<   2016年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

パナマ文書5月10日実名公表へ~日本企業、個人も

熊本地震でニュース性がかき消された感があったパナマ文書ですが、株式投資をする人にとって、ちょっと看過できない展開になっていますね。

ヤフーニュースによると5月10日実名公表の運びとなる模様です。

既に一部、報道もされていますが、日本企業、個人名も多数含まれているとのこと。
相場には侮れない材料です。

ところで、このところ、日本経済を揺るがすニュースが相次いでいる点がひっかかります。
日本経済の10分の一の規模を占める九州に災害被害が出たり、
三菱自動車やスズキにデータ問題が出たり、

そこにこのパナマ文書。

ゴールドマン・サックスなど有数の金融機関の決算が悪い時だけに、崩れ相場で大儲けしたいと考えているプロも腕を鳴らしているかもしれず、まだ、これでもかといろいろ、出てくる可能性はあります。

ちょっと用心したいと思います。

ゲーム感覚で投資を成功させているスキャルピング・トレーダーは「基本、日計りで一日完結型の投資が理想」としています。
持ち越して失敗した時は自罰するほど、厳格にトレード・ルールを定めていると言っておられました。

それが合理的な投資スタイルかどうか、ここ数か月、研究していたのですが、なるほど、今年のような変動の大きい相場では「含み損を抱えない」点でいいですし、「持ち越して明けてびっくり、追い証ラッシュ!」という展開にもなりにくいので有効性が高いように思います。

短期売買はちょっと・・・という方向けに有効性が高いのは私の提唱しているカレンダー投資法です。

札幌でお世話になった証券さんにも褒められました。
「あの投資法、なかなかいいよね。個人投資家にはもってこいです」と。

大ベテランがそう太鼓判を押してくださるのですから、うれしいです。

カレンダー投資法を単なる優待狙いの投資としか理解しない人にはこの投資法の極意が伝わっていないと思いますが、深く相場を理解すればするほど、カレンダー投資法の持つ戦略や良さがわかっていただけると思います。

さて、久しぶりの札幌講演は大盛況で、後ろの補助席にもたくさんお座りいただき、感激しました。
ありがとうございました。

f0073848_21465442.jpg

最近、まったくファウンデーションを塗らないため、服の白さが際立っております(^^)
f0073848_21472654.jpg

f0073848_21475837.jpg


次の講演ですが、五月は広島、武蔵小杉、平塚、六月は名古屋、七月は金沢、富山が決まりました。
詳しいことは順次お知らせしますね。

明日の日銀政策発表ですが、政策通の中原伸之さんが含蓄のある発言をされています。

中原伸之さんに以前、お話を伺う機会がありましたが、その懸念はリーマンショックとなって見事に的中しました。示唆に富んだお話を伺えて、2007年7月当時、とても参考になったものです。2007年11月の丸の内の講演で個人投資家さんにも警鐘を鳴らすことができました。

当時の懸念から顕在化までの時間を考えると、今回も「危機はすぐそこにやってきている」と思います。用心したいですね。

ちなみに個人投資家の出口戦略としての売りですが、
札幌の投資家さんでよく御来場いただく方が「売値をこうしたい」とおっしゃっていました。
私は「よい材料があっても売ろうと決断したなら、理想的売値にこだわっていては売り損ねますよ」とお話させていただきました。

売ろう、と思ったら、少々のことにこだわらず、さっさと売るほうが結果は良かったりします。
前述のスキャトレードの王者さんはそういうことをよくわかっている投資家さんだと思います。

細かく、美しく、完璧を求める気持ちは芸術には向いても
投資には向きません。

投資はざっくり本筋をつかむのがいいようです。

本筋から軸がぶれないようにさえすれば投資でも仕事でも大失敗はしないはずです。
キレイな偽物に騙されるリスクもぐっと減らせるのです。

では、よい週末を!

5月10日名前が出る可能性のある企業や個人名の情報で何かわかりましたら追記します!

