<   2017年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

負けに不思議の負けなし 勝ちに不思議の勝ちあり

理事長を務めているNPO法人の総会が終わってほっとしました。

出張も続いていたので運動不足解消にひと汗かいた後、久しぶりに映画を鑑賞。
「ハリウッドにもっとも嫌われた男 トランボ」
f0073848_20190635.png

詳細は見てのお楽しみとして当時のドナルド・レーガン氏の実物画像も出てきて、歴史的な勉強にもなりました。



 さて、いつも顔を合わせる中高年の女性の輪で本日、話題となっていたのは

藤井聡太四段29連勝と豊田真由子衆議院議員。


藤井聡太さんについてはもちろん、すごいわねーと感心しきりの声。
「あれで14歳? 17歳くらいには見えるわね」
と大人びている点への感想も。
「よく何番もの先を読めるわねえ」
どんな育ち方をしたのか、させたのか、
お母さん、お父さんの教育方針、
どんな風したらあんなかしこい子が出来上がるのか? 

「若くても、人はあそこまでできる!」という感動。
「やれば私もうちの子供もできるかも?」という希望。
「今、手にしているやり方では到達できない」という反省。
「意識と生活の改革をしなければ」という意欲。

藤井聡太さんから多くの思いがかきたてられているわけですね。

将棋はものすごい頭脳労働。だから記憶力が悪い人にはまず無理。それは株主優待愛好家として仕事の現場でご一緒することもある桐谷広人さんからも感じます。

桐谷さんはものすごく記憶力がいい。
そして、話をすると「あの時はこうでああで、だから、こうなり、そしてこうだった」と差し手を再現するように道筋、因果のロジックをはっきり解説付きで示される。

たまたま桐谷さんと共有した案件があったのですが、多くを語らずとも見事に正確な判断をされていて、「さすが!」と思ったものでした。それは将棋の差し手の筋読み力が故だと思います。

次に豊田議員については「びっくり」「何なのあれは」という反応。これも大盛り上がりでした。
私は「よほど抑圧されていたのだろうなあ」「ああしたものの言い方で痴話げんかする女性はいるだろうけど赤の他人にあんな風に言っちゃいけないよね」と。

別の女性は「どうしてあんな音声テープがあるの? 録音前提で弱弱しく暴力辞めて、とか言っているわけでしょう?」と冷めた見方。
「麻生さんがあれで女ですよ、といったことを女性差別というけど、私は差別とは思わない。主人とも女性があんな言い方するなんてと言っていたところ。麻生さんはイヤ、
驚いたと、いうことを言いたかったんでしょう」という声も。

麻生財務大臣はよく舌禍を問われますが、以前、自衛隊を暴力装置と発言して物議をかもしたことがありました。しかし、たまたま読んでいた専門書には暴力装置という記述があり、「ものすごく勉強しておられるのに、言葉が舌禍ととらえられ、お気の毒だな」と思ったものです。

昨今特に、ニュアンスを理解しない言葉のとらえ方をされてしまうことが多いので、気を付けたに越したことはありませんが、ある程度の年齢の方にはいわんとするところが伝わっているんですね。

とはいえ、日本語、特に標準語以外はとかくニュアンスを多く含み、聞く人によっては誤解されやすいのは確か。
私も仕事でニュアンス判断を相手に求めると、相手側はこちらが思っていることことまったく違うふうにとらえておられていたことを経験していますので、どうにもとらえられるあいまい表現は避け、英語にした時にどう表現されるのかをよく考えて発言するといいのかな、と、考えたりします。

その後、男性ばかりの場で話題になっていたのは安倍総理の25日の動向。
「一日、私邸から出なかったんだね。都議会選挙は投げているのか」
という声も。
下手に応援に行くと逆効果と遠慮されているのか、難しい立場ですね。


