経済評論家、一級FP技能士、チャート分析家の木村佳子さんが素敵な明日を迎えるためにお届けする ライフ&マネー メッセージ   ホームページはhttp://homepage2.nifty.com/fp-money/

by yoshi-aki2006

<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

連日の猛暑に外に出るのもはばかられますね。
年々、熱が体にこもりやすくなり、熱中症で死亡という感覚も「そうか! こんな感じで気がつかずに死にいたるんだなー」と思います。

とこかが痛いとか苦しいとかでなく、ふらふら―と沸点を超えてしまうのでしょう。
なんだか今の相場みたいですね。

通常国会の特別委員会では安保改正法案の審議が進んでいますが、この法案に隠された意図も株高と気温の高さに惑わされて真相を知りたい、帰結先を予想したいと思う熱意が分散されてしまっているように感じられます。

これでいいのか、と声を上げている方たちのほとんどは高齢者で、暑さの中で陽炎のようにゆらゆらされながら問題意識をまとめたビラを配っておられました。

そんな中、IR関連の理事会が開催され、理事の私も参加しました。
会が開催されるまでの時間、皆さんと死生観について雑談しました。
ある方は「人の死亡年齢が気になるようになりました。訃報の享年を見て、ああ、自分に当てはめるとあと12年だなあ、とか思います」とおっしゃいます。
その方は「じゃあ12年前って何していたかな、と記憶をたどるとつい昨日のことのように思うんですよね。意外と少ない時間だと感じます」とも。

そうですね。12年といっても半分は寝ているわけですし、お風呂、食事、洗面などに吸収される時間も含めると本気出して何かしている時間はごくごく少ないといえますね。

今更ながら、貴重な時間です。
その貴重な時間の希少性を思えばつまらないことにかかわっていられないという気持ちになりますね。
「ん?」と思う部分が少しでも感じられることは、できる限り整理したほうがいいですね。

ところで私は金子兜太さんの「他界とは懐かしい場所に帰ること」という言葉が自分の死生観に近いです。また魂の肉体ライダー感も持っているので、たまたま今の肉体に宿っているだけと思えば、次はどんな肉体に宿るのだろう? という気持ちもあります。

今の環境、肉体、時間軸が制約条件として与えられている中で懸命に努力し、工夫すればいいわけで、絶世の美女、大天才という制約条件の変化も次に待っているかもしれないと思うと、わくわく感もあります。

現世が絶対ではないと考えるとそれはそれで面白いですし、
魂が肉体を稼働させる装置の一部だとすれば頭の働きが今一つという状態も、それをフルに働かせるにはどうしたらいいかとか課題としてとらえて克服していけばいいわけで、その格闘もまた楽し、と思えてきます。

さて、最近見た映画に「紙の月」があります。
f0073848_2218179.png

(画像は紙の月facebookより)

内容に触れると映画を見る楽しみが半減してしまうので遠慮しますが、主人公がブランド品を買うシーンで
なるほど、「紙の月」だなあ、と実感します。
私たちはなぜ、ブランド品を買うのか?

ブランド品は私たちの脳みそのどの部分に効く設計図になっているのかを考えさせられます。
ひいて言えば、お金にも設計図があって、私たちはその設計図に沿って歩かされているんだということにも気がつきます。

株式投資もそうなのではないでしょうか。
自分の買っているモノは「株の銘柄」という商品であって、自分がすべき株式投資とは別物という乖離にいかに早く気がつけるか?

それを詰めていくと自分が買うべき銘柄が見えてくるわけですね。
というわけでぜひこの話の続きを聞きにきてください。
6月5日は広島のひろぎんウツミ屋証券さんのホールで講演させていただきます。

6月11日は銀座・時事ホールです。
詳細です

25日は東証ホールで女性のための株式投資・基礎知識のセミナーも開催されます。
お申し込み先です
f0073848_2024637.png

ずっと続けられる株式投資。
持続可能な株式投資のお話をさせていただきたいと思います。

 それにしても宮沢りえさん。映画「紙の月」で魂の演技をなさっていました。そして吉田大八監督の「宮沢りえさん、大島 優子さん、小林 聡美さんというキャストを実現できたことをほめてほしい」とおっしゃる言葉に秘められた精緻な作品つくりに心身がリフレッシュされました。
 池松 壮亮さんや田辺 誠一さん、石橋蓮司さん、中原ひとみさんなどどの役者さんもそれぞれの味をセンス良く出されていて、力のある作品になっています。

