<   2012年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

吹きガラスで創作しました~花瓶、デザート皿、グラス(木村佳子)

吹きガラスで作品を創ってみました。まずは花瓶。夏バージョンで涼しげに。
f0073848_11371131.jpg

上から俯瞰。
f0073848_028878.jpg

次はデザート用の小鉢です。作品名は「夜の海」
f0073848_11401246.png

f0073848_0314691.png

グラスも創りました。
f0073848_11438100.jpg

ガラスは素材として非常に柔軟性に富んでいるので創作意欲がかきたてられます。また、アップしますね。

by yoshi-aki2006 | 2012-07-29 11:45 | 生きる力 | Comments(0)  

2012年8月の株安をどう資産形成につなげるか?

2012年8月相場はほぼ一か月間、安値低迷が続きそうです。
7月中旬で安値形成が終わるかもしれない、と思っていましたが、そうはいきませんで、時間面でもう少しかかりそうです。8月一杯は安値形成期。9月以降、回復というイメージではないかと思います。

マーケットがさえないと腐りがちですが、気持ちを立て直して、この安値形成期をどう自分の資産形成に生かすかに意識を集中させて、今こそしっかりしなければならないと思います。
それが今年後半と来年の成果につながります。
その思いをこめて、名古屋でも札幌でも
「8月中に仕込むべき」というお話をさせていただきました。
f0073848_9544218.jpg
f0073848_9552132.jpg

札幌には昨年12月も伺いましたが、今回の講演でも皆様お元気で気力満々の投資家の方々が多かったように思います。
頑張りましょう!負けてはいられないぞ~!ということでお開きに!
f0073848_9575856.jpg


札幌は思いのほか暑かったのですが、会場の前の北海道庁のお庭にはいい風が吹いていました。
f0073848_10845100.jpg
f0073848_108121.jpg
f0073848_10944.jpg


個人投資家向けIRを精力的に実践されておられる元気一杯企業の朝日工業さんからは大人気のトマト「アニモ」を頂き、家に帰っていただきましたら疲れがいっぺんに吹き飛びました!
体調回復には赤いトマトが効くようです!
f0073848_10214674.jpg


お土産売り場を急いで通り過ぎで、「あー、これおいしそうだなー」と思っていたのに買い忘れた品が聞きに来てくださったお客様から頂いた手提げに入っていました! 
f0073848_1021417.jpg

本当にありがたいことです!
おせんべいもおいしくいただきましたが、このハーブ飴はのどを使うお仕事の方には必需品。おかげで夏風邪を引いたらしいのに、のどはこの飴のおかげですっかり快調! ありがとうございました!

さあ、この後は八日市に伺います!
マーケットや大増税に負けてはいられません。
頑張るぞ~!!

追記2012年8月19日

オリンピック、高校野球のどさくさにまぎれて消費税増税が可決されました。これで日本の財政はすこしだけ延命されたかもしれません。日本が財政危機に陥るとアメリカは日本からファイナンスできません。それが周知されるとリーマンショック以上の大クラッシュになります。
なので、まずは消費税増税はそれを懸念する人たちからは歓迎されひとまず、株安はこの可決で収まった恰好といえます。

次は管総理がオバマ大統領と口頭で合意し、コンセンサスを図ったといわれるTPPでしょう。このことは元外務省役人だった議員が書かれた本に記述されていますが、アメリカにしたら、TPPは野田総理に出した宿題と言えます。
「同じ党の管さんとアメリカは約束した。なのに、野田さんの代でそんな約束、知りませんはないはずだ」と。
アメリカは日本の国富(国民の税金蓄積)をレバレッジにした財政資金調達のスキームを強化するためにTPPを推進したいので、もし、TPP加盟が正式に決まったら、いやがらせのように安かった株価は、上げ方向がはっきりしてくると思います。

