<   2014年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

「楽勝」情報には気をつけよ!~ビジネスマン・学生試験の注意点

試験初日。

ものすごく簡単と聞いていた楽勝科目が意外とガッツリ感で試験中、とっても焦る羽目に!
「最も優しいかも~?」と期待していた課目だったので、今更遅いのですが、しおしおと反省しました。

しかし、なんでこんな大変な科目を楽勝だと思い込んでいたのかしら???

今頃、そんなことを検証しても後の祭りなのですが、思い込みのいきさつをたどってみました。

そうそう。

よくできるA君が学生だけが見るラインに「楽勝科目」「へいちゃらへいちゃら」と紹介していた印象に自分がものすごくバイヤスをかけていたんだと気がつきました。

そういえば、A君絶賛のほかの科目も私には全く歯が立たなかった過去の痛い体験を思い出しました。

A君はもともとものすごくできる人なので、彼にとっての「楽勝」は私にとっては「超ムズ(カシイ)」ってことなんですね。今頃、気がついてどうするよ、なのですが、あーあ。もっとしっかり勉強しておくんだったなぁぁぁ・・・・・。

激しく落ち込み、やっぱり落ち込んでいる学友と情報交換したら、私と大なり小なり同じような箇所でつまずいたとのこと。
それでちょっと、「しょうがないか」と思ったものの、人から聞く楽勝情報は基本的に疑ってかかるべきだなというのが2度の楽勝科目情報で痛い目を見た私のおちです。

楽勝というのはその人にとってであり、自分には当てはまらない。

それをきつくきつく思い知るべきですね。

脳みその習性として「楽勝」と予想した瞬間、脱力しているらしい。
なので、それを逆算して自分にマジックをかけなければならないようです。
ほかに言えることは「この先生は非常ににこやかで穏やかで・・・」という先生ほど、厳しい試験、評価になる傾向があるように思います。

「大変だよ!勉強しないとだめだよ!」と発破をかける先生は意外と負荷が軽い内容の試験である気がします。

本日、二つ目の試験は、ものすごく準備して挑んだものの内容には拍子抜けしてしまいました。もっとすごく大変なのだと思っていましたが、そうでもありませんでした(でも、回答はいくつか間違いましたが・・・・)

試験初日ですでにふらふらになり、書斎部屋に向かいつつ、あらららら。急ぎ指名に返信が遅れているのを発見。
脳みそはマルチタスクではないということもよくよく考えたいですね。たとえば出張、仕事、勉強、試験のことばかりにとらわれていていると、ついついほかのことができなくなります。

メールのチェックまで手が回らず、かように急ぎの案件を取り逃したりするものです。

「慢心」「安心」「油断」を誘う楽勝情報にはくれぐれも気をつけましょう。緊張感を持って生きていくことですね。

いやはや、チカレル・・・。
試験が終わったら、また、取材してレジュメを作って荷物をまとめて出張です。お久しぶりの大阪では16時から17時での講演です。
f0073848_0134431.png
 

翌日は福岡ですね。15時半から16時半です
f0073848_0143710.png

f0073848_015956.png


それにしても、試験も仕事も、そして投資も。
結果がすべて。

廊下のそこここで、ため息をつく人、キッとした表情でこれからの試験に気持ちを切り替えようとしている人、「あー!! 試験失敗したー」と頭を抱えている人などの学友の姿を見ました。

先生からは
学んだことを評価に変えろ。結果を出せ、と叱咤激励していただきました。

そう、いい結果を出すために今日も頑張りましょう!!
047.gif066.gif066.gif066.gif071.gif047.gif071.gif047.gif071.gif066.gif066.gif066.gif

by yoshi-aki2006 | 2014-07-29 00:15 | アンテナ | Comments(0)  

ビジネスと試験の乗り切り方 

 夏休みを迎えたかたも多いと思いますが、私はこれから来週から始まる複数の試験と3つのレポートの総仕上げの準備に入ります。

 しかしながら、仕事はこの時期がオンシーズンなので、招致していただく主催者様や時間と交通費をかけてご参加してくださるご参加者の皆々様のご期待に何としてもこたえなければなりません。

