<   2013年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

祈りの島~五島に行ってきました

地図を広げると「ここに行ってみたい!」と無性にひかれる地名を見つけたりしませんか?

私にとって五島列島はそんな地名の一つでした。

ある時、イベントで何の気なしに「五島に行ってみたいんです」とお話すると「私、五島の観光大使をしています」と株式会社の社長さんが島への行き方などを詳しく教えてくださいました。

出張で九州に出かけた時にご縁があれば行きたいなあ・・・と考えていたところ、さまざまな偶然が重なり、とんとん拍子に行けることになりました。

しかも当日は曇り続きの中、その日に限って晴れ。ありがたいことです!
f0073848_1243380.jpg

島に降り立ち、何より良かったことは自然の音だけしかない場所で感じる本当の安らぎでした。
f0073848_1251125.jpg

波の音。
風。
海。
日の光。
この島全体が「祈り」でできているような、神聖な場所のように感じられました。
f0073848_20591870.jpg

しばらく車に揺られたどりついたのは五島の教会のひとつである堂崎教会でした。詳細
f0073848_2058214.jpg

布教を禁止した秀吉の命令によって捕縛され、殉教した五島出身の草庵さんという19歳の青年のブロンズ像が教会のすぐそばに建造されています。案内してくださった運転手さんから教えていただいたのですが、
「磔にされ、亡くなった時、さぞかし痛かったろうと思うわけですが、草庵は笑いながら亡くなったそうです。これで神様の近くに行けると」
と。
それでも、19歳で命を奪われるだなんて、どんなに無念だったろう、と思いました。

本当に笑いながら?

どのような心境だったのでしょうか?

きらめく海から優しく吹いてくる風に身を洗われながら、当時のことを想いました。

東京に帰り、寝床で目覚めると、昨夜からつけっぱなしで寝てしまったラジオから17世紀に活躍したイタリアの音楽家モンテベルティのミサ曲が流れていました。
荘厳なミサ曲の調べに目を閉じながら耳を傾けます。
終わるとアナウンサーが「聖母の被昇天」と曲名を紹介しました。
聖母の被昇天?
昨日、五島の教会を訪ね、信仰も歴史もたいして詳しくない凡婦の私になんという偶然・・・、と不思議な気持ちでうつらうつらしていると、はっと思い当ることがありました。

マリア・カラスの歌ではないけれど、
「神様に祈りも花も捧げてきたのに、神様は何故私にこのような試練を与えるの?」と天を仰ぎたくなるような無念な亡くなり方をした知人がいました。

何の力にもなれなかった自分のふがいなさを嘆き、折に触れ、気にしていたのでした。

若くして亡くなって、辛かったろう。
さぞかし無念だったろう。

ずっと気になっていたのでした。その人はカソリックの信者さんでした。

そうか、そう気にしている私に五島で訪ねた堂崎教会で地元の運転手さんの口を借り、殉教者の物語を通して、
「私は笑って神のもとに行ったんですよ」
と伝えてくれたような、不思議な気持ちになったのでした。

それでも、無宗教も同然な私には「神のもとに行くことの喜び」に懐疑的な想いがありました。すると、これも実に不思議な偶然なのですが、モンテベルティのミサ曲の番組が終わった後に「聖書の言葉を気仙沼言葉で解釈する」取り組みをなさった気仙沼の山浦医師のことをラジオのパーソナリティの高橋源一郎さんが紹介されました。

f0073848_8274099.png


ギリシャ語の原典にあたると、キリストの言葉はこうだった、ということを気仙沼の方言で書いた本だそうです。その一部分を高橋源一郎さんが紹介されたのですが、実に分かりやすい哲学で、「なるほど」という気持ちになったのでした。

本当に本当に不思議な力に導かれて、偶然が重なって出会ったメッセージの数々だったと思います。

心に想いがあれば、ずっと想い続けていれば答えに近いものと出会えることがあり、歴史や地図で気になる場所、名前、地名があれば何かあるのだと思います。

想い続け、気になる場所は訪ねてみるといいですね。きっと何か、深く心を打つメッセージと出会えるはずです。

こうした体験を幾度となくして、つくずく思うのは人間は大自然の中の小さな点にすぎないということです。空のようにきっと何か大きなサムシンググレイトな存在があるに違いありません。


