<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

生きていて欲しかった!~18世中村勘三郎さん~「中村勘三郎 最期の131日」波野好江さん著作

12月といえば紅白歌合戦という人もいらっしゃるでしょうが、私はどうも歌舞伎が気になるほうでした。
関西への出張があれば京都の南座に伺うことも楽しみの一つでしたし、
近年は春や秋の平成中村座を拝見することも大きな喜びになっていました。

ところがその歌舞伎の一大役者であった中村勘三郎さんが急逝され、なんともいいようのないさびしさを感じ、歌舞伎を見るのがつらくなりました。

親しい人、親族の逝去にも見舞われる中高年はその寂しさを埋めてくれる存在に気持ちを救われるものです。
そんな人々の光にもなって輝いていた18世 中村勘三郎さんはそれはそれは素晴らしい役者さんでその舞台は「お客さんを喜ばそう」に徹した見事なものでした。

思い返せば、ある日、聞こえてきたのは勘三郎さんの耳鳴りの不調でした。
時折、「俺はもうだめだ、と弱気になっている」との話も漏れ伝えられ、
「あり得ない」と思いながらも心配していましたが、
2012年春、復活!
スカイツリー完成に時を合わせたその舞台を見ることができました。

が、このブログにも書きましたようにその際、花ふぶきの中で怨霊となって踊り狂う中村勘三郎さんに何とも言えない寂寥感が漂っていたことを思い出します。

この前に拝見した時は弾けていたのに、おや?

と思いました。

間もなく、がん治療のため入院。
その後、あっという間に亡くなってしまいました。

フアンとしてはどうにも納得のいかない最期だったのです。

そうしたフアンの気持ちを汲んでくださったのでしょう。奥様の波野好江さんが一周忌に合わせたように集英社から本を出してくださいました。

一気に読んで納得できた部分が多々、ありました。

何で体が命の役者なのに手術などしてしまったのだろう?
それが私の感じる最大の謎というか、不満でした。

手術さえしなかったら、今もご存命であったろうと思います。抗ガン治療でがんはほぼ消失していたというのですから。

なのになぜ外科手術をしてしまったんだろう?
周りにいいアドバイザーはいなかったのか?
手術したから、4か月で死ぬことになってしまったんじゃないか。

ずっと、その点が納得できませんでした。

詳細は本を読んで各自ご判断いただきたいのですが、

笑福亭鶴瓶さんがやんわり、手術のリスクを伝え、翻意を促し、
妻の好江さんが止めようと

ご本人がどうでもと手術を選択してしまったようですね。
その理由は、ここからは私の推測ですが、

人を喜ばせたいという気持ちから医者も喜ばせたかった。
本の中にはご本人が医者を強く信頼している様子がうかがえます。(手術しないのは)先生に悪いじゃないか、ともおっしゃっていたようです。

また、勘三郎さんは意志の強い人。一度決めたらまっしぐら、というところもあるようです。

本人のプロデューサー的感覚から、がんからの奇跡の復活を果たすため、薬で治ってしまいました、ではなあ・・・と考える部分もあったのでは?

同じ病にかかり復活を果たした桑田佳祐さんは勘三郎さんと同世代。彼の復活の姿に自分の姿も重ねていたのかもしれない。

でも、奥様の好江さんが「もしも、あの時」と悔やまれるように、フアンとしても考えます。

がんが少々体のどこかに残っていても命があるのと
がんがすっかりきれいになって死ぬのと
どちらを選びますか?
そう、勘三郎さんに迫りたかったなと。

がんが少々体に残ってたっていいじゃない。まさか4か月で死ぬようなことはないでしょうに。
なんで体に大きな負担をかけてまで、すべてきれいに採らなくちゃいけないの?
手術が元で死ぬよりよほどいいじゃない。
医者から言わせたらとんでもないことかもしれませんが、私はそう思います。

好江さんの本を読んでつくずく思ったのは医者の世界は板前さんやシェフと同じでフランス料理のシェフがいきなり和料理はできないのと同様、医者はゼネラリストではなく、専門タコツボなのですね。
だから、その医者の専門分野と患者の病がベストマッチングするかどうかは運が大いに関係していると思います。耳鳴りの時のうつ病判断をした医師には私も疑問を感じました。

それと、患者側にもリスクの大小がある。同じ医者の執刀で桑田さんは治ったのに勘三郎さんは事後の感染症で死んでしまった。

周囲の人を心配させまいとして手術後、すぐ歩いてみせ、それが原因とも私には感じられる激しい嘔吐で結果的に肺に感染症を引き起こしてしまった。

自分のことのように辛く感じたのは、体を動かしてナンボの役者稼業なのに動くに動けず、ご自身のことを
「今はただの肉の塊」とおっしゃったとのこと。
聞くほうもいうほうも辛い状況でしたね。