ZAKZAKの記事

by yoshi-aki2006 | 2016-04-27 22:00 | マネー | Comments(2)  

株式投資ここからの戦略

株式投資をメインテーマに個人の資産形成の知識普及に携わり幾星霜。

「実行・実現するのはあなたです。私ではありません」を基本骨子として
個人投資家が自ら学び、自ら行動を起こすために
今まで培ってきた私の経験から得た知識を誰でもがわかる使えるツールとしてお届けするのが私の仕事のミッションであり、使命だと思っております。

それを応援してくださるのは、私の講座を聴講しようとしてくださる生活者、啓蒙講座を開催してくださる組織、私の講座を聞いてご自身の学びを深めて、行動する場=資産市場=への仲介役としての証券会社、金融機関のお取組み、執行場所としての取引所があるわけですね。

 そして、資産運用対象として、あるいは幅広い社会のインフラとしての発行体企業、事業組織、一連の評価としてのSNS、情報インフラとしてのマスメディア、と位置ずけて、各所とよいお付き合いをさせていただいと願っています。

 各所とよいお付き合いをさせていただくことが回り回っては、生活者の資産運用環境を整えることに寄与できるものと信じます。

なので、セミナーを開催してもいいよ、講演してください、勉強会を開催したいと声をかけてくださる会社さん、担当者さんがいてくださると本当にうれしく思います。

さて、4月は人事異動もあり、3月末本決算後の今期経営計画、業績見通し、株主総会などがあるため、セミナー自体が基本的に少な目でどちらかというと6-7月に集中、という傾向があるのですが、
この度、東京・武蔵小杉でセミナーが決まりました。

●5月14日(土)
東京・武蔵小杉 ユニオンビル
午前10:00~
修了12:00
主催・あかつき証券
(あかつき証券にお口座がないお客様もご入場して頂けます)。

是非、奮ってご参加くださいませ。お申込み先など、また、近々アップさせていただきます。

ほかにも5月の開催のご相談をいただいておりますので、決まり次第、ご案内いたします。

(チャート カブドットコム証券)
f0073848_10444249.gif

18000円を超えられる環境には少々、時間がかかりそうですね。
詳しくは講演でお話ししたいと思います。

by yoshi-aki2006 | 2016-04-25 10:39 | マネー | Comments(0)  

女性が知っておくべきスカートを踏む男の特徴~小さき男の病

女が知っておかなければならないことは「女性」を持ち上げ、揉み手をしてすり寄って来る男には今も昔も、基本的に用心したほうがいいのです。

そういう男は概して一ミリたりとも女性が活躍してもらいたいとは思っていないから。

いや、安倍首相の女性活躍推進政策にどうこう言っているわけではありません。安倍首相は国の就労者が減り続けると日本国はいずれ倒産してしまう=と、同時に同盟国のアメリカも非常に困ることを懸念されているので、高齢者も女性もみんなで働こう!とハッパをかけられているわけで、彼が女性蔑視でないことは奥さんの昭恵さんを見ればわかること。

アッキーは実にのびのびされているではないですか。

ただし、安倍首相以外であなたのまわりで「女性」をやたらおだてるような会社組織の人がいたら、ご用心めされよといいたいですね。

そういう男性の本心は?
女性がバリバリ働くのは大嫌いなのですよ。
そうした男性の頭の中の「働く女性」とは「妻」か「娘」のようなイメージであり、話す内容は基本「お花畑」的な事がよく、男を凌駕するエラソーな女などは絶対に認めないのです。
特に政治、経済、地政学、経営に対してグローバル戦略的な見識をもつような女は嫌いも嫌い。おそらく毛虫よりも大嫌いだと思います。

だから、仕事ができる女性、
仕事の評価が高い女性、
人気者の女性、
学歴の高い女性、
処理能力の高い女性、
なんでもできてしまえる女性、
悩む姿を人に見せない女性、
健康で丈夫でへこたれない女性、
先が見通せる女性、
資産や仕事に不自由していない女性、
夫がそれなりの人、家族が立派な女性、
持ち物、服装のクオリティが高い女性

などは嫌われ度が高いことを自覚して、ご注意召されよ。

もしも、そんな女性たちにアドバイスするとしたら、剛腕な女性であればあるほど、社内外にいる小さき男に気を付けることです。
小さき男は剛腕な女性のスカートを踏むチャンスを虎視眈々と狙っています。

そして、策を弄して、剛腕な女性を陥れ、うまくやれたと陰で喝采することで自らの小さなアイデンテティの安定を図ろうとします。

こんなことを思うのは
最近、異業種交流会で女性の部長や取締役とたくさんお知り合いになり、いろいろと聞くからですね。
こちらは年の功というか、最前線に立つ彼女たちを眺める場所にいる山姥みたいなものですから、
その悩み、苦しみはかつての経験から、よくわかります。

一ついえることは、剛腕の女性が小さき男にスカートを踏まれたら、
「ああ、この男は自らの精神衛生上、己の使える権力を最大限に使って、剛腕女性を料理したいのだろうな。それくらいしか、自分の力を確認するすべがないのだろうな」「会社や組織でのストレス解消法にそういうことをしないと精神衛生が保てないのだろうな」
と、まずはその小さき器を眺めて、笑う余裕がほしいですね。

