイカした男性を見ましたねえ!

中村誠一カルテット[中村誠一(ts)/吉岡秀晃(p)/ブレント・ナッシー(b)/デニス・フレーゼ(ds)]の演奏を聞いたのですが、カルテットの面々が素晴らしいのはいうまでもありませんが、その中でも特に!

吉岡さんのかっこよさにはしびれました。
吉岡さんのピアノはちゃんと誠実にメロディを触り続けるし、追いかけるし、こうでしょ、そんでもってこうでしょ、そんでもってこうよな? で、こーでしょうよ、とちゃーーーんと押さえてる。

それがすごい素敵なんです。
その音とのやりとりを見ているだけで吉岡さんがどれだけイカした素敵な男かわかるってもんです。
今日はメガネを忘れてしまい、遠いところが見えにくかったのですが、絶対素敵なはずだと画像検索したら、やっぱり素敵でした。

ジャズの夕べでは日野晧正さんのトランペットも聴いたのですが、日野さんが「私、69歳ですよ、孫が7人だ」とおっしゃって会場はどよめきました。
スタイルがいいし、タップダンスを踊りながら新しい表現に挑戦されているところがとても69歳には見えなかったからでしょう。年齢ってある所から、人それぞれですね。

それにしてもジャズって楽しいものだなーと思った夕べでした。

楽しいことの後はお仕事と勉強だね029.gif

さあ、私も吉岡さんのように素敵な調べが奏でられるように、仕事と勉強で磨かれなくてはな~!

by yoshi-aki2006 | 2011-09-17 23:01 | アンテナ | Comments(0)  

太陽活動活発期の過ごし方

朝早く起きて八時、九時には面談や業務を済ませ、昼には事務所に帰ってデスクワークをするようにしていますが、午前中でもガ――――っと強い太陽光線。

カミュの世界に足を踏み入れたような
頭がくらくらするような
灼熱光線地獄ですね。

1997年ころからただ事ではないわと感じていましたが、阪神淡路大震災あたりから太陽活動が活発期に入ったことは中京大学の武田先生もご指摘になっておられますね。
今、そのことがさまざまな分野に影響を及ぼしているようです。
こんなニュースや
太陽の磁場の非対称性が観測されているだとか

こんなに暑いのに太陽活動は低下していることやサイクルが二年程度乱れていることだとか。

サイクルが乱れているというのは何となく感じます。
自然現象だけでなく人の気持ちにも変化を与えているような気がします。

おお!
なんか、みょうちきりんな・・・。

が、してきたことが人に打ち返される事を信じて
今はやることきちんとやってこれからの10年、20年に向けて畑を耕そうと思っています。
いつ何時、思うようにできなくなる日が来るかもしれませんから、
思い切ってやりたいことを
信じたことを
思い切り。

みのりはそうした日々の努力からもたらされる、なんちゃってその割に昼寝したりして041.gif

さて、ここでお知らせが。
来る10月4日投資の日は松山に伺います!

ちなみに四国の阿南市にも第三週に伺います。

9月25日は品川きゅりあん大ホールの区民芸術祭第二部(おおよそ14~16時)の15時ちょっとすぎくらいにともに励まし合って厳しい時代を乗り越えて行きましょうという祈りを込めて皆で踊りますのでよかったら見に来てくださいね(どなたも無料でお入りいただけます)

by yoshi-aki2006 | 2011-09-15 18:12 | アンテナ | Comments(0)  

事務所にお花を飾る効用

ああ~、いい香りが!

f0073848_13465085.jpg


ある事務所を訪問しましたら美しいお花が活けられてありました。
百合のいい匂いがします(うっとり・・・)

おかげで商談もスムースに進行したような。
真夏に生花は敬遠しがちなのですが、こうした生のお花の効用は計り知れません。
お客様の心を和ませる。
あるいはお客様の信用を得るのに効果もある気がします。

私も生花を飾ろう!
そんなふうに思わせられました。
一滴ほどキッチンハイターを花瓶の水に垂らすなどしておくとお花は長持ちしますね。
さっそく今日から事務所に花を!

by yoshi-aki2006 | 2011-09-14 13:51 | アンテナ | Comments(0)  

参加することに意義があり~受験はともかく敬遠しない

昨日は絶対飲むまい、何しろ、今日の試験に響くから

と思っていたのに冷えたビールを見るとつい手が伸びて、

早朝に起きて泥縄でも勉強しようとしていたのに、

なんだかんだで忙しく、

試験、パスしちゃおうかなーとの誘惑もちらりほらり。
が、せっかくお金を払ったんだからともかく受けてみよう!!
と不出来を覚悟で試験会場に。

慣れと居直りは恐ろしいもので、
どうせ勉強してないし⇒居直り⇒点数が悪くても仕方ない⇒居直り
で「試験を楽しもう!」とリラックスしたら、
前回の試験終了間際まで格闘したのか゜嘘のようにすすすーっと最終回答まで進んで、
時間が余ってしまいました。

見直す余裕までもてて、会場を見回すと、
出席率78%ってとこかしら。

いろんな事情があって欠席なのだろうけども、「ちゃんと勉強してから受験しよう」と思うと勉強していないときは休みたくなりがち。

でも、「受けてみなきゃ⇒参加することに意義があり」と思いなおせばいいんですね。
受けなきゃ評価はわかりませんが
受ければ前よりもいいか悪いかはわかるわけで、
パスしないで受験してよかったと思いました。

f0073848_16271643.jpg

会場の装飾タイルのテーマは生生流転(?)

難しく考えないでとっとと解く。間違ったと思ったらまた引き返したり、再度挑戦すればいいんだから。
あ~、試験が終わってともかくほっとしました。また、勉強しようっと(試験が終わった時だけ高まる毎度の感情です001.gif)

by yoshi-aki2006 | 2011-09-11 16:29 | スタディ | Comments(0)