経済評論家、一級FP技能士、チャート分析家の木村佳子さんが素敵な明日を迎えるためにお届けする ライフ&マネー メッセージ   ホームページはhttp://homepage2.nifty.com/fp-money/

by yoshi-aki2006

<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

株式投資 今後の方針

名古屋に伺いました!
f0073848_87368.png

梅雨まじかで直前入りということもあり、体力的には厳しいですが、たくさんのお客様の熱気がありがたいです。
f0073848_811678.png

f0073848_81381.png

こうしたさなか、FM局に出演しました。
テーマはやはり気になる株の話。
月曜日の15時台の経済分野のレギュラーとしてしばらく出演させていただくことになりました!

経済分野で仕事している仲間にも声をかけて、個人の資産形成に役立つコメントの発信をお届けし続けたいと思っています。

何しろ、マスメディアの見出しは刺激的。
「乗り遅れるな! この夏、2万円相場」という広告を見かけました。
うわー、2万円相場説って、すごい強気な記事だなーと思って中刷り広告を見ていたのが5月20日のこと。
翌週、おなじ雑誌の中刷りは一転、「すぐ逃げよ! 大暴落がやってくる」というものでした。
同じ雑誌とは思えない急旋回にびっくりです(マスメディアにとって暴落、暴騰は商材なんですね~)。

マスメディアは現状を報道するのが仕事。

とはいえ、もしも、こんなことを評論家やアナリスト、ストラテイジストがやったら、お客さんに相手にしてもらえなくなります。

一応、自分の見通しの検証もしておきたいと思い、過去のワンツモ記事のURLをリンクしておきますね。
日本証券新聞正月号

今年の株式市場見通し 週刊チャートブック新春号

名古屋の講演会でもお示ししましたがチャート分析で押し目メドをパワーポイントでご照覧いただきました。
5月30日の東証会館での講演でもお示しいたします詳細です
講演の日程

本日の毎日新聞朝刊の金融コラムにはゆったりした投資に関して記述させていただきました。

楽せず無理せず行きましょう!
by yoshi-aki2006 | 2013-05-28 08:53 | マネー | Comments(0)
5月23日の前場急騰、10時すぎに暗転大幅下落。

ああ、こういう相場は過去にもあったなあと思い出しました。1986年~1989年の3年間にも5月全面安というのはありました。

そのあと、また出直ってきたのですが、個人投資家は「日経平均株価は高いのになぜか自分はもうかっていない」という状態にさらされました。

ところで、そもそも相場の高値圏はそういうものなのです。

日経平均株価は上がっている。
でも、なぜか儲からない。

これは一つのシグナルです。

暮れはじめたら道に迷いますし、天井圏で汗みどろになり、自分の購入した株を無知な誰かに高値で売りつけるのはなかなか難しいものです。相手が夢見てくれていなければ高値では買ってくれません。ということは、まだ夢がたくさんあるうちに自分は目覚めて山から下りる算段をしなければならないのです。

個人投資家は早めに山から下りるべし。

あとは巨額の資金を動かしている機関投資家の動向をよく見極めて納得したらまた買えばいい。

休むも相場といいますものね。

さあ、6月は新成長戦略も発表されますし、ボーナスシーズンでもあります。
選挙も目前で7月に発表される四半期のGDPもいい数字だろうと思います。

よい材料がたくさんある時は、すなわち高値で売れるチャンス。

今、参戦している人には少なからず、リーマンでやられた人もいると思います。
その懐具合は1000万円投入し、リーマンショックで100万になって、やっと500万円くらいになったというところでしょう。

今の今、売れば350万円くらいかもしれない。でも、、銘柄の見直しをして下げに強いポートフォリオにしておけばまた、いくらでも儲けられると思います。

f0073848_38197.jpg

どこに伺ってもかつてないご来場者数とのこと。

この日も皆さんとご一緒にまたまた、チャート研究をしました。
f0073848_311036.jpg


一円でも高く売りたいと誰しもが願うものですが、買う相手は一円でも安く買いたいわけで、買ってしまった以上、買ってくれる人が納得する値段でしか売れません。

気前よく高値を買ってくれる人は自分の知らない夢を見ているわけで、一緒に夢見ていては高値で持ち株を売るのは難しいといえるのでは?
by yoshi-aki2006 | 2013-05-26 03:20 | マネー | Comments(1)
連日のように各地で開催される資産運用セミナーで登壇機会を頂き、ありがたいことです。