小さき男は面とは向って剛腕女性に意見を言ったりはできないのです。だから、口先旨く、へつらい、媚びて、耳触りのいいことをペラペラと口にします。

しかし、己にはない能力を持つ女に対して、うらやましいのを通り越して、敵愾心はものすごく持っており
何とかはめ事を企画して、剛腕女性のスカートを踏もうとチャンスをうかがっています。

敵愾心を何とか隠そうとするあまり、「女性を応援したい」みたいな言葉を使って接近してきます。

剛腕女性は何でも見抜いてしまうので、その下心はわかるのですが、そのたくらみと小さき男のもみ手の小ささを笑うのは気の毒だと思ったり、その子供っぽさは可愛らしくさえ思ったりし、胸にあることは言うまい、気がつかないふりをしてあげようとかするのですが、

小さき男は自分の力を試したいのです。蟻のカマきり背負い投げのようなタイミングを見ています。

もしも、図られたなら? 逆上は禁物です。
何故なら、剛腕女性の逆上こそが小さき男にとって己の力の確認ができる最高のごちそうだからです。
エサを与えることはありません。逆上はそんな相手にはもったいなさすぎます。

おそらくこうした類の男は怖い母親に叱られながら育ったか、無視されて愛情不足だったか、モテ期がなかったかなので、母親や女性への代償行為として、憎い女性の象徴として剛腕女性を困らせて喜びたいわけです。

もしも、生きていくなかで小さき男の組織人に理不尽なことを仕掛けられたら、そんなことをしたことを100倍後悔させるようなスキームを正当な方法で打ち返すことです。

女の時代ともてはやされる時こそ、油断せず、
小さき男の姑息なやり口に、逆上せず100倍返しのパワーで真に有意義な仕事を通して世の中に佳きこと、善なるものを還元していくのです。

それができる女性こそ、「女性の時代」とおだてられても、木に登ったふりをして全体を俯瞰し、最善が尽くせる賢い人です。

姑息な小さき男を輝く強さで吹き飛ばす。
負けるな、女たち!
悩みを聞くたびにそう思います。

by yoshi-aki2006 | 2016-04-24 00:54 | 生きる力 | Comments(0)  

熊本・大分地震・被害支援~できることから一歩ずつ

NHKアサイチを見ていたら岡山の男性(高梁市在住の高見さん)が福島・相馬で被災された方の犬のジョンを引き取り、大切に育て、アサイチに「元の飼い主さんに岡山にジョンがいることをお知らせしたい」(およそ、そのような内容でした)とFAXされて、それが元の飼い主さんに人を介して伝わり、ジョンと元の飼い主さん、今の飼い主さんが感動のご対面をするという映像をみて、大きな勇気をいただきました。
その番組のことが書かれた記事

何か自分にできることを一つずつ、と思い、今日、その一歩を踏み出せました。
堤さんのツイートで情報をいただき、出張で行ったことがある佐賀県武雄市に被災ペットの餌なをど受けてくださる場所があることを知りました。
f0073848_2134790.png


そこで、楽天を通じて、今の時期、猫には必要な毛玉ケア用キャットフードと固まる砂を何袋か、武雄市に送ることができました。

何故、最初の第一歩で気おくれしてしまうかというと、熊本に不用意に送ると、交通渋滞の一因になるかもしれないとか、不用な品かも知れない、と躊躇する気持ちが生まれ、行動そのものが迷惑かも知れない、静かに熊本産のモノを買うほうが支援になるかもしれない、などと悩んでしまうからです。

日本赤十字社への義捐金も東日本大震災や阪神淡路大震災の時、被災者に届くまでにかなりお時間がかかったり、いろいろな配分の基準があったりの問題点が週刊誌で報道されていましたから、自分の寄付が生き金になっているのかどうか、それも悩ましいものです。

 それなら、いっそ、笹川さんの日本財団のように現金一万円を何度も被災地にて被害に遭われた方に直接支給されたり、今回のように熊本城修復にポンと30億円みたいな具体的な支援が望ましいと感じます。

 でも、私の資力でできることは限られているし、どこに寄付するといいのかしらなどと考えると、悩みが深まり、その間にも、どんどん復旧が進んでいき、いつも「最初の第一歩」で出遅れてしまいます。そんな自分に余計悩ましくなったりして。完璧を目指そうとする足枷が自分を縛るんですね。やるからには完璧にと思い過ぎるわけです。

でも、今日のNHKアサイチを見て、岡山の男性のFAXに大きな勇気をいただき、何でもいい、完璧でなくても、背伸びしないでまず、自分にできることをやろう、と思いました。

