<   2012年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

エンディングにも20年かかる~稲盛和夫氏「生き方」を読んで考える

稲盛和夫氏の「生き方」にあった記述を引用させていただきますね。
(以下本文)
もともと私は、自分の人生を3つの期に分けて考えていました。80年をこの世での寿命として、第一期の20年は、この世に生まれ、ひとり立ちして人生を歩きはじめるまでの期間。第二期の20歳から60歳までの40年は、社会に出、自己研さんに努めながら、世のため人のために働く期間。
そして、第三期は、60歳からの20年間で、死(魂の旅立ち)への準備にあてるべき期間です。


本当にそうですね。

寿命が来てばたっと死ぬような生き方ではなく、エンディングにも20年くらいの時間をかけて準備し、旅立つことができればと思います。

終わりを意識することで欲望のおさめ方がわかります。いつまでも栄耀栄華にしがみついたり、昔いた夢時間に居続けようとする意識ではなくて、身一つで生まれて再び身一つで旅立つこの世に自分を選んで生まれてきた意味を問い、自分にしかできないことを見つけ、以前よりも心を高め、少しでも成長して死ねればいい。

誰しも想定した寿命まで生きられるとは限りませんが、この世でし残したことがなんだったのか、老年の入り口で今一度振り返って考えてみる。

そして、「ああ、よかった」と少しでも思えるように行動してその日をむかえられたらいいですね。

私も小さなことから少しずつ、振り返ってみたいと思い、今、時間を見つけては小学校6年生の算数ドリルをしています。
というのも、その頃、何かと我が家は落ち着かず、私たち子供もなんとなく勉強どころではなくなったのです。
で、その頃の部分がどうもあいまいで、なんとなく形成された「わからなさ」が不安感になり、なんとなく数学そのものが苦手になってしまいました。

今、英語を勉強しているのも、やはり、過去進行形など、引っ越しなどがあった時期になんとなくあいまいになってしまった部分を何がどうわからないのかを解明したいとの思いからです。

小学校六年生の数学のドリルをやってみて、「なんでここでわからなくなったのかなー。わからなくなったと思っていたけど、ちゃんとわかっていたみたい。じゃ、何で苦手意識を持ったのかなー」と当時を思い出しながら答合わせをしています。

そして、いろいろな事を思い出すわけですね。
ああ、そうだった。
こういうことが原因で、わからないような気持ちになり、そこから、今も避ける傾向がある部分はここが原因だなーとか。
こういう風に振り返ることで、わからないことをわからないままにしておくと部屋の隅っこにごみがたまってしまうような状態も同然で、「解明しよう!」「きれいにかたずけよう!」としなければずっと課題として残る、と思うようになりました。

そして、冒頭の稲盛さんの本で触発された部分、「のこり20年くらいをかけてエンディング」との思いにリンクしました。

振り返ることで死生観も次第に過去とは少しずつ違ったとらえ方ができるようになりました。
今は、「魂は旅をしているんだ」というふうに思います。

肉体もクロマニヨン人、北京原人をへて現在のホモサピエンスと生物として生成を続けていますが、その器をかりて想いを持ち、魂も次の生、そしてその次の生と旅をしながら成長できる機会、課題を解決する機会を探し探し今のこの肉体に宿っているんだと思います。

そう考えると、「この世に生まれてきた意味はなんだろうな。残りの人生で何をしなければならないだろうかな」と考える時間は必要だし、大切なものだなと思います。

出張の帰りに見た広々とした夕空。
f0073848_022283.jpg

人の死は空の向こうに沈んだ太陽みたいなものだなと思います。

また、新しい命で誰かになって、光り輝いて生まれてくるのですとも。

そして、何度でも成長できるし、何度でもやり直せるし、何度でもチャレンジできるのですとも。
だから、何も後悔しなくていい。
また、元気に明日、来世に生まれ出でて生きていけばいいのだから。

もしも、現世で病弱に生まれてきたとしても、イギリスに下半身だけ成長し続ける奇病を発症してしまった女性が「あなたなら解決できると神様が私に成長できるチャンスを与えてくれたのよ」といって明るく振舞っている姿に。