会場には取材も入り、場内に入りきれないお客様はホールの玄関先に補助椅子を出してモニターで聞いていただくほどの大盛況です。
f0073848_1231274.jpg


日経平均株価が上がっているので皆さん、株式投資への関心がいやがおうにも高まっているわけですが悩ましいのは自分が儲かっているかどうかは別問題という点ですね。

儲かっている人もいますが、これだけ相場がいいのに損しているケースも耳にしますからしっかり今後の投資作戦を立てておきたいですね。

相場の過熱感については、私なりの様々な分析から「ゴルフでいうと相場は今、午後2時45分ごろ」とご説明しています。するとみなさん、実感というか、肌感覚的でなんとなくわかっていただけるようです。

たとえ話だとうまく言いたいことが伝えられるものですね。これからも伝える力を磨きたいものです。

f0073848_1254833.jpg


f0073848_1261675.jpg


余談ですが、画像で見ると自分でいうのもナンですがずいぶん髪の毛が伸びていますねえ。切りに行くのを先延ばししていたら、ものすごく長くなってしまいました。
一気に暑くなったこの季節、首や背中の暑いこと暑いこと! 
加えて、講演用のスーツも裏地がついているものは暑いと感じる季節になりました。

出張の時、パーマヘアだと出るときに時間がかかる。
講演の度に服を変えていると時間がかかる。

それでパーマヘアをやめ、服も冬はコレ、春はコレと一点主義にしていたのですが、
ぼつぼつ髪も服も効用の限界に達してしまった気がします(^^)

これからはもっと暑くなります。
夏に備えておかなければと思います。
涼しく過ごる対策を施したいですね。

こうしたことは相場にもあてはめられますよね。
これからは山場の主戦場に場面は転換します。
炎天下、戦い勝ち終わる体力気力は残っていますか?

体力気力が厳しいと途中で何が何だか分からなくなりますよね。

玉不足にもならぬよう、十分備えて天王山を勝ちに行きましょう!

もちろん、ご自身のキャパを考えて早めに山から下りるのも大賛成です!

今後の予定ですが、
23日滋賀県長浜

24日大阪朝日ホール

27日名古屋

30日東証会館 日本橋茅場町
31日静岡

と講演会が続きます。

講演の詳細お申し込み先はにリンク先を示しました

お時間がございましたら是非足をお運びくださいませ。
by yoshi-aki2006 | 2013-05-22 12:16 | マネー | Comments(1)
マネー運用ニーズに基ずいて開催される資産運用セミナーの講師として全国各地にお邪魔しています。
f0073848_128638.jpg

この日は山陽新幹線駅から乗換え、山陽本線のある都市に伺いました!
集客はどうなのかなと思われる非常に静かな地域ですが、開催者さまから始まって以来の多数のお客様のご来場をいただいたとのことで中には満席のためお断りしてしまったお客様もあったとのことでした。
ご入場できなかったお客様、申し訳ございません。

お申込みいただいたこと、ありがたく心より御礼申し上げます!

皆様の関心事は「この相場、どこまで続く?」「いくらまで行く?」「何を買えばいい?」「持っている株の売り場は?」に集約されています。

私なりの見方をお話しし、参考にしていただけるような資料もお示しさせていただきました。
f0073848_12143819.jpg

おひとりおひとりの考え方、相場観に照らし合わせて資料を活用していただければ幸いです。
講演が終わった後は、会場ホテルと開催者様のご厚意で時間の許す限り、みんなでチャートのミニ勉強会をしました。

f0073848_12291912.jpg


おひとりおひとりの大切な資産です。

納得できるお値段で売買できるといいですね。

昔から欲のおさめどころが一番むつかしいことだとは衆目の一致するところですから。

皆さんの上首尾をご祈念しております!
ありがとうございました!