 フリー故、できるだけいただいた仕事は大切にしたいところですが、今夏は3つも4つもせっかくのご招致に日程が合わず、やむなくお断りしてしまいました008.gif
 お断りすると、当然、事務所の経営上は好ましくないわけで、しかし、仕事ばかりしていると、試験は突破できないわけです。
 社会人大学院生はなかなかに大変ですが、自分が今、何を優先するか、真剣に選択しなければならないのはビジネスにはつきものですので、いい試練だと思います。
そして、この問題を考え詰めることで、初めて、ミクロ経済学で学んだことが実感できたりして、それも得した感じです。037.gif
 そして、学んだことが一つでも二つでも仕事に生かせることができる時は大きな喜びがあります。
たとえば租税ですが、企業においては完成工事時に売り上げと費用を計上するのが原則です。

 ではありながら、一年以上の大規模工事や請負金額10億円以上の場合は、租税法・法人法の定めた計算方法によって年度年度に売上と費用を計上してよいということ。

 これはソフトウエアなどの請負にも適用されるそうです。

 ということはオリンピックなどで仕事の発注を受けている企業業績の推測には大いに使えますよね。
勉強で知り得たそうした事柄はさっそくレジュメに反映させることができています。

「もしも、講義を受けていなかったら???」と考えると、おそらく意識して調べることはなかったろうと思います。
 でも、それではお客様にご満足いただけません。なぜなら、今のシニア層は徹底した実務体験をお持ちなので、ふわふわしたことを申し上げてもけして満足していただけないからです。
投資家の過半数以上は50歳台、60歳台、70歳代の日本経済が大発展した時に実務経験を積んだ方たちです。

 フリーランサーの先生業をしていると企業ビジネスのダイナミズムを知らないまま、机上の知識で話し、自分では世間とのかい離を知る機会はなかなかありません。

 そこで、シニア層の実務体験が豊富な資産運用家の皆様にご満足いただけるよう、励まなくてはというのが勉強のモチベーションなのです。赤恥、青恥をかきたくない。その一心で、実務経験豊かな諸先輩方が聞いてくださろうとする講演の質的向上を願っています!


 さて、先週は各地で講演させていただきました!
おいおい、風光明媚な各所の写真をアップさせていただきますね。
f0073848_1051541.png

下関に着いて、流れている風と光の違いを感じました!とても風光明媚な場所でした!
f0073848_10463743.png

(海峡メッセの写真は撮り忘れてしまいましたので、ホームページの画像を転用させていただきました)
こんな素敵な素晴らしい施設で講演させていただきました。ご来場の皆様、ありがとうございました!
ちなみに主催のワイエム証券さんはいよいよ東京にも進出されるそうです。おめでとうございます!
f0073848_10483749.png

控室には暑さをひと時忘れるような静謐な作品が飾られてあり、落ち着いた気持ちになりました。
講演後は一路、山口へ。
貯蓄率の高い、山口県の皆様はリスク資産とどのように付き合われているか、うかがってみたいところでした。
そして、さらに一路、名古屋に。
f0073848_1054693.png

昨年は基調講演で招致いただきましたが今回は特設会場での講演です。
f0073848_11161137.png

いつもの基調+新たな素材を盛り込んだレジュメをご用意しました。
f0073848_10552618.png

開催の寿証券さんには毛利室長の若いパワーが証券の新たな時代の到来を感じさせてくれました。

証券市場も安倍首相の「ジャパン・バック!! われわれは元の強い日本に帰るぞー!!」宣言に負けないようにしっかり展開してもらいたいものですね。

そのためには私たち証券投資愛好家、投資家が本当にいい会社を発掘し、育てていかなくてはと思います。

 適正に持続できていくこと。
それが証券市場、資産運用のみならず、ビジネスのコツではないかと思います。

適正さゆえに、持続できるビジネス。それがビジネスのコツ。多く取りすぎず、多く失わず。みんながそれぞれに適正を考えているうちに商売がうまくいっていた、という形が理想ではないかと思います。


 さあ、次の仕事までの間、思い切り勉強して、試験を突破し、いい仕事ができるよう励みたいと思います。試験のほうは頭の回路が適正につながらず、持続性に欠けるのが悩みです。

天才ではないのだ、とまず十分自覚する。
天才とは努力し続けることができる人を言うそうだ、と自分に言い聞かせる。
勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし、という言葉をかみしめて、
繰り返し、準備する。
繰り返し、やってみる。
何度もやってみる。

というわけで、試験、頑張ります!!

そして、新たなレジュメを作成して8月、9月、また全国にお邪魔します!

