経済評論家、一級FP技能士、チャート分析家の木村佳子さんが素敵な明日を迎えるためにお届けする ライフ&マネー メッセージ   ホームページはhttp://homepage2.nifty.com/fp-money/

by yoshi-aki2006

<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

株価が下落しています。
9月にならないとアベノミクスの進展具合を推し量りようがない、として外国人は静観の構えです。

個人投資家もマーケットを静観する余裕がほしいですよね。それにはノーポジションが一番!
日本には素晴らしい会社が多いので、いったんその会社の株主になるとお別れするのが辛くて、なかなか手放すことができません。

でも、たまには「お金に変身してー!」とおまじないをかけないと株持ちになれても金持ちにはなれません。
売る段になると「こういういい話もある」「私は昨日買ったばかりなのにこの下げに見舞われた」といろんな自分の気持ち、事情が優先してしまい、売るに売れないものです。

しかし、売らないと下落相場に巻き込まれます。それはいやなはずなんですよね。だから、売る!売る!売る!
時には持ち株ゼロにしてじーっとマーケットを見ることも必要です。

すると下げがうれしい投資家になれる。

ぜひ、実践してみてください。
気持ちに余裕が生まれれば、いろんな知恵が湧いてきます。100万円が30万円になったとしたら、30万円もあると思うか、30万円しかないと思うかはそれぞれです。
30万円でまた、種まきをすればいいじゃありませんか。

売る!売る!売る!
ノーポジションで今足元のマーケットを見ることです。
楽しく過ごせること請け合いですよ。

さて、今日は役に立つサイトの一つとしてモーニングスターの株ランキングのページをご案内します。

いろんなマーケット・ランキングがありますが、ここのサイトのすっきり感、楽しんでくださいね!
8月には新しい取組としてFPプランに役立つセミナーをエンジュクで開催します。
エンジュクさんでは「土日で株注文が出せる人になる」講座も開催していますので株価がどかんと下がった時に株を買ってみようと思っている方はご参考にしてくださいね。

こんなサイトを作ってくれていますので見てみてください
by yoshi-aki2006 | 2013-07-30 09:50 | マネー | Comments(0)
2日間で昨年比1,000名増の計7,800名の過去最高の来場者となった「名証IRエキスポ2013」で講演させていただきました!
f0073848_14504297.jpg

f0073848_1447957.png


今日は東証アカデミーで講演です!
雷がゴロゴロいってますのでご来場者のドタキャンもあるかなー。
受付は満席御礼で閉め切りましたが・・・・。
講演内容以外にお天気も気になりますemoticon-0157-sun.gifemoticon-0156-rain.gifemoticon-0157-sun.gifemoticon-0156-rain.gifemoticon-0157-sun.gifemoticon-0156-rain.gif
f0073848_1450666.png

by yoshi-aki2006 | 2013-07-23 14:51 | 感謝 | Comments(0)
電車の出入り口に突っ立っていると乗り降りする人の邪魔になるからなるべく、奥に詰めなさい!

親にも学校の先生にも周囲の大人にもそれが社会での作法だといい聞かせられてきた私にはつい最近まで、スマホに見入るあまり電車入り口で立ちはだかる人々が不思議でならなかった。

みんなで効率のいい社会空間を作ったほうが結局自分が得をするのに、何故、この人たちは自分世界にかくも集中しているのか?

なかなか理解が進まなかったけれど、 こういうふうに考えるようになって最近、あまり腹が立たなくなった。

「そうだよ、この人たちはコスパ男でありコスパ女なんだ!」

つまり、自分の24時間を最大限に高パフォーマンス化しなきゃ損だと考えているからこそ、一分一秒たりとも自分の得になること以外に注意を払わないわけである。

自分がスマホの画面に夢中になり、イヤホンで外部の音とも遮断され、目的地に着いたにもかかわらず、なかなか電車から降りなくて、乗り込む人の迷惑になっても自分のコストパフォーマンスの最大化を図ってそうなったのだから、彼ら彼女らには関係ないのだ。

もともと人間にはそういう要素があり、どんな人も自分のパフォーマンスが何より大切で、効率的、効果的に立ち振る舞えればうれしいのだ。

だまたま、スマホという機器があるから、人間のそうした部分が見えやすくなっているのだろう。
一分一秒たりともスマホ画面に張り付くことが自分の時間や人生のコストに最大の効用をもたらすと思っているわけだから、車内奥に詰めることはもちろんのこと優先席に臆面もなく着席し、機器を使い倒すことが自分の効用最大化のためには必要なのだろう。

もっとも、私は昔よくいた「大将」「旦那」というか、コスパの対極の人に魅力を感じるし、コスパを超えた男にも女にも大人のイロケを感じるけれど。

さて、コスパ男&コスパ女の時代。
株主優待にどっぷりハマる人たちは株を媒介にして自ら投じた資金のコストパフォーマンスを優待重視で回収しようとしている人たちと言えるかもしれない・・・・・。

