経済株式講演会でご紹介した銘柄が全勝です!

各種マネー関連、上場企業の個人投資家向けイベントでの基調講演をさせていただく機会が多い私は、
講演会で心がけている点が2つあります。
それは、
「自分の親が聞いてわからない話はしないようにする」という点と、
だからと言って
資産運用に熱心なアクティブシニアの皆さんのよく肥えた耳に耐えうる品質を保とう、という2点をモットーにレジュメを作り登壇しています。

 レジュメですが
どんなイベントであれ、レジュメなし、という講師もいらっしゃれば、私のように雑誌の特集に相当する内容をご用意しようとするケースに分かれます。

 主催者様からは両面印刷で10枚未満になるように枚数を抑えてください、と要望されることがあるため、今はどんなに作っても20スライドですが、以前は毎回36スライドほど作っていました。

 ちなみに来場者の皆様からは、「資料を全部ファイルしている。後で見直しても非常に参考になる」と言ってくださる方もいるので、励みになります。

 自分がほかの先生の講演会で満足度が高いのは、たとえば証券アナリスト協会で主催される金融系企業の講師から提供される分厚いデータ集があるときです。なかなか伺えなのですが、大和総研さんや三菱UFJさんなどのアナリストから配布される資料は充実を通り越して感動ものです。
「この冊子だけでも来た甲斐があった!」と思いますので、レジュメなし、という講演はしないようにしています。

 さて、講演を引き受けると、レジュメだけいくら充実させても、ダメなものなんです。ここが難しいところで、七転八倒してレジュメをひねり出しても、当日の話運びや声の調子が悪いとすべては台無しです。

人はその人の立っている姿、気迫などを集約した声のトーンで人を判断するものです。

そこは動物的嗅覚で、
声で生命力と知性、能力、意欲、真贋を知ろうとするわけです。

ぐちゃくぢゃと聞き取りにくい声でどんなにいい話をしたとしても、人の心には届かない。
だから、当日入りでしゃべるのは避け、近場でも前泊し、できれば風呂場で練習します。

主催者からすると
名古屋、大阪は日帰り可能。
前泊だなんて、経費の無駄、と思うでしょうから、費用は請求しにくいですね。

だから、当日入りもしてみることがあるのですが、やはり出来は悪い気がします。「ノゾミ」の振動が体、頭を微細に粉砕しスノーボールのように脳細胞が散らばって、下車しても長ーく休まないと、ぼーっとしてしまう。

そんな気がした先日の4月25日、始発当日入りした名古屋講演で、帰りに「あー、声の出が悪かったなあ・・・・・」とがっくりと落ち込んだのです。この落ち込みが結構、後を引き、「鬱になっちゃったかなあ????」と思うほど、延々と日々、苦しかったんですよね。

後で「ああいえばよかった」「こういえばよかった」。「あれではわかりにくかったろうなあ」「自分の親が聞いていたとしたら、そんなんじゃ、わからないよ」というだろうなあ、とか結構、ぐじぐじ悩んだわけです。滑舌が悪かった、頭のシナプスがノゾミによるスノーボール症候群でつながりが悪かったとか。



でも、うれしいのは、その出来が悪かったと思った名古屋講演のときにご紹介した参考銘柄を検証し、全勝を確認したことですね。

過去、大阪講演でまだ1000円台だった銘柄もここにきて50%ほど上がっている!
悩み多い仕事だけに当たったときは思い切り、自分で自画自賛です!
f0073848_18463717.png
こうやって自分の仕事を検証し、少しでも投資家さんの資産運用のヒントになった時が一番うれしいです。
講演データはすべて残してあるので定期点検し、打率、勝率を検証します。
そして、「ダメだ、ダメだ、ダメだ」の全否定から一歩ずつ、這い上がって回復していくのです。
銘柄で結果が出せていることが特効薬になります。

これが仕事のモチベーションになるわけです。そして、それができている間は、お客様は会場に足を運んでくださるのでしょう。
「木村さん、もう、足腰が弱くなっていつまで会場に来られるかわからないけど、また来るからね」と言ってくださるお客さまの顔が浮かびます。

お花を届けてくださったり、旅行に行ったからと、家族でもないのに、わざわざもみじまんじゅうをくださったり、なんだかおいしい和菓子なんですよ、と私の分まで買ってきてくたさったり、お手製の佃煮をくださったり、農家さんから分けてもらったという黒豆、神戸のとびきりおいしいチョコをくださったり・・・・・。
皆さん、とってもフレンドリーにしてくださる。
そういう方々にいい話ができているのかな、と自分の能力の至らなさを思うときが一番、落ち込むのですが、検証の結果、「お役にたてたのかもしれない」と思えた時が一番うれしいです。

お客様の資産運用に少しでも役に立てたと思えた時が、すごーくうれしい。
だから、いい恰好をしないで、今できることを全力でお届けしなければ! と思います。


いい話ができるように、頑張り続けまーす!
ありがとうございまーす(*^。^*)
海外情勢についてはアメブロに投稿しました!












# by yoshi-aki2006 | 2017-05-15 19:33 | マネー | Comments(0)  

オリンピック税が創設される?  足りない予算は国民が払う?

オリンピック予算についての報道がありました。
1兆円もの不足費用、誰が払うのか、まだはっきりしていないようです。

最近、こうした背景がよくわかる本として読んでよかったなと思うのは森喜朗 元総理の「遺書」。
遺書というタイトルで出版された森喜朗 元総理の本

f0073848_05542468.jpg

この本でJOCや小池都知事周辺のいろいろな背景がよくわかりました。森元総理には総理の時の報道のされ方や株式市場が安かった印象が強いと思いますが、以前、新幹線でお見掛けした時のご様子は親しみが持てましたし、この本を読んで、理解できたことも多くあります。

小池百合子都知事はやり手、といえばその一語に尽きますが、
オリンピック開催が近いのに誰がどこまで負担するか、費用負担でとんでもないことが起きつつあり、
下手をすれば「オリンピック税」を負担してくださいという事にもなりかねない今の状況で、
小池百合子都知事に対してきちんと物申されているのはこの「遺書」という本とそれ以外では
神奈川県知事の黒岩祐治知事だけです。

後の皆さんは先出じゃんけんはしないおりこうさんばかり。
玉虫色のいい方ばかりしているから、国民は何が起こっているのか、まったくわからない。

若手ゆえ、年上で百戦錬磨のやり手・小池百合子都知事にタジタジとされているのだろうけれど、丸川珠代さんは「大丈夫か?」と思わず声をかけたくなるような有様。
やはり育ちが良すぎるのだろうかなあ 
と思います。