さあ、今日はまた通常のお仕事と夜間は大学院で新たな知識を獲得すべく、奮起~!!
f0073848_12342985.jpg

by yoshi-aki2006 | 2013-05-15 12:26 | マネー | Comments(0)
ずるっと100円台に滑り始めた為替。

日銀の政策は果たして有効かどうか、有識者らの間では議論になっているところです。
中には「日本の金融緩和で円と日本国債は暴落する」と指摘している高名な学者もいらっしゃいますから、私たちも一人一人が自分の資産運用にしっかりとした考え方を持ち、リスク管理の徹底が必要だと思います。

おりしも長期国債発行残高1000兆円目前。
日銀の日本国債買い上げスキームと日本の貿易赤字と国債発行残高1000兆円目前という組み合わせがベストミックスで推移できるのか、アベノリスクになるかについてはなかなかスリリングな局面に差し掛かっているといえるかもしれません。

黒田日銀総裁が制限なく日本国債を買い上げると表明したことで、生損保は運用対象としての日本国債が少なくなり、収益機会を失います。日本国債を引き受けども引き受けども日銀が買い取ってしまうため、運用難に陥るというわけです。数社がすでに「外国債組み入れ比率を高める」と表明していますから、円売り、ドル買いして米国債を買うことになるわけです。

すると円安は進みます。
円安が進めば日経平均株価は円安感応度が高い指標ですから株高になります。
株が高ければ投資家中心に満足します。

この構図の別の面を考えてみると、日本国民の税金を使って、外国債を買うスキームであり、それによって生じる円安で株高が進行することで株価面で日本の弱体化が進んでいたことを止め、相対的に中国の台頭を抑える力にもしようということにもなります。

この構図がうまく働いている間に東アジアの経済成長力をTPPで取り込んでいこうとするのでしょう。一番の利得者は誰かを考えれば、今後の運用のヒントも広がるのではないでしょうか。

もちろん、このまま株高が続いてくれることが望ましいのは言うまでもありませんが、ブラックスワン型のリスクを忘れてはならないと思います。

なので小さいシグナルでもヒントにしたいと思っています。
最近、私なりに注視している気になる「自分指標」に警戒警報がちらちら点灯しているのが気になっています。
たとえば、リーマン直前の時、高値だった銘柄群。その後の低迷をへて今まさに浮上してきているので「ぼつぼつかなー」という感想をもってしまうんですよね。
もうはまだ、まだはもうというので、気が早いかもしれませんが、警戒心は忘れないようにしたいのです。

2005~2007年7月まで続いた「夢」のその後に起こったことを忘れずに、しっかり、「ここだ」という時に出口戦略を完遂する投資家でありたいものです。
だらだら買い続ける投資より、メリハリつけた投資のほうが緊張感があっていいものですよね。「何事にも終わりがある」というデッドライン意識を持って投資するのと、そうでないのとではまったく成果が違ってくるのは自明です。
ノーポジで相場を見る時間もあっていいと思います。

さて、株だけでなく、自己投資も怠りなくということでよく学び、よく食べているうちにアイスクリームのおいしい季節に差し掛かってきましたね。
f0073848_119083.png

添えられている食べるほうずきがおいしかったです♪

色々な人たちと意見交換の機会を持つことも忘れずにということで、以前、一緒にMBAをとった仲間と久しぶりに会うことに。
名目は読書会です。
会場は経済アナリスト氏に紹介してもらい、今回二度目の西麻布のビストロ・アンバロン
ちなみにこちらの両角オーナーは定期的に海外でMBAを取得したい人向けのイベントも開催されています。ワイン通向けには生産者を招いてのイベントもあり、なかなか素敵なお店ですよ。

さて、仲間に今の私の学生生活お話ししましたが、興味を示してくれたので、是非、早稲田大学大学院ファイナンス研究科の秋入学を勧めたいと思っています。仲間を「院」に引き入れて、勉強を助け合いたい=助けてもらいたいという本音=下心もあるのですが(^^)。
f0073848_127234.jpg

それにしても、いい本を紹介すると皆さん、ちゃんと読んで、読書会開催を提案されるという・・・・、本当に勉強が好きな人たちでございます。久しぶりに、仲間のまじめさ、熱心さに触発されました!
by yoshi-aki2006 | 2013-05-11 01:51 | マネー | Comments(0)

運を造る!