と、その後のこと。

道を歩いているとたすき掛けをした都議会議員候補が信号機下に。
秘書の人と頭を下げてから信号を渡ってきましたが、すれ違う時には人のつかみをせず、うつろな表情で歩き去っていきました。
「あれじゃ、投票しようという気にはなれないなあ」とみていると、候補を見つけた女性が握手を求め、それに応じるも、握手した後、タスキのどこかが気になるらしく、外して折りたたんでしまいました。

タスキをかけたら360度、人から見られてる。

それがわからない候補はダメだな。

その候補が落ちると決まったわけではありませんが、
落ちる候補には特徴があるように思います。
負けに不思議の負けなし。
うなずける言葉です。

この言葉のそもそもの出ところは江戸時代の武士の日記で、実に面白い業務日誌なのですが、野村克也監督がよく使われてすっかり有名になりました。
「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」

そういえば映画「トランボ」にも藤井聡太さんにも豊田真由子さんにも
通じる言葉かも。

負けないことが大切なんですね。
さあ、負けずに資産運用。

 
f0073848_19552062.png
詳細とお申し込み先です








by yoshi-aki2006 | 2017-06-27 22:07 | 日々雑感 | Comments(0)  

気になる都議選、どうなる勢力図 株価への影響

いよいよ都議選ですね。

公用車を使った毎週の湯河原別荘通いや子供の絵本まで公的資金から支出していたのではないかと舛添要一元都知事に怒り爆発した都民の付託を受け誕生した新都知事・小池百合子さんでしたが、
この一年の動向から、今、かつてほどの支持は得られていないように感じられます。

というのも就任早々、「築地ブラックボックス」「オリンピック問題が勝手に一部勢力で決められている」と「悪人を懲らしめる」劇場型パフォーマンスがしきりと繰り広げられましたが、

病み上がりの石原慎太郎氏や
浜渦元副都知事を百条委員会に引っ張り出したりしたものの、大騒ぎの割には何も出てこず
返ってあざとさが感じられたり、

森元総理の「遺言」という本で明らかにされたオリンピックにおける築地の重要な役割が知れ渡ると、「築地ブラックボックス」というロジックで攻め立てるにも無理が目立ち、

結果、オリンピック費用問題も豊洲移転もほぼ当初の計画どおり、ということになったので、
「何のための大騒ぎだったのか?」と感じる人が増えているから、といえます。

突如、思いついたかのように築地「食のワンダーランド構想」が付け加えられたものの、
市場関係者から「そんなの無理」とはねのけられてしまっている。
組合長からは「我々誰一人として二拠点化したいとの話は出ていませんよ」とくぎを刺される始末。

すると小池都知事の豊洲移転中断と選挙間際の移転決定は
結果的には官民に無駄な費用を使わせただけ。
結局、都議選まで引っ張って選挙に利用したかったのでは、と勘繰られることに。

特に豊洲移転を引き延ばして垂れ流しになった税金の額は舛添元都知事の税金の無駄使いを大きく上回るのではないかともみられます。
すると小池都知事の思惑通り、都知事イエスマン集団といわれる都民ファーストが得票を伸ばすとは思えないとの見方が出てきています。

誰が都知事であれ、権力者=都知事をモニタリングし、暴走、独断のストッパー役になってくれる是々非々の人、政党を選びたいと思っても、反権力の立場を期待される共産党が今回は都知事側に。これは困ったなあ。

明白な都知事批判勢力は自民党、維新、民進党というのが悩ましいですねえ。
自民党・下村博文さんはお上品なのか、どこか「他人事」のような目をしておられるし、つかみが弱すぎます。

とはいえ自民党が惨敗すると株式市場には響きそうです。
日銀が毎月5000億円も株式市場に資金提供しているから大きく崩れにくいものの、せっかく2万円に乗った日経平均株価には凹み原因になりそうですね。

かつてリーマンショックが来る前に、リスク対処に動き出した人々に今こそ学びたいですね。


7月1日は大阪で杉村太蔵さんとご一緒に登壇いたします。


ぜひお越しくださいませ 
f0073848_19552062.png

by yoshi-aki2006 | 2017-06-25 12:16 | アンテナ | Comments(0)  

若い優秀社員の「神対応」に感謝~JR岩国駅の窓口でとても親切にされて感動しました!! 