容姿に恵まれない女性がペットが人の顔の美醜など気にしないでなついてくれることに生き物のありがたさを感じたり、

原発の事故現場で戦った吉田所長が命を懸けて作業してくれた作業員に対して「菩薩が人々に立ち上ってくるのを見た」とおっしゃっているように。

人は生まれた環境、肉体や頭脳という個別の条件の中で、課題と向き合い、精いっぱいよりよく生きようとすることでこの世に生まれた意味を知り、そうした機会を与えられてありがとうと感謝して旅立っていくのだと思います。

空を見て、そんなふうに思えたのでした。

そういえば、「私にはやり残したことがある」とこのたび、自民党総裁になられた安倍晋三さんですが、一度、総理の椅子をなげうった人が、と言われてもやり残したことをしようとして挑戦されるその気持ちはわかるような気がします。
一度しかない今の自分での人生です。
as your iife

by yoshi-aki2006 | 2012-09-28 00:39 | 生きる力 | Comments(0)  

木村佳子のブログ更新しました♪

f0073848_9251887.jpg

株式市場では今日が9月の優待と配当の権利付き最終日ですね。
証券会社からはさかんに、該当銘柄一覧がメールで送られて来ます。
前月号だったか、ネットマネーでカブドットコム証券の臼田さんがすでに持っている優待銘柄の信用取引有効活用法を教えてくれていたけれど、逆日歩に気をつければなかなか面白いやり方だとおもいました。
投資家の中には、優待や配当目当ての買いや保有を一つの需給とみなして、売り上がり作戦をとる人もいます。
いずれにしても、株式市場の動向は、今日、明日特に観察しがいがありますね。
興味を持ったら、今日の毎日新聞朝刊を。株に関したコラムを執筆しています。参考にしてくださいね♪

by yoshi-aki2006 | 2012-09-25 09:25 | Comments(0)  

英語力を鍛える! 次のTOEICテストは10月21日

23日はTOEIC受験デーでした。
定期的に受験していないと忘れてしまうので年数回は受験するようにしています。

今回のTOEICテストは比較的やさしかったと思います。が、やさしいから回答正解率が上がるかというとそうでもないので注意が必要。特にヒアリングは途中から集中力が落ちてきて、聞き取りにくくなることと、回答に自信が持てていたはずなのに、回答欄にマークする段になって迷いが生じてくること。

えっと、何だっけと考えているうちに次のヒアリングが始まり、ここでペースがくるってしまいがちになること。

だから、いったん回答したらもうその答えに関する迷いを引きずらないで、どんどん次のヒアリングに体勢を整え、向かっていくことが大切になります。

次のリーディングではもたもたしていると時間が足りなくなってしまうので、とりあえず、残り30分になったら、ラストまで4択のマーキングをアバウトにしておき、後はしっかり、本文を読んで正解率を高めていく作戦がいいと思います。

気持ちを落ち着けると、パッとわかったりしますから、あせらないようにします。
私の後ろの席では男性がやたらとため息をつき、斜め後ろの女性はリーディングが始まって10分もしないうちにパーっとマークし始めました(鉛筆の音が一気にしたのでわかりました)

その気配で「あ、みんな結構手こずっているんだ」と逆にこちらの気持ちが落ち着きました。

今回はテスト前にブドウ糖補給で甘いパンケーキみたいなものを食べたのですが、意外と胃がもたれてしまいました。パイナップルやグレープフル―ツなどの果物のほうが良かったかな―と思います。

それと写真はどうしても直前にバタバタと撮り、糊やハサミを忘れ、焦ることになります。ハサミは受付で貸してもらえるし、いざとなったらコンビニがあるので落ち着くことです。
結構、準備したつもりでも、シャーペンや消しゴムを忘れます。
キオスクで105円でシャーペンは買えるし、コンビニで大体そろうので、落ち着きましょう(経験者としてそう思います)

受験する度に、役割レッスンが必要だと感じます。旅行代理店、ソフトウエア、テクニカルサービス、カスタマーセンター、不動産仲介業。さまざまな役割になりきり、使う英語を探して、eメールを書いてみたりする。すると、TOEICのリーディングう力が上がるし、ボキャプラリーも増えますね。

アプリで「TED」や「CNN」などのツールを探し、ネィテイブイングリッシュの耳慣らしをしておかないと、日本人イングリッシュではヒヤリングもスピーキングも上達しないなあというのが実感です。

最近、着任したネィテイブ先生の言葉でポピュラーなものなのに全く聞き取れなかったです。これから英語は必須です(いまさらですが・・・・)から、必死に耳ダンボで食いついていこうと思います。

日本人で留学体験がないのにネィテイブ並みに話せる先生が「私は英語の歌でレッスンした」と言ってました。参考になります!

