経済評論家、一級FP技能士、チャート分析家の木村佳子さんが素敵な明日を迎えるためにお届けする ライフ&マネー メッセージ   ホームページはhttp://homepage2.nifty.com/fp-money/

by yoshi-aki2006

<   2016年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

f0073848_03141729.jpg
東京はどんどんキレイな町に変身しています。
道幅も広がり、古い建物は新たな複合ビルに生まれ変わり、歩道には写真のようなオブジェも飾られ、街歩きが楽しめるような工夫も盛りたくさん・・・・。

クリスマスや年末のひと時、いろんな過ごし方をされているかと思います。
さて、今日はそんな年末商戦の現場での出来事を取り上げました。

まずは、知り合いのマダームから聞いたクリスマス・ケーキ購入にまつわる悲喜劇です。恵比寿の有名菓子店においてマダム曰く「いつも混雑するのであらかじめケーキを予約した」のだそうです。

ケーキを受け取りに行くと予約管理のシステムがダウンしただの、使いこなせないだのの不手際があって結局、予約を受けたかどうかさえ現場ではわからなくなってしまっており店頭は大混乱。

で、散々待った挙句、ようやくあてがわれたケーキを不承不承に持ち帰った真夜中。夜中の三時半というのにバンバン電話が鳴る。出てみると無言で切れてしまう。そんなことが5回も続き、「一体何なんですかっ!」と受話器に怒鳴ったら、なんとそれは件のケーキ屋さんで「アルバイトの子が来ないので自宅に電話しているところでした」とのことだったんですって。

で、怒り心頭に達したマダームのご家族はたまりにたまった怒りを電話にぶちまけると店長がかわって出てきて「謝罪に伺いたい」といったそうです。

クリスマスの忙しい時期に店長はお詫びの品を抱えてマダムのお宅を訪問。平謝りだったとか・・・。
もちろん、マダムも大変な目にあわれたわけだけど、その店長の状況もなんか身につまされます。

人手が足りない。人が育ってない。なのにお客さんはどっと押し寄せる。その挙句の現場が回っていない状況がありありと伝わってくるではないですか。

似た話はドミノピザにもあったようです。

悲劇ですよ。客も店員も。

一言で言ってしまえば営業戦略のミスですね。
MBA的な戦略が先行し、現場のリアルな人の動きの複合要素を見落としています。

お客さんはミクロ経済でいう効用理論で動くから「現場で一枚タダでもらえるなら、散歩ついでに現場に行こう」と行動に移す。

クリスマス3連休にふさわしいイベントとしてケーキやピザを買う家庭というのは想定以上に多いと考えたほうがいいですね。
海外に出かけたり、レストランで会食などの過ごし方もありますが、海外はテロが危ないし、円安だし、第一、年の瀬で仕事も家事も忙しいのにわざわざ旅行に出ることもないわけで、レストランでの食事もノロウイルス罹患が怖い。
費用対効果として金を使った上にノロウイルスにやられたんじゃあ、割に合わない、そう考えるのが妥当では?

すると、費用対効果、時間対効果、手軽感で集約すると、ピザ店頭買いやケーキ買いはマスなイベントになってくる。

経営側がその点をあまりにも甘く見ているからこんな結果になるんだろうと思います。

ケーキ屋さんにしても予約管理の人材が育っていないのにシステムの導入が先行した結果、受けきれない予約で現場が混乱したのだろうと思います。

アベノミクスで副業OK、起業促進、生まれたばかりの子供を保育所に預けてでも働こう政策の推進は就労人口がどんどん減っていく日本経済を沈まさないためには、日本国債(借金)返済上、必要な政策かもしれませんが、ひとりひとりが身の丈や能力に見合った対処によって自分の現場や仕事、人生を考え、身を処さないと、こんな混乱が起き巻き込まれてしまう、という警鐘だと思います。

できないことをできるように思わせてしまう錯覚の消費促進。

死角はないか? 立ち止まって考えたい大切なことではないでしょうか。
私の研究対象、専門分野である資産運用においても身の丈にあった、自分ができるやり方をお勧めしています。

黒柳徹子さんもトーク番組でおっしゃっていましたね。
「女優さんやなんかは顔がきれいなだけである程度、様になるってことがあるじゃありませんか。私はそうじゃないし、人と比べたって仕方ないし、ならば自分は自分のやり方で仕事していこうと思ったんです」(というような内容だったと思います)