しかしながら、2013年には東京、大阪の証券取引所が合併し、超高速取引が加速します。しかも、2012年10月にPTS取引から5%ルールを撤廃しようとの規制緩和を金融庁が検討していると伝えられています。
詳しくはアメーバの「木村佳子のブログ」に書きましたが、そうなると2006年にいったんは終息した村上ファンド、ホリエモン・フィーパー相場のいわば国際版が復活する可能性があるでしょう。

経営者は寝ている間に株主構成が入れ替わり、TOBをし掛けられてあっという間に買収される恐怖におびえるようになるかもしれません。

いわば日本丸ごとオンセールのような状態に突入する可能性があるということです。それをチャンスと思うか、ピンチと思うか? 経済活動に何らかの形で接している私たち一人一人がよく考え、行動したいですね。

by yoshi-aki2006 | 2012-07-25 10:21 | マネー | Comments(2)  

一粒万倍日のつかみ方~チャンスは人とのふれあいで呼び込まれる!

名古屋エキスポ無事終了しました!ありがとうございました!
f0073848_23425718.jpg

朝早い時間でしたし雨も降っていたのでお客様の入りはどうかなーと心配しましたが立ち見のお客様もいらして大変盛況を頂きました。ありがとうございました!
f0073848_23431488.jpg

その後、個人投資家向けIRに連続のお取組み企業様の表彰式に出席させていただきました。そうそうたる皆様が集われて、たくさんお声をかけていただき、ありがたく思いました。
f0073848_23433666.jpg

昔から応援してくださっている投資家さんからお花を頂いたり、お手製の佃煮を頂戴したりとこれまた、感謝感激です!
f0073848_23435587.jpg

朝早い講演ですとたっぷり午後を懇親会に費やしても日があるうちに東京に戻ってこれます。そして、一路、六本木ヒルズで開催された創立25周年パーティに。この日、東京も雨でした。雨だからこそ、絶対に欠席はできないなと思って会場に伺いました。
晴れていればたくさんの方のご来場があるはずですが、嵐のような雨でしかも夏休み入り直前の金曜日であれば、主催者さまはきっとやきもきされているはずです。祝うべきこのパーティに何人集まってくださるかしらと。
そういうときは何としても伺うのが礼儀かなと思いました。
ただし、パーティでは目立たないようにひっそりと。
理由は挨拶をされるべき人がたくさんご来場されるだろうからです。
うろうろして主催者様の目に留まり過ぎると「あ、あの人にも一言話をさせなければ・・・」と気を遣わせてしまいます。この日はたくさん有名人がいらっしゃる予定でしたので、私はもっぱら出口近所で静かに・・・。帰り際にそっと挨拶だけして帰ることに。

するとその席で懐かしい人らに声をかけていただき、流れで何人かで隠れ家レストランに行くことになりました。
f0073848_23441555.jpg


夜八時頃から夜も更けるまで、何人かの気の置けない人たちと懇親会が続きました。

今日は5現場でたくさんの人たちから新たなチャンスを頂きました。
書斎での作業も大切ですが人は人で磨かれます。
外で人から刺激を頂き実りの多い一日となりました。
その成果を少しでも次の仕事に広げていきたいものです。

24日は札幌で講演させていただきます。木村佳子の株式講演会は14時半からになります
是非お越しくださいませ!

(追記 2012年8月19日)

ツキは人からもたらされます。だからこそ、「人」はありがたいもの、といえます。ツキをどんな人が持ってきてくれるかはわかりません。思いがけない人に助けられたりするものですが、その思いがけない人が誰なのかは自然の営みだけが知ることです。

そのツキのルールのヒントは「因果応報」という言葉に圧縮して先人たちが教えてくれています。

効率を意識すればするほど非効率が付きまとい、
相手の学歴や経済力ばかりをはかりにかければ、自分もまた、その目盛りで読み込まれたりする難しいルールがあるようです。

どうすれば、わずか50年、100年という短い時間のの中で生かされている自分の力を発揮できるのか、ツキの流れに乗って思いを達成できるか?