先週お目にかかった皆々様、ありがとうございました!
これからお会いできる皆様、楽しみにしています!

by yoshi-aki2006 | 2014-07-27 11:08 | 生きる力 | Comments(4)  

調べる力、学ぶ力、無知を知る力

調べ事があり、国会図書館に行ったり、大学の専門図書館に行ったりの日々です。
f0073848_0141936.jpg

この日は早稲田大学へ。
歴史的建造物と建設中の新校舎とが混在していてキャンパスには活気があります。
それにしても、学内の木々の立派なこと・・・・。
以前、東大を訪ねた時も歴史的建造物と立派な木立に感動しましたが、早稲田の樹木もそれはそれは立派です。歴史を感じますねー。
f0073848_015365.jpg

f0073848_0201641.png

おお、なんと立派なお姿!
f0073848_0224236.jpg

読書室にはたくさんいい本がそろっていて、刺激を受けます。
机も椅子も設備もすべて立派。コピー室も充実!
こうしてキャンパスに足を運んでみると、
早稲田大学に学ばせたいと思う親御さんの気持ちがとてもよくわかります。
f0073848_025775.jpg

ちょっと木陰で一休み(父兄の一人に見えちゃったりして(^^))

しかし、やれどもやれども尽きぬ課題・・・・。
ゼミってこんなに大変なんだと実感する日々です。
それに、やったはずの箇所を突然質問で振られると
「ハテ? なんだったっけ?」
てな始末です。

今更ながらですが専門外のことは初心者も同然ってことですね。
しっかり、勉強しなくっちゃ・・・・・。

自分はもっとできるはず、との思いも「できてしまえることがあった」というだけで「これからもできる」とイコールではないんですよね。

いやはや。

牛の歩みで一歩ずつ。

やれどもやれども学ぶべきことが一杯。

まだまだ、一杯、未知が残っている! と楽しみに思うことにしましょうか。

調べれば調べるほど、自分の知らなかった世界が広がる。
そして、自分の無知を知る。

それが学ぶってことなんですね。きっと。

by yoshi-aki2006 | 2014-07-19 00:46 | スタディ | Comments(2)  

危機管理~煙が見えたら逃げよ! の教訓

年々、強烈になるかのように感じられる気象状況!
先日、新幹線の中から撮影した富士山上空もすごいことになっていました。

f0073848_10282650.jpg


自然のスケールは人間の予想をはるかに超えています。
なので、自己判断で「ま、たいしたことない」などと思わずに、「煙が見えたら逃げよ!」の教訓で対処したいものです。

さて、昨日は台風接近の雨天曇天の中、武蔵小杉の講演会に多数、お集まりくださいまして誠にありがとうございました!

当日のお写真を撮り忘れたので、後で、入手してお客様のプライバシーに十分配慮して、アップさせていただきたいと思います。

〆の言葉として、
何か起こってから行動するのでは投資では遅い。
あらかじめ、3つのパターンを予測して手を打っておきましょうと提唱させていただきました。


次の講演は7月24日(山口)、25日(山口)、26日(名古屋=名証エキスポ特別セミナー)です。
ふるってご参加くださいませ!
f0073848_1043597.jpg

by yoshi-aki2006 | 2014-07-10 10:44 | 事象観察 | Comments(2)  

血液検査でわかる自分の健康

年に一度、健康診断を受ける!

そうしておけば何かと安心ですよね。何人かの知り合いが早期発見で病気を治しているので、私も定期的に健診を受けています。

以前ははるばる九州の病院まで出かけ(比較的予約が取りやすいので)PET診断もしていましたが、少なからず被曝するので、今、メインにしているのは血液検査です。

さあ、結果を教えていただきにドキドキで診察室に。

どこか悪かったらどうしよう?
何か言われたらどうしよう?

もう十分生きたし、欲はないのだけどやっぱり心配!

すると・・・・・。
「えーっと木村佳子さん、はい、まったく健康。至って健康。素晴らしい数値です。いうことなしですね!」と握手を求められました。

はー、よかった。でも!
「先生! なんだか最近、頭の稼働域が狭まっている気がするのですが!」
「以前はもっとピッとしていたのですが!」
「なんだか、目がかすむのですが!」

いろいろ言ってみたくなります。「せっかく病院に来たのだから症候群」ってやつでしょうか。
ところが、
「ま、年相応では?」と先生にはあっさりかわされてしまいました。そうだなー。年相応かもねー?