もう一つは「(あなたの体を切り刻んで)癌は一つもありませんでした」と報告に来たというがんセンターの医師が帰ったあとの勘三郎さんは病床で動けない体を横たえて空しく窓の外を眺めていたそうです。

何のために自分は手術をして、こういう不自由な状態になっているのだろう? と情けない気持ちで一杯だったろうと思います。

考えれば考えるほど、あきらめようにもあきらめられない勘三郎さんの死ですが、
それでも、見方を変えればかつては肉体を使って私たちを魅了し、今は見えない力で私たちを魅了する状態なのだと思えば、少し慰められます。
かつてシビックホールでも観劇させていただきました
復活を信じた2012年春の平成中村座観劇
浅草でお神輿でお見送りした2012年12月本葬の日

東劇でかかっているドキュメンタリー。
観れば「惜しいお宝を失くしたなあ・・・」との思いが募るかもしれませんが、足を運びたいと思います。
f0073848_11104253.png

f0073848_1111176.png


さて、12月恒例といえばもう一つ。
f0073848_11311679.png

週刊チャートブックの新春特別号です。
私も寄稿させていただいていますので是非、お手に取っていただければ嬉しいです。

by yoshi-aki2006 | 2013-12-31 11:10 | 感謝 | Comments(2)  

謝る力~謝るって大事なこと

どんなに間違っても絶対に謝らないスタイルを貫く人がいます。
政治家とか、何かの権益を守ろうとしている人に時々、見受けられますね。

謝ると非を認めたことになり、
非は相手に付け込まれる口実を与えてしまい、
それによって立場を脅かされるのは嫌だから
どんなに間違っていても認めない=すなわち謝らないってわけでしょう。

そういう人は出世するんでしょうけれど
果たして好きになれるかというとどうなんでしょう?

関わり合いになりたくないタイプの方ではないでしょうか。

それより、「あら、ごめんなさいね」とか「大変申し訳ありません」とかちゃんと相手の怒りを受け止めて、謝る人のほうがいい。
いともたやすく謝られるのはかえって気色悪いけれど、

きちんと、ちゃんと謝る人には納得感を感じ、信頼性が持てるものです。

さて、そんなことを思ったのは電車の中でのことでした。

この時期、帰省荷物をカートに詰めて移動する人が多いものです。今日の朝もそんな人がたくさん駅にいました。

でも、通勤の人も当たり前に多いのです。そんな人の中に普段、通勤時間に電車に乗りなれない人がまぎれるので、各駅での乗り降りの際、混雑+混乱が電車の出入り口付近で多発しているようでした。

そんな中に、耳にイヤホン、目はスマホで出入り口付近から絶対に動くまいとしてつり革につかまる輩がいるもんだから余計に乗り降りがはかどりません。そういうスマホ人間はなぜか図体がデカいから余計じゃまっけ(失礼・・・)

今日の電車では、カートに荷物をいっぱい詰め込んだ華奢な女の子が出入り口付近で人にもまれていました。そこにどどどとーっと通勤の男性たちが乗り込んできたのです。

何のはずみでか、女の子は「痛っ!」と言って足をさすり、後ろに回り込んだ中年紳士をキッとした顔で睨みつけました。
男性はちょっといたたまれない感じでしたが無言。

女の子はそんな男性を睨み付け
「痛ったいなー、もー」
と打ち付けたらしい足をさすり、また男性を睨み付け、荷物のいっぱい入ったカートを男性の前に無理やりドンと置きなおしました。

しばらくすると男性は絞り出すような声で「ごめんなさいねー、乗車の時、そのカートが見えなかったんだよ」と謝りました。

すると女の子は一瞬、きょとんとしていましたが、やっと納得したようにコクンとうなずき、前に向き直り、品川で降りていきました。

そうだよね、ちゃんと謝ってもらえると許せるんだよね。
その光景を見ていて、そう思いました。
言い換えると、人はちゃんと許したくて、怒るんだとも思います。

それを謝らないから、謝ってもらえないから、いつまでも気持ちがくすぶる。

ちゃんと謝らないとねー。

私も最近、電車の乗り降りの際、立て続けに2回も人の足をふんずけてしまいました。
いずれも、乗り込もうとしたときにスマホや本を読んでいて駅に着いたことに気がつかず、あわてて降りてきた人とぶつかりそうになるのを避けようとして後ずさりしたら後ろの人の足をふんずけてしまったのです。