何しろ、投資はそもそもが難しい。
調べ事をしたり、タイミングを見極めたり。
死ぬほど努力して投資の研究をしたところでキャピタルゲインを得られるとは限らない。
それどころか努力しても大損とも無縁ではないのがキャピタルゲイン狙いの株式投資の難しい所だ。
小金持ちな賢い人が損をする理不尽な世界でもある。

しかし、株主優待は株価が高値でない時に買うことができれば、あとは自動的に「品物」「金券」などが送られてくる。
コストパフォーマンスを追求する人にとって、ハマる要素満載である。

と、そんな話を取材で3時間ほど話たら記者の人が面白がってくれて記事にしてくれるそうです。
来週発売(だと思います)の女性自身。
掲載されたらまたご案内しますね。

さて、まだまだ続く各地への出張講演。
f0073848_002860.jpg

f0073848_012296.png


終わってそぞろ歩く北海道庁。
ビルの工事が始まっていました。
何が建つのかな。
f0073848_04384.jpg


北海道で束の間のお散歩。
大学院、仕事、出張、会社業務、主婦仕事など連日のハードスケジュールですが寝ないでも結構平気なんだなと気がつく毎日です。

今度の水曜日は福岡。
金曜日は名古屋に伺いますね。
by yoshi-aki2006 | 2013-07-12 23:50 | マネー | Comments(2)
講演で各地に伺わせていただいています。

どの地でも投資家の皆さんが「知りたいなあ・・・」と考えておられるのは「株価はどこまで戻れるか?」という点です。

「いやはや、5月23日の午前10時以降、あんなに急落するとは思わなかった」
「もうちょっと早めに売っておけばよかった」

どなたもがそう考えておられると思います。

なので今回の14000円台回復はめでたい限り。
できれば売りたいが、もうちょっと利益を乗せて最善の売値を探したい。

こう考えるのも人情かと思います。

今まで個人投資家向けの講演や執筆活動に従事させていただいてきた私ですが、仕事のプロセスで得た知見として

日経平均株価、いくらまで行きますか?と聞き、目安を自分なりに掴み取って、持ち株を売ろうとするやり方はうまくいかないことが多いものです。

日経平均株価を目安にするのではなく、自分の持ち株に利が乗ったら、てっぺんで売ろうとせずさっさと売るほうが運用成績はいいといえます。

それでは「儲け感」で物足りないと思うなら、1単元でなく、3単元ぐらい同一の銘柄を安いうちに仕込み、売りあがるといいと思います。
一単元のみ保有し、それを高値で売ろうとするから売り損ねるわけです。

日経平均株価の上昇は自分のリスク管理能力を鈍らせます。

理由は日経平均株価が上がっているから、もうちょっと自分の持ち株も上がるだろうと考えてしまうからです。

日経平均株価はお化粧可能な指標で、お化粧後、デリバティブでいかようにも変幻可能な指標でもあります。

お化粧をとると、元の顔にびっくり! というのは実生活でも経験することですよね。
というわけで、リスクを管理する能力を磨きましょう!

この日は新潟に伺いました! 開催のご案内は主催者様も初めての開催地ということで手探り状態だったそうですが、飛び込みでご来場くださった方もいらっしゃって、とてもうれしかったです。若い方からシニアまで幅広い年齢層の皆様に熱心に聞いて頂き、大変ありがとうございました。
f0073848_1065164.png


次は浜松と札幌に伺いますね。上段が浜松で駅近の会場です。
f0073848_1015211.png


下段が札幌でホテルが会場です。
f0073848_10233145.png

いずれも画像をクリックしていただくと拡大します。

このブログ用にヤフーファイナンス多機能チャートで日経平均株価のチャートを作成している間にも100円ほど日経平均株価は値上がりしました。
どんどんお化粧が進んでいるようです(化かされないように(^^)なさってくださいね~)
f0073848_10175839.png

by yoshi-aki2006 | 2013-07-03 10:27 | マネー | Comments(2)
アホにつける薬があればなあ・・・。
時々、そう思います。
そんなお薬があれば自分の頭に擦り込んで、もちょっと賢くなりたいです。

「自分は誰より賢い」と思ってふるまう若気の至り期。そんな時期は誰にもあると思います。
自分はすいすい難なくできるのに、他者はできないと、「ホント、周囲ってバカばっかり」とか「アホとちゃう? そんなんもわからないん?」とか心の中で思ってしまう。そういう時期は確かに誰でもあると思うんですよね。