もう一度見に行きたい映画でした。
「紙の月」ではない「本当の月」を自分の人生に見ることでできれば、その人生は成功です。

私も「本当のツキ」のある銘柄を発掘し、「もう一度聞きたい」講演を目指し続けたいと思います!
by yoshi-aki2006 | 2015-05-28 23:11 | アンテナ | Comments(0)
講演が続くと準備と本番でてんてこまいです!
f0073848_1722433.png

あー、忙しかったあああ、という間もなく今週末は横浜です!
みなとみらい線の「日本大通り駅」から5分の横浜シンポジアで、(神奈川県横浜市中区山下町2番地 産業貿易センタービル9階)で午後からですね。
路線地図は以下の通り。
f0073848_1641166.png

お天気は土曜日くらいまで何とか持つそうで、有難いです♪

当日はフジトミで長くテクニカルアナリストとして活躍されている首藤広樹さんとご一緒。
チャートにご興味のある方は首藤さんの金や為替などの分析をお聞きくださいね。

私はここ2回ほど東京が続いたので、横浜ではこの2回の集大成としてレジュメを32枚ほどご用意しました。
(これまでの2会場では約25枚)

詳細にリンクしておきますのでお時間がございましたら是非お立ち寄りくださいね。

さて、講演では声を使うため首回り、肩まわりが凝ります。

頭も勉強で使う部位とは違うところを使うため、間、間にエクササイズや飲み、会食、趣味などを挟んでほぐさないとオンタイムで物事をうまく進めることができません。

今日はエクササイズを挟んでみました。

すると講師の方が「五分ほど目を閉じて最近あったネガティブなことを思い出して、何故、ネガティブだと感じたかを想念してみてください」と指示しました。

前のクラスで実行してもらったら「最近、子供に叱ってばかりだということに気がつきました」という具合に効果があったのだそうです。

目を閉じて最近あった事柄を振り返ってみると・・・・。
おお、私にも気付きがありました!

「なるほど!」と気がついたことを胸に家に帰ると、あらま! すごい!
素敵なプレゼントが届いていました!
f0073848_1753822.jpg

キャー、活アワビに最近、富に貴重な大きなハマグリ、サザエなどなど写真のような新鮮な貝が発泡スチロールのトロ箱にぎっしり!

いつも私のセミナーに来てくださる方が「儲かっているのでおすそ分け。株主優待で小旅行に出てたその先のお土産です」と私にも送ってくださったのです!

わざわざ、旅先で親戚でもなんでもない私のことを大勢のお知り合いの中から思い出してくださり、「食べさせてあげよう」と送ってくださることってものすごいありがたいことです。

今日の瞑想でまさに「今まで以上に人のお気持ちに感謝しよう!」と思いを強くしたばかりだったのです。

というのも、人は人生のどこかで出産祝いや新築祝い、送別会、歓迎会など人さまからいただくことがありますが、今まで恵まれた人生を送ってきた人、特に大手企業で取引先の下請け企業などに発注をしてきたような人はそうした相手からの行為を当たり前のように受けてしまいがちではないでしょうか。

イギリスのキャサリン妃も皇后美智子さまも、歓迎の人々から手渡される小さな花束に込められた気持ちをしっかりと受け止められていますが、ああした人の想いを受け止める姿が人の胸を打つわけです。

そうしたことをまるで理解せず、ごっつあん、ごっつあんで生きていると発注者で無くなった途端、転がっちゃいますよ、ということを強く感じた人がいたのでした。

今日の瞑想で、私は人からお花やお品をいただいたら、今まで以上にもっともっと心から感謝しよう! そういう人のお気持ちに心から感謝したい!とう気付きがあったところにいただいたお土産だったのでうれしさもひとしおでした!

親戚でも家族でもない赤の他人の私にこうして旅土産をお送りくださった投資家のHさん、本当に本当にありがとうございました!! 

大切に料理していただきますね!