一回目は男性。2回目は女性でした。もちろん、
すみません! とすぐ謝り、降りるときも大丈夫でしたか? ホントにごめんなさいと再度謝りました。

もし、知らん顔して行ってしまうと「大人ってやつはいい加減だ」と若い人を失望させてしまう。
ちゃんと謝る大人もいるんだということを大人は意識して実行したほうがいいと思いました。

二人とも、足をふんずけられて痛くないわけないと思いますが、こちらの謝罪に「大丈夫ですよ」と笑顔で返してくれました。

ビジネスにも通じることだと思いますが、何か問題が起こったとき、笑顔で「大丈夫ですよ」と相手が言ってくれる状態にしなければならないと思います。

人の怒りに対して、「ご指摘ありがとうございます。至らないところを指摘していただき、感謝しています」という返しをするようなケースを見かけますが、これは全然、謝っているのとは違い、逆に相手にケンカ腰で挑んでいるのと同じです。

こういう風な言葉をもし、人に言ったことがある場合は、余計に相手を怒らせ、敵を作ってしまったかもしれません。

それほど人にちゃんと謝るということはできにくいことなんだろうと思います。みんな「自分が正しい病」にかかっていますからね。

ということで、いろんなケースから心からちゃんと謝るということを大切にしたいと思います。

さてさて! 毎月、弾丸のように出張講演がつづいたただ、ただ忙しい一年もようやく27日で御用納めです。
重たい荷物を持って西東。
学校ではいきなり広範囲な勉強成果を試験で問われ続ける過酷な日々。
あー、来年も「弾丸出張」が続くんでしょうか????
はあああああ~とため息が漏れ、じっと手を見るような気持ちになりますが、全国の皆様に温かく迎えていただき、ありがたいことだと思います。

来年も頑張りまーす! 年内、また更新しますね!
30日は毎日新聞関東版金融特集にコラムを執筆しております。
良かったらご覧くださいませ!


講演先でお客様と。
f0073848_6565732.jpg
f0073848_6572078.jpg

by yoshi-aki2006 | 2013-12-27 07:18 | 日々雑感 | Comments(0)  

挨拶力を身につける!

世の中で「この人は見どころのある人だなあ」と思える人に共通しているのは挨拶力ではないかと思います。
「おはようございます!」としっかり挨拶して現場に入る人と
昏~い顔してうつむいて入ってくる人など様々いらっしゃいますが、

晴れやかな印象を受けるのは断然、しっかり挨拶する人ですよね。

晴れな人には人が集まってくるから人気者の証でもあると思います。

「わたし明日休みます!」というアナウンスはしっかりしても「昨日はお休みの間、お世話になりました!」とアフターフォローをする人は意外とすくないのでは?

事後でもちゃんと挨拶する人のほうが人望があります。

私もしっかり挨拶力を身に着けたいです♪

さて、18日は仙台、20日は大阪、24日は札幌、26日は横浜と年内なお4か所で講演会があります。
お時間がありましたら是非ご来場くださいませ!

スケジュールの詳細はここでご確認いただけます

f0073848_11321540.png

滋賀県での講演で琵琶湖の日の出を見ることができました。キレイ!
f0073848_11334884.png

刻々と表情を変える空と水辺の風景です。
f0073848_11363669.png

とてもヘルシーな朝食をいただきうれしい限り!
f0073848_11374733.png

比叡山と比良山た゜そうです。山登りはしませんが山姿にはほれぼれします。
f0073848_1140494.png

素敵です!
f0073848_1140521.jpg

何度やっても緊張するのが講演会ですが、年上の方に「ようわかったわー。よう勉強しておられるわー」と声をかけていただき、うれしく思いました。ありがとうございます!
f0073848_11422462.png

大学院の授業も山場です。そんな中、院の幹事会がクリスマスパーティを企画してくれて、会場に急ぐ道の途中で旧中央郵便局・現KITTEの中を通り過ぎようとして巨大なホワイトツリーに思わず足を止めました。
キレイですね。
ゆっくり堪能したいところですが「師走」ということで急いで通り過ぎました。
相場の原稿も山場。
雪山登山の心構えでしっかり見通したいものですね!

by yoshi-aki2006 | 2013-12-17 11:45 | ライフスタイル | Comments(4)  

ホントのことを伝える技術

ホントのことを伝える技術というのは難しいものですよね。
人間ってのは難しい生き物で、ズバリ、ホントのことが知りたいのに、言われるとムカつくわけです。
たとえば、エスカレーターに乗っている時、前の人が特有のエイジング臭気を放っていたとしましょう。本人もそのことを知ったら気を付けるはずですから、知りたいことだろうと思います。