老獪な野良猫と道で遭遇して動けなくなっている若い猫というような光景と似て、重量と経験が違いすぎ、というような印象で、ここは賢いコメントしている場合ではなく、前の国会での「小池都知事を女性として尊敬しております」みたいな聞いているほうがムズムズするようなことを言っている場合でもなく、国民の代表としてもっというべきことを言ってくれないとなあ。上手に怒りを出さなきゃ。ひとごとのようなコメントでは国民から信頼されないですよ。

ここで上手にピシッというべきことを言っておけば共感されるのに、といつもながら歯がゆいです。

黒岩知事が「県の予算編成が間に合わないし、どれだけ迷惑しているか! 小池百合子知事を信頼して待っていたのに失望した!」とまったく正当なまっとうな意見を表明されたので初めて、周辺知事がどんだけ大変な事態に追い込まれているか、やっとわかる始末です。

こういう事態もワイドショーなどでは「やはり人気のある小池知事なので批判するとまずいよなあ」というような報道姿勢に感じられます。
都民の声を拾ってみるとか、批判精神で物事を是々非々で報道して欲しいです。

ところで、誰も支払い手が決まらなかったらどうするの?
オリンピック税を復興税のようにして創設するかもしれないですね。
国民として「嫌」とは言いにくい名目ですから大いにあり得るでしょう。

オリンピック税を創生して、そこから北朝鮮などへの配備として必要、という名目で様々な防衛費用が予算化されていくのだろうと思います。

すると北朝鮮に空母まで出したトランプ米国大統領にも「日本なりの誠意」を示すことができるし、大統領当選前にヒラリー氏だけに握手を求めた日本の外交姿勢のまずさの失点も埋められるし、八方ヨシ、というわけでしょう。
痛みは毎度、国民の懐だけ。オリンピックが終わったら、美空ひばりのお祭りマンボの歌詞みたいなオチになるでしょう(モーサテでアナリストがうまく使っていましたよね)

ところで、トランプ大統領といえばこの度、FBIコミー長官を更迭しました。
しかし、トランプ報道を見ているとマスメディアに異分子、理解できない人はとりあえず叩いておきましょう、という姿勢を感じます。
ヒラリー・クリントン女史は一時間程度の講演料金が3000万円といわれ、オバマ元大統領も今、4500万円とも言われていることに対しては寛容なマスメディア。
この点だけでも「なぜ、そんなにもらえるの?」「支払う側に何の見返りがあるの?」「誰がそんなに支払っているの?」という論調や疑問があってしかるべしなのに、それにはあまり触れられず、トランプ氏に対しては批判的な報道が多いように思います。

何故なんでしょう。

コミーFBI長官更迭に関しても「ロシアとの関係が怪しい」といった報道ばかり。
この長官は「ヒラリーのメール」についてどういう行動をとったのか?
何をした人物なのか?

どういう点でFBI長官として問題があったのかの検証はされないのですよね。
警察が偏っていてはいけない、という当たり前の検証がなされないままです。

私の見方はマネーパートナーズのコラムに書きましたのでお時間がありましたら、読んでくださいね。
コラムを補足するとすれば私はトランプ大統領の嗅覚のすごさを感じます。コミーFBI長官はそもそもトランプ大統領とケミストリーは全く合わない人物なんだろうと思います。今、代行を務めている人とも全く合わないでしょう。今の代行氏はコミー氏に対し「えっ、そこまでかばえる?」と首をかしげたくなるほどの擁護をしています。それも不思議です。トランプ大統領は嗅覚でいろいろなことがわかったんでしょう。

さて、16日火曜日は汐留カレッタで講演します。
f0073848_05441600.png
お申し込み先と詳細です


その後は21日大阪ラジオ日経でのイベント。
f0073848_05464393.png
お申し込み先です。


5月30日は静岡です。
f0073848_05531377.png
お申し込み先です


いやはや、大学院で大事な試験が迫っている時は1か月半に14現場みたいなスケジュールだったのに、卒業して一服している今はローテーションが実にゆったりこん。
そんなもんだよ、人生は、というわけで日々、営々黙々がんばります!









# by yoshi-aki2006 | 2017-05-13 05:55 | アンテナ | Comments(0)  

株価・為替のリスクファクターとしての金 正恩さんの今年の運気は?

位置的には近いのになぜか遠い国、北朝鮮。
今まではオバマ大統領の戦略的忍耐作戦で北朝鮮、それを支援する中国に対して、アメリカ側の強いアクションはありませんでした。

1994年、オバマ氏と同じ民主党ながら、戦う男だったビル・クリントン大統領は北朝鮮制裁に動きます。
しかし、当時、「韓国に甚大な被害が及ぶ」と懸念する韓国大統領の強い説得でクリントン大統領はカーター氏を電撃派遣していったん事態は収集します。

その当時のことを端的に知るには長野智子キャスターのブログが参考なります。
長野智子さんのブログ

さて、中国・習近平氏の外交努力もむなしく、4月29日にも弾道ミサイルを発射した北朝鮮。
今のところ静観をするロシア。以下はプーチン大統領について書かれたnews weekの記事です。
ロシアのプーチン大統領は外野を決め込む


一方、安倍総理は?

森友問題で追及されるのを回避すべく、外務省に命じて組んだ外交日程でしたが、北欧4か国歴訪を取りやめ、30日までロシア、イギリス訪問に切り替えているものの、外遊中のため、副総理・麻生氏、菅官房長官、稲田防衛大臣が国家安全保障緊急会議を開催。

菅官房長官はアメリカ側の動向については一切、こたえられない、とするものの、近々、事態のフェーズが変わるような事柄が起こる可能性は十分あり得ます。

私の独自予測では
例えば、直近であれば5月2日。
その後であれば、5月9日韓国大統領選挙前後。特に8日、12日は金正恩氏には過酷な日になる可能性が高いでしょう。

今年の金正恩氏はともかく押さえつけられます。
中国にしろ、
アメリカにしろ、状況が変わっており、
トランプ氏が大統領になったことで
金氏がオバマ時代にできたことはできなくなっているのです。それを早く理解しなければ事態は悪化の一方です。

金正恩氏が今年を世界各国からコンセンサスを得られるような行動規範を示し、何とか乗り切れれば、と思いますが、
今年は金氏にとって非常に厳しい年になるでしょう。

特に5月全般、9月は金氏側が強く用心しなければならないと思います。
よって、5月にもアメリカからの制裁を受ける可能性は大。
9月に事態はさらに深刻になると思います。

株式市場にも影響することなので、緩急つけてリスク管理をしたいものです。

ちなみに6月に北方領土への墓参が実行されるようです。そのことから類推すると、安倍総理が5月下旬から6月にかけて、都議選と同日投票となるようなシナリオで衆議院解散を考えている可能性は高いと思います。

その前に北朝鮮の行動が日本の国民感情を逆なでするようなこと(たとえば邦人拘束、国内テロ、砲撃など)が起こる可能性は十分あります。

願わくば、日本、韓国、中国、そして北朝鮮の生活者が日々、平和に暮らせますように。






# by yoshi-aki2006 | 2017-04-29 10:36 | アンテナ | Comments(0)  

株価・為替・経済の観点から見た安倍首相の今年の運気は?