日々、一生懸命生きて考え続けましょう。

一つ言えることはツキは明るく、努力する人
が好き、みたいです。ツキに恵まれた時のことを思い出すと、どうもそんな気がしませんか?

by yoshi-aki2006 | 2012-07-23 00:06 | 感謝 | Comments(0)  

サクラサイトにご注意!~人の善意や恐怖心を手玉に取る悪い奴ら~

「洗脳」して相手が自発的にお金を出すように仕向ける・・・。そんな悪い奴らが引きも切りません。
脳科学書がたくさん出版され、人をうまく洗脳して金もうけしようとする人らが熱心にそういうものを読んで、悪用しているようです。
サクラサイト詐欺はおれおれ詐欺と同じ理屈で人の善意や恐怖心を洗脳によって引き出して金儲けする商法です。

ソーシャルネットワークが発達した今、用心したいですね。

サクラサイト詐欺は最初、無料のメールのやり取りに始まり、次第に相手が「つい答えたくなる」「返信しないと大変なことになる」という心理状況に陥らせ、サイトに登録させ、クレジットでサイト利用料を支払わせ、メールのやり取りによって生じた費用をどんどん請求されてしまうシステム。

相談を持ちかけられたらつい答えたくなる人の気持ちをうまく利用したもので、
「あなたの力が必要」と重要人物であるとの錯覚を呼び覚まさせ、
「あなたが返信してくれなければ大変なことになる」と罪悪感を喚起させ、有料メールの罠から逃れられなくしてしまう。

おれおれ詐欺と構造が似ていますよね。
自分が上で相手が目下の関係で、目下が「助けて」と言ってくる。
自分の力で相手を救えると思い、そのことで自己重要感が刺激される。
助けてやらないと相手は大変なことになるという状況設定も同じ。
もしも、助けられなかったら後で自分は罪悪感にさいなまれるという恐怖感とセット。

サクラサイトも同じです。
タレントを励ましてやってほしいというメールが来て、つい答えてしまう。
相談に乗ってほしいと頼まれてつい返信してしまう。
まじめな人、「ねばならない」と思いこむ人、ご用心。危ない危ない、そのまじめさ。その善意。

では、どんな人なら引っかからないのか?

見知らぬ人からのメールは無視する。
有料サイトにクレジット番号は入力しない。
メールに返信してくれなければ死ぬという強迫に負けない(「そんなもん、知るか」と思える人なら大丈夫)。

ある意味、空虚な人がバーチャルな自分が活躍する場面に欣喜雀躍してはまってしまうといえる面もあるので、しっかりと地に足をつけて自分の課題と向き合い、生きていくことが大切だと思います。

こうしたアプローチ以外に都内に出没するデコポン詐欺(最近は桃を持ち歩いてるようです)集団による、劇場型商法(安い!今買わないと損!被災地に寄付するなど瞬間的に財布を開かせるキーフレーズを連呼し、バタバタと買わせ、あっという間にその場から消え失せる集団)も駅周辺にうろうろいるので、 ひっかからないよう、何が嘘でまやかしかしっかり見極めましょう!

by yoshi-aki2006 | 2012-07-19 08:08 | アンテナ | Comments(0)  

何のために生きるんだろー?~人生は自分が何者かを知るための旅

時々、忘れてしまうことがあります。
何で生きてるんだろー?
それがわからなくなることがあります。

たくさんの知り合い、親せき、私を知っていてくれた人たちが次第次第に現役を退き、ある人はもっと遠い世界にまで旅立ってしまい、ふと、見回すと、私はだれ、ここはどこ、何のために、何をしに、私は生きてるんだろー? それがわからなくなって何度も自分に問いかけていることがあります。

90歳前後から60歳台の人たちから見れば私はまだまだ子供であり、妹であり、後輩。
でも20歳代から30歳代の人たちから見ると、年上であり、親とも近く、おじさん、おばさんの世界の人。ま、どっちかっていうとうっとおしい世代。

居場所がない感じがする。
雑誌の閉刊、核となっていた人の死亡、コミュニティの喪失など、失うことが多くなるに従い次第次第に孤独な気持ちになっていきます。

向こう側の人たちと会いたいなーとも思います。あの人たちがいた世界に行きたいと思うわけです。

何で生きてるんだろー? 