2年ぶりに岩国で講演させていただきました!満杯のお客様のご来場に感謝でいっぱいです。炎天下、本当にありがとうございます。
(それにしても岩国の太陽はスペインもかくや、と思えるような格別な照り、でした!)


講演が終わって昼ごはんを食べました。
f0073848_04241351.jpg
ま、海の幸、山の幸多彩な岩国まで行って、どして? というような軽めのランチですが、遊びに行ってるわけではないので、ま、毎度、仕事ごはんはこんな感じです。
「あちこち出張でおいしいものを食べているんでしょー」と思われがちですが、仕事で行っているのに観光ごはんを食べる気になれない、というところが自分の不器用なところだな、と思います。幸が薄いねえ!


さて、今回は若手の優秀な社員さんの「神対応」にびっくり。かつ、非常に感謝したというお話です。

何しろ東京生活が長いと「岩国」は遠ーい場所に感じられます。
岩国は広島に近く、徳山と福山に挟まれた宮島に近い場所。

実際行ってみるとあちこちに行けてとても便利な場所ではあるのですが、印象としては「遠ーい」と感じてしまうんですよね。で、行きは飛行機にしました。

難関は帰りです。
今回は岩国で講演が終わったらその日のうちに奈良に入らなければなりません。

この切符の手配はしていないという状態で遅めランチの後、岩国駅に。
手配していなかったのは自分ながら、「大丈夫か~」不安に駆られます。

窓口で「きっと困ったお客さんだなー」と思われることを覚悟でおずおずと切符購入の手続きを申し出ると、年のころ26~27歳くらいの若手男性が実にてきぱきと
安く、早く、しかも乗継に余裕があるようなスケジュールで切符の手配をしてくれました。
行程で迷わないように印刷した表までくれたんですよ。
f0073848_04223621.jpg
ね、親切でしょう? これがあったから全く不安なく奈良まで行けたんです。
f0073848_04305806.jpg
行程表がなければ各駅停車で広島まで行くこの電車でいいのかと非常に不安だったろうと思います。
表にはちゃんと全部の発車時間が書いてあったので、迷わず電車に乗ることができたんですよね。
 
いやー、JR西日本はすごいな。JR岩国駅の対応は素晴らしいな。そして日本の若者、本当にすごいな~。そう感じさせられるとっても的確でハートフル、優秀なJR西日本の若手社員さんに心から感謝と尊敬を覚えました。
おかげさまで遠路であるはずの岩国→奈良行きが実に楽々で到着できたんですよ。ホントに感謝です、ありがとう!
f0073848_05305935.gif
チャート出所 ゴールデンチャート オブティキャストより
JR西日本の株を見てみると、いい感じじゃないですか!


さてさて、さあ、奈良だ~と乗り込んだわけですが、予約していた今回の宿は微妙・・・。
前回、ちょっと歩いた場所のホテルだったので、今回は駅近にしたのですが、禁煙ルームのはずが消臭ルーム。
匂いが気になり、ほかの匂いもツンときて、
人手不足、経験不足のお掃除担当さんなんだろうか、回転が速いから掃除が行き届かないのか、とか、いろいろ考えながら到着早々、においの元を掃除しないではいられませんでした。

近隣国からの観光客が相変わらず多く、かの地ではまだタバコを吸う人が多いのかな。
観光地の駅近、温泉付は外国観光客に人気だから、その中でも徹底した禁煙体制が確立されているホテルを選べるようにしたいな、とか思いました。

布団にしみ込んだタバコのにおいはいかんともしがたく、においが気になり、ぐっすり眠ることはできず、宿の手配だけは真剣にやらないと出張の質を確保できないな、と今更ながら何年たっても出張手配に習熟できないことに気が付きます。

しかし、ま、奈良に着けたんだ~! それだけでも喜ばなくちゃ!
気を取り直してご機嫌な朝を迎えたいものです。


20日は奈良郡山駅から一分のグランドサンピア奈良で14:40~講演いたします。
詳細とお申し込み先です



●6月24日の神戸

創企株式会社のセミナー情報6月24日をクリックしていただくと詳細が見られます
f0073848_01291144.png







●7月1日大阪
f0073848_01491346.png




ご来場お待ちしていますね!






by yoshi-aki2006 | 2017-06-20 04:52 | 感謝 | Comments(0)  

ジャイアントパンダの親子はなぜ、檻の中のあんな冷たい地べたで飼われているのか?

上野動物園のジャイアントパンダに赤ちゃんが誕生。
あんなに大きなパンダですが赤ちゃんはホントに小さいですね~。
メディアではパンダの赤ちゃん誕生が多く取り上げられていますが、

NHKの夜9時のニュースの冒頭~前半で取り上げられていることには、「そこから行きますか?」とちょっとびっくり。

夜9時ともなればお子様はすでにお休み。
大人の時間ですよね。

共謀罪関連、加計学園・森友学園忖度問題、北朝鮮問題、トランプ陣営セッションズ氏の議会証言問題、FOMCの金利政策、日銀の動向など国民のくらしに関係する伝えるべき話題が後回しでいきなりパンダ。そして高校のサッカーコーチの体罰映像。

さて、それはそれとしてジャイアントパンダの親子はなぜあんなむき出しゴリゴリのコンクリートの檻の中におかれているのでしょう? 親子の様子が映された映像を見て、その点が非常に気になりました。

生息地ではこんなふうに土の上に木の葉が堆積したところで生活しています。
f0073848_00355365.png
画像の出典はこちら

出産して疲れているはずのママ・パンダ。自身の体を赤ちゃんのベットにしようとしてか懸命に仰向けになっていました。

あんな地べたでは背中が痛いだろうなあ・・・。
鉄格子に囲まれて、出産から育児の最中もずっと異生物である人間にカメラで写されて、ストレスはないのでしょうか。

もっとふかふかの干し草の上などで寝かせてあげたらいいのになあ。
鉄格子が目に入らないような部屋が落ち着くのでは。


おめでたい話題として何度も紹介されるたびに、「とてもまともに画面を正視できなかった」という評判の映画「沈黙」(怖くてまだ見ていません)よりはましなのか、と考えさせられました。

他の人は気にならないのかな?
ママ・パンダが気の毒でなりません。
干し草の上で子育てさせてあげられないものでしょうか?

この違和感は相場にも持っていて、理由は講演会などで詳しく申し上げたいと思いますが、
トランプ相場からそろそろ離脱ではないのか、と思います。

個人投資家の仕事は「安値があれば思い切って、嫌にならないで持っていられる銘柄を買う」。それに尽きます。

難しいストラテジーで生活の質を落とすことなく、「好きな株を安値で買う」それに徹することです。

そのためには現金が必要ですよね。
いつでも現金収入がある人はともかく、不安定な収入の方や損はできない方はしっかり安値を買えるように準備を平時からしておきたいですね。

天才とは努力し続けられる人、なんだそうです。

努力は惜しまずにしたいですよね。
無理せず楽せず。

さて、来週月曜日は
6月19日 山口県岩国

翌日火曜日は
6月20日 奈良郡山

6月24日神戸・国際会館
0120-344-345(お申込み先フリーダイヤル)
f0073848_01285613.png

7月1日は大阪です。
7月1日大阪講演(テーマは株式メインです)
f0073848_01491346.png

そして
7月8日は愛媛県、14日は沖縄です。
お待ちしています!





by yoshi-aki2006 | 2017-06-14 01:31 | シンキング | Comments(0)  