具体的な支援が一番。
検索した結果、福岡に物資が続々と届いていると知りました。
何か、足りていないものは?とさらに検索するとツイートで堤さんの情報を知った次第です。

背伸びしないで少しずつできることから息長く。

何が足りていないか、どこに届くといいのか、関心を持ち続けたいと思います。

そして、今日は被災地にペットフードと砂を送ることからスタートです。
関心を持ち続け、できることをできる時に。

by yoshi-aki2006 | 2016-04-21 21:10 | 公益活動 | Comments(0)  

九州・西日本の活断層マップ~避難の参考に

九州に大きな地震が発生し、被災者が続出しています。以前、阿蘇・熊本、大分・由布に旅したことを思い出し、雄大な大自然の計り知れない力を改めて思い知らされた思いです。
f0073848_5463138.jpg


被災された皆々様に心よりお見舞い申し上げ、経済分野に身を置く一人としてできることを営々黙々の精神でさせていただきたいと思います。

さて、日本列島が活動期に入っていることは様々な専門家がかねてより指摘している通りです。九州・熊本・大分だけでなく、これからどこにも地震や災害は起こり得ることと覚悟をしておいたほうがいいですね。

温泉が湧くということは地下に火山活動の源がある証であり、その意味では日本列島は地震の巣窟であるといっても過言ではないと聞いたことがあります。

常日頃から被災したときの行動をよく検討しておきたいものです。
大事な写真や様々な重要な番号、住所録などはブログの「非表示」記事にアップしておく、クラウドを使うなどしておけばとっさの時にあれこれ持たずに避難できます。

また、活断層を避けて避難するには日ごろからルートをしっかり頭に入れておきたいですね。
ご参考になればと思い、活断層マップをアップします。

f0073848_4551569.png

f0073848_4553877.png

出典・産総研、政府・地震対策本部より

【追記】
九州の交通状況



4月25日の北海道・札幌講演では北海道の活断層の資料もご準備させていただきます。
f0073848_5505372.png

by yoshi-aki2006 | 2016-04-17 04:58 | アンテナ | Comments(0)  

切れる老人とマニュアル新人のギャップが引き起こす危ない世の中

4月の駅周辺はビジネススーツを着た社会人ビギナーと世代関係なくいるスマホ見人間、ベビーカーを押す親たち、高齢者でまるで障害物競争の様相となっています。ステッキを片手に足元がおぼつかない高齢者もいらっしゃるのではらはらします。

学生気分が抜けていないビジネススーツ・ビギナーは何人かで公道に林立し、しかも顔がにやけているので、「あ、新入社員なのだなあ」とすぐわかります。スーツはビジネスマンの戦闘服のようなものだから、それを来たからにはビシッと行動や所作も決めたほうがいいと思いますが、ま、みんな最初はまごまごしてしまうものですよね。

 彼らが「若い林」「若い群れ」とすれば、歩行スペースで突然立ち止まる人、いきなりUターンする人などは何に例えればいいでしょうね。
エレベータの登り切った場所で突然立ち止まった若い女性に後ろから続いていた人たちは思わず将棋倒しになりそうになっていた光景を思い出します。
本当に危ないですよね~。

 スマホ見で人が勝手によけてくれると思って自分ペースで歩く人などもいます。基本的に「公共」より「自分最適」を優先し、自分の世界しか見ていない。

 前は、いちいち、「危ないなー」とか注意喚起していましたが、もはやそれも追い付かず、障害物競走と心得て目的地まで気を抜かないようにしています。

 さて、最近、切れる老人問題が指摘されています。
こういう例は本当に気の毒ですね

「今まで温厚だった人が急にブチ切れ老人になった」というケースも最近、耳にしたばかり。

 老人病であるとか前頭葉萎縮などの老化が原因だとかいろいろ理由は指摘されていますが、社会構造が速いペースで変化していることへのもどかしさも一因であるような気がします。

例えばクレームの現場などでよくあるのが、
マニュアル対応をする若手に対し、年長者がブチ切れるケース。

 年長者は今までの自分の経験知から「常識で考えてもこれはおかしい!」という理屈で怒ります。しかし、対応をする側はマニュアルに従った対応なので、話が全くかみ合わないわけですね。
次第に年長者は相手にイラつき、激高し、ブチ切れます。

 若者にとっては「なんでこうなるの???」とびっくりでしょうが、マニュアル対応は年長者にとってコインを入れたのに作動しない機械のように感じられるのです。だから、機械をどんどんと叩くような行動とってしまうのです。