ロシアを訪問中の安倍総理。
安倍総理とケミストリーが合うといわれるプーチン大統領ですが、トランプ大統領と新たな互恵関係を結ぶべく、安倍総理には山口会談のころ、ちょっと距離を置いた印象があったものです。

が、トランプ大統領のシリア攻撃でシリアを支援しているプーチン大統領、「トランプも一筋縄ではいかないな」と感じたのか、また、安倍総理との互恵関係に関心が戻ってきたように感じられます。

フォローの風、再び・・・・という感じなのに、安倍総理、最近、どうも、お顔の色がさえません。
私が安倍総理の立場なら、

ロシア外交で成果を上げ、トランプ大統領ともア・ウンの呼吸を合わせて、
都政改革者としての小池百合子氏は応援しても、
新党をバックにのし上がってくる小池新党とは対決する姿勢を明確にし、
共謀罪の構成要件を改め、テロ等準備罪を新設する法案をゴールデンウイーク明けにも採決し、

国内スパイ活動を一網打尽にして、
「自分の国は自分で守れる」国への一歩を問うべく、
6月18日の国会会期末までに解散の時期を探る、というシナリオを考えたと思います。

が、どうも今年の安倍首相は2月の稲田防衛大臣の森友学園とのかかわり発覚や防衛大臣の資質問題、
3月の奥様、昭恵夫人の活動の一環で森友学園問題が生じ、
収束したかに見え、今なお、余波侮れずの状態になっています。
そのうえ、
安倍昭恵さん関連記事
嫁姑問題で家庭に平和ナシ?
安倍内閣に携わる方たちのとほほな発言によるタルミ指摘もあり、
一難去ってまた一難という感じです。

週刊文春によると安倍首相に易学の観点からアドバイスされる方がいるとのこと。

その一人、元東燃社長の中原伸之氏は私もそのご発言の的確さに感服していて、以前、所属協会に講演に来ていただいたときも中原さんはいち早くリーマンショックへの予見を指摘されてしましたから、総理が中原さんのアドバイスに耳を傾けられるのもよく理解できます。
石油という市況商品を売買して会社を率いてこられた立場ですから、アドバイスも経済的な動静と易学がうまくマッチチングしているのだと思います。

もうお一人は池口恵観さんでこの方ともずいぶん昔に面識を持ちましたが、ド迫力な方で、政治経済に非常に敏感な方で、政財界マスコミの方たちが一定数、交流されており安倍総理がご縁をお持ちなのも不思議ではありません。

一国の総理ともなれば誰にも本音は相談できませんし、
側近の菅官房長官といえども都知事選挙の時に意見が相違したのは知られるところです。

すると易に頼る気持ちも生まれてくるのは理解できます。

さて、中原さんや池口さんに及ばずとも私も市況を当てなくてはならない立場であり、政治経済学の観点でもある程度予測していかなくてはならない点で立場は近いと思います。
そこで、安倍総理の今年を私流に推測してみました。

今年2月初旬。
はからずも昭恵夫人がこの問題の火付け役になって籠池問題が勃発。
しかし、2月~3月いっぱいで悩ましい問題は収束。
週刊文春で紹介されていた中原伸之さんの見立て通り、4月4日が運命の底というのは同感です。

が、今年の安倍首相は少なくも9月下旬ころまで悩ましい状態が続きます。
閣僚の失言、失態に悩まされ続け、家庭の平穏もありません。

4月は華やかな話題に恵まれますが、
5月に解散を決断したいところが、なかなか思うようにいかない可能性があります。
解散を決断する場合、6月18日国会期日前、例えば6月5日前後にずれ込む可能性があるかもしれません。
安倍さんの7月の運気は悪くないので、7月投票であれば勝算は高いだろうと思います。

しかし、8月はまたぞろ、奥様も含め、身内の面倒が予見され、
9月初旬から中旬ころに身動きがとれない困窮事態が待ち受けます。

そして、12月・・・・。大変厳しい月となりそうです。
分類すると昭恵夫人関連の事柄ではないかと思います。

2018年の2月にまた降ってわいたような困窮があるかもしれません。それはアメリカからもたらされることではないかと思います。派兵要求とか貿易問題などに悩まされる可能性があると思います。

株価予測は講演会でじっくり触れたいと思います。政治経済、出ているニュースだけではなかなか判断しきれず、自分なりに何か予測する手立てを用いたいですね。

そういえば、
日銀の黒田総裁の会見 
から見てもアベノミクスは実現に向け、さまざまな課題が。

とはいえ、安倍首相の内閣支持率は森友学園問題で少し下がったものの、今、復活しているようです。
その理由の多くが、
「ほかにましな人や党が見当たらないから」
という安倍首相にとっては不本意な理由から。

ぜひとも安倍さん、あなたしかいない、という国民を増やしてもらいたいものです。




# by yoshi-aki2006 | 2017-04-28 13:48 | アンテナ | Comments(0)  

母の日にしてあげたいこと 

2017年の母の日は5月14日。

それに先駆けて、家族イベントをしました。
まず、義母の母の日。みんなで評判の近場のレストランに集まり、食事を堪能。
どれもこれもおいしいお料理で、久しぶりに本格的なさわやかな中華を食べました。

f0073848_01502776.jpg


お店は本格的なお味のフアンが多く、ひっきりなしにお客様が来店します。

この店なら、40分ほど電車に乗ってでも食べたいと思います。

さて、この日、私は自分でアレンジしたお花をプレゼント。
f0073848_01241172.jpg

アレンジフラワーはなかなかむつかしいですね。同色系の花でまとめましたが、白いお花があってもよかったかなと思いました。

その後、義母宅に帰っておいしいケーキでデザート。
この時いただいたのも近所でパティシエをしている女性の珠玉のチーズケーキ。

「こんな東京近郊にこんなおいしいケーキがあるの?」と感動しました。
販売はFBで告知しているだけだから、予約品を売り切ったらその日の営業はおしまい。
こうしたビジネスが成立するのもSNSのおかげですね。

