<   2017年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

人手と人材不足が二度と行きたくなくなるお店、ホテル、施設を作り出す

ああ、やっぱりそうなんだ~と記事を見て思いました。
サンマルクの失速の記事~東洋経済オンラインにリンク

私の住まい近所にも何軒かサンマルクがあり、何度か行ったことがあります。
コーヒーの価格がお財布に優しいし、ブラックの場合のインセンティブもつく。
また、チョコの入ったクロワッサン、ヒマワリの種の入ったクッキーなど、小腹満たし系のメニューがあり、メニュー自体は好きな店です。

が、夏場だったかなあ?

「さっきまで、キャンパスにいた」「今までおうちで皿一枚洗ったことない」みたいな男子学生がカウンターに入っていて、その男子が私のかき氷をやる気なさそうに作って、めんどくさそうに練乳を絞り、「やだ、少なくともそれ、商品としてお金をいただくものなんだぞ」と思わず言いたくなるようなありさまでトレイにのっけてしまったのです。
かき氷のガラスの器は男子の手の温度が気持ち悪く伝導した生暖かいものでした。
しかもカウンターに入っていた別の男子に「この忙しいくそバイト、勘弁してくれよ」みたいな目くばせをして商品を出し、受ける相手の男子も「ホントくそバイトだよな」というかのような顔で返していたのです。


それで「ああ、もうこの店に二度と来たくないなー」と思ったのでした。

こんな商品に金を払うなんて、哀しすぎる~。
こっちが逆に金をはらってもらいたいわ、というくらいひどい状態のかき氷はもちろん超まずかったのです。

女子や主婦体験のある方がカウンターに入っている店舗ではそんなことはなかったですが、サンマルクのほかの店舗でも、似たり寄ったりの残念さがありました。

暑い盛りに、ジュースを飲みに立ち寄った店舗では食洗器から出したばかりの熱々のガラスのコップにオレンジジュースが注がれ、中の氷はすぐ溶けて、ジュースならぬ生ぬるい液体に化したり。そこも学生男子バイトさんだったなあ。

で、サンマルクに入るたび、何かしら、こうした残念体験をするので、次第にサンマルクを見つけても入店する気にならなくなっていったのです。

人材教育ができないまま、しないまま、現場マネージャーもいないまま、店舗拡大をしてもダメなんですね。経営者に「人材教育こそ収益の源泉だ」という視点が欠けている。サンマルクでこそお茶が飲みたいんだ、という客を増やすには人手も必要ですが、きちんとした商品を提供できる人材教育が大切だと思います。
しっかり立て直して、街のインフラとして頑張ってほしいです!

ホテルも深刻ですね。人材不足というのとはまた違う問題ですが、現場がたいへんなことになっています。

大阪の定宿が満杯だったので新しくできたところを試したのですが、
ここはそもそもは設計が間違っていると思いました。

部屋がまるであの〇パと同じ。狭すぎてとても居心地が悪いのです。足もぶつけるし、ベットが多少良くても、寝るだけなのなら別にこの値段払わなくてもいいということになります。値段は強気の価格なんです。

どこもかしこも狭くて食堂もホントに人体の挑戦のように狭い。
一日の始まりからして満員電車体験です。

その狭い食堂ではワンマンシフトで現場で気の毒なくらい一人のスタッフがフル稼働で働いていました。アベノミクスで人にちゃんと賃金を払えという流れのしわ寄せから、経営陣は採算をとろうと欲張りすぎではないかと思いますし人もいないのでしょう。経営者が利益ばかりに目を奪われているからこうなるのでは? インバウンドで見えなくなっているものがあるように思います。

経営者がサラリーマン気質で自分の担当の時代に収益が挙げられていればいいという考えに傾斜しすぎなのではないかと思います。

掃除スタッフも足りていないようです。定宿でも新しく泊まったところも外国人の若い男性が掃除しています。だから細かな掃除が行き届きません。

だから、客室が商品として成立していない。品質を提供できていない。

いずれ、客足は遠のいていくと思います。

さて、株式市場では企業業績が好調で明るい展望が開けていますが、人手と人材不足が現場で商品の提供に支障をきたしており、これが企業業績にいずれ冷酒のように効いてくるのではないか、との疑いをかすかに感じます。