 マニュアル対応をする側にも認知力を鍛える必要があるでしょう。コンプライアンスやガバナンス、社則などで保身に走りすぎて、相手の言い分に耳を傾け、問題解決を図ろうという人間的対応ができていません。

 常識で考えてどうなのか? 自分なら相手の立場でどう感じるのか、を土台に判断し、対応ができるといいですね。
 年長者の言い分も至極もっともな場合もありますから、無理は聞けないけれど理解はできるという対応に変われば大きくこじれることはないはずです。
 クレーマーときちんとしたクレームを聞き分けるのはむつかしいものですが、要は自分の人間としての常識力で接すれば相手にも伝わるはずです。

 団塊退職に伴い若い世代が一気に社会の最前線に登場したことによる経験知の断絶、意思疎通の困難がベースとなって発生している危険な状態。高齢者の前頭葉萎縮だけが切れる老人の原因ではないと思うのですが。

 団塊退職で急激に開けた社会のステージ。

 互いの不足を許容できる「豊かさ」が欲しいものです。

 さて、一巡していた仕事がまた二巡目に入りつつあり、少しずつ詳細が固まってきています。
直近では4月25日札幌すみれホテル会場で講演があります。
6月7日は名古屋中電ホールにお邪魔します(私の講演は15:00~です)。

また、お会いしたいですね! 楽しみにしています!

f0073848_1042371.jpg

f0073848_10425774.jpg


 

by yoshi-aki2006 | 2016-04-08 10:31 | アンテナ | Comments(2)  

国民主権に勝る国際機密って? TPP真っ黒け文書にドン引き

国会ではTPPに関する審議をしていますが、審議に入る前提であらゆることが秘密にされており、審議しようがない状態になっています。

インターネットでTPPを検索すると、民進党の玉木雄一郎さんのツイートを見つけました。以下、玉木さんのツイッターから転載させていただきます。

f0073848_1553845.png

あらー、こんなんじゃ、何が書かれてあるかさっぱりぽんですね。

やましくないなら秘密にしなければいいと思いますが、国際的な約束事として秘密保持が前提となって進行したTPP。

こうした黒塗りの下に何が書かれてあるのでしょう?
推測してみると・・・・。

①知られたら国民が大反対しそうなことが書かれてある?
②TPPの肝となるTPP推進で得をするのがだれか?がわかり、大論争となる?

いずれにしても知られては困ることが書かれてあるのだろうと思います。

しかし、日本は不思議な国です。

もし、これが上場企業の場合なら、政府は取締役会に相当し、株主は国民です。
取締役会のトップ、首相は国民に雇われたリーダーのはずです。
そのリーダーは国益となることをしてくれると思うからこそ、信頼されているわけですよね。

ところが、その国益となるかどうかの判断材料を黒塗り文書で出したとすれば、企業の場合はそんな代表取締役は否認されてしまうはずです。

いやいや、この国の大株主は米国で、米国の意向を最大限に優先するのだ、というならまた話は別です。

いずれにしても、国民主権よりも優先されるべき国際機密が必要なのかどうか、国民に秘密にして進められる国際機密を私たちは審議もないまま優先させるのか、参議院選挙を前に国民一人一人が良く考えたいですね。

私は特に支持政党を決めていませんが、常識で考えて当たり前のことを当たり前に実現努力してくれる政治家に投票したいと思っています。

ところでまた別のトピックでも書きますが、女性活躍推進法がスタートしました。
しかし、企業の多くは

●そんなの現実的には無理
●女性にとって働きやすい会社が男性にとって働きやすい会社になるとは限らない

と、現場では大変困っているようです。

女性にチャンスはうれしいことですが、現実に即した法制度が望ましいですね。
法律概要

by yoshi-aki2006 | 2016-04-07 16:10 | 事象観察 | Comments(0)  

ラーメン屋の麺が多すぎて食べきれない

外食はショッぱいリスクがあるのでできるだけ家で自分で作ったものを食べるようにしているのですが、広告看板の写真がすごくおいしそうだったので、いつか行ってみたいと思っていた店に今日は思い切って入りました。

それが、こちら
f0073848_22404170.png

六厘舎さん

行くとすでに行列ができていて、外国人の姿も。

並んでいる時、行列の前後の人に「何がおいしいのですか?」と聞いてみました。するとつけ麺がおすすめだとか。後ろの中年男性が「小盛り」のほうを進めてくれたのですが、味玉のついたもの(後でこれは並み盛りと知ります)を選んで、意外と早く座れたカウンターで出てきた盛り麺をみて愕然。

「この量を食べ終わることができるだろうか?」という盛りの良さです。

日々、マイペースを心掛けている私はげんこつ一つ分の分量を食事の目安にしているのですが、このお店の並盛はげんこつ2つ半、いや3つくらいはあるように感じられました。

麺つゆのショッぱさはきつくなく、出汁の塩加減は好ましい領域。
自分で作るラーメン汁はもう少し醤油系なので、醤油系が好きな人には好き嫌いがあるかもしれません。

しかし、この麺の多さはなんとしたものでしょう?
カウンターで先につけ麺を豪快にすすっている女性を「すごいなー」と感心してチラ見する私。その女性のどーんとした存在感ある体躯をみて、豪快な啜りを支える渡邊直美的構造に納得します。ラーメン屋さんで見かける人の体躯は確かにド迫力であることが多いなーと感慨にふけったりも。

そんなこんなで気を紛らわせながら、麺をすすりつつ、胃袋に収めた麺の量がげんこつ一つを超えたあたりから、次第に食べるのが苦痛になってきました。そして、だんだん追い詰められ、どうしよう????と途方に暮れはじめます。

持前の「食べ物を残すのは罪悪」という考えにコンプリートしようとする習性と「これを食べ終えることはできない」と悲鳴を上げる胃から出るサイレン全開状態のはざまで「どうやってサバイバルするか」と出口戦略を考えます。

食べ物を残すと食べ物に申し訳ない、作ってくれた店の人にも申し訳ない。麺ができるまでの様々な命、資源に申し訳ない。自分のお金にも体にももったいなくない方法でこの場を切り抜けたい。どうすればいい???

すると、いい考えがひらめいたのです!!

そうだ、私はトートバックの中にエコ・バックとしてきれいなレジ袋を持っていたんだわと思い出したのです。

ともかく、ここはあとげんこつ1つ半分残っている極太麺をダッとレジ袋に詰め、ささっと帰らなくてはなりません。しかも私の周囲の人、特に店の人に「あらー、麺をあらー」と言われないようにさらっと。

できるかなー????

やってみる!

サバイバル大作戦、実行!

できた! やった! ごちそうさまーとカウンターを離れ、事務所に帰る途中、レジ袋内の麺の大きさと自分のげんこつを比べてみると、やっぱりげんこつよりかなり大きかったので、
「これを完食していたら午後は使い物にならなくなっていたなー」と胸をなでおろしました。

この麺は後で自分で作ったラーメン汁で食べてもいいし、ま、お鳥さんにあげてもいいし、と事務所に帰ると、やっぱり、来ました。強烈な睡魔が。

おなか一杯に食べるとやっぱり駄目です。
胃に体のすべてのエネルギーが向かってしまい、原稿を書いたり、本を読んだりの知的作業において、まったく使い物になりません。脳活動は集約事業なのですね~。

睡魔と闘い、腹をさすりながら、思いはラーメン周りをぐるぐる回っていきます。

そうそう、ラーメンでいろいろ思い出しました。
昔からラーメン屋さんに入って
・汁の塩加減
・麺の量
・汁の量
が悩ましい三大要素でした。

以前、入ったラーメン屋さんで洗面器ほどの大鉢に「いつ食べ終えれるんだーーーー」と泣きそうになってしまったこと、とか、
仕事仲間たちが絶賛する麵屋武蔵さんの汁は私には塩が強すぎ、
六厘舎さんの並盛は麺の量が多すぎた(小盛りにすればよかったです)ことなど・・・。

汁が飛んで服が汚れるとか、髪の毛、服ににおいが付くとか、口臭とかもあり、食後の時間の質が変化することが悩ましかったのです。

それは行列してまで食べるラーメンの価値と比べてどうなのか?

そうだ、ラーメン屋さんに長らく行かなくなったのは、いつのころからか「外ラーメン」にプレミアム感を感じなくなったからだと思い出しつつ、

「いや、待てよ、自分の胃袋が縮んだんだ」とも思います。

ラーメンはがっつり食べれる若者食なのかも。

そういえば外食でラーメンをおいしく食べられたのは20歳代でした。
新宿のラーメン屋さんの驚異のチャーシューテンコ盛りだって食べてたじゃないかと。

おお!

そういうことか。身の程を知った次第・・・・(^^)

ちなみに自分で作る内ラーメンのレシピは以下の通り

麺・・・市販の生縮れ麺(細)の半分
汁・・・昆布、出汁じゃこ、顎出汁、カツオ節、ミックス魚粉、香川県産うどん出汁、生醤油、野菜コンソメ、鶏がらスープ、キノコ数種類、魚介、野菜数種類、塩少々、黒+白胡椒などを長めに煮込んだスープ

トッピング・・・細斜め切りネギ(水にさらし、スープに絡め、少々、火を通したネギ+火を通さない直前盛りのネギ)、海苔、ゴマ(白ごま)

豚骨風にしたい時にはここにコンソメと粉ミルクを入れます。

by yoshi-aki2006 | 2016-04-02 23:13 | 医食同源 | Comments(0)  

次の買い目標・日経平均株価

新年度入りし、株価展開はイマイチとなっています。
講演では「3月上旬には売りはじめるべき」(今年に入ってからの講演で)
「配当や分割は取ってから売ってもいいと思います」(3月25日 大阪講演)とお話してきました。

理由はまた、4月、大きく下がったら買いたいから、です。

折から大企業の業況判断は悪化していることが伝えられています。
為替見通しが円高方向で、どの程度、円高が進むか、企業の為替担当者が疑心暗鬼です。

チャート分析では110円割れの可能性も予見されます。

となると5月中旬の企業今期業績見通しはコンサバティブなはずです。

株式市場は未来の企業業績を今、評価するところですから、
値下がりはやむなし。

値下がりしたところを上手に買って、次の上げ潮を待つメリハリ投資が望ましいと思います。

f0073848_20345196.gif

(ゴールデンチャート オプティキャスト より)

週足チャートを転載させていただきましたが、次の安値が15000円台でとどまれるかどうかを見たいですね。

 とどまれればヨシ。割れば思い切って買うチャンスです。投資金額分散、時間分散してこのむつかしい局面を上手に乗り切っていきましょう。

 ただし、どの銘柄もダメという展開ではなく、いろいろ小噴火、その予備軍の銘柄も見受けられます。
 折々の銘柄はヤフーファイナンス、オールアバウト等でご案内したいと思います。
ヤフーファイナンスは寄り付きから引け値ベースでの勝敗カウントとなり、時間読みが難しく、勝率が低下してしまっていますが、過去予測した銘柄一覧のその後の展開を検証していただくとまずまずの成績ではないかと思います(^^)
今までの投稿一覧

オールアバウトに執筆している記事一覧

ZUUオンラインに執筆している記事一覧

頑張りましょう!

by yoshi-aki2006 | 2016-04-02 22:23 | マネー | Comments(2)  

3.29安倍首相記者会見から見えてくる4月以降、今後のトレンド

予算が成立した3月29日、安倍首相は記者会見を行い、これからの施政について表明しました。
今後の国の方針を見ておきたいと思います。

以下、首相官邸リンク先より引用し、要点化しました。

【安倍総理発言】
 本日、来年度予算が成立。2016年度予算は、「戦後最大のGDP600兆円」に向けて「強い経済」を確かなものにする内容。この予算によって一億総活躍社会の実現めざす「働き方改革」を推進。

①介護休業中の人支払われる給付が賃金の40%から67%へとアップ。
②2020年代初頭までに50万人分の介護の受け皿を整備し、25万人の介護人材を確保。
③介護しながら仕事を続けられるよう、2016年度予算で「介護離職ゼロ」の実現目指す。
④中小・小規模事業者が設備投資を行う場合、固定資産税は半分に軽減。
⑤自らのアイデアで地方創生にチャレンジする自治体を自由度の高い交付金で応援する新制度創設。
⑥不妊治療を初めて受ける人に治療費のほぼ100%に相当する30万円を助成。
⑦10万人分以上の保育の受け皿。病気になった子供たちの保育も拡充。
⑧希望出生率1.8
⑨幼児教育の無償化。所得の低い世帯では、第二子は半額、第三子以降は無償。
⑩ひとり親家庭への児童扶養手当の加算を倍増。第二子は36年ぶり、第三子以降は22年ぶりの引上げ。
⑪多様な働き方が可能となるよう、時間外労働の規制を見直し、長時間労働や働き過ぎを是正。
⑫「正規か非正規か」の雇用形態にかかわらない均等待遇確保。
⑬同一労働同一賃金の実現めざす。
⑭「生涯現役社会」を実現。定年引上げや雇用継続延長に向けた環境を整える。
「働きたい」高齢者への就職支援。
⑮本年から、児童養護施設や里親の下で育った子供たちが進学した場合、毎月家賃相当額に加えて5万円の生活費を支給し、そして、卒業後、5年間仕事を続ければ、その返還を免除する新しい制度を開始。返還が要らない給付型の支援。
⑯全ての子供たちが利子の無い奨学金を受けられるようにする。返済額についても、社会に出た後の所得に応じて変化させ、過度な負担とならないように配慮。
⑰保育の受け皿整備を一層加速。
 未就学児、小学生の学童保育も含めた「待機児童ゼロ」の実現を目指す。
⑱介護福祉士や保育士を応援。経験に応じた給料アップの仕組み、処遇の改善に取り組む。
⑲保育補助者の活用などにより、現場の負担軽減。
 