また、心に響く旅に出たいものだと思います。

by yoshi-aki2006 | 2013-03-31 22:38 | 感謝 | Comments(2)  

投資の力~持ち株の売値は自分で決めなくっちゃ!

f0073848_104370.jpg

熊本でのセミナーが終了しました。
はるばる博多、福岡からお越しくださった投資家さんも複数いらっしゃって、ありがたいことだと思っています。感謝でいっぱいです。

皆さんとたくさんお話しているうちに夕方に・・・。

その後、熊本城を歩きました。さくらがきれい・・・。
f0073848_1101935.jpg

さて、つらつら歩きながら考えたことですが、投資家さんは「自分の買った株がいくらまで上がるか?」を非常に気にされます。

でも、長年、目標とする値段をつけても売れないケースをたくさん見てきました。
人はみんな欲がありますし、最高値で売りたいという完ぺき主義みたいな気持をお持ちになるのも分かります。

けれども、投資力とは、自分がここだ! と思う値段で売れること、買えることではないでしょうか?

いくらまで上がるかより、その力を養うことのほうが大切ではないかと思います。

上がるのか下がるのか?


それを知ったところで自分がその価格帯で売ることができなければ、絵にかいたモチです。

大事なのは食べられる餅をいかに市場から獲得するか、な、はず。

ぜひ、研究してみてくださいね。


リーマンショックで急激に下げ、リバウンドした価格帯を意識したいとはたびたび指摘していますが、その価格まで個々の銘柄が戻れるかどうかは別問題。。

リーマンショック→リバウンドの価格帯はあくまで目安。下げ切った後のそのまたリバウンドの価格帯でもみ合っていする銘柄も多いわけですが、昔の高値まで戻すと確信してしまうと、かたくなになります。

もみ合ってこなれて上がるケースもありますが、もみ合ったのち、力尽きて下落するケースもあります。

臨機応変に対応したいものです。
スマッシュを打つようにあちこちから来たボールをさっさ返していく力。

投資とはそんな力も必要ではないかと思います。

神様、この値段まで上がりますように、と拝むものではないですよね。

臨機応変に柔軟に考え、自分の考えで入口から出口まで歩いていく力で投資という道を歩いていきたいものですね♪

by yoshi-aki2006 | 2013-03-30 01:17 | マネー | Comments(0)  

スパイス通になる!

f0073848_9324813.jpg


シンガポールのセントーサ島で買ってきたスパイスボックスに入っていたいろんなスパイス。
これを使って、さまざまな料理に挑戦してみることにしました。

スパイスは体にいい効果ももたらすと言われます。
春は体調管理が難しいとき。

先人の知恵から伝承されているスパイス。
詳しくなれるサイトにもリンクしておきますね!
ヱスビー食品のサイト

by yoshi-aki2006 | 2013-03-28 10:39 | 医食同源 | Comments(0)  

マナー格差、知の格差のスプレッド

都会の混雑した駅周辺。老いも若きもノロノロ歩いている。
不思議だなあ、前の人、具合でも悪いんだろうか?と覗き込むとタブレットの画面に見入っていたり、メールを打っていたりする。

そのうえ、大きなカートを引いていたりするから危ない危ない。
カートで人の足をひっかける。人の足を引く。
若いのにひょろっとしているから階段でカートを落とす。

こんな場所におじいちゃんやおばあちゃん、赤ちゃん抱っこしている人や病気の人は歩かせられないなあとつくづく思う。

みんなタブレットの中の自分世界と通信するのに懸命だ。
目の前の人間とのコミュニケーションなんて関心がないみたいだ。
タブレットの世界ではニコマーク。
現実世界では奴隷のようにうつむき、イヤホンで外のリアルな音を遮断し、夢遊病者のようにふーっと、水の中を歩くように移動している。

電車の中でお年寄りが立っていても、全く気がつかないでタブレットに集中している人が多いのはもはや日常の一コマになってしまった感がする。

ある日はいつも車で移動しているのか若いお母さんが靴を脱がすこともなく子供2人、紙袋で座席3席を確保し、タブレットでフェイスブックの画面に見入っていた。子供たちは身近な母親からしつけられることがないまま、大人になっていくんだ。

彼らがグッドマナーをいつ、どういう形で学ぶのかを考えた。赤の他人の私から満員電車の中で学ぶより、きっといい機会があるかもしれない。そう考えて、注意するのをやめた。