プラス、モチベーションを上げるいいお話。
80歳から英語を始めて90歳で話せるようになった人がいるんです。
その半分の若さの人なら、もっとできる!

頑張りましょう!

by yoshi-aki2006 | 2012-09-24 22:05 | スタディ | Comments(2)  

尖閣・竹島~世界のメディアはどう見ているか?

尖閣・竹島問題を世界のメディアはどう見ているか?
スイスのメディアは深読みしていますねフランスやドイツの声も報道しています。

ウォールストリートジャーナルのインタビューに答える野田総理

アメリカが目を光らせている相手であるイランはこう見ています

つづいてロシアの声

朝鮮日報

ちなみに日本の自衛隊の新聞・朝雲新聞ではこのような報道がなされています

さて、私は尖閣国有化は事前によく練られた対中国作戦だと思っています。
石原都知事の独走を止めた格好にはなっていますが、こんな重大事を日本単独で決められるわけがありません。

おそらく、国際裁判所に提訴になり、最終的には国連マターになりかねない事柄で、しかもTPPを成功させるための伏線もほの見えます。

12月にTPPに加盟表明するのはほぼ、間違いないとみていいのではないでしょうか。
野田総理は少なくとも、アメリカ大統領選挙前には絶対に解散総選挙などしないでしょう。
ビックピクチャーを見通したいものですね。

by yoshi-aki2006 | 2012-09-24 10:49 | アンテナ | Comments(0)  

株主さま感謝フェア~楽しい会社を応援したい!~朝日工業さんIN東京

本日は朝日工業さんの株主感謝フェアIN東京。
大量のお野菜がお手頃な価格で販売され、そのお代金は東日本大震災被災地に送られ、阿波踊りも踊り、若い奏者の音楽コンサートもあり、経済講演会もあり、パネルディスカッションもあり、IRもあるという盛沢山のイベントで本当に楽しく過ごさせていただきました!
講師として学ぶことが多く、貴重な体験もさせていただきまして感謝でいっぱいです!

f0073848_16585092.jpg


元気でおいしいトマト、アニモをふんだんに使った今半さんの特別弁当が参加者全員に配られ、そのさっぱりしたお味にも舌鼓を打ちました。
トマトってこんなにもバラエティに富んだレシピでいただけるんですね。

株主総会や株主フェア、どなたでも参加できるIR説明会でたくさんの会社さんと接していくうち、本当に楽しい雰囲気の会社には質のいい株主さんが集まり、会社もマーケットが元気がないときにしっかりしているなどの特徴があるように思います。

また、元気いっぱいな企業さんを発掘してご紹介してまいります。
今日の朝日工業さんの株主様感謝フェアには本当にいい意味でびっくりしました。こんな元気な会社がたくさんある日本のマーケット。

そろそろ下がりにくくなってきているのではないでしょうか?

by yoshi-aki2006 | 2012-09-21 17:07 | 感謝 | Comments(0)  

木村佳子のダイジェスト動画~経済講演録をご視聴いただけます!

お忙しい所、ご視聴いただきましてありがとうございました!
マネーパートナーズでの講演の一部をお口座のない方にもご覧いただけるようにURLをご用意いたしました。どうぞ、ご覧くださいませ♪

10分程度の動画です。音声は大きめですのでPC調節をお願いいたしますね
パソコンの環境によって動画が見られないケースもあるかもしれませんが、URL先の放送画面の画像をクリックするとダイジェストが見られるようになっています。

もしも見られませんでしたら、ココから再挑戦してみてくださいね
スクロールするとアンケート結果の青い囲みと一部視聴可(会員のみ、全部視聴可)のえんじ色のボタンがあります。そのえんじ色のボタンをクリックするといきなりスタートします。音量が大きめですので予め、パソコンの音量を絞ってご視聴くださいませ。(ちなみに会員になるのは無料ですぐ口座開設ができます)。

ちなみにえんじ色のボタンはこういう画面です。
以下はご参考画像です。URL先に飛んでスクロールして同じ画面から探してみてくださいね。
f0073848_2374624.png


f0073848_19371489.jpg

by yoshi-aki2006 | 2012-09-20 19:37 | 感謝 | Comments(0)  

2012年9月19日オンデマンド放送で為替リテラシーを深めよう!