◆その他
・10年先の未来への政策を「ニッポン一億総活躍プラン」として5月に取りまとめる。
・5月の伊勢志摩サミットで経済情勢が最大のテーマ。
・世界経済の持続的かつ力強い成長を実現するために、今、G7の政策協調が必要。
・伊勢志摩サミットの行方に世界中が注目。議長国・日本への大きな期待がある。
・明日からのワシントン訪問で世界のリーダーと可能な限り首脳会談。G7の議長国として世界経済の舵取り。

・訪日観光客を2020年に4000万人、2030年に6000万人を目指す。

<私の解釈>
 日本は少子高齢化が世界最速レベルで進行し、2020年にはかなり厳しい財政状況が予想されています。
まとめサイト
 こうした事態を招かないためには、女性、高齢者にもどんどん働いてもらい、労働人口を確保し、税収アップを目指し、企業には雇用原資となる貿易黒字も確保させなければなりません。

国政としてそのための施策は充実させましょう、というわけですね。保育所、介護問題は充実、改善させなければいけませんね、と。もちろん、行政の力ではなく、民間パワーで高齢者介護問題に取り組んでもらう必要があり、企業にはそれへの支援をお願いしたい、ということです。

また、勤労者が蓄積している富は投資市場に投下してもらい、そこでも税収アップにつながる行為が期待されているのでしょう。
 
 訪日観光客の招致は全国自治体でも実践してもらい、全日的に訪日マネーによる経済活性化を目指す必要があるとも考えられた予算といえるでしょう。
 
 生活者として今後に備えるには、女性の専業主婦化より労働資源化を推進。専業主婦としての家族控除は今後、削減されるだろうことが予見されます。保育所が増設、拡充されたとして費用面での負担は子持ち側負担であることに変わりはないので、子育て家計は大変そうです。

 所得を増やすには働く。そのために派遣社員であっても賃金は格差なく、という方向で企業努力を誘導したいということでしょう。
 しかし、賞与、退職金面で派遣社員には不安があります。
 そこは金利では増やせないのは自明なので、投資で頑張ってくださいね、ということなのでしょう。派遣社員だってインバウンドが継続すれば折からのマイナス金利の恩恵で住宅ローンも家賃並みの負担で払えるのでは? と。
 インバウンドで経済を活性化させ続けられれば、ま、オリンピックもあることだし、と何とかなるだろう、いうことですね。
 この考えを4月10日、11日の広島外相サミット、5月26日、27日の伊勢志摩サミットで外国の理解を得る努力をするので、国民も頑張ってくださいよ、と。

 インバウンドが継続するには今のブラジルが陥っているような経済下降にならないようにしなければなりませんし、ジカ熱のような不思議な病が流行しないようにしなければなりません。
 また、警備が薄い繁華街などでフランスのようなテロが起こらないよう、警備の徹底をしなければなりませんよね。

 外国人と投資だのみの日本経済。そして、寄らば大樹の陰のようななんにでも保障や保護を求めるのではなく、豊かになりたければ働けということが基軸になっています。もう、国の金庫はからっぽ。いや、借金が増加中で自転車操業になってきている。だから保障してあげたくても、ない袖は振れない。年老いても子供ができても、みんなで赤字財政という大きく深い河を命をかけて向こう岸まで泳ごうではないかということです。
泳ぐ努力をし続けないと向こう岸にはたどり着けないよということですね。

為替一つで大企業の業況判断はマイナスに傾く為替敏感経済の日本。
外国人や一部の人以外、買いまくる人たちは少ない。
その買いまくる外国人の代表的存在は中国。

その中国の国債は格下げに。

ユーロも中国もダメとなれば世界マネーはアメリカに。

ま、世知辛い懐市場を抱えるのはどの国も同じ。
要はたくましく生きがいのある状況に差し掛かっているということです。

ここは円高メリットをよく考えた投資もいいな、などと前向きに考えて、サバイバーを楽しみたいものです。

【追記】

投資をする場合は「まさか」も考慮する必要がありますね。
4月1日の近畿地震。大規模地震や災害があったらさすがのアベノミクスも掛け声倒れになりかねません。

「まさか」も考慮に入れた対応をしていきたいですね。


 

by yoshi-aki2006 | 2016-04-01 10:01 | アンテナ | Comments(0)