彼らが下りた後、ようやく腰を下ろした高齢の女性二人。「しょうがないわねえ」というような苦笑いをしていた。
彼女たちの孫世代?下車していった若いママ。若いママもきっと誰からもきちんとしたマナーを学ぶ機会がなかったんだろう。

みんな稼ぐことで精いっぱいだったんだろうか? 若いママはたぶん1980年代生まれ。
あの時代、日本人は経済力、消費力を追求していた。

道を歩くとやはり同じような若いママが前に赤ちゃんを抱っこ袋にガンガンに歩いていた。
赤ちゃんのアタマは上下に激しくゆすぶられていた。
赤ちゃんの時、頭に過度な振動を与えると脳みそにダメージを与える。
彼女は誰からもそれを教えられないのだろうか?

自分の発する音量メモリは常にマックス。

電車やカフェで大きな声で喋り捲る人と出くわすことも少なくない。
イヤホンで大音響で音楽を聴いたりしていることと関係しているのだろうか。

マナー格差、知の格差。

それに問題意識が持たれないまま、経済再生ばかりが言われる今。

経済再生の前にちゃんとしたマナーや知性の欠如のほうが国の成立に欠かせないように思うのだけれど。

スマホを持った猿。
消費する猿。

本当の猿に叱られそうだけど、経済だけ強ければ勝てると思う猿の国になっていく先に何があるのだろう。
チャート分析ではスフレッドが開くとトレンド転換する事が多いのだけれど。
低位フラットからようやく這い上がってきた猿に学ぶ機会が近い将来、また与えられるのかもしれない。

by yoshi-aki2006 | 2013-03-26 08:17 | シンキング | Comments(0)  

金子兜太さんの素敵な言葉~他界は「他」「界」でまた会える!

ラジオを聴いていたら、俳人の金子兜太さんのご講演が流れてきた。
聞くともなしに聞いていたら、金子さんは70歳代から毎朝、亡くなった知り合いの名前を一人残らず唱えるのだそうだ。立って、名前を唱える。名前を忘れることもあるけれど、その時はノートを観たりして、思いだし、唱える。

それをすることによって他界した人と「他」の「世界」でまた会えるだろうと思うそうだ。
戦争などでむごい死に方をした人や止むにやまれぬ事情で亡くなった方についてはお考えがあるようだが、そのご講演を聞いて、「いい話を聴かせていただいたな」と思った。

ご存知の方もいると思うが、金子さんは証券業界ともまんざら関係なくはない。日本銀行在職中は証券局にお勤めだった。
朝日の参考記事

さて。

死によって「はい、さいなら」と、そこでぷっつりと現世のかかわりと絶対的な別れになるではないというのはこの頃、つくづく私も感じる。

人生とは「魂の旅」の一過程である、とも思う。

魂はある時は魚や木や男や女の姿をかりて果てしない旅をしているのだろうと感じる。

私たちは「忘れる」ということを体に仕組まれているけれど、時々、初対面なのに、ずいぶん昔から知っているような懐かしい感じがする人や、とても他人だったとは思えない人と出会うことがある。

そういう時、口には出さないようにしているけれど、きっと昔々どこかで縁があったんだろうな、と思う。
エジプトに行ったとき、「うわっ、絶対むかーしに私、ここにいたなー」と感じたし、
小さい頃は前世の思い出だろうか?
寝床に入ると枕元にいつも同じ人がいるようで怖くて仰向けに寝ることができなかった。
あれは忘れたはずの前世の記憶ではないかと思う。

金子さんのご講演放送を聞いて、「そうだ! 他界した人とは他の世界でまた会えるんだ!」との意を強くした。

自分が信じていることを信じられる自分でいよう。

そう思っていた時に聞いたお話しだったので、意を強くした。

金子兜太さんは1919年のお生まれ。放送の中で92歳とおっしゃった気がするから2年前の収録だったろうか。

お声も発想も思考力も矍鑠とした感じで、すごいなあと思った。

俳句を詠み、毎朝、別界の人々の名を唱えて気持ちを届けている人の持つ強いエネルギーに触れ、なんだかとてもよかったなあ、こんな講演をきけて・・・・。

こうした偶然にも意味があるのだろう。

魂がどの人の生に宿るかもきっと偶然なんだろう。

偶然、宿った先の人の生で私たちは各々、宿題をやり遂げようとするのだろう。

「我」が「これは私の人生だ!」と肩ひじ張って主張すると魂はきっと宿題を完遂することはできないのだろう。

ああ、いろいろ考えると本当に面白い。
金子兜太さんの俳句も是非、読んでみよう。
いろんなヒントが得られそうだ。

by yoshi-aki2006 | 2013-03-25 01:46 | 感謝 | Comments(0)  