2012年9月19日20時から21時半のオンデマンド放送詳細です!
f0073848_11391771.png

マネーパートナーズに口座開設をされた方に無料で視聴いただけますので是非、お手続きくださいね。口座開設は無料です!
お待ちしていまーす!

by yoshi-aki2006 | 2012-09-13 11:41 | お知らせ | Comments(0)  

カデーナフラメンカ~月一アゲイン・クラス開講!~心身を鍛える!

出産や転居で大好きなフラメンコを継続できなくなった方に何とか応えようと新たに開講された鈴木敬子さん主催、カデーナフラメンカ~月一アゲイン・クラスに参加しました!
f0073848_16593934.jpg

90分のクラスですっかり顔が上気してしまったのですが、たくさんの生徒さんが着かえ室に撤収されたのに残ってくださって記念撮影に応じてくださった鈴木先生と皆さん、本当にありがとうございました♪
当日はこんな感じでした!カデーナフラメンカのスタッフブログに詳しく紹介されています♪

机上で進める勉強や研究だけではなかなか見えてこないこと、わからないことがたくさんあります。
こうして体を使い、できることとできないことを知り、何が足りていないか、客観視しながらまた、練習していくなどの工程で体と心で感じていくことが大切ですね。

このアゲイン・クラスはヌメロをレッスンする通常クラスには通えないけど、月一なら通えそうという方の発案で実現しました。

フレキシブルに対応してくださる鈴木敬子先生に感謝!
こうしたソリューション能力は実業の世界でもとても大切なことです。

ひざや外反母趾が心配でしたが、レッスンでかえって具合がよくなりました。
ベリーダンスや筋肉を鍛えるエクササイズとともにこれからもチャレンジし続けたいと思います。

理想とする道のりは果てしなく遠いのですが、まずは歩き出すことが大切です。

来月のアゲイン・クラスが楽しみです。
クルシージョという2週で完結するブレリアなどをレッスンするクラスや「ゆっくりコース」の60分月4回の昼間クラスなどもありますのでご興味のある方はホームページで是非、チェックを。

by yoshi-aki2006 | 2012-09-09 17:22 | ボディ | Comments(0)  

2012年伝統工芸の今~9月8日浅草公会堂(9日は狛江)

今日は生で能楽師笛方の一噌幸弘さんの演奏を聴くことができました!
さらにサプライズゲストに迎えられた上妻宏光さんの津軽三味線も2曲聴くことができました!

伝統工芸のスーパースターたちの間ではすでに十分なイノベーションが起こっています。旧作もしっかりできて、新作もできる人材こそが次世代の担い手であるのはどんな世界にも通じる真実だと感じました。

もう十分、その道では大ブランド、大御所にもかかわらず、チャレンジし続ける人々。

最近、シャープやソニーの凋落が株価面でも強烈ですが、ある種、成功体験に酔い、イノベーションが起こせなかったり、チャレンジ精神が失われたことが原因の一つではないかと感じます。