うれしいような・・・・。物足りないような・・・・。

いや、絶対うれしいはずですよね。

そうだ、そうだとうなずきながら歩いていたら、ばったりフラメンコ教室の先輩と会いました。
相変わらず、お美しいたたずまいですこと。

そうそう、お教室の主催者で私たちの先生である鈴木敬子先生が7月19日テレビに出演されるそうです。カデーナフラメンカのホームページにも告知が掲載されています

8月2~3日は 真夏の夜のフラメンコでも踊りを披露されます。見に行かなくっちゃ!


そして、学校が一段落したら、また、踊りを習いに行こうと思います。

さてさて!

明日は武蔵小杉で講演します。セミナーの詳細です。地図はPDFをクリックすると見られますよ

地図を拡大したものを貼り付けておきますね!

f0073848_048741.png


ぜひご来場くださいねー!

by yoshi-aki2006 | 2014-07-08 22:02 | ボディ | Comments(0)  

生きるヒント満載~最近のNHKはすごい!

テレビを見ていて、思わず泣くことがあります。
観て良かったなー!と心の底から思うことがあります。

7月5日のNHK番組がそうでした。
突撃アットホームです。
毎回、いい内容なのですが、特に7月5日の放送はこれからの自分の人生を考える上で大きなヒントをいただきました。
内容を詳しく伝えているサイトも見つけましたのでリンクします。
内容がテキストで時系列に紹介されています
さらに詳しくは独立行政法人 国際協力機構のサイトで見ることができます。

無償でこうした行為が成せれば、人生の宿題をやり遂げられるのではないかな。

そう思いました。

買った週刊誌に業績低迷にも関わらず、某上場企業ではトップが経営責任も取らず君臨し続け、報酬増額もしてしまう例が紹介されていました。
叙勲ももらったその企業人には株主提案で「75歳役員定年制」が提出されましたが、否決されたそうです。

そういう人が偉いのかというと端からは、裸の王様に見えてしまうところが皮肉ですね。
墓場に持って行けるわけでもないお金や勲章、名誉などはご本人以外の人には空疎に見えることもある典型ではないでしょうか。

でも、NHKの「突撃アットホーム」で紹介された和歌山の「ヤスオさん」は本当に素晴らしいことをなさっていました。

番組に出演されていた俳優の山下真司さんが「今、これを見た人は全員がヤスオさんになりたいと思ったでしょ」と指摘されていましたが、まさにそうです。私もヤスオさんになりたい!と思いました。

それから続けて「55歳のハローライフ」
を観ました。先日見た、浅野忠信さん主演の「ロンググッドバイ」
もすごい作品でしたが、この「55歳のハローライフ」の演出もとっても素晴らしいです。

何でこんないい作品が作れるのか? と思うほどよかったです。
奇しくも、この日のテーマで和歌山のヤスオさんから触発されたのと同じような大きな示唆を得ました。

名俳優の小林薫さんが達者な演技で演じる主人公は最後に自身ではまり込んだみじめな場所から抜け出します。

そうです。
もう、自分を喜ばすために生きる人生は飽きたな。

「自分がエライ」「認められたい」と思ってやる仕事ではなく、和歌山のヤスオさんのような生き方ができたらいいな。

愚かで小さい人間でも、自分でドアにたどり着き、出口から出て行けるんだ。
そんなオチを「55歳のハローワーク」の小林薫さん演じる主人公からメッセージをいただいた気がします。

ありがとう! NHKの素敵な番組に感謝です! 

でも、試験勉強をしなければいけない時につい引き込まれて観てしまうところにちょっと、困っているのですが037.gif。 

by yoshi-aki2006 | 2014-07-06 08:14 | アンテナ | Comments(0)  

体、鍛えてますか?~体の可動域を作る!

学校で授業を受けるため、座りっぱなしだったり、出張が続くと、てきめんに運動不足になります。
筋肉と骨の間にダランとした弛緩が生まれ、レロレロ、タルタルしてきます。

レロレロ、タルタルは発声にも響くし、シルエットも変わり、服も似合わなくなります。

レロレロ、タルタルの緩みが「いくらでも食べられる」状態に胃腸を導き、動かない→食べる→体が重くなる→ますます動きたくなくなるという循環を生みます。

「なんだか、すごく食欲が・・・・」と感じる時は筋肉が弛緩しているのです。

「放置しているととんでもないことになる!」「レロレロが常態化しそう!」と感じる時は、体を動かすことにしています。一駅手前で下車して、あるいは一駅乗る駅を先送りしてテクテク歩くとか、歯磨きの時、スクワットをするとか。

やってみるもので、かたくなっていた足首が柔らかくなり、歩くとき細かい筋肉を使えたり骨盤がしっかり立った状態で座れるなどの効果が表れます。

筋肉って一生のお友達なんだなあ、仲良くしなくては! と、つくずく思う次第。

A子さんはわざとぴたぴたのウェアで鏡の前に立ってみるそうです。
「これって許せないシルエットだわ」
「私の求めているシルエットではない!」
と鏡の前で宣言して運動するのだそうです。

美の女神、武田久美子さんや杉本彩さんもあちこちに鏡を置いて、シルエットのチエックをしているとかエッセイなどで読んだ気がします。

効果がありそうですね。

運動したら、結果を出す。
それを評価に変える。

やってみましょう!

さて、今週7月9日は武蔵小杉で講演会です。

大変貌を遂げる武蔵小杉。是非、ダイナミックな街並みを見に来てください。そして、私の講演会にも足を延ばしてくださるとうれしいです♪

f0073848_5155321.png

f0073848_516279.png

(先日の講演会の模様です)

by yoshi-aki2006 | 2014-07-06 05:18 | ボディ | Comments(0)  

女性の社会進出に待ち受けるもの

女性も働け!

労働力不足が顕著になると女性の時代などとヨイショして女性の社会進出を後押しし、なんとか労働力不足を解決しようという取り組みがなされます。

少子高齢化対策のお鉢も回ってきます。
女は子供を産め! 男は育メンになれ! 企業はそれを支援しなさいな。

そう言わんばかりの施策も見受けられます。

そうは言ってくれるけど、現場は急には動けませんよね。
子供を作るのはメンタルなことが関係するし、それに仕事も子育てもして夫にも愛され続ける妻なんていうのはとっても難しいことですよね。

しかも、美しく、「えっ! ××さん、50歳でこの若さ!」などというCGでないリアルを実現させるマジックも見せなければならないわけで。

病気にならず、美貌で、いつまでも若く、仕事もして子供も産み、夫と仲良しな女性。しかも、両家の老親の面倒もみて、少ない給料でも増税に賛成し、残業代はもらわず、仕事の成果を上げ続ける・・・。

そんなことは土台無理な話です。

しかも、女性が第一線で活躍すればするほど、足を引っ張られることも覚悟しなければなりません。

誰が足を引っ張るのか?

活躍している人と話をすると、
「女の嫉妬なんてかわいいものよね」と皆、異口同音にいいます。

そう。男性の嫉妬。
これが難関です。

世の中、気持ちよく女性の活躍を応援してくれる男性ばかりではありません。
誰しも「自分はもっと出世できたのに」というやり残し感を持っています。
時代が、家族が、周囲の環境がそれを阻んだ、という気持ちも持っています。

そういう思いで悶々としている人はそもそも人が活躍し、出世していくさまが面白いわけはないのですが、相手が女性となると、「女のくせに=家にいて茶碗でも洗っていりゃいいものを」「女だてらに=自分よりいい目みて、なんだよッ」ということで、ぐぐっと腹立ち度が増す、のでしょうね。

というわけで、活躍すればするほど、女性は男性に足を引っ張られます。
そこをどう上手にかわしていくか?
そこが腕の見せ所ですね。

ある人は「妹キャラ」で可愛く。
ある人は「ハイヒール・キャラ」で女王様のように。
ある人は「女を捨てた」ふりで仕事で。
ある人は「頼りがいのある女軍曹キャラ」で勇ましく。
そして、ある人は「滅私奉公」を貫いて。

みんな、出る杭は打たれる現場で伸びていこうとそれぞれが工夫しているようです。

さて、私は?
打たれるほどの杭は出していないのですが、聞こえないふり、感じないふり、も疲れなくていいかなーと感じます。


女性のみなさん、しのぎしのぎ人生を楽しみましょう!
もしも、現場で辛いことがあったなら、嫉妬されるうちが花と思ってみれば?
そう思えばまた楽し!

子育てし、くたびれ果てている女性のみなさん、あせらなくても大丈夫。仕事はいくつになってもできるけど(社会復帰は必ずできます!)、子育ては今しかできない。そう思って、気持ちを大きくもって、今を楽しんでくださいな。


さて、セミナーのお知らせです。
大変貌を遂げる武蔵小杉で7月9日水曜日講演会があります。詳細です
奮ってご参加くださいね!

by yoshi-aki2006 | 2014-07-02 13:34 | シンキング | Comments(5)