お客さんも働く人も幸せな経営戦略。
それができている会社を投資で応援していくのが投資家の仕事でもありますね。

いい会社、いい現場がわかる生活者でいたいものです。








by yoshi-aki2006 | 2016-12-28 03:29 | ビジネス | Comments(1)
映画「マネーショート」はリーマンショックの前に異変に気つき、「これは絶対に変だ」との思いを運用に適用し、ぶれずに利確するまでの物語です。

用語や運用の仕組みがわからないと難解かもしれませんが、金融知識がある程度ある人には結構、平易に感じられるかと思います。

リーマンショックの前に「なんか変」と感じていた人はけっして少なくないはず。
しかし、「ま、いいか」「そんなバカな」「気のせいか」「そのうちそのうち」と多くの人はその「なんか変」という垣根を越えられず、大浪に飲まれてしまうわけですね。

マネー運用を志す人なら「このなんか変」を察知し、探求する力を磨きたいものです。


さて、来年の準備に忙しいこの頃。
1月20日には沖縄に伺います。
f0073848_11043911.png
お申し込みは
上記をクリックしていただくとお申し込み画面になります。お近くでしたらぜひご来場くださいませ。







by yoshi-aki2006 | 2016-12-26 11:16 | マネー | Comments(0)
先日、人に誘われてあるお店に行った時のこと。
開店前に行くのも野暮なのですが、予定より早く着いたのですね。
店主はこの寒いのに、外のベンチで待つように言うので、「こりゃ、ダメだな」と思いましたが店を予約した人の顔をつぶすのもなんだと思い、言われた通り、待つことに。

すると一分もしないうちに今度は中に入ってくださいと案内されました。さっきの対応は何だったのか? きっとあまり頭の回路がつーっとつながっていないのだろうと思いました。そういう人の作る料理は知れているなあ・・・。ますます、「この店はきっとまずい」と確信が。

案の定、値段は二流、味は三流といった具合で、ほうほうのていで退散することに。

店の作りが小さいのですぐに満席になり、その日、初めて行く知人は「満席なので・・」と断られたそうですが、そこをなんとか、と予約したお店とのこと。

我々が食事している間も一名の予約打診の電話がかかってきましたが、その電話の対応を聞いていて、「あ、こりゃ絶対だめだな」と感じました。

私なら、予約してくれた客を断らないで上手につなぐけどなあ・・・と。ぐずぐずの交渉の果て、お客さんが寄り切って来店を受け入れた店主。

私たちが早く食べ終わったので、そのお客さんは別に恐縮のていでなくても、入れるわけです。
私たちは「どうもどうもご馳走さん」と笑顔で退席。店主も私たちの笑顔を見て、満足気でした。でも、店を出た私たちの感想は「あんな店、二度と行くまい」で一致。一度でこりごりです。


しかし、本当の問題は40歳前後と思しき人がこうやって曲がりなりにも店を持てる今という日本の現実でしょう。少子高齢化で前の経営者が高齢で撤退し、店舗物件は出てくる。
低金利で融資先に困っている金融機関から金も借りやすい。
あるいは親が裕福なのか、脱サラ組なのか、はわかりませんが、大した修行も積まず、生半可なものを作って出しても、いっちょ前に店主に納まれている。
店があるから客は一度はまぐれで足を踏み入れる。しかし、二度目はない。笑顔で去っていくだけ。

こういう店主の10年後。今のまま行けばきっと立ち行かなくなると思う。するとその時、店主は50~60歳。

10年後といえば2027年。リニア中央新幹線効果で外国人がたくさん来て、珍しがってお客さんとして来店してくれるのだろうか。そうであればいいけれど・・・・。

店だけでなく人間関係でも笑って去っていく人こそ、恐れたいと思います。
私もきっと昔、若気のいたらなさで、心ある人にげんなり感を与えて笑顔で去っていった人もいたろうな、とこの年でようやく思います。怒られたりした記憶は残るけど、笑顔で去っていく人のことは気を付けて振り返らないとわからないものです。

そのことに気が付くようになるのは自分が笑顔で去ることをするようになったからです。自分も以前は怒ったり、意見したりしていたなー、と思います。

今は笑顔で去れるようになれました。

こちらから「オフ」にした人間関係の例としては、

「お仕事紹介してください」
「お仕事の悩みを聞いてください」

こんな風に人を頼ってくる人にろくな人はいない、というのが私の結論で、それは私の能力、器量が足りないからだと思いますが、本当に仕事が欲しいなら、人を頼って紹介を請うのではなく、人から指名される努力が必要ではないか、と思い、その延長のもろもろにももはや、対応は不可能と思い、決壊前にオフすることに。

思い返せば、その人にはずいぶん以前にお仕事を紹介したことがありました。
すると「相手先から連絡が来ない」だの「いついつは予定が入っているので打ち合わせ日は××日がいい」だのさんざん面倒な話が持ち込まれ、「あー、めんどくさっ」と思いました。
挙句、仕事が決まっても報告はなく、仕事当日に現場で私が「さあ、これから登壇」という神聖な時間につかつかっと近寄ってきて、「今回のお仕事の請求書、どこに出せばいいんですか?」と言われたのでした。

脱力~とはこのことだな、と思いました。

こういう人とはかかわらないに越したことはないのですが、こういう人は人の間隙を突くのがすごくうまく、「あー、嫌な目にあった~、早く忘れよっ」と思っている間は音沙汰がなく、忘れてしまった頃にしれっと連絡してくるのです。

ある時は「ランチしませんか? 」でした。「木村さんならたくさん素敵なお店をご存じでしょう?」というので「えっ?私があなたのためにランチのお店を探すわけ?」と死ぬほどびっくりしました。そもそもランチするほどの仲なんだろうか? 
たまーに共通の現場で接点がある程度なのに・・・・。

「あなたが行きたいお店がいいんじゃないの? 素敵なお店が見つかったときでも、また声かけてよ」と婉曲に断ったつもりでしたが、「××はどうですか? ▽▽はどうでしょう」と聞いてきて、適当に流していると「××日に予約入れました」とメールが来ました。

「ま、どうせ出かける用事があるし。ランチくらいなら」と予定した前日になって「実は私に予定が入ってダメになりました」とメールが。

ずいぶん、大物さんです。

私だったら、先輩先生にこんな大胆な予定変更は恐れ多くてとてもできませんが、彼女にとっては私はママ友程度の感覚なんでしょう。ずいぶん、親しみを持っていただいたものです。
どうも、実現性が感じられないイベントだと予感はしていましたが、それにしてもびっくり。ああ、これでもう完全に縁が切れたなと喜んだランチ事件。

以降、出来るだけこの人とのかかわりは避けていたのですが、
間隙突き名人はその後も
「着なくなったお洋服ください」だのなんだの、講演の前であろうと急ぎの用の途中であろうとあり得ないアプローチをしてくるくる。そして、断り切れない用事を作って呼び出した挙句、お勘定は絶対に自分のお財布から出さない。

もはや、これまで。時間泥棒、善意泥棒、お金、仕事すべてにマイナス。

さすがの私もついに笑顔で去る作戦決行。

大喧嘩したり、意見したりするより「笑顔で去る」ほうが上策ということにやっとこの年で気が付いた次第です。

相手は私が便利だから利用しているだけ。
私が利用できなくなったらまた、別の人を頼っていくのだろうと思います。

笑顔で去る。そして二度とかかわりを持たない。
忘れる。

相手にも忘れてもらう。

お店であれば二度と行かないという選択が取れるのですが、相手の頭の回路が利用しやすい人=ターゲットに向かっているため、忘れてもらうには時間がかかります。

波が引くように静かに引いていった人がいたなら、気が付かないうちに何かしでかしてしまっていたのかもしれません。

自分も省みたいこと。

「人に何かを気付かせる役目を果たしている」と考えれば大物さんの存在にもある意味、感謝です。










by yoshi-aki2006 | 2016-12-21 20:52 | 人間考察 | Comments(0)
講演ばかりしていると慣れで脳みそにも振りにも講師版「バカの壁」ができてしまい、個人投資家の気持ちになって話すことを忘れてしまうのではないか、という恐怖感が常にあります。

そこで、時間ができると人の話を聞きに行ったり取材にいったりします。

今日は、早稲田大学大学院のある日本橋コレドで野口悠紀雄先生の定例講演があったので、まず聴講。テーマは「ビットコイン」。旬な話題なので聴講者はとても多かったです。
新聞記者、デジタルマネーに関連した人、技術者などの質問も相次ぎました。

ビットコインと電子マネーはどう違うのか。
インターネットバンキングとの違いは何なのか?
ネットショップなどで「ポイントで支払う」という形態があるが、その場合のポイント管理者とビットコイン管理者について
ビットコインと印刷紙幣との違い

など、論点はたくさんあります。掘り下げて勉強したいものだと思いました。

その後、近隣の東洋経済新報社で会社四季報・新春号・発売同時セミナーに参加。3人の講師が登壇されました。私の講演会に来場してくださる方と聴講者はほぼ被っていると思いますので、レジュメの難度を調節する参考にさせていただきました。
セミナーに参加すると、やっぱり人の講演は聞いてみるものだ、と毎回のように思います。

個人投資家の立場で客席に座ると、「なるほど、こういうテンポの話し方がいいのだな」とか「雰囲気を和らげるために話しているとはわかっても、この話はいらないな」とかすごく、よくわかります。

また、
よく練られたレジュメなのか?

そうでもないのか?

ネタ不足なのか、有り余る情報を抱えての登壇なのか。

恐ろしいことに、手に取るようにわかってしまうものです。投資家は耳が勝負ですからね。侮れないのです。

自分の話したいこと、話しやすいことイコール相手が聞きたいことではない、という点をしっかり押さえて話せば、おのずと顧客の満足感は高まるものだということの再確認もできました。

講師それぞれに強みがあり、特徴があり、そして、それを聞いてなお、自分の得意とする分野、足場が鮮明に見えてきます。

とても勉強になりました!


終わるとやはり近くの日本橋シネマで「君の名は」も観てきました。日本橋界隈はすべて歩きで回れるのでとても便利で、東京、名古屋、大阪がリニアで結ばれると世界一の都市になるということを今の東京、日本橋はすでに体現しているように感じます。日本橋~銀座~東京駅界隈。とても素敵なエリアで歩いていてまったく退屈しません。

さて、「きみの名は」。

音楽、映像、キャラクターの声優さんのぴったり感が心地よい映画ですね~。



ストーリイは深いっちゃ深いので、もっと深く掘ろうとすれば別の映画になるかもな、という点はおいておいて、「泣く」と聞いていたけれど、私はすがすがしい画像、音声を楽しむほうが勝って、なかなかすっきり感の味わえる映画でした。リアル映画では出せない3Dにも匹敵するアニメ特撮の自在感が心地よかったです。

うーん、こういうこと、あるある、のもっと深い話、深いエピソードは多数あれど、それを作品にするのはなかなか大変です。そのテーマを作品として出せている点にまずは敬意を表したいと思います。

とても楽しく拝見しました。


百聞は一見に如かず。現場にあたるのみですね。

というわけで、今日はたくさん吸収できた気がします。お休みなさいまし。





by yoshi-aki2006 | 2016-12-17 02:57 | マネー | Comments(0)
師走。

出張先に前乗りしておこうとビジネスホテルを探すのに緊張感が高まるシーズンです。
というのもこの時期、アーテイストが各地でクリスマス・ショーを開催します。
するとドドドドーと追っかけフアンやら観光ついでにライブを鑑賞する人やらでホテルが埋まってしまいます。勢い宿泊困難状態に。

学会が集中する春・秋も用心ですが、クリスマスも手配は早めにしておいたほうがいいのです。
年々、インバウンドで海外旅行客がやってきて、ただでさえ、ホテルが足りません。予算に制約があるビジネス出張は妥当価格のホテルを抑えるのに、ホント苦労します。

名古屋でも大阪でも当日入りでピンシャンしている講師もいらっしゃいますが、私は新幹線から降り立ってすぐしゃべるスタイルはどうも好きになれません。

移動の疲れがどうしても響くので、それに気づくとお客さんに申し訳ないと自責の念にかられます。体が万全な状態で講演するにはやはり前乗りして疲れを取り、精神も統一して登壇するのが一番なのです。ちなみに私は講演をお引き受けする際、そのことを理解してくださる主催者様を大切にしています。

それでもどうしてもホテルが取れないときは、せめて行きだけでもグリーン車でしっかり体を休めておこうという作戦をとることがあります。

が、グリーン車に乗ってよかったな、と思うことは実のところあんまりないですね。

まず、JR東海だけでなく、発券がJR東日本の場合などもあるためJR全体としての意識の問題です。
窓口の人はとても感じのいい人が多いのですが、座席のアレンジに客側からは問題を感じます。

グリーン車は客からするとせっかくプレミアム料金を払うその前提として「どうせガラガラなのだから、周囲に客がいない席がいい」と思うわけです。

しかし、なぜか、窓口発券の時に、必ずと言っていいほど前後左右に客がいる席をあてがわれてしまいます。どうしてなんでしょうか。

窓口で発券してもらう時は「周囲に乗客がいない席」と指定したほうが無難です。前後に客がいる席からようやっと途中、人が降りたと思ったらまた、同じシートに人が座る。これも圧倒的に多いです。同じ席だけ埋める、ということがあるならお掃除の手間を省いているんでしょうか。あるいは避難誘導の時の対策でしょうか。

何故、前後に客がいては嫌なのか? 客側から言わせてもらうと、
特に背後にしゃべりまくる人が乗っている場合、声が座席に振動で伝わってきて辛い。
観光で気分が高揚しているからついハイテンションになるんでしょうね。
外国人を伴ったビジネスマンの一行もうるさいです。乗車時間中、しゃべりまくっているうえ、全員が全力の大声です。

他、
食事の音。開いて閉めて捨てての一連の音やにおいの問題もあります。

一人静かに本や新聞を読まれる会社経営者、役員風の人は品が良く静かになさっていていますが、グリーン車のマナーの悪いお客さんは半端な行儀の悪さではないです。
私が見たのは、
足がむくむのが嫌なんでしょう。生足を前席のヘッド部分に伸ばして降りるまでその姿勢だった40過ぎの女性。横に母親らしき人もいたのにとがめないので、それにもびっくりでした。

子供が大騒ぎしてもスマホをいじくり倒しているお母さん。知らん顔のお父さんもいます。
携帯でしゃべりまくるのは男だから、女だから、年配だから、立派な職業だからとか関係ないですね。

背後で設備を操作して、前席に人が座っていてもお構いなしの所作が乱暴な人。足癖が悪い人。
どんどんと背中に振動を感じるのは嫌なもんです。

「やめてほしいなあ」と目視しても自分の行為を迷惑だと感じていない人も少なくありません。

グリーン車に乗るくらいの金が得られている人なら、それなりに社会性も持ち合わせているはず。でも、実際は普通車に乗っている人のほうがずっと社会性があります。

なのでグリーン車には一番後ろの席に座るが好し。

もっといえば、グリーン車に乗るお金は前乗りホテル代に費やしたほうがマシ。

これが長年の出張で得た経験知です。

私にはプレミアム感の感じられない新幹線のグリーン車。
JRが早く改善策を出してくれるのを期待するばかりです。

背後に足癖等、乱暴な人が乗ってどんどんしても響かない防振性の高い椅子。あるいは値段は高くなっても距離が十分とられた座席設定。

しゃべりまくる人専用のおしゃべりブース席(囲い付き)の創設。あるいは透明遮音カーテンの設置。

発券が人の手で行われる時でもつめつめの発券はしないルール作り。あるいは購入者に席の前後に人がいてもいいか聞く。

実現するまでグリーン車は基本パス、かも。

乗ってよかったグリーン席は始発だったかと思います。広い車両に私一人。

ところで、
すごい相場展開になってきました。経験則では18000円台固めの後は早い動きかも。それでも押し目はあると思います。乗り遅れたと感じたからそこで買うもよし。臆病投資に向く銘柄に乗るもよしですね。この大相場に乗って、一両借り上げ車両で移動できるだけ稼ぐ、という手もありますね。

f0073848_21311936.jpg
新幹線から見る富士山はあっという間です。写真を撮るのはなかなかむつかしいですね。この日はよく晴れてきれいに撮れました。
f0073848_21325943.jpg
名古屋はどんどんきれいになっています。リニアとアジア競技大会効果ですね。
そして
f0073848_21342164.jpg
講演です。これは東京の女性講座の模様。取引所のほうで20-40歳、投資未経験者という属性指定でしたがよくお集まりいただきました。ありがとうございます!
f0073848_21355925.jpg
やっと一段落・・・と思いきや、また、次の仕事のレジュメ作成をせかされています。

エンドレス・・・。仕事は続くよどこまでも。
ありがたいことです。

行くとお約束していたある会社のクリスマスパーティもこちとらレジュメ苦しみます状態でうかがえなかったなあ。。。OH ジーザス♪


















by yoshi-aki2006 | 2016-12-09 21:38 | ビジネス | Comments(0)

いやはや、いやはや!

忙しいです!
トランプ政権誕生後の筋読みで要人の行動、発言を追いながら講演するのって、口内炎になるくらい頭が忙しく、脳みそ沸騰。これを言葉に直し、個々の銘柄に落とし込んで、60-90分の講演ストーリイにレジュメにし、講演するのは全力疾走アスリートみたいな感じになります。

しかも、筋を書く人たちは見破られないよう、最後の最後まで筋読みされないように行動しているところがあるので、難しいですね。

さあ、夜、一つの講演が終わり、次の朝講演が始まるまでの夜ご飯。
エキナカの立ち食い寿司に立ち寄ったのです。

金曜日夜遅めともなると込み合って行列もできていたのですが、ふと、カウンターを見ると、飲み、食べも終わって、追加注文もないようなのに40歳代らいの会社員数名が、酔いもあってかぐだくだ、くだくだ、とぐろを巻いている・・・・。お待ち人数はどんどん膨らんでいるのに、まるで気にする風もなし。

思わず「野暮だねえ!」と思っちゃいました。

「ささっと食べて、ささっと飲んではけようぜ」とか、上司みたいな人が言えば粋なのにねえ。
残念!

と、その時、

「おい! ふざけんじゃねえ! この野郎。なんだお前!!」と団体職員風のこちらも40歳代くらいの男が気色ばんでるんです。

一体、どうしたのかしら?

と見ると高校生くらいの若い女の店員さんがお客様の確認をしているのに、自分が最初にカウントされなかったことを行列の先頭にいた男が怒って抗議しているようなのです。

「俺が先だろ! ふざけんじやねえ!」

これから寿司を食べようって時に何を野暮な声を上げているのかしら?
全く、粋じゃないわねえ・・・・。

一応はそれなりの人に見えるのに、何だろう、としげしげとみてしまいました。

こういう人は職場ではおとなしいんでしょうけど、ちょっと状況が変わると、豹変するタイプかな?

それ以上、女性店員に絡むようなら、

「ちょいと、おにいさん、何、大きな声だしてんの?」くらいは言ってやろうと思いましたが、それ以上は何もなかったので、まあ、こちらも黙っていました。

さて、翌日。
朝活セミナーが終わり、老舗和紙屋に千代紙を買いに立ち寄ったのですね。
すると!

そこにも野暮なお客さんがいました。
千代紙の売り場を二人のアクティブおばばさまが独占。私も含むほかの人も「千代紙、見たいなあ」と背後からちらちら、そわそわしているのに、「あら、これもいいわね」「あら、あなた、こういうのもあるわよ」と場所を独占。

仕方なく、端っこのほうで、ホルダーを順次見ていたら、そこに片割れのおばばさまがやってきて、金地に招き猫の図柄の千代紙を見つけ「あら、猫のがあるわよ」とお友達おばばさまに。私がホルダーを上げて、招き猫の千代紙を取りやすいようにしてあげると、「ありがとう」もなく、お友達おばばさまのところにそのホルダーを持って行く。

はあ~、粋じゃないわねえ、先輩女性としてもう少し、素敵なお作法をお見せいただきたかったわとと残念な気持ちに。

「千代紙はホルダーごとレジにお持ちください」とホルダーに表記されてあるのに、全部、抜き出してしまうおばばさま。

この世には二タイプの人がいて、一つは「ああ、あの人みたいになりたい!」という姿を見せて教えてくれる人。もう一つは「ああ、こんな人にはなりたくない」という姿で教えてくれる人。

どちらもありがたい現神様なんですって。

今回の全員に共通するのは、「野暮」

つくづく粋な人になりなさいってことを教わった気がします。

人は自分の姿で誰かの役に立つ。

私も「昨日はバリバリ滑舌が良かったけれど、今日は滑舌悪かったなー」と思うことがあります。そういうときはその後の登壇者を引き立てたんだ、と思うようにしています。emoticon-0105-wink.gif

さあ、12月4日は名古屋に行き、13:00から講演です。

f0073848_21351533.png



東京での講演が二件。

f0073848_21390660.png


f0073848_21334839.png

頑張ります!









by yoshi-aki2006 | 2016-12-03 22:10 | 人間考察 | Comments(1)