自分が運のいい人なのかどうか? と誰しも考えたことがあると思います。

「自分だけは人とは違う=運がいい」と思ったり、「自分はこんなにいい人間なのに=運が悪い」と思ったり。

隣の芝生は青いということで、人と比べて運がいい、悪いと思うこともあるでしょう。

運に恵まれた人もそうでない人も人の運は同じ数と量だけあり、今の時点で比べるのはナンセンスという考え方もあります。

確かに運がいいように見える人の他の部分ではそうでもないことがあったり、家族や同僚という総体で見ればまた違った見えかたをする場合もあります。

さて、「運がいいか」「悪いか」についてですが、たとえば親などの環境が上げ潮でその上げ潮の中に生を受けた人の場合、ある意味で運がいいといえるでしょう。でも、親の七光りで世の中に出てきても、あっけなく消えていく人も少なくありません。

運はある程度あるとしても、運の良さを続けるには本人の努力が何よりも大切という証ですね。湿り気を帯びた紙や木を燃やすことが難しいように最初から大変な困難に見舞われている人もいますが、一人ではなかなか火がつかなくても大きな流れの中で次第に大きな松明の一つになることもあります。

運がないと思えるようなときでも、「運を造ることは自分でできる」と言い聞かせ、辛抱強くチャンスを待つことですね。

湿った木でも、松明になれることがある。

乾燥した木はよく燃え、明るいけれど、灰になるのも早いといえます。また、一人でぼうぼうと燃えすぎれば、地面に落ちるリスクも強まるし、やがて、持ち手の手に負えなくなり、どこかの火種に分散されてしまったりもします。

自分の運が湿っているのか乾いているのかはなかなかわかりませんが、あまり気にせず、日々、努力を重ねることに専念しましょう。たぶんそれが運を造ることにつながると思います。

emoticon-0170-ninja.gifemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0170-ninja.gif
by yoshi-aki2006 | 2013-05-07 11:48 | 生きる力 | Comments(0)

体が資本!

夏木マリさんのラジオ番組のタイトル「じょうぶも芸のうち」につくずく、納得!

何事も体が一番の基本です。
特にフリーランスであれば会社で請けて誰かが代わりを務めるということがなかなかできないので、
人に迷惑をかけないためにも体をことのほか大切にしなければなりません。

どっか悪い所はないかしら???? 
と気にして定期的に検査をするのですが、

「どっこも悪い所はありません。次回、お会いするまでお元気で! しばしのお別れですね~」

とは検査をお願いしているセンセイの毎度の口上。

どっこも悪い所はないか・・・・・。検査結果を聞くたびにほっとするのですが、何故か、うれしいようなさびしいような、複雑ーな気分になります。不思議!

さてさて、そんなじょうぶなはずの体がどうしたわけか奈落の底に落ちたように悪くなるのは決まって連休や正月休み。

休みが体を病にする。
忙しいから稼働する。
そんなふうにできているようで、どこかでもらっちゃったらしい風邪か、鼻がずるずる。

なかなか良くならないので一念発起して滋養のある食べ物をいただくことにしました。

足を向けたのは近所のキッチンボン。
あまりにも有名な昭和の洋食屋さん。

ここのボルシチにはたっぷりの野菜や肉のエキスやにんにくが入っているため、めきめき体調が回復。
お値段は手が込んでいるだけにけして安くはありませんが、お昼に行けばリーズナブルな価格帯のランチがそろっています。
ボルシチのお写真は食べログに詳しいのでご参考に
帰りにプロポリスとレモンを買いました。
はちみつには免疫力を高める成分が入っていると聞きます。
プロポリスやはちみつをレモンジュースと一緒に飲んで、しっかり「鼻ずるずる」を治すおまじないをかけることにしましょう。

もう一年の三分の一以上が過ぎ、6~7月をやり過ごせば一気に秋です。

例年、太陽活動が一番盛んになる入り口のこの5月~夏至くらいまでが一番体がしんどいように感じます。

道端にはサツキなどの花盛り。

花を咲かせるところまでは自分の努力がモノを言うなあ・・・・と感じます。

花が咲いた後の受粉や結実は出会う相手との合作ですものね。

花を咲かせるところまでは自力でなんとかしなければなりません。

まだまだ努力が足りない自分を反省しつつ、鼻をかみかみの帰り道。

さあ、連休もおしまいです。頑張りましょう!
by yoshi-aki2006 | 2013-05-06 00:06 | 医食同源 | Comments(0)