バブル崩壊の時も「細部に宿った火種」がやがてはすべてに及んでいったことを思い出すと、企業業績だけ見ていては見落とすリスクもありそうです。
「現場がだんだんおかしなことになっている状態」には注目です。こうした現場の悲鳴がだんだん大きくなってきたときと株価上昇の変調がシンクロしやすいからです。
商品の質が提供できなくなる経済の先行きをよく考えておきたいですね。

が、そうしたことはまだまだ先のこと。
いまは多少の悪材料でも上へ、と視線を上げ続けていくべき時。

メディアが報じるトランプ氏や安倍氏、中東や北朝鮮リスクで突っ込んだところは恰好のチャンスかと思います。

というわけで、18日は天気が悪い中、わざわざ足をお運びいただきありがとうございました。
11月28日はアクセス梅田(富国生命ビルの上です)で講演します。
f0073848_21175780.png
そして11月30日には淀屋橋駅のすぐ近くの朝日生命ホールです。
f0073848_21205950.png



f0073848_01171793.png
一年はホントに早いですね。もう12月も目前です~。







by yoshi-aki2006 | 2017-11-20 01:18 | ビジネス | Comments(0)  

ビジネストーク ものは言いよう ケースで学ぶ顧客を増やす言い方 減らす言い方

このところ、大阪講演が続いており、
11月18日北浜フォーラムにて日経平均株価を使ったストラテジーをお話しするほか、
11月28日には大阪梅田で「100歳まで生きても大丈夫なお金の話」をさせていただきます。

f0073848_21175780.png


そして30日、大阪朝日ホールで日本証券新聞社主催のセミナーで基調講演させていただきます。

f0073848_21205950.png

さて、今日はビジネストークです。

あるボディワーク系の現場で若い講師が「もっと私のいうことを真面目に聞いてください! あなたは私が教えたとおりにしていない!」と自分のお父さんくらいの受講者にみんなの前で叱責している現場に遭遇しました。
若いな~。
そう思いました。
若い講師さんはさすがにちょっと言い過ぎたと思ったらしく、
「だって、こうしないとこうなるでしょ。だから私は言ってるの」と丁寧に説明を始めましたが、
次の講習に該当者の受講者さんはたぶん、こないか、来てもちょっと居心地が悪いだろうな、と気の毒に思いました。

「あら、そのやり方だと危ないですね。私がお教えしている方法でやっていただければ安全ですよ」といえば、受講者に伝わるのにな~。

どんな現場であれ、相手のメンツを人前でつぶすような言い方はNGです。
これは上司と部下、お客様と販売者、医師と患者、教師と生徒、親子、夫婦でもいえることです。

相手のメンツはつぶさない。

このことを肝に銘じておかないと、恐ろしいことになります。

どんな人格者でもメンツをつぶされると顔に出さなくても相手を「恨み」ます。
するとそれは「念」のようなものになって、潜在意識となって該当者に向かって飛ばされます。

というとなんかオカルトチックですが、「思い」の力が強いエネルギーを放つものであることはご存知でしょう。
ちなみに徳をつむとはこの逆で、いいことをしていると感謝の念の恩恵を受けられるのです。

さて、相手が自分の言っていることを守っていない場合で相手に自分の指導通りにしてほしいと思う場合、叱責は逆効果だと思います。

相手が思わず、そうしたくなるように導かなくてはなりません。

それには喜んで行動してくれるような言い方が大切です。
成功している人の言葉はこびをよく観察するとうまい言い方をしていますよね。

強い叱責型の人は言い換えればまっすぐで不器用なのだと言い換えられると思いますが、
相手が「なるほど」と納得して動いてくれるような言い方ができることが大切です。

お客をなくす言い方は相手のメンツを人前でつぶすような言い方です。
お客を増やす言い方は相手のメンツを立てて、気分よく動いてもらえるような言い方です。

そういえば先日、来日したトランプ氏も持ち上げ方がうまかったですね。
安倍首相と一緒にゴルフ場に集まった政財界人の前で「安倍さんはいいリーダーだ。君たちはいいリーダーを選んだ。私でもそうする」と安倍首相を持ち上げていました。人前でほめることが大切だということをよく知っているのです。

さすが大デール男!
トランプ氏の次の大ディールプランのヒント

人を動かすことの前に自分を思い通りに動かすことが難しいんですけどね~102.png






by yoshi-aki2006 | 2017-11-16 21:45 | ビジネス | Comments(0)  

各地の個人投資家さんに聞いた投資の疑問・質問・珍問


すっかり更新が遅くなってしまいました!
大阪に行き、福岡に行き、また大阪に戻り・・・という具合で、静かだった9月と様変わりです129.png

さて、各地で個人投資家さんから受けたご質問で逆にこちらが非常にびっくりというか、そういうことね、と思ったことをご紹介させていただきます。

●木村さんは一株純利益をよく取り上げられますが、一株純利益は大事なものなんですか?
えーーーーーー?????
このご質問を受けた時はさすがにびっくりして、しばらく、呆然としてしまいました150.png153.png
では、この投資家さんは何を指標に銘柄選択をされているのかしら? とすごく興味をもったのですが、「友達の友達が勤めていた会社がすごくいい、と聞いたので、その会社に投資している」とのことでした。ま、そういう選択方法も大いにありだと思います。いい会社に投資したい。その一つの指標が一株純利益の伸び。が、勤めている人がいい会社と評価している会社への投資も「いい会社」探しとして有効だと思います。

●今日、買った株が引け値で買値より下がっている。大丈夫でしょうか?
ええええええーーーーーーっ!!!!!
逆に「どうしてその株を今日、買われたのですか?」と思わず聞いてしまいました。
「証券会社からいいと聞いたので・・・」
「ご自身もいいと思ったんですよね?」
「聞いてから、ぐんぐん上がるので今、買わないとと買ったら引け値が下がっていた」
「いいと思ってお買いになったんだから、引け値が安くても持ってみては? 失敗した、買うべきではなかったと思っていらっしゃるなら、すぐ、手放しては?」
答えながら、いや、違うなー、要は「上がりますよ。大丈夫ですよ」と言ってもらいたいんだろうなと思いました。
が、あえて、それは申し上げるべきではない、と思いました。下手な気休めは逆に申し訳ないと思ったからです。「その会社が明日の日本の役に立つ、と感じられれば持っていてください」と申し上げることにしました。

●以前、節税で損切りして売却した株にリベンジ投資したいのですが、買いでいいですか?
ええーーーーーーーーっっっっ!!!
このご質問にも、びっくりしました。
ということはご質問者はご自分の判断で購入し、勝って利食いを果たせなかった負け事実の解消にかなりご関心があるということですね。
その解消を果たしたい! お気持ちはよくわかりますが投資は「果し合い」ではないので、以前、因縁の合った銘柄、ない銘柄も含めて、未来の私たちの暮らしをよくしてくれる会社かどうかを検討して銘柄選択をしたらいいと思います。

●売ったらその後も上がっていてチクショーと思っている。どうしたらいいか?
うーーーん。とても、わかりますが、こだわらないことも必要では。
儲かったらスパッと後ろを振り向かず、前を見る投資はいかがでしょうか?
いつまでも「あの銘柄・・・・」と引きずるようなら、すぐ、よりを戻す。一度はスパッと切ったのにこちらの未練でよりを戻していただくわけだから、その後、多少のことがあっても受け入れてくださいませね♪

●見通しが外れてもいいから、バーッと気持ちが明るくなるような面白い大ぼらを吹いてください。
ええーーーーーーっっっつ!!
このご意見にも教えられました。つまり、講演に求めているのはエンターテイメントなんですね。わかりました。ますます、ブラッシュアップいたします。

●今日の御衣裳は素敵!
えええーーーーっ!!
ちょっと派手かと購入後、しばらくタンスの肥やしにしていたのですが、派手な服でもOKなのですね。ありがとうございます。これからの衣装選びの参考にさせていただきますね。

というわけで、いろいろご意見ありがとうございます。とってもとっても参考になります!! 
個人投資家さんがどんなお気持ちで講演を聞いてくださるのか、本当にいいご意見、ご質問をいただいたと感謝です。

まだまだ続く講演ラッシュ。こうしたお声をヒントに
頑張ります!!
f0073848_01532500.png
光世証券さま、日本取引所グループ投資の日イベントで。
f0073848_01543499.png
こちらはお昼開催の「いいアイアールの日」イベントで。
御衣裳をほめていただいたのは
f0073848_01573359.jpg
この日は開催時間を間違えてあわてて登壇したので写真を撮り忘れました。この御衣裳は福岡でもほめていただきました。
また、各地で着用したいと思います。
話の内容も登壇者としてのエンターテイナー性も磨かねば~

明日は大阪・天海塾です。
頑張りまーす。









by yoshi-aki2006 | 2017-11-11 02:00 | マネー | Comments(1)