年齢7,5,3の法則

先日、異業種交流会=勉強会で素敵な先輩のお話を聞く機会に恵まれました。
彼女は有名なエコノミスト。

真正面のお席に座らせていただき、緊張してしまいました。

何度もテレビなどで拝見していたお顔が、目の前に!
当日配布されたプロフィールにもまばゆいばかりのご経歴が掲載されていて、「畏れ多い」と思いましたが、面白いお話を聞かせていただき、いつの間にか緊張感もほぐれていきました。

その先輩は、さらりと
「もうエコノミストは卒業なの」とおっしゃいます。
そして、今取り組んでいる日本文化を海外に広める運動に経済的な道筋をつけることに専念されるそうです。

非常にエネルギッシュな活動をされていて、圧倒されました。

そして、これからの人生をどう生きるべきかという点において、私も大いにお手本にしたいなと思いました。

ところで、その先輩のように60歳を過ぎてから新しいことにチャレンジするのはなかなかに大変です。
が、「大変だから」と何もしないでいるのももったいない話です。

というのも、40歳になったばかりのころ、この世の終わりくらい「あーあ」と思ったものでしたが、今から考えると、「もったいないことをしたなー。40歳なんて全然若い。あの時、あんなにあーあと思わずもっといろいろすればよかったなー」と思うんですよね。

今と当時を比べると、体を鍛えた甲斐があって今のほうが元気かもしれません。
だから、チャレンジするのに遅いと決めつけることはないと思います。

親族の話によると
85歳までは何とかなる、と。「えっ? そんなに?」と驚きますが、まあ、60~70歳代でも子供の時に感じたほどにはお年寄りでもないらしい。事実、身の回りのその年齢の方たちってとっても若い。

が、注意したいのはある日ガクンと体力、気力、筋力、金力が衰えることです。
「こんなはずでは・・・」とならないためには、どこかでセーブする、目標達成までのマップと達成後のマップの両方を作成してみることが必要ですね。

そのガクンをシュミレーションする時に役に立つのが753の考え方です。
日本には子供の成長の節目を祝う753のお参りがありますが、これを大人にも当てはめると心づもりの役に立ちます。

例えば30歳代、40歳代、50歳代、60歳代に当てはめて考えてみましょう。

33歳、43歳、53歳、63歳という3のつく年ですが、
四捨五入してもまだ33歳は30歳に近いし、
43歳は40歳代、
53歳は50歳代
63歳は60歳代に近いから、

「まだ時間があるや」と油断しがちです。

が、35歳、45歳、55歳、65歳となると四捨五入すると上の年代に突入してしまいます。

そして37歳、47歳、57歳、67歳となるといよいよです。

3年後には上の年代に進級しますね。

そこで、何かする時、始める時、
今が四捨五入して年代にとどまっている時なら、5のつく年に達成できるよう目標を持つ。
そして、出口は7のつく年にして、
来るべき上の年代に何をすべきか予定を立てる。
そして、3のつく年までに着手、5のつく年に達成、7のつく年に出口から出る、
次の展開の準備に入る、

というローテーションを作ってみるとどうでしょう?

さて、では私の目標は?

おかたずけをしっかりしよう…買うばっかりではモノが増える一方です。
捨てるもの、上げるもの、売るものなどに真剣に分類して取り組まないとモノに埋もれて生きることになりますね。

習い事をちゃんとケジメよう…習い散らかしてモノになっていない数々。ちゃんとケジメようと思います。


3のつく年までに着手、5のつく年に達成、7のつく年に出口。そして次の準備にいそしむ。そしてめいっぱいいろいろではなくマネジメント可能な量にしておく。

ほどよく楽せず無理なく。

というわけで、
次のお仕事にも邁進です。

●6月19日岩国
●6月20日奈良郡山


●6月24日神戸
●7月1日大阪
●7月8日愛媛

お申し込み先と詳細は木村佳子の最新スケジュールに掲載しています。
よろしくお願いいたします!






by yoshi-aki2006 | 2017-06-11 03:38 | ライフスタイル | Comments(0)