不思議な気がし、わからなくなったりする。

でも、問い続けて最近、自分を支えてくれる言葉にたどり着きました。
そうだ、一人一人の人間は、「自分がだれかを知るために生きているんだ」ということです。

たとえば親には子供を産んだだけの親もいれば、産んだ子供を虐める親もいる、子供に尊敬され、愛される親になろうと努力する親もいます。

同級生を殴ったり、お金を巻き上げる子もいれば、「殴られている子がいる」と担任に通報した子供もいます。虐めた子供、いじめられた子供、通報した子供。

金が儲かるためなら何でもする人間もいれば、貧しくても人のモノを盗まない人間もいる。

人はいろんな形で生まれてきます。美しい人もいればそうでない人もいます。
美しさを武器に使う人もいれば使わない人もいます。
武器を手に入れるや使う人もいれば目の前に武器があっても使わない人もいます。

この世での選択はすべては「お前は何者か?」を問うことばかり。

だから、小さな力でもいい。自分が何者かを知るための行動をすること。

できないことをできない、とあきらめたとしたら、できないことを受け入れた人間なのであり、
チャレンジし続ける人生を選択したとしたら、そういう人間なのだと知ることができます。

そう思えば、「こういうことをしたけれど思ったような結果が出なかった」ようなときでも落ち込まないで済みます。

自分はまた、挑戦し続ける人間なのかもしれないし、潔くあきらめる人間なのかもしれない。
正しい、正しくない、できる、できないを基準にしないで、自分は何者なのかを知ろうとする人生を生きるのだと思えば、静かな闘志というか力が湧いてきます。

そう思えたことがよかったです。

by yoshi-aki2006 | 2012-07-18 22:59 | 生きる力 | Comments(1)  

人間ドックの検査結果は玄関に置く!

f0073848_745915.jpg

定期的に血液検査をしています。
結果が出るまではちょっと緊張しますが、きわめて健康な状態であることがわかると、大きな安心を手にすることができます。なので、自己負担でもたくさんの項目を検査してもらうようにしています。

以前は人間ドックに泊りがけで入り、最新鋭の機材であらゆる検査してもらっていました。施設が立派で待ち時間が少ない九州の病院が気に入っていました。

しかし、最新鋭の機械でも被ばく量がそれなりにあるとと知り、できるだけ血液検査で下調べをするというやり方に変えました。

幸い、よいドクターが居てくださり、検査結果を丁寧に教えてくださいます。

ひどかった貧血も正常値に回復し、各種癌マーカーも異常がありませんでした。今は癌も血液検査である程度はわかるのです。

ちょっとだけ気になったのはコレステロールの値でした。これは食生活で改善できるとのことなので、結構、食生活には気を付けていたつもりですが今日からさらに野菜、果物、鶏肉中心のメニューに変えようと思います。

ところで、人間ドックや検査の結果の書類、どこにしまいますか?
できれば、病歴やドックや検査の結果がわかるものは玄関に置いておくといいですよ。

人間、いつ何時、何が起こって具合が悪くなるかわかりません。
救急車で運ばれることもあるかもしれません。

その時、病歴やドックの結果が救急隊員に手早く診てもらえるかどうかで九死に一生を得ることもあり得ます。

なので玄関なり、すぐ出せる場所に診察結果を置いておきましょう。
しまいこんでいてはせっかくの貴重なデータも生かすことはできにくいと思います。


それでは今日も一日元気に乗り切りましょう!

by yoshi-aki2006 | 2012-07-18 08:06 | ボディ | Comments(0)  

スペイン舞踊の巨匠アントニオ・カナ-レスさん&鈴木敬子さんinカデーナフラメンカ

この日はスペイン舞踊家の鈴木敬子さんが主宰されている代々木のスタジオへ。
f0073848_82820100.jpg

というのも鈴木敬子さんがスペインに留学されていた時に舞踊のメンターとして存在感が大きかったアントニオ・カナーレスさんが、敬子さんのスタジオでいわば友情出演をされるからです。

アントニオ・カナーレスさんといえばスペイン・フラメンコ界の最高峰を極める超大物。まあ、日本でどなたに例えればいいか、想像もつかないのですが、美空ひばりさんと五木ひろしさんみたいな超大物なのです。
そのアントニオさんがタブラオしつらえの敬子さんのスタジオで踊るというのは、なんとも素敵なサプライズです。

最初、敬子さんも「え? ここで踊ってくださるの?」とびっくりされたそうなのですが、かつてスペインで踊った仲間が日本で立派にスタジオを運営されているその姿にエールを贈りたいということで実現したスーパーライブ。お二人の厚い信頼関係がベースになって実現したミラクルです。

舞台を拝見するたび、様々、学ぶことが多いのですが、今回の舞台では鈴木敬子さんの師弟や仲間に対する思いやりの深さがにじみ出たものでした。
ゲストを招かれる時はご自身の炸裂パワーの出し方を非常に配慮されることは前のカンタオーラの大物とコラボレーションされたときにも感じましたが、今回もアントニオ・カナーレスさんにいかに気持ちよく踊ってもらえるかに気を使っておられることが舞台の質の良さとしてしっかりと観客に伝わり、それがダンスから得られるエモーショナルな感情とは別のモノとして私たちの心をノックします。

最初、カンテのアルティスタとアントニオさん、敬子さんが舞台に登場したときからやられたーともう敬子さんにメロメロです。

この舞台を実現させることができる彼女に感動を覚えずにはいられません。

次にはカデーナフラメンカのえりすぐりのバイレが踊ります。超一流のプロと同じ舞台を踏める奇跡にバイレの皆さんのステップも心なしか特別に思えました。

よかったね、この奇跡を共有できてこちらもうれしいわ、との気持ちを感じました。

そして鈴木敬子さんのソロ2曲。
アレグリアスには郷愁が、
ソレアにはより一層の深い哀愁が込められ、心を打たれました。

それにしてもバックのアルティスタ5人と観客をここまで乗せまくる彼女のパワーに感服しきり。
そして、その姿に自分が照らされるのです。

あなたはこのように人を乗せまくるパワーを発揮していますかと。

アントニオさんの踊りは今回、初めて拝見しましたが、スケールの大きいバイラで、闘牛場のような場所で踊られても、その存在感たるやさぞや、と思えるものでした。

バイレとして舞台監督、プロデューサーとして、そしてカデーナ・フラメンカの主催者として、マルチフルなパワーを発揮されている鈴木敬子さんの今回のスタジオ・ライブ。

踊りもさることながら、各所に配された気配りに心を打たれたいい公演でした。
私が拝見したのは追加公演だったのですが、ほかの日は完売と伺っています。しかしながら、せっかくのアントニオ・カナーレスさんと鈴木敬子さんのコラボ。是非見たいという方は事務局にお問い合わせを。リンクを貼っておきますね。

16日までです!

ちなみにクルシージョといって短期に学ぶレッスンも特別に設定されていますので大御所の指導を受けてみたい方もお問い合わせされてみてはいかがでしょうか。

by yoshi-aki2006 | 2012-07-16 08:28 | アンテナ | Comments(0)  

国会議事堂と議員会館探訪

議員会館をお訪ねし、国会議事堂内部の見学をさせていただきました。
f0073848_16564477.jpg

f0073848_16572071.jpg

議員会館は超ハイテクできれいなのですが、
国会議事堂の中は着工時の大正時代の匂いが色濃くのこり、80年余の時間の体積がずっしりと内部に残っているかのような質量で、議場も本当に重厚でした。

赤く毛足の長いじゅうたんがしきつめられた廊下を歩いていくと、各党の表札の中にさっそく「国民の生活が第一」党の表札がかかった部屋もありました。

外に出ると、全国から贈られた県樹の並木がありました。ちなみに国会議事堂の建設にはやむを得ない部品等は例外ですが、ほぼ、全国出土の木材や石が使われているそうです。
f0073848_17551290.jpg


議員会館と議場のあまりの新旧の落差に驚きながら、並木道を抜けるとその先に樹木に囲まれて、伊藤博文翁の銅像が威容を現します。

タイムマシーンに乗って過去から未来に、また、未来から過去にといきつもどりつの不思議な空間、国会議事堂とその周辺。


一つ感想を言うならば、この場所にもっと早く来ていればよかったなと思いました。ここに来て、何故、「何も決められない日本」と諸外国から揶揄されるのか、一瞬にしてわかった気がしました。

もっと明るくオープンな場所で審議したほうが確実に早く物事が決まっていくのではないでしょうか。

さて、政府は8月中には税と社会保障の一体化法案を決めて、できるだけ早く、TPP年内参加を電話伝達し、12月にもTPP交渉に挑みたいと報道されています。

そんな胸算用がうまく運ぶかどうか、ここは胸突き八丁と言えるかもしれませんね。傍聴もできるそうなので、夏休みの子供を伴っていかれてもいいと思います。

by yoshi-aki2006 | 2012-07-13 17:17 | アンテナ | Comments(1)  

節電時代の掃除法で涼しい室内

節電型掃除法。

100均で買ってきたスプレー噴霧器で水をフローリング床にシュッシュし、やはり100均で買ってきた床拭き用モップに専用シートをセットして拭きそうじと掃除を一挙にしてしまいます。

打ち水の効果はすでに立証されていますけれど、室内版打ち水効果も含むこの掃除法も拭き終わった床がひんやりして気持ちいいですよ。
室内温度引き下げに役立っています。

あと、工事現場でよく見かける防御壁にセットされた壁型観葉植物棚。
構造は大型ペットボトルを横に円窓を開けたような作りになっています。

なので暇がある時、作ってみようと思います。

観葉植物に水を噴霧することでさらに室内はひんやりするでしょう。
f0073848_12575790.png


ポトスの参考サイトと画像の出所

by yoshi-aki2006 | 2012-07-11 13:06 | ライフスタイル | Comments(0)  

真夏のアスファルト灼熱地獄~犬の散歩、14時半前後は避けるべき

梅雨の合間の太陽。お洗濯には歓迎ですが、ものすごい照りつけで暑いですね~!
太陽光が地面に降り注ぎ、その照り返しも強烈で、暑さを増幅させています。
こんな日はできるだけ日陰を歩きたくなりますね。

さて、このような暑いさなかの真昼間、犬を散歩させている人がいます。

おお! 犬がかわいそう~!

犬が一体どれくらい暑い中を歩いているか、推測に役立つ資料を探してみました。

f0073848_12134052.png
出所
グラフを見ると、8時半を過ぎるともう都会の道路は灼熱化していると思ったほうがいいですね。
そして、おそらく19時くらいまでは50°近い温度が続いていると推測できます。
ピークの12時から15時は、なんと温度は60°!
熱く焼けた鉄板のような地べたを犬を歩かせてはいけないですよね。
ブロック塀もかなりの温度なので、端っこだから涼しいというわけでもないのです。

そこで、物言えぬ犬に代わって吠えておきたいと思います。
暑いワン! 涼しい時間帯に散歩してほしいワン!

ツイッターでは「靴を脱ぎ、うわっ~、地べた熱い! とパフォーマンスして飼い主の注意喚起する」というご意見を頂きました。

私もできるだけご注意喚起に努めますけれど、皆さんも是非、物言えぬ犬に代わって飼い主さんに気付かせてあげてくださいませ。

よろしくね! ワン! ワンライフをワンダフルに!

by yoshi-aki2006 | 2012-07-10 12:33 | 日々雑感 | Comments(0)