次は実家。
実家の母も義母と同世代で体が次第に柔軟に動かせなくなっているので大掃除や買い出しを代行することで母の日のお祝いにさせてもらいました。

以前はイベントありきで、売り手の想定する「母の日グッズ」を購入して送ることが「母の日」だと思っていましたが、そうではないですね。
高価なプレゼントもいいけれど、
それぞれの母たちが心から望んでいることを実現してあげることがいいのではないかと思うようになりました。
母の日カスタマイズといいますか、母の日ソリューションですね。

義母の望みはみんなが揃っておいしく食事すること。
実母は掃除や買い出し、犬の散歩をしてもらいたがっているのでそれを代行してあげること。
いずれの母も小分けした日持ちするお菓子や箸休めになるような品を5個、10個と用意してあげると「近所のお世話になっている人に配れる。うれしい」と喜びます。

相手のしてもらいたがっていることをくみ取って、実現することが大切なんですね。

やさしい気持ちで。
f0073848_01354281.jpg













さて、直近の名古屋での講演当日は意外と寒く、体調管理がむつかしかったですが、
いつも以上にお客様がたくさんいらしてくだいました。
8日の名古屋講演とダブらないようにレジュメを変えましたが、
「もっと上手に言いたいことを伝えるようになりたい」と思います。課題は続くよどこまでも。

当日は手つくりの佃煮をいただいたり、
f0073848_01383752.jpg













お花をいただいたり。ありがとうございます!



もっともっと仕事の質を高めていかなくては!
そのためにはもっと勉強をして、
体や声も作っていかなくてはなりません。

レッスンと勉強あるのみですね。

課題はつづくよ、どこまでも。

為替見通しを掲載しました。
マネーパートナーズ 木村佳子のコラム


追記

そうそう。犬の散歩をしている時、空に爆音がひっきりなしなので、空を見上げるとヘリが横須賀基地方向に飛行していました。
何台行ったでしょうか?
北朝鮮問題の緊迫度を感じました。

今年から来年。

用心したいですね。



# by yoshi-aki2006 | 2017-04-28 01:49 | 日々の暮らし | Comments(0)  

ビジネス・ランチ、ディナーで評価される人、評価を落とす人

団塊退職でごっそり現場に人がいなくなり、人手不足感が出ていたところに円安とオリンピック決定で日本の現場は忙しくなりました。
人手不足=就労人口不足を解消しないと日本の将来も危ういものになってしまいます。
そこで女子もどんどん働いてもらおう、という事になり、役職にも抜擢される機会が増えています。
頼もしい女子をたくさん見かける一方、積極姿勢と焦りが紙一重で空まわりしているケースも見かけます。

例えば、何かビジネス・チャンスが欲しいということで、積極的にいろんな人に「ランチお願いします!」と相手にぶつかっていくタイプの、特に女性の注意点として、

●誰が支払いをするのか? を考える能力が必要

「その席の代金は誰が払うのか? そこまで考えて、お願いしていますか?」ということです。これが想定できたうえで、準備ができるかどうかで全く評価が分かれます。

「ランチお願いします!」
「一度食事でも!」

年上の人、目上の人などにそんなお願いをして、実現したとして、支払いの時、誘った側でなく誘われた側の年上の人、目上の人が、「まあまあ」と言って支払ってくださることが多いと思います。

が、ここで、「あ、そうですか? すみません」とごちそうになり、その場で礼を言った場合でも、相手の金も自分の金も金は金=お金は誰にとっても大事なものでおごってくれた人がその金を自分のために使うこともできたはず、と知る人はきちんと対処をするものです。

私も、相手の金は自分の金と同じように考えて、大切にしなければならないと知るようになってからは、ビジネス・ランチやディナーに誘われた時、支払いは誰がするのかなを真剣に考えます。そして、あの人が支払ってしまいそうだなーと思う時はその人が好きそうなお土産を用意しておくようにしています。

知らない相手も交えて食事する、という場合は事前にそのセットをした人に、
「お勘定は誰がするのですか?」と聞くようにしています。

もし、知らない人が支払ってくださるという場合は、会合の趣旨をよく聞いて、筋の悪い話だなと感じた場合は、お誘いを断ることも必要です。(筋の悪い話=相手の虫のいい頼みごとが多いのではないでしょうか)。というのもタダメシほど高くつくことはない、からです。

「なんだかよくわからない趣旨の会合でお店だけは豪華」という場合は特に用心します。こういう時、うっかりノコノコ出かけてごちそうになると「タダメシほど高くつくことはない」ことになるからです。
最初から、会わないにこしたことはないし、もし、紹介者のメンツを立てて会うことになった場合でも、お茶だけにすべきです。

いい筋のお誘いの場合であるとか、お祝いとか、会う理由が適切な場合でも「支払はどうなっているのか」を考えることは社会人としての常識です。

相手が支払ってくださる場合、配慮の行き届いたお礼状(メールの場合も)を出すのはもちろんのこと、相手の方が受け取りやすい恰好でお返しをするのが望ましいと私は思います。5000円食べたのなら4500円くらいのお返し、10000円ごちそうになったのなら8500円くらいのお返しを心がけます。要は割り勘の考え方で、おごられることで相手のメンツは立てるということです。

事前に「この会合はだれだれさんが出してくださる可能性が高い」と思う場合は、自分が食べる分くらいのお土産は用意して帰り際に、「本日はありがとうございました」とお土産として渡すのがベターだと思います。

お互いのボヤキをいえる仕事仲間の不動産業の社長曰く、
「お食事でも、と誘う人に限って平気でこちらにごちそうになるね。領収書をもらっているから会社の経費で落とすんだろう、どうせアンタは金持ちだから、と思うようだよね。冗談じゃないよ。領収書をもらったとしても、利益が上がっている会社の場合ならまだしも、カツカツでやっている個人営業の会社で2万、3万、仕事に直接関係ない他人におごってやれる余裕はないよ。そんな金があったら社員として働いている古女房にうまいものでも食わしてやりたいよ」とのこと。

まさに本音だと思います。

なので、いきさつ上、相手が出してくださった場合でも、ちゃんとお返しはすべきです。

ビジネス・ランチ、ディナーの際に粋な配慮ができるかどうかで
「あー、ド厚かましい無遠慮な相手だったなあ、時間もお金も損をした」
と評価を落とすか、
「いや、なかなか見どころのある人だ」と評価を高めるか、になります。

こうしたお勘定に対する姿勢はビジネス・ランチ、ディナーでなく、男女のデートでもいえることで、
「最近、彼が誘ってくれなくなった」とぼやいている女性は
おごられ方が粋ではなかったからだという理由も考えてみるべきですね。