投資の運用成績は圧倒的にバブル体験組>若手ファンドマネージャーの構図

都内で投資関係のアカデミックな会合がありました。

その席で業界動向にお詳しいAさんから教えていただいたのですが、若手ファンドマネージャーは今の相場に懐疑的。何しろバブル崩壊しか見てきていないので、どうしても消極運用になるそうです。
したがってこの相場なのに、成績はいまいち振るわないのだそう。

今の相場に勝っているのは圧倒的にバブル期体験組。
近年にない強さに、かつて取った杵柄と辣腕をふるい、積極運用で大きな成果を得られているそうなんです。

3月、機関投資家は売り越しですが、4月に入り、方針転換した若手ファンドマネージャーや機関投資家+団塊退職で採用された若手が初めてのボーナスを手にして投資に資金を投じたあたりが一つの山場ではないかと私は思っています。

北朝鮮や尖閣で何もないとは考えにくいことですし、当初の見通し通り、夏場までにポートフォリオをより堅実な内容にして運用を心掛けたいと思います。
f0073848_7301887.jpg

桜の姿は相場に似て、きれいだなあ、そのうちお花見に行こう・・・・と思っている間に散ってしまいます。花弁は風に吹かれれば川面に。
f0073848_7463134.jpg

いろいろなものに目を向けたいですね。
f0073848_106124.png

しっかりリスク管理をしたいものです。
f0073848_11395017.jpg

買うばかりでなく、売ったり、ヘッジしたりが大切ですよね。
f0073848_752758.jpg

煽られず、悲観し過ぎず、平常心で自分の資産運用を心掛けたいものです、

by yoshi-aki2006 | 2013-03-22 07:53 | マネー | Comments(3)  

株の利益で無形資産に投資しておこう!

今春から通うことになった早稲田大学大学院。
いま、補講の真っ最中で法学と数学の準備講座が終了。
今週からは簿記の基礎知識の講義です。

簿記は勘定項目などのうろ覚え部分を一から教わることができ、おもしろく感じつつあります。
簿記で出会う漢字にはなじめる部分があることも救いです。

しかし、問題は数学ですねー。数学なんて四半世紀ぶり。授業は楽しかったけど、問題を解く前に頭が溶けてしまいました。

私は中高と転校転地が多かったので、行く先行く先で教科書の進み具合が違い、そのうちに何が何か分からなくなってしまったのでした。

一生、わからないままでいるのは残念だなと思っていましたので、数学の授業を受けられたことは幸いでしたが、先生が説明してくれると「おお! なるほど!美しい!」と思うものの、試験となるとアタマの中身はイレイサーにかき消され・・・・。理解が進むのは相当先かと思います。

法学の補講では民法、会社法、商法を六法全書から引く作業を教わり、法学部の学部学生の方ならすでにご存じのことばかりかもしれませんが、美大⇒多摩大学大学院と進んできた私にとっては初めてのことばかりで新鮮でした。

補講を受けるうち、ふと気がついたことがいくつか。アカデミックな授業が多い早稲田と少し角度が違って、多摩大大学院って今から思うと、実にユニークな場所だったなあと思います。どっちも行けてよかった感。

さて、この年で何故、また大学院に?と思うわけですが、ちょっとパブってきた株式市場を横目に、かつてのバブル期の反省として、無形資産、有形資産のうちとりわけ無形資産にお金を転換しておくべきだと思ったから。

ほとんどの人がここのところの上げ相場で資産を2倍くらいにしていると思いますが、私の再投資先は自己投資に向けることに。

以前のバブルの時は株に再投資して、その後、それなりにへこんだので、利確できた端から、子供の時に学びたかったこと、しのこしたことに費やすことに。

それにしても、私の父も母も楽しむことが本当に下手な人たちでした。
彼らが心から何かを楽しんでいた姿を一度も見たことがありません。

人は誰しも天才に生まれてくるように思いますが、最初に出会う親族らにフレームを作られて、いつしか似た人、ただの人になっていくのだと思います。

その意味で、自分でフレームは壊し、自分の人生を取り戻さなくてはならないと思います。

心から楽しいと思える何かを求める中に、四半世紀ぶりに解く数学が入っていていいかどうかはさておき、
「学費を工面するのがどれだけ大変なことか」と親にプレッシャーをかけられながら、何のために学ぶのか、よくわからないまま、学校に通うことがつらかった子供時代の思い出から解放されて、もっともっと勉強したいと思っています。

バブルはこうして楽しむものだ、というのが今の考え方です。

早稲田大学大学院を果たして何年で卒業できるかはわかりませんが、無事に卒業したらなおもあと2つ行きたい学校があるので、株価にはそれが果たせるまでしばらく保ってもらいたいです。

再投資は自分の新たなフレーム造りに。無形資産に。

神様には夢がかなうまで株価もさることながら、ボケさせないでくださいなとお願いしよう。

株価は底値から5割反発の過去経験側を当てはめると日経平均株価はあと1000円くらいは上がれるかもしれませんね。
よっ! ミスター日経平均、しっかり~!

by yoshi-aki2006 | 2013-03-09 23:09 | スタディ | Comments(2)  

「もっと高値がある」と株を売れない人にこの質問

持っている会社の株価が上がってくると誰しも、葛藤します。
「売って利確しようか?」
でも、
「もしも、自分が売った後、もっと高値になったら損だよなー」

かくして「もうちょっと持っておこうか」と考え、保有すると?

たいていは値下がりしているものです。
「ああ、あの時、売っておけばよかった」
と後悔するのですが、後の祭り。

でも、売った後に株価を見ると自分が利確した値幅以上に値上がりしていることもあります。すると、
「ああ、やっぱり早く売り過ぎた」
と悔しいような、残念なような複雑な思いに「やっぱり売るとこういう目に合う。持っておくべきなんだ」と思ったりします。

が、それが習慣化してしまうと本当に売らないといけないときに売れなくなってしまう。難しいもんですね。

さあ、そんな悩ましい個人投資家にいい方法をご提案したいと思います。

売ろうかどうしようか悩ましいときは
「今、この高値でこの株を自分は買おうと思うか?」
そう考えてみて、「いやー、こんな高値は自分には買えない」
と感じたら売る。
「この高値でも買いたい」と思うなら保有を続ける・・・・。

「いやー、こんな高値で自分は買いたくない」と思った値段で自分が売った後、その株価がさらに上がっていたら、それはその高値を買った人の恐怖の駄賃と思えば納得も行くのでは?

株価が下がっているときはそれなりに辛いものですが、
上がったら上がったで、また悩ましい。

しかし、だからこそ飽きない=商いのかもしれませんね。

さて、連日のように講演機会をいただいてありがたいと思っています。この日は桑名、大垣に伺いました。
f0073848_12573879.jpg

(桑名会場 三縁証券さん)
f0073848_12585357.jpg

f0073848_12593378.jpg

(東京会場)
私の仕事は「株を買え買え」と煽るのではなく、皆さんがご自身で納得のいく資産運用を行うための判断材料や考え方をお示しし、必要に応じて参考にしていただくことです。
個人投資家が使いやすいツールや考え方、参考にできるデータなどを研究して、次は大阪に伺います。

アウトプットばかりでは枯渇してしまうので、設備投資といいますか、研究開発の意味から、また今春から早稲田大学大学院ファイナンス研究科博士課程前期に通うことになりました。
f0073848_13133163.jpg

仕事の合間を縫って現在、3つの講座の補講に通っていますが、すでに元を取ったような非常に参考になる講義をたくさんしていただいています。

投資家の皆さんにご参考にしていただけるよう、よく消化して、講演に反映させていきたいと思っています!
f0073848_1103671.png

講演会場にお花を届けてくださった方がいて、ありがたいことです!ご夫婦で遠方からご来場くださったり、本当にうれしいですね♪

f0073848_1305616.jpg

ちなみに株よりマグロが好きな愛猫サリーちゃんです。この子は我が家に来て3年目。体は外猫時代の3倍以上に育ちました。資産運用、猫育並みに行きたいものですねー♪

by yoshi-aki2006 | 2013-03-04 12:53 | マネー | Comments(4)