経済評論家、一級FP技能士、チャート分析家の木村佳子さんが素敵な明日を迎えるためにお届けする ライフ&マネー メッセージ   ホームページはhttp://homepage2.nifty.com/fp-money/

by yoshi-aki2006

<   2017年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

日々のニュースを見ていて「これはちょっとおかしい話だ」と思うことがあります。
例えばアメリカ大統領・トランプ氏についてのコメントやトランプ氏の施政の取り上げられ方について。

トランプ大統領はどうせたいした経済政策は打ち出せないだろううんぬん・・・。したり顔にそういうコメントをするMCなどを見かけますが、

ちょっと待てよ。

そもそもあなたも私も一般人。

選挙を戦い抜いて大統領に上り詰めた能力を持つ人をそう簡単に総括することになんの疑問も感じないのか?

もし、そうなら恐るべき鈍感力だと思います。
バカにしたくなるようなキャラクターであったり、おかしな行動に見えても、大統領になるという偉業を成し遂げた人に対して、自分の理解力が及ばない部分があるという謙虚さを忘れないことが賢明さの証です。

理解できないから否定する、バカにする、上から目線でコメントする。これが民間インテリの悪い癖です。
メディアから拡散されるこうしたコメントにはそのロジックを検証しないと大いに間違います。

メディアを敵視するトランプ大統領にも一理あると思います。

事実、トランプ大統領は事前の予想を覆して110兆円の公共投資政策を表明。国民に約束したことはやり抜くといわれる同氏のこと。「何もできない」と発表の前にコメントしていた人たちはポジショントークだったのか? あるいは能力不足故なのか? 受け止める側がよく注意しなければなりません。

ちなみに、メディアの望ましい姿勢は真実の徹底取材のみです。

事実の積み重ねの報道ほど雄弁な意見はありません。

今回、安倍首相は記者たちと中華を囲んで懇親会を開いたそうです。
大阪土地問題を大々的に報道されると政権が持たない危機感からだろうとみられています。

懇親会で飲食を共にしたから報道に手心を加えるほど日本のメディアは腐っていないと思いますが、蚊帳の外の国民からすれば、飲食して、「まあまあ」と懐柔されたのだろう、と想像をたくましくします。もし、そういう気配が濃厚なら、胸突き八丁での懇親会はメディア離れが起こる源泉になりかねません。

ここはしっかり許されること、許されないこと、問題があるのかないのか、徹底取材の積み重ねで、
「なるほど!」という納得を商材の核に据えてほしいと思います。

今まで安倍内閣の一強作戦で推進されてきた経済政策が保たれるのか、どうなのかはリスク管理の観点から国民的関心事です。

何しろ2025年には国民の4割が高齢化し、自助努力で老齢費用を賄おうとして、資産運用に励んでいるさなかなのですから。

降ってわいたような安倍スキャンダルの背景に、大阪城陥落のきっかけとなった城火災(家康側の忍びの仕業?)がイメージされ、誰の仕業なのか? と想像をたくましくします。
日米関係強化が気に食わない、尖閣諸島を空母で回遊しているあの国の????

いやいや、安倍さんの気のゆるみ、おごりたかぶりの結果?
確かに今回のことはかかわるべきことではなかった、軽率なことだったと感じます。
誰が考えても望ましくないこうした事案。総理総裁として、していいこと、悪いことが側近筋も含めて、危機管理の欠如ゆえんと言われても仕方がないでしょう。


というわけで、個人投資家はリスク管理をしっかりしたいですね。

●3月8日名古屋中電ホール
f0073848_11330583.png
詳細とお申し込み先です


f0073848_11325233.png
詳細とお申し込み先です





f0073848_11331488.png
詳細とお申し込み先です







by yoshi-aki2006 | 2017-03-01 11:40 | アンテナ | Comments(0)