おごってもらって当然、という「あんた、何様?」状態でいた場合、いつしか、男性は離れていってしまうものです。
相手のメンツを立てながら、
「ここのお茶代は私が払っていい? 一万円札を崩したいから」というようにメンツを立てながら、時々は自分も支払うべき。



●食べ方

食べ方で品性、育ち方、すべてが見えます。
私も自分の食べ方を時々、省みて、ああ、いかんいかん、と反省します。
おさかな、しんじょうなどの大ぶりのものをどう食べるか、食べるスピード、口の中にいっぱいに入れてしゃべらない
相手が食べている時に話しかけない、

など。気を付けるべき点はたくさんありますね。

●姿勢

猫背で食べない、姿勢よく食べるといいですね。

●ごきげん

店への文句や批評をその場でしない

など。

●タイムマネジメント

ビジネスの場合は「会合の趣旨」「今日お会いする理由」「お願い事がある場合、相手のメリット、自分のメリットをしっかり両立させて、話せるようにし、後でメール等で連絡を取る時の要点整理のシートを渡す」などの段取りが必要です。

だらだら、相手に時間をすごさない。
遠くから出てきている人が家に帰り着いたとき、会社に戻る時、どんな状態かを想像して解散時間を推し量る

など、食事で相手から見られているところは多岐にわたります。

せっかくビジネス・ランチやディナーが実現しても、評価を落としてはもったいないですね。私もぜひ日々気を付けようと思います。

◆◆◆◆
今年は前半勝負でその山場ももうぼつぼつ。
圧倒的不透明な年後半への準備をしたいものです。
今月の講演は

●4月25日名古屋
f0073848_23200762.png

●5月は16日汐留、21日大阪(ラジオ日経)、30日静岡(日本証券新聞リサーチ)です。16日汐留のご案内は以下の通りです。
f0073848_23213227.png

















# by yoshi-aki2006 | 2017-04-24 11:11 | ビジネス | Comments(1)  

値上げラッシュに悲鳴とびっくり!~スーパーの売り場で実感する物価高

消費が伸び悩んでデフレに逆戻り?という意見もでているようですが、
いえいえ、消費の現場では、大変なことになっています。

4月に入って、何気にスーパーでカニカマを買ってびっくり!
カニかまのカニ足を包んでいる透明な筒の細さったら何?
前の三分の一くらいの太さに縮小されている!

次に「ぶどうどっさりパン」を手に取ってびっくり!
前に売っていた時よりずいぶん小さくなっているではありませんか~!

紙の袋に入ったレトロなパン。ぶどうがどっさり詰まっていてものすごくプレミアム感があり、その割にお値段がお安いのでとても気に入っていたのですが・・・。

それなのに何のこのスリム化は・・・。前の三分の二に縮んでいる!
ここまでスリム化が進むとは・・・。
「どっさり感」が売りだったぶどうの密度もスカスカに・・・・。

価格は据え置きでも、量を減らす、サイズを縮小させる実質値上げがすごすぎる!

物価が下がっているなんて嘘。
すごーく値上がりしていると感じます。
値段は上げていないけど、中身が少なくなっている!

どうしてこんなことになったんでしょう?

円安だった数か月前の諸コストの値上がりと
人材不足による人件費の値上がりとが売り場の商品へのしわ寄せになっているんですね。

消費者は買いたくても買えない、と感じているのではないでしょうか。
道を歩いているとマダム風の女性が「あなた、ホントにとんでもないことになっているわよね。取るものはどんどん取られて、もらえるものはどんどん減っていくのよ!」「ホントよね~!!」

と危機感いっぱいって感じで話しておられました。

みんな感じているんですよね。施政のテイストを。

さて、「4月は意外と強い」との見通しを昨年来から出していましたが、半月づれました。ここまでの安値をしっかり買っていただいたとしたら、ここからはそれを利確していくイメージです。

次の講演は4月25日の名古屋。
f0073848_23200762.png
●5月16日東京・汐留
f0073848_23213227.png
●5月30日
静岡に伺います! 主催は日本証券新聞リサーチです。
詳細が決まり次第、ご案内いたします。


f0073848_23233479.jpg
先日の八重洲ベルサールでの講演です。
f0073848_23242353.jpg
リスク増す日本ですが、来るべき大きな波に負けない運用を心掛けたいものですね。

















# by yoshi-aki2006 | 2017-04-21 23:25 | アンテナ | Comments(0)  

株主総会にお土産を出すべきか、やめとくか~会社と株主の立場で考える

各会社の決算が終わり、新年度スタート。この時期は人事異動、新卒入社式、3月末決算の会社は業績と今期見通し発表と株主総会準備、ゴールデンウイーク、ボーナスシーズンに向けての手配など、忙しく過ごす担当会社員が多いですね。

さて、意見交換会などで、「何かいい対処方法はないものか?」というテーマになりやすいのが株主総会のお土産について。

会場に足を運び、交通費や時間資源を使って参加してくれているのだから会社の気持ちとして「粗品」「お土産」を出すべきと考えるところもあります。
本来的なそもそも論での株主参加の意義云々もさることながら、会社員としては「あまりスカスカの会場は見栄えが悪い」という気持ちになる場合もあるでしょう。よほど有名企業、人気企業なら放っておいても来てくれるでしょうが、そうではない場合もあります。すると「何か出したら来てくれるかもしれない」と期待するケースもあるように思います。

が、会場に行きたいけれど交通費をかけてまではいけない、という人もいて、そういう人には「お土産」は当然ながら出ない。こちらの株主さんから見ると「会場に近い人は行くことができ、お土産までもらっている。同じ株主として不公平」という印象を持つかもしれない。

だったらいっそ、お土産はナシにして、その経費をすべての株主に配当として出すのが公平では? という考え方もあります。悩ましいですね。

その会社の元社員だったり、取引先だったり、である株主と、
嫌ならいつでもほかの会社に乗り換えればいいと考える株主とでは、

会社からのいわば「忖度」SONTAKU(英字新聞にもこの言葉が使われるようになりましたね)度合いへの期待度は違いそうですが、
IR担当者には「出すべきか」「出さざるべきか」が悩ましいテーマの一つ。

知名度を上げる意味と株主構成のバランスから個人投資家向けIRに熱心に取り組んだ結果、爆発的に個人株主が増えてしまい、総会会場に何人来るかわからない点も、昨今、悩ましさに輪をかけているようです。


ちなみに、私も覆面取材で1単元株主として総会に出ることがありますが、ある会社は業績が良かったときは会場ホテルでコーヒーなどの喫茶サービスを受けられるようにしていましたが、業績が悪化すると、水差しが会場に置かれていただけでした。ホテルの焼き菓子が入った小箱のお土産も廃止になっていました。