そして時間と交通費を費やして私のセミナーにご参加してくださる皆々様に心より感謝して、これからも仕事をしっかり務めてまいります!


f0073848_1724322.jpg

f0073848_17251342.jpg

by yoshi-aki2006 | 2015-05-21 17:48 | 感謝 | Comments(0)
鎌倉投信の新井和宏代表といえば社会に有用な企業を応援する人として金融業界だけでなく、多くの人から注目されている方です。

先日、NHKのプロフェッショナルで紹介されていましたね。鎌倉投信の詳細はHPでご覧くださいね。

私は新井和宏さんとは直接ご面識はありませんが、やはり志を持つ若手経営者のマジカル・ポケット代表・平田 茂邦社長(千代田区の優秀企業賞受賞)から、その活動の素晴らしさや鎌倉投信につどう出資者の皆さんの和気あいあいとしたご交流ぶりをかねがねうかがっていました。ちなみにマジカルポケットは企業IRと個人をつなぐ活動に力を入れておられます。

改めてテレビ報道でそのフアンドの素晴らしい取り組みを拝見したわけですが、運用術においても個人投資家には役立つ点が多かったのではないかと思います。

個人投資家はついつい値動き重視になり、どこまで上がる? 
どこまで下がる?のメドを知りたくなるのですが、新井さんはリバランスに専念されていましたね。


このリバランス投資法はプロにはよく知られた手法でファイナンシャルプランナーの神戸孝さんも何年も前からリバランスの大切さを指摘していらっしゃいました。

が、このリバランス。
欲が邪魔してなかなか冷徹には成しえないだけに、やり遂げるのはなかなか難しいものです。

プロは「こうだ!」と決めたらひたすら、その実現を目指しますが、アマチュアは「まあ、いいか」となってそれが運用において命取りになることもあるので、要注意です。

私も個人投資家に「この点に用心してね」ということがいえるように予算を決めて実験工房的にいろいろ実験しています。
たとえば30万円だけと予算を決めて「飛びつき買いフアンド」として運用したり、
同じくポロ株フアンドとして100円以下の銘柄にだけ投資してみたり。

同じようにリバランス投資も実践していますが
これは神戸孝さんの提唱している4等分投資を実行し、うまくいっています。

リバランス投資をやってみようとする場合、個人投資家にとって何が難しいか、どうして失敗するのかですが、
利益確定まではできても値下がりしているものにリバランスしない点が挙げられます。
せっかく利確ができたのに、リバランスせず、ついついよそ見していくからフアンドの当初の主旨から逸脱していくのですね。

途中で新たな出資金を得て、「永久ナンピン」がかけられる場合は別として限られた予算で投資でお金を増やしていくならリバランスをしっかり貫くことですね。

そうすればプロセス・リッチの結果ピンポーにならない株式投資が可能になります。

実践あるのみ!
f0073848_12224356.jpg

そうすれば投資成果を大きく花開かせられそうですね!
by yoshi-aki2006 | 2015-05-13 12:26 | マネー | Comments(4)
お腹いっぱい食べると眠くなり、日常業務がはかどらないため、量は少しでも満足感の高い食事を心がけています。
そんなニーズにぴったりなのがエスプレッソとバナナトースト。
毎朝、パンを焼くときに
f0073848_14592076.jpg

ココナッツオイルをパンの表面に塗り、
バナナをスライスしてのせて、あとはこんがり焼くだけ。
シナモンパウダーをかけて熱いうちに食べるととってもおいしいです!
f0073848_15195951.jpg

これでお昼まで元気いっぱいに過ごせます。
エスプレッソにも合うんですよねえ。

ドリップコーヒーより、エスプレッソのほうがパンチが効いていて、すっきりします。

エスプレッソはドリップコーヒーと違っていったん器具にセットすれば後は手間いらず。
f0073848_1515310.jpg

器具ごと火にかければ
あっという間におしいしいエスプレッソが出来上がります。
f0073848_1524846.jpg

ちなみにこの器具はラジオパーソナリティとしてご一緒させていただいた仲田憲正さんご夫妻が結婚祝いにくださったもの。

随分長いこと、しまっていたのですが、
近所にやなか珈琲というエスプレッソ向きのコーヒー豆を販売するお店があり、
いつでも豆を調達できる環境と最近、ちょっと確保できるようになった時間のゆとりからエスプレッソをおいしく飲める日々を実現させられるようになりました。

最初は使い方がよくわからなかった器具でしたが、今では本当に重宝しています。

エスプレッソがこんなに人生を奥深く味わい深いものにしてくれるなんて・・・・。
このふたつのマイブーム、当分続きそうです。

観光したスペインでも、スタンドでエスプレッソをキュッと飲む人々の朝を拝見しました。
目がパチッと冴え、体もきゅっとなる感じがいいんですよねえ。


そういえばコーヒーチェーンでもエスプレッソに力を入れるなんて話が報道されていましたね。
うちでも外でも味わい深いエスプレッソが飲めるのは本当にうれしいです!
ビバ! エスプレッソ!
by yoshi-aki2006 | 2015-05-12 15:18 | 日々の暮らし | Comments(2)