でも、言われたら傷つく。
気分が悪くなる。

ホントに知りたいことってきっとそういう類のモノなのかもしれませんね。
だからこそ誰しもが、いうに言えないホントのことをたくさん抱えているんだと思います。
隣りの席の人の香りの洗剤の匂いがいやとか
実は
実は
という事柄などなど。

さてさて、ある有識者が会議に呼ばれたときのこと。

プレゼンテーターがプレゼンテーションを終えた時、質問を受け付ける時間があったそうです。
有識者の先生はかねがね
「上場企業の経営者は株主価値を上げるために全力を尽くすべき」との持論から、元経営者のプレゼンテーターに質問をぶつけました。

「あなたのご説明の中に株主に対して不誠実と思われる行動があったように思います。それは業績に関するアナウンスです」とズバリ、本質を突いた部分を質したのだそうです。

要点をかいつまむとプレゼンテーターが経営者を務めていた会社が業績の下方修正をし、その結果、株価は大幅に値下がりし、しかし、案件が片付くと上方修正をして、計画を遂行したのです。それを得意げに言うことはないだろう、アンタ犯罪者だよ、と有識者は腹立たしかったのだと思います。

相場操縦は刑事罰対象ですし、金融商品取引法や各種、法律に触れかねないことです。しかし、その案件は、立件されないままであるばかりか、「いい話」にさえなって堂々とハッピーエンドを元経営者がしたり顔で語っている(ちなみにこういうケースはほかにもたくさんあるようです)。

経営者が株主を欺くようなことは許されない。有識者は質問をせずにはいられなかったのです。

すると、それがホントのことだった故に、その場は気まずい沈黙に満たされ、会の主催者は面目をつぶされた怒りで質問者を睨み付け、有識者は二度とそうした席に呼ばれなくなったそうです。

ホントのこと
ズバリ本質を突いた話は、出し方、質問の仕方が難しいものですね。

それが真実であり、問われなければならないことでも、TPOがあり、主催者への配慮も必要です。

だからと言ってズルがまかり通り、ズルしても罰せられない人と罰せられる人がいるのは不公平ですし、ホントに難しいものです。

ホントのことはうまい具合に明らかにされるといいですね。
それができるには相当、用意周到でなければならず、老獪な知恵での工夫も必要です。

ホントのことを暴くのは難しい・・・・。だからこそ、ユーモアやたとえ話などの言葉のスキルを磨きたい。
話術を磨いて、語るに落ちるという状況に相手を詰めていくだとか、
相手が自分から話やすいようにお膳立てしていくことも大切ですね。

私にはとてもそんな能力はありませんが、先日の講演の後、老紳士が近寄ってきてくださって、
「木村さん、いい講演をありがとう。本当の話を聞かせてもらえてありがとう」
と言ってくださいました。なかなかお伝えするのが難しい事柄だったので、そういっていただいた時にはうれしかったです。

思い余って爆走し、強い口ぶりで話すと聞いている方には不快でしょうし、興味を持てずに眠くなったりもします。
お一人おひとりに、「ああ、そういわれてみればそうだな」と考えていただけるようなたとえ話なら聞く耳を持っていただけるかも?

そう考えて、私なりに今の株式市場の状況分析をしてお話しをさせていただいたのですが、お客さんに褒めていただけて良かったです。講演のレジュメは適宜変えていくのですが、大幅に変更したときの初回はスペる部分があり、伝え方をどうすればいいか、結構、もんもんとするものです。

ホントに伝えたいことは相手に受け止めてもらえるよう毛玉で放って、相手の心の中で解いてもらう。

そうすれば思いが共有されるように思います。

さて、13日は新神戸に。16日は滋賀県長浜、18日は仙台で講演会があります。

お時間がございましたら是非お立ち寄りくださいね!
f0073848_3362927.png

by yoshi-aki2006 | 2013-12-11 03:36 | 工夫 | Comments(0)  

大勢の味方よりたった一人の敵を作るな~人生の処世訓

移動中の電車の中で、ふと中吊り広告に目が行きます。

すると、ついこの間まで週刊誌の中吊り広告を賑わせていた「みのもんた」さんに代わって、目下、でかでかとかきたてられているのは猪瀬直樹都知事です。

オリンピック招致でカブを上げ、キメていた猪瀬さんですが、どうしたことか、最近、バッシングに勢いがついてきました。
ケチの付きはじめは不倫相手? だったという女性作家の実名告発記事でした。

たしか、週刊誌も買ったはずでしたが、忙しさに紛れて記事もしっかり読んだような読まないような。

へーっ!
そうだったんだー?
ひゃー・・・・程度に驚き、一時は好いた惚れたの仲だったはずの男女が別れ方がまずいとこうなるのかな、ま、いい大人なんだし、まあねえ、なんちゅうか・・・・と思い
そして、そのうち忘れてしまったのですが、よっぽどその女性に恨まれているのでしょうか。

どうもそれ以来、猪瀬都知事周辺はぼうぼうと燃え始め、火柱が立つ勢いです。

今度は5000万円事件発覚ですよね。

こういう展開になるとつくずく、「大勢の味方より一人の敵の恐ろしさ」を感じずにいられません。もちろん、関係のあったという女性作家が指したのではないでしょうが、ケチのつきはじめのトリガーは間違いなくあの実名告発記事だったと思います。

トリガーが引かれると「そういえば、こんなこともあった」「いや、実はこうでもあった」というふうに先陣を切ることはしないけれど、機会があれば遺恨を晴らしたいという小さな敵たちが一斉蜂起します。それが弱り目に祟り目状態を形成していきます。

「大勢の味方より一人の敵を作るな」

という言葉がありますが、

そういえば大昔に田中角栄元首相を追い詰めた「ハチの一刺し」事件もありました。私の記憶によると確か、田中角栄氏の秘書の奥さんだった女性が元夫の秘書氏の行動をバラして田中角栄氏を追い詰めることになったというものでした。
その時も元夫がその女性とまずい別れ方をしていたがために、「ハチの一刺し」となったようでした。

猪瀬都知事が元交際相手の女性にどんな遺恨を持たれているのかはわかりませんが、大勢の味方がいたとしてもたった一人の敵に急所を直撃され、失脚する例があることを戒めとしたいですね。

大勢の味方はそれはそれでありがたく心強いものですが、たった一人の敵は夜も昼も憎い相手に狙いを定め、何年先であろうとも、いつか怨念を晴らそうとダーゲットを狙い続けます。

昔でいう、いわば仇討みたいなものですよね。これは武士の掟というか、戦国時代の処世訓ではないかと思いますが、それほどまでに敵愾心を持たれる生き方、在り方は×ですよというわけです。そういえば、失脚した藩主、領主、武将などは一人の敵に仕留められているケースが多いように思います。

「大勢の味方より一人の敵を作るな」

ということを心掛ければ、生き方も変わる。

そんなことを企業に勤める知人と話していたら、
「私もあの時、あんな態度をとらなければ今、会社でももう少し仕事がしやすかったかな」
と苦笑いしていました。

ま、誰しもそうした苦い経験を積みながら成長していくのだと思います。

さて、昨今、メディアを賑わしている中国の航空識別圏問題。
また、困ったことにアメリカは日本に対する姿勢とこの問題に対する姿勢に二枚腰スタイルですね。
中国が思い切り米国債を保有している関係からでしょうか。
アメリカは民間航空機に中国へ事前に飛行計画の提出を促したとのことです。
しかし、識別圏を容認したわけではないとしているので、ずいぶんとわかりにくい姿勢です。

ようは玉虫色の姿勢でいて、日韓には「しっかりしろ」と喝を入れているような。

つまるところアメリカは「大勢の味方より一人の敵を作るな」作戦を踏襲しているといえるのでは?

ならば日本もそうしたらいいと思います。
国際紛争で儲かる桶屋もいるのですものね。敵対する国を作ることはないです。それにしても、オバマ大統領再選前後にどうして尖閣を国有化したんですかね。当時の野田総理。今こそ、きちんと国民にその時の状況を説明すべきでは? あれからすべてが始まっているのですから。
歴史の証人の一人、石原慎太郎氏はご高齢ですし。

国民は今回のひたひたと迫る国策の方向性の曲がり角にも今一つ、危機感を持てていませんので、しっかりした話を伺いたいものです。

消費増税、証券税制、黒田日銀総裁のクロトン政策、特定秘密保護法案・・・・。
中国はそれこそ、こうした一連の日本の政策を戦費ねん出と受け止め、反応したかも知れませんよね。


さて!
6日は博多、9日は東京、13日は新神戸に伺いますね。神戸はイルミネーションがキレイだそうです。
テーマは有望銘柄研究と為替見通しです。

詳しくはこちらでもご案内しています。

以下は9日東京のご案内です。
f0073848_449142.png

以下は13日神戸のご案内です。
f0073848_4535179.png


f0073848_12285211.png


11月29日には証券イベントが重なる中、たくさんのご来場ありがとうございました!

by yoshi-aki2006 | 2013-12-02 14:28 | シンキング | Comments(2)