それはそれで「お金がないのだからしょうがないね」と思いましたが、そもそも業績悪化は不祥事が遠因。そんなだったら目の玉が飛び出るほどもらっている役員の年俸をもっと減らすこともしないとねえ、と思いました。

業績が低迷した会社でも突貫工事のようなスピードで家賃の高いビルから安いビルに移転し、責任をとって役員が辞任。順次リストラをして、比較的早く復配を果たした会社がありました。
そういう会社は株主としても納得感が感じられるものです。が、焼き菓子のお土産とコーヒー提供をやめた会社は不祥事の責任を取らず、年俸も高止まりの役員が多く、不祥事をただした監督官庁から催促されてようやく担当役員が辞任という状態でした。

お土産が出る出ない、以前に会社の経営姿勢に株主が共感してくれるかどうかが大切なポイントです。
行った。腹が立った。その会社に失望した・・・では株価は値下がりしても仕方がないわけですが、いくら自己責任とはいえその損失をこうむる個人投資家は踏んだり蹴ったりです。

株主総会の一番のお土産は「経営への共感」ではないかなーと思うのですが。
これがない状態でどんなお土産を出したところで、心に響かないのではないかしらと。

株主総会に出た、腹が立った、何なんだ! といま、話題になっているのが◎芝さんです。前々から、体質面の課題は耳にしていましたが、

野人の馬力で大発展→名門からかっこのつく人を大量採用→社内政治に比重がかかった大企業病にかかり、成人病化→タイタニック号状態に

という大企業凋落航路を走行中なのかと思います。

それはともかく、
株主総会でのお土産。
いろんな株主がいるようで、総会はどうでもよく、お土産だけ受け取りたい人
事前に何が出るか聞き、もっともコスパが良い総会に出る人(両者とも総会中身は興味がないわけですね)
周囲の株仲間から議決権を集めて何個ももらおうとする人
中が何か、すぐさま確かめるべく、受け取るや総会そっちのけでトイレなどで包装紙を剥きちぎってリュックなどに詰め込む人(詰め込んだら帰るのかな?)

ああ、無情、というべきか・・。

人は「私も欲しい」「なんで私にはないの?」ということにとても敏感。
何人会場に来られるかわからないけど、
足りないのはまずいので大量に仕込む。余れば経費の無駄使い。その分、配当に回せという声にもつながりかねない。

誰にも平等感がある対応で何を渡すべきか? 渡さないべきか?

ま、私が社長なら、会場には水、ほうじ茶のみにし、
「本来はお一人お一人にお茶をお出ししたいところでございますが、それもままなりませんので、お帰りの際にお使いいただけるよう、ハーゲンダッツのアイスクリーム券(あるいは1000円チャージのスタバコーヒーカード、モスバーガーカードなど)、をご用意させていただきました。議決権と引き換えにお受け取りくださいませ」

とするかも。1000円程度の喫茶同等券なら交通費とイーブン感覚に思えるし、
モニタリングの役目を果たしに行った点で他の株主にも受け入られやすいと思います。

総会は大株主が議案に賛成すれば決議できるため、個人投資家の総会参加はモニタリングの役割が重要。
その参加者に会社は「共感」の心のお土産をしっかり届けてもらいたいものですね。


さて、次の講演は

◎4月6日大阪 朝生命ホール 日本証券新聞リサーチ 新しいレジュメをご用意しました。
◎4月8日名古屋 岡地株式会社 為替と金価格、株式市場の見通しです。
f0073848_14093241.png

◎4月12日 東証会館 東京 
日本証券新聞リサーチ 
詳細とお申し込み先



◎4月19日東京八重洲ベルサール 12日の東京講演と中身は変えます。マジカルポケット主催
FAX03-5226-5434
4月19日八重洲・木村佳子の講演希望と書いて返信先を明記してお送りくださいね。


◎4月25日 名古屋 日本証券新聞リサーチ 8日の内容と変えます。




f0073848_14471560.png
昼間の飛行機では富士山が見えてくるのが楽しみです!






















# by yoshi-aki2006 | 2017-04-01 14:17 | マネー | Comments(3)  

観たい映画「わたしはダニエル・ブレイブ」ケン・ローチ監督 カンヌ映画祭最優秀監督賞受賞作品

銀座、築地、大阪と移動していますが、どこに行っても外国人観光客だらけ・・・。うれしいような哀しいような、ドメステック・アイデンテティの危機。

観光立国ってそんなにうれしいことだっけ。

日本人が海外旅行にでまくりまくった円高時代のバブル期のころ、現地の人が、いやーな顔をしていた意味が、いま、リアルに日本人にも理解できるはず。

欧米のたどった道を今、日本が追体験。

するとこの映画「わたしはダニエル・ブレイブ」のような事態もいずれ日本の現実になるのだろうと思います。いや、もう、そうなっているのかも。

政治が金持ちをより金持ちにする方向で施策されていると感じている監督・ケン・ローチは「そんななかで金持ちでない人々は人間の尊厳を守ろうと苦しむ。その姿に光を当てたい」(意訳)

いずれ日本もフリー・フードを提供する施設に人が並び、普通の生活をしている人々がホームレスになる可能性を感じてしまう映画の舞台はイギリスのリアル。
イギリスは金融ビックバン、消費税など、政治経済、いろんな面で日本の先行事例国の一つ。

どんな映画なのか?

映画を紹介するNews weekの記事がわかりやすいです。
記事にリンクします。
動画もあります。


10年後の日本の姿を示唆しているといえるかもしれない。
ダニエル・ブレイブになる世代は今の50歳代の人々。

その時から今を振り返ると、
「ああ、あの時の日本は景気が良かった・・・・。慢心していた・・・」などと思うのかもしれないなあ。
f0073848_23460702.jpg
画像はニューズウイークより
(映画情報も)

映画情報
I, DANIEL BLAKE
『わたしは、ダニエル・ブレイク』

監督/ケン・ローチ
主演/デーブ・ジョーンズ
   ヘイリー・スクワイアーズ
日本公開は3月18日

映画の公式サイト

劇場情報




# by yoshi-aki2006 | 2017-03-17 23:52 | アンテナ | Comments(0)  

テレビ、ネットで今、見たいテーマ、知りたい事柄

仕事がら、テレビは基本的につけっぱなしにし、ニュース、時事をできる限りながらウオッチするようにしています。
今、テレビで見たいテーマは

①森友学園問題で政治家の関与があったのかどうか?=内閣支持率低迷は株式市場に響くので。

②稲田朋美氏の防衛大臣の適性問題=やはり、内閣支持率の低迷になりえる事柄なので。
 それにしても稲田防衛大臣の不思議・・・・。

 あんなに指差しモンで民進党の質疑に自信満々に答弁したそのすぐ後で、ここまで、ボロが出てしまうのは茶番もいいところで、なぜ、あそこまで「無関係ですよ!」と「言い切り答弁」しなければならなかったのか?  もっとうまい言い方があったろうになぜなんだろうと不思議です。稲田朋美さんって弁護士の資格もお持ちの超インテリなのに?