体が動き、頭が働き、物事がいとも簡単にできてしまう。
体のあらゆる部位が全開モード。

しかし、時間とともにその奇跡は放物線状に落ちていく。

日暮れの気配を感知するのが30歳台後半。
日暮れの足音が聞こえるのが40歳台前半。
そして、あとはドックイヤーが始まります。
放物線の落下が始まります。
つるべ落としのように、7段飛ばしのようにそれはやってくる。

夏の蝉みたいなもんです。
真夏の暑い時期、激しく空気を震わせて泣いていたかと思うとポトリ。
それぐらいドラステックに。

そして一つ二つとできないことが増えてくる。
で、今回の表題のようなことを思うようになるわけです。

アホにつける薬が欲しいなあ・・・・と。
たぶん、この表題に苦笑い、あるいはクスリと笑いながら共感してくださるのは私と同世代か、それ以上の方だろうと思います。

さて、今回の私の「アホ」をお話する前に、アホを定義しておきたいと思います。私が東京にやって来た時、一番ビックリしたのは「バカ」という言葉でした。関西出身の私は「あんた、アホやなー」とかいうような言い方には慣れていました。この言葉の意味するところは「あんた、何してんのん。しょうがないなー、うんもー」みたいな柔らかいものです。

「もうちょっといい方法があったでしょうに」とか、「そんな効率悪いことしていたらもったいないじゃない?」みたいな意味も含まれていると思います。

関西では、アホという言葉をそのような含みで使うシーンが多くあり、必ずしも「アホ」イコール「バカ」ではないといえます。

関西から東京にやってきた時に聞いた「バカ」という言葉は強烈でした。それは全否定にも似たくそみそな言われ方に感じられたものです。

さて、そういうわけて゜ここでいうアホは「もっとちゃんとしたらそんなことにはならなかったに」「抜けているよねえ、思考力、注意力が」という意味をちょっと自虐的にからかい気味に使い、少しでも次回からは注意力を充実させて同じ失敗を繰り返さないようにしましょうという意味で「アホ」という言葉を使います。

今回の私のアホはピーリングのしすぎで肌を傷めてしまったことでした。

ピーリングというのは肌にたまった角質を何らかの方法で薄くするというもの。
角質を取り除くと剥き立ての卵のようにぷるんとしたお肌になりますが、やり過ぎると肌を傷めることになってしまいます。

以前、受けた処置で肌にたくさん傷がついてしまい、以来すっかり懲りて、あまり他人にお任せすることがなくなったお肌の手入れ。

インターネットで「温泉でよくある剥きたて卵肌になれるピーリング材」というものを見つけて購入。適切な期間を置いてこれを使えばそれなりの効果はあると思いますが、人はついその「適切な期間」というのをコロっと忘れ、ついつい使いすぎてしまいます。

さて、ピーリング材でピーリングする度に肌に風を受けただけでもスースーするようになりました。ひょっとして使いすぎかも?と思った時には肌は非鳴を上げていたという次第。

やたらとかぶれやすくなり、カサカサするため皮膚科に行くと
「ピーリングしずき」とのこと。
処方していただいたクリームで保護していたら嘘のようによくなりました。

「せっかく外からの刺激を守るために皮膚が機能しているのにその機能をわざわざ破壊することはない」ということを身を持って知った次第。

ホントにアホでしたねー。

きっと私の頭では、
かつて肌を傷めてしまった→その時の傷跡を治したい→上からどんどんピーリングで皮を薄くすれば傷跡は薄くなるはず
と考えて、薄くする材料に「こりゃいい!」と思ったんですね。

コンプレックスを解消したい、というニーズにこたえようとしてさまざまな商品が提供されているわけですが、

必ずしも最善の方法ではない、ということ
自己判断にはリスクが伴う、ということ
てっとりばやくお手軽に、という部分を刺激される場合は特に慎重に、ということ

を「アホにつける薬」にしたいと思います。

どっか抜けている。人間の思考にはそういう部分があるものですよね。

こうした「アホ」=抜けている部分=を人に指摘してもらうには信頼のおける知り合いを何人か持つということも必要です。

今回、私の「アホ」を気付かしてくれたのはほかならぬお肌。真っ赤になり、皮がむけてきて、「あなた最近、何か、過剰にしていないですか? 私、こんな風になっちゃってるんですけど」と私の頭に教えてくれた。

体の声に耳を傾けようとする気持ちが残っていて助かった!
また、「アホにつける薬」のお話、書かせていただきます。
ネタには当分困らないほどな日常ですので(^^)
f0073848_451298.jpg

こんなんが解けると思っている自分もまたやっちゃってる「アホ」なチャレンジかもしれないですねー。大学院での授業で学んでいるものです。
見る人が見たら一発で何の式かわかるものらしいですが、私はなかなか手触り感を伴って理解する領域まで行けていません(^^;)。
by yoshi-aki2006 | 2013-07-01 03:08 | 工夫 | Comments(0)