一時の成功体験などはかないもの。

伝統工芸の世界のイノペーターたちは挑戦し続け、道を切り開いています。
株やFX、経済や経営の世界だけ見ていてはなかなか見えない示唆をたくさんいただきました。

この素晴らしい催しは
f0073848_2311156.png

のイベントでのこと。

伝統工芸の世界で田中傳次郎さんが音頭を取って各界の著名なアーテイストとのコラボレーションが実現しているという印象を受けました。

片岡愛之助さんのセリフ回しも素晴らしく、茂山逸平さんの乗りの良さも堪能させていただきました。

ラストは市川猿之助さんを襲名された亀治郎さんの舞踊で幕。各界のスーパースターが同じ舞台に上がられるというのはチャリティ公演だからこそ実現できるのでしょう。

いやはや、至福の三時間でした。

上妻宏光さんのホームページで演奏日程をチェックしてまた聴きに出かけたいと思っています。


f0073848_23132564.png

上妻宏光さんのホームページ

一噌幸弘さんの公演日程がわかるページも見つけました。毎日のように演奏されているのですね。
能楽堂にも出かけたいと思います。

そして、ふっとつけたテレビで高倉健さんの「プロフェッショナル」が放送されていました。私は高倉健さんの映画を映画館に駆けつけてでも観たいというほどのフアンではありませんでしたが、ドキュメンタリーを拝見して
●撮影中は座らない(で体を鍛えている)
●次回の予告編で「幸せになりたい」と話されていること
●若手女優に「売れれば売れるほどおいしいことを回りが言ってくるよ。あなたが幸せかどうかなんて関係なく、売れるか売れないかが彼らの関心事でこの世界でのすべて(みたいなことをおっしゃり、そのあとの言葉は飲み込まれたけれど、幸せは自分でつかみ取ろうと努力しないと周囲に流されていくよ、売れ始めたときに注意しないと、みたいなことをおっしゃりたかったんだろうと思います)
●親からは大学まで出したのに、こんなもの(役者)になりやがって、という恥ずかしいものになったという気持ちがあった
●平戸の町の雰囲気について、私もかの地に伺って感じたことでしたが「この町のこの雰囲気はなんだろう、と歩きながら考えている」
●港に向いたお墓にすべて生花が毎朝、手向けられていることに気がついて
●「久しぶりに美しい海を見た」というセリフに「美しくない海もある、ということでしょう?」と指摘されたり

ものすごく含蓄の深いお話しをされていて、プロフェッショナルな人の持つ何か地獄の片りんみたいなものを見た気がして、強く惹かれました。

健さんの映画「あなたへ」は大ヒットしているそうですが、マイナビニュース
こちらも是非、近々、観に行きたいと思います。
シアター一覧です

by yoshi-aki2006 | 2012-09-08 23:44 | アンテナ | Comments(0)  

急場しのぎのシャワー術~頭すっきり感ゲット!

新潟講演から無事、帰京しました!
それにしても、またしても風雲急をつげ、雷や集中雷雨が午前中にあり、大丈夫かしら?とお客様のお足元を心配しましたが、相場上手な皆さまは、こんな日は相場より講演をと御判断されたのでしょう。多数のご来場を頂きました! まことにありがたく、心より御礼申し上げます。

さて、今日は大切な日のシャワー術について(応急処置ですが)。
講師などで人様の前に立つかたは身だしなみを整えて、身ぎれいにして登壇したいと気を使っておられると思います。
さて、その際、悩ましいのは頭髪です。
出張が絡むと、バタバタと出かけてきているわけで、どうしてもその日が、洗うべき限界デーだったりします。夏場だと匂いも気になるわけですが、着いたその日は移動とご挨拶などで何かと忙しいものです。

そして疲れがでて、ホテルの部屋に帰りつくと、つい寝てしまうことになりがち。

で! あら、大変、身キレイにしなくてはと、講演当日にバタバタと頭髪シャンプーをすることになりがちなのですが、これは考えモノ。

私の場合、テレビにせよ、登壇にせよ、直前シャンプーは頭がとっちらかる遠因になります。
なにしろ髪の毛が多いし、長いし、洗ったり乾かしたりしているうちに集中力がそがれていきます。

そこで、美容院での処置も含めて、当日シャンプーは避けています。
でも、すっきりしたいし、さわやかな匂いにもしたい。

どうするか?

一番いい方法は朝シャワーの際にボディシャンプーでうなじをしっかり洗うこと。

髪の毛は緩めにアップにし、うなじがわの頭皮までも泡だらけにしてしっかり洗います。少々、泡が髪の毛についても気にしない。
次にシャワーヘッドをうなじがわ頭皮に押し当て、しっかり石鹸成分を洗い流します。

最後に乾いたバスタオルをうなじにあてて、水気を吸い取ります。髪の毛を本格的に洗った時と違って、タオルドライで十分、乾きます。

これでうなじにこもった匂いも汚れも取れ、髪の毛を洗わなくても十分、そう快感をゲットできます。
時間がなくて頭髪を洗えない時にもこの手が使えそう。

シャワーを浴びるたび、この方法でうなじやうなじがわ頭皮をしっかりボディシャンプーで洗っておくとスーツなどの襟まわりも汚れにくくなります。

髪の毛が長い人の応急すっきりシャワー術。

すごく気持ちが良く、出張の帰りの電車でも快適でしたのでおためしあれ。
うなじとうなじに近い頭皮、耳後に匂いがこもりやすいので、デオドラントケアもばっちりです。

ただし、応急処置なので、お風呂タイムに丁寧に一日の疲れとともに頭髪ケアに配慮したシャンプーできれい頭皮、頭髪を維持いたしましょう!

by yoshi-aki2006 | 2012-09-04 22:33 | 工夫 | Comments(0)