 また、どんだけお金がかかっているんだろうといういで立ちも目立ちます。以前のあまりにものファッションと比較すると洗練されたとは感じるものの、
フランク・ミューラーと思しき時計が国会という国政審議の場で場違いにキラキラ輝き、ブランドジュエリーもとっかえひっかえで、セットしたて、ヘアダイしたばかりのクルクル・つやつやのヘアで、服も次から次へとおろしたてですよね。 そこまでテレビ映えを気にするエネルギーは無駄燃えでは?

そんなことより、誠実な答弁で国民の支持を取り付けることに力を注げばいいのになあ。最初は「標的になってかわいそう」と同情しましたが、今は、「対応に問題あったなあ」と思います。

国会で椅子に座っておられる姿が一部分なども含めて、画面にちらちら移るのですが、落ち着きなく手を動かせておられる様子などから、激しい心の揺れを感じます。大丈夫なんだろうか? 国会中継も含めて目下の重点視聴対象です。

③安倍首相の答弁、国内外での動向 

 安倍首相が今一つ、この局面を真摯、重大に感じておられないご様子も気になり視聴対象です。もっと危機感を持つべきだろうに。

私は今回の問題は、下手すると安倍さんの足元をすくうと思っています。
そうすると今までアベノミクスで保たれてきた経済が揺らいできます。
安倍さんの任期延長が危うくなるとこの先のシナリオが一気に崩れます。
そうなるとポスト安倍がいない中で日本経済に大いに影響が出てくるし、株式市場にも響くので、安倍さんのノー天気ぶりは大いに気になり、視聴対象です。やっぱ、慢心なのかなあ、と。

 それと、トランプ大統領と会食の際、トランプ夫妻は「酒は身を亡ぼす」とアルコールを飲まないのに昭恵夫人だけがワインを豪快に飲まれて、トランプ夫妻が冷ややかな目線でそれを見ていたという報道をネット・メディアで見ました。こういうことも国民として知っておくべきだろうと思います。

④小池百合子さんの公約実行力や都政運営に対する真摯な評価

小池劇場に乗せられずに報道している番組にはチャンネルを合わせます。視聴するのは都民、国民目線の報道です。BSだったと思いますが、「今、小池さんの都民ファーストの会が選挙で大勝ちすると小池イエスマン都政になるリスクがありますよね」とコメンテータの皆さんがおっしゃっていて、その視点はもっと周知されるべきだと思いました。
司会は新聞社社員、出演者は現役知事、中田元横浜市長、学者、都の元市場長でした。ここでの議論は聞くに値しました。

メディアではロイターがまっとうな報道をしていました。
小池都政に対する都議の質問
こういう問題は 都民の負担も含めて掘り下げてしっかり目に報道してもらいたいですね。



⑤考えさせられる事件事故

 保育サポーターに子供を預けて、病院に行き治療を受けたお母さんが、保育サポーターの家に子供を引き取りに行ったら、さっきまで元気だった子供が心肺停止になっており、結局その子供さんは亡くなったそうです。ところが保育サポーターからは謝罪もなく、裁判になり、和解金と謝罪でようやく決着した、という報道をネットニュースで知りましたが、どうしてこういうバカなことになるのか、掘り下げてもらいたいと思います。保育サポーター制度の充実はメディアの力で行政を動かせるのではないでしょうか。

最近の痛ましい事件事故では、能登で何故、見ず知らずの男子学生に女子学生が殺傷されなければならないのか、大磯金属パイプ事件のような理不尽極まりない事件なども視聴者としては憤りとともに関心を持たずにはいられません。
ほか、観光客の非常識さについて。
実際に怒っている日本人は日々、見かけるし、実際、目にする機会は多いので、マナー向上、啓蒙のためにも必要だと思います。

⑥悪い奴らは許さない、というテーマの番組。ネットと対抗するにはメディアが「文春砲化する生き残り方」があると思います。

⑦生き別れ、の親族捜索もの。以前、ドイツで生き別れた母を日本に探してやってきた女性のドキュメントを見て、国際結婚の現実を考えさせられました。こうした取材物は見るに値する価値のあるものです。結末は涙なくては見られないものでした。女性の母親は行き倒れてなくなっていました。こうした事実を知れるのは貴重です。きちんとつくられた取材物は視聴されるし、印象に残ります。


⑦海外情勢、国際的な選挙に関する状況
オランダ、フランス、ドイツの国民目線の報道。
あおりたてるようなものではなく、国民の判断、アンケートなどのデータベースの報道が見たいわけです。

トランプ氏やトランプ政権の施策

中国の政治経済、軍事、民衆動向、対日感情、対日政策


逆に興味が薄いテーマは

●マレーシアでの暗殺事件・・・ここでいくら北朝鮮の関与があるないと聞かされたところで、それ以上、掘りようがなく議論対象としてはあまり関心を持てません。Vxがどう合成されたか、という点は危機管理として知る必要はありますが、長々見たいテーマではないです。

●当て逃げした芸人の涙の会見・・・テレビで長々報道することかなとすぐチャンネルを切り替えます。

●おバカタレントの新婚生活がどうしたこうした・・・だからどうなんよ、とすぐチャンネル切り替えです。

●災害の「過去」を情緒的に取り上げた番組
 見るべきものは、災害にあったからかわいそう、ではなく、その災害からどう立ち直り、「明日」をどう生きていくかの話です。

というわけで、視聴者として日々、見るべきものを探しています。「この大事な時に、何をノー天気な」と思う番組は即、チャンネルを変えます。ぜひ、今、見るべきものを放送してほしいものです。

さてお仕事。
f0073848_22414057.png
f0073848_22422856.jpg
疲れても、身の回りにはお菓子がいっぱい!

女子から頂いたお菓子!
f0073848_22193841.jpg
f0073848_22202878.jpg

f0073848_22433847.jpg
我が家の哲学者、にゃんこにもホワイトデーのお差し入れ。

f0073848_22443938.jpg
いざ、大阪へ!

f0073848_11331488.png












 






# by yoshi-aki2006 | 2017-03-15 22:47 | 時事 | Comments(0)  

苦境・東芝に食指を伸ばす中国の影~高高度ミサイル防衛システム配備がトリガー

アメブロの「木村佳子のブログ」に「小池百合子さんが総理になる日」を投稿しました。
http://ameblo.jp/yoshiko115km/entry-12255157514.html

彼女なら、総理になるかもな?
今年、もしくは来年、なるんじゃないか?

風が吹いている! そう思うようになりました。

関連して、私は小池百合子さんがアリババの馬代表と面談した理由に関心をもっています。
アリババの馬さんといえば、習近平さんと非常に近い。

その中国は今、日韓米で推進する高高度ミサイル防衛システムの配備の全力回避に動いています。
配備を決定した朴槿恵大統領は弾劾されて失脚。
次期大統領有力候補は高高度ミサイル防衛システムに慎重姿勢といわれますから彼が就任すれば中国は我が意を得たりでしょう。

日本では突然、降ってわいたように安倍昭恵さんが森友学園問題で名前が出で、国会が紛糾。
安倍総理が困窮する事態となりました。

不思議だなあ、と一連の事件の成り行きを見ていましたが、籠池理事長の発言を記者会見などで聞く限り、マスコミがエキセントリックだと大非難するほど、彼がハチャメチャな発言をしているわけではありません。確かに園児に軍歌をうたわせたり、行き過ぎだと感じる教育に違和感はありますが、籠池氏の肉声を聞くと「園児の皆さんに申し訳ない。どこかで幕引きをしなければならない。責任をとって辞任します」という発言には「いうべきことは言っている」と思いました。
 もちろん、マスコミ報道で言われているような勝手に人の肖像を使ったり、有名校と提携しているかのような虚偽はあってはならないことです。
が、有名人の肖像を勝手に使うような困った人、法令遵守をしない人はいるものです。

問題の本質はそこではなく、なぜ、安倍昭恵さんがかかわってしまったのか、なぜ、国有地をあのような形で入手できたのかのほうが解明されるべきことでした。このままでは籠池ファミリーがめちゃくちゃな人たちだから、財務省も安倍昭恵さんも落ち度がなく、被害者なんだという美談風のオチになってしまいます。

まあ、それはどっちもどっち、相手あっての事案であり、大の大人がやすやすと相手に担がれ、ここまでのことにはならないわけで安倍昭恵さんも広告塔にされかねない相手にかかわりを持っていたことは国民として「総理夫人としてのリスク管理をしっかりしてもらいたいなあ」と思うし、財務省理財局も形式通り手順を踏んでことを進めたことであっても、朝日新聞が調べ始めたきっかけが「相手が非公開にしてほしいと言っているので、情報公開できない」と回答したことから火種となったわけで、忖度したといわれても仕方がないでしょう。

それはそれとして。

そうした「筋論」はここでは掘らないことにして、誰がこの騒動を「しめしめ」と思っているかがポイントです。

この騒動が起こった原因として、高高度ミサイル防衛システム導入がトリガーとなった、と言えないでしょうか。
(詳しくはアメブロ「木村佳子のブログ」をご覧ください)。朴大統領弾劾と非常にタイミングが合っています。


さらに、この騒動に関連して、もう一つ、私が関心を持っているのが東芝の苦境です。
東芝といえば、かつて、関連会社で輸出してはいけない軍事転用可能な製品を輸出し、問題になった過去があります。
東芝機械事件です。

その東芝が大苦境に陥っているのはご存知の通り。
その東芝に接近しているのが中国です。スマホ版では見られないかと思いますが
参考記事にリンクを貼っておきます。
東芝に中国接近、トランプ政権が懸念
東芝と中国に関する記事
中国企業が東芝に食指
関連記事

中国は大苦境に陥ったギリシャの港も民間企業を通じて購入したし、オーストラリアやカナダにも着々と進出しています。

今の東芝の苦境に手を差し伸べようとしている理由はもちろん、東芝の技術力でしょう。

東芝に日本政府が介入するなり、財界が加入するなりすれば「民間企業を助けるのか」と大ブーイングが起こるでしょう。しかも3月、期末です。銀行団の判断もわかれるところですからタイミング的にも絶妙です。

しかし、東芝を放置するリスクはないのか?

トランプ政権は東芝の苦境に接近する中国の陰に警鐘を鳴らしていて、それはアメリカからすると至極まっとうな反応だと思います。

オバマ政権とトランプ政権ではまったくアプローチが違うわけで、そこに東芝問題も絡んでくる。
さあ、どうする?


ちなみに私の仕事は生活者の資産形成の一環で、配当や優待を出し続ける信頼のおける企業への株式投資を紹介したり、団塊世代の人たちが退職後に株式投資で大失敗しないように、ストラテジーを考えて提供することです。

株式評論家、あるいは経済評論家という分類になるかと思いますが、
資産運用アドバイザーとか経済アナリストという肩書で紹介していただくことがあります。

仕事の根本は生活者が資産運用で大失敗しないでほしい、という一点です。
そのための経済解説を仕事の延長線上でしているわけで政治的なポジションはありません。

早稲田大学大学院には中国の優秀な学生がたくさんいたし、お互い助け合って学生生活を送りましたし、
都政についてもノーサイド。
小池都政と石原都政、どっちがいいのかはわかりません。

ただし、都民として、舛添氏の子供の絵本、散髪代まで公的費用で賄っていたらしい姿勢にはもちろんNOです。
なら、小池都政を歓迎しているかというと、築地問題を政争の具にしないでもらいたいと感じています。
土壌汚染だ、食の安全だといわれれば、確かに気になりますが、豊洲も築地もその結果、風評被害にさらされている点はどうなんだろうか。

都民も傍聴もできる議会でそれなりに時間をかけて決まった事柄であり、すでに建設も終わっている状態で、都民は一連の費用を税金という形で負担したステークホルダーです。
もし、阻止するなら、都知事になってからでなくても、以前から大臣も経験した政治家だったんだから、もっと前から政治家として反対表明し、疑義申し立てするなり、都民に講演して反対運動をする方法もあったと思います。
オリンピック問題でも、大騒ぎしたわりに、結果は、「あの騒ぎは何だったのか?」との印象はぬぐえない。費用負担のツケを払わされている都民の目線は騒げば騒ぐほど、得しているのは小池さんではないか? メディア露出度が増し、都議選に自分の意にかなった議席数が伸びる仕組みを作っているのではないか? という点に注がれる。

現在、移転ストップでの膨大な補償費用、空室状態でも現地の運転コストがかかっている点は「それってどうなの? もったいなさすぎる」「知事としてほかにすべきことがあるのではないか。他県の知事は静かに黙々と仕事しているじゃないか」という意見もあるでしょう。

もっとも、どんな都政をしても、誰が都知事になