<   2017年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

安倍総理はいつ国会を解散するのか?

120日から通常国会が始まりました。質疑応答をみていると与党議員ほど「解散が近い」と意識している様子に見えて仕方ありません。テレビの視聴者に「ほほう、この議員はなかなか骨がある」とか「見どころがある」と印象ずけるには国会で内閣役職者に毅然とした態度で国民の関心のあるテーマにおいて厳しめの質問をするに限ります。

 国会の解散があるとしたら、第三次補正予算案が衆議院を通過し、参議院で可決した後、というタイミングも一つのウオッチ・ポイントかと思います。

 現在のところ、佐藤委員長が職権で、衆議院本会議で補正予算案の採決を行い、27日の衆議院本会議で自民・公明両党や日本維新の会などの賛成多数で可決後、参議院に送られる見通しです。

 参議院で可決した場合、本決議をして実質実施となるわけですから来月には第三次補正可決となりますね。

参考サイト

安倍・トランプ会談は2月10日軸に調整されており、日米2国間通商協議もなされる予定ですが、本筋はトランプ大統領の前に来日するマティス国防長官の訪日目的によるのではないかと思います。

 マティス国防長官は2月2日に韓国を訪問し、ハン・ミング国防相と会談予定で、3日に来日し稲田防衛大臣との会談と4日にかけて安倍総理大臣を表敬訪問する予定だそうです。その後にトランプ会談となるので、本筋はマティス国防長官の訪日目的のほうの話し合いでしょう。

安倍首相は国会で

日米同盟や防衛費についての発言をしています。

トランプ大統領との会談でどのような確認を求められるのでしょうか?
その内容、対応いかんによっては解散を検討せざるを得なくなる可能性は十分あると思います。

何しろトランプ陣営にとって安倍さんは民主党・オバマ大統領と伴走してきた人物です。トランプ氏はすっ飛ぶように会いに来た安倍さんに好印象を持ったといわれますが、「この人物と日米同盟は推進できるのか? ポーズでなくリアルを見せろ」と迫る局面かと思います。

中国は安倍さんのことを二面外交(風見鶏、八方美人の意があるといわれます)とみているようですが、トランプさんには「ほんとに私とやっていける人物なのか?」と見極めたいところでしょう。世の中には口だけ、ポーズだけで、問題解決能力の全くない人はゴマンといます。

へなへなして使えないパートナーと厳しい世界情勢を伴走はできません。腹の座ったところを見せないと「あなたとは走れない」と突き放されてしまいます。すると政権交代です。


そんなこんなから
2月~3月、金融市場のイメージのデッサンをしていきたいと思います。

そして、来月の講演ではこのあたりのことを踏まえたストラテジーを詳しくお話したいと思っています。


講演の日程は

220日(月) 主催は新聞社系の会社で開催は午後からです。どなたでもご参加可能です。

名古屋・ホテルレオパレス名古屋

222日(水)埼玉県加須 主催は新聞社系の会社で、開催は午後からです。どなたでもご参加可能です。パストラル加須

●2月25日(土)東証フェスタ

木村佳子は25日(土)に2つのイベントで講演させていただきます。

25日基調講演14:30

同日の女子株会は目下満杯ですが、当日、キャンセル待ちが可能です

講演のほうはまだお席に余裕がございます。お申込みサイトでご確認くださいね!

スクロールして22514:30~の木村佳子の講演を探してみてください。

クリックし、2月25日の木村佳子の講演を選択し、お申し込みくださいね

38日名古屋
名古屋証券取引所主催イベントです。どなたでも参加可能です。

314日(火)福岡 
主催は新聞社系で開催は午後からです。どなたでもご参加可能です。

ホテルレオパレス博多

323日(木)
主催は新聞社系で開催は午後からです。どなたでもご参加可能です。

兵庫県川西・アステ川西


(近況報告)

仕事をいただいて出張した沖縄から帰ってきました!

沖縄の皆様にお話しできてとてもうれしかったです。沖縄で3ケタのお客様に聞いていただけたのは地元、おきなわ証券さんのご尽力のおかけです。ありがとうございました。お客様からは「一冊、一気に本を読んだようによくわかる話だった」とほめていただき、うれしかったです!

f0073848_10512351.png


さて、沖縄には当日入りだったため、講演後、沖縄に一泊し翌日、帰京しました。

空港近くの浜辺を短時間、散策しましたが、サンゴ礁からサンゴが一面に打ち上げられていました。

f0073848_11050752.png
f0073848_11053861.jpg
f0073848_11055782.jpg
植物の色もおきなわ色。環境がこんなにものもの物の色を育てるのですね。

f0073848_11062272.jpg


空港のおきなわソバ屋さんで初めてのよもぎそばをいただきました。

とても素敵なお味でした。パクチーがいっぱい入っていて、おすすめです。
また、伺いたいな~。


by yoshi-aki2006 | 2017-01-27 12:06 | アンテナ | Comments(1)  

今年、通貨危機が起こる可能性は?


1月6日、安倍首相の元をヘッジ・フアンド運用者のジョージ・ソロス氏とイギリスのアデア・ターナー氏が訪問しています。

1955年生まれのアデア・ターナー(Adair Turner)氏は 英シンクタンクのインスティテュート・フォー・ニューエコノミックシンキング会長さん。
経歴は米マッキンゼー・アンド・カンパニーや米メリルリンチ(現在のバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ)などを経て、2008年から2013年まで英国の金融行政の監督機関金融サービス機構(当時のFSA)=現在は金融行為監督機構(FCA)と健全性規制機構(PRA)に分かれた=長官を務めた人物。最新の著作『Between Debt and the Devil』でヘリコプターマネーの導入を説いて話題となった人でもあります。

さて、東京新聞 首相の一日の1月6日(金)を見ると・・・(以下 東京新聞より引用)。
【午前】9時13分、官邸。40分、バイデン米副大統領と電話会談。10時10分、閣議。23分、麻生太郎副総理兼財務相。30分、原子力規制庁の安井正也、清水康弘新旧長官。41分、世界経済フォーラム年次総会「ダボス会議」向けビデオメッセージ収録。56分、横井裕駐中国大使、金杉憲治外務省アジア大洋州局長。

 【午後】0時48分、茂木敏充自民党政調会長。1時24分、外務省の秋葉剛男外務審議官、梨田和也南部アジア部長。4時10分、谷内正太郎国家安全保障局長、北村滋内閣情報官、石兼公博外務省総合外交政策局長、防衛省の岡真臣防衛政策局次長、河野克俊統合幕僚長。40分、米投資家のジョージ・ソロス氏、アデア・ターナー元英金融サービス機構(FSA)長官、船橋洋一日本再建イニシアティブ理事長。5時35分、東京・紀尾井町のNHK千代田放送会館。報道番組の収録。6時40分、東京・渋谷の焼き鳥店「鳥福」。荒井広幸元参院議員、秋山光人日経映像社長と会食。8時27分、東京・富ケ谷の私邸。

(引用ここまで)
となっています。

いったい、何の用事で両者は安倍首相に会ったのでしょうか?

ちなみにジョージ・ソロス氏は安倍政権が誕生した際に「ドル高・円安」のポジションで巨額の利益を得たことで知られます。しかし、トランプ大統領誕生では大損をしたと伝えられています。
大儲けと大損とを繰り返している同氏がなぜまた?

今回の安倍首相訪問の理由がなんだったのかは非常に気になるところです。アデア・ターナー氏とセットでとらえた場合の推定とアデア・ターナー氏は隠れ蓑、はぐらかしのための存在で別件で訪問したとみなした場合の推定の両面で考えてみたいですね。


ちなみにアデア・ターナー氏は日銀の国債買い取り問題に対して「永久債発行」を提案してもいます。
関連記事

この両者の訪問からいきなり飛躍しすぎかもしれませんが、
どうも今年、ないしは来年前半に、
世界的な通貨危機が再燃しそうな気がしてなりません。

火種は韓国ウオンあたりではないかと思い、現在、研究中です。

f0073848_00495293.png
チャートは米ドルと韓国ウオンです。

中国元安を避けるべく、中国は元買い、米ドル売りを実行。
それにつられて韓国ウオンも値上がりしますが、目下の韓国経済はかなり厳しい。
韓国のように半製品を輸入し、製品化して輸出する国にとって、韓国ウオンの水準が大きく変動するのはまずいはず。

いずれ実力以上に評価された分はオフされてしまう、との流れで考えると、波乱含みな展開となりそうです。
韓国国債の格付けとともにウオッチ対象ですね。

東京講演の機会は2月25日の東証フェスタまで今のところ予定がありませんが、それまでの間にしっかり研究し成果をお話しできるように努めたいと思っています。
すでに講演のエントリーは受付開始となっていますので、お時間がございましたら聞きに来てくださいませ。
スクロールして2月25日の14:30~15:15の講演や15:35~16:20の女子株会にお申込みくださいね
f0073848_01030394.png



(以下、近況報告です)

1月早々に日本FP協会奈良支部で講演させていただきました!
f0073848_01443904.png


支部の皆さんと。


f0073848_01071563.jpg

奈良は京都とまたまったく趣が異なりますね。



実家見回りも欠かせません。行けばお犬様のお散歩で全力ダッシュさせられてしまいます(すごい運動量になります)
写真を撮られると察知するとお澄ましをするお犬様・・・。
f0073848_01455223.png
f0073848_01111830.jpg

家には毎日、4時間おきにおなかをすかせて頭突きを繰り広げるお猫様、実家には全力ダッシュでのお散歩をせっつくお犬様。それぞれの家には同じくらい手がかかる家族が待ち受け、顧客満足を達成しようとする習性が出て、意のままにならない各人のお世話に明け暮れます。

よって、私には仕事がなんといっても一番充実集中できる、何よりうれしいはまり場所です。これから京都、那覇と講演が続きますが、また各地で皆様とお会いできた時に研究成果をお届けできるよう頑張ります!
f0073848_01170359.png


3月8日には名古屋・中電ホールに伺います!
f0073848_01173556.png
今年もよろしくお願いいたします!





by yoshi-aki2006 | 2017-01-19 01:31 | マネー | Comments(0)  

酉年相場とトランプ大統領


今年は酉年。年初から各要人が酉年にちなんだ訓話などを口にされていますが、飛ぶ鳥だけでなく物事の様を表す言葉としては果実成熟の極み、熟成という意味を持つといわれます。
さて、相場ですが昨年と違い、年初から強い展開です。トランプ就任演説までは期待先行かもしれません。私は1月は利確が出て安い場面があるとみなしているのですが、安い場面では日銀等の巨額資金運用者の買いが意識され、さほど大きく崩れないかもしれません。
ちなみに干支とアメリカ大統領という点で面白い相関がみられました。

f0073848_10395950.png
ベースはWikiの大統領歴代表を利用し加工しました。

共和党レーガン大統領就任が1981年で酉年。民主党クリントン大統領就任も酉年。ブッシュ大統領後期(リーマンショック内包)政権スタートも酉年。

ちなみにレーガン政権前期は「強いアメリカ構築期」。そのために実質はドル切り下げだったプラザ合意1985年が後半の地雷として埋め込まれます。

レーガン政権後期ではバブル相場で日本においては戦後の蓄積、昭和ヒトケタ、団塊の富の多くが株式市場、不動産市場、為替、実業の世界を通じて外資によって仕掛けられた先物、オプションの威力も相まって巻き上げられていきました。
これが「マネー敗戦」と言われるようになるのは嵐が収まってからになります。

1993年はそのバブル崩壊が決定的になった年。「清貧の思想」が注目された時期でした。

その弱体化した日本に外資はどんどん乗り込んで来て、1995年に起こった阪神淡路大震災でさらに安くなった不動産市場で主だった不動産は買い漁られていきます。

そして2005年。ブッシュ政権後期の入り口の酉年は10年に一度の株式市場爆上げでした。

というわけで、酉年相場の過去歴はチェンジこそチャンス、チャンスこそリスク、リスクこそチャンスというような展開かと思います。
「トランプ大統領は何をするかわからない」なんて嘘。そういう印象をしきりとばらまいてけむに巻こうとしているだけです。
そんなバカがトランプタワーをいくつも展開できるわけがありません。信長のうつけもの風評を利用したイメージ戦略と私はとらえているんですが。

酉年相場の活躍銘柄のヒントですが、ペイントの筆で書いたので超下手文字ですが(^^)


f0073848_10552659.png

意外な関連銘柄がそこここにあるように思います。関連銘柄は1月7日奈良(アジール奈良でFP研修の講師を務めさせていただきます)、1月19日京都(ANAホテルにて税理士協会の皆々様に講演させていただきます)、1月20日那覇(県立博物館内のホールで講演させていただきます)

ちなみに干支についての詳細は干支一覧をご参照くださいね。

沖縄講演の詳細とお申し込み先です

f0073848_11074680.png
本年もよろしくお願いいたします!

















by yoshi-aki2006 | 2017-01-06 11:08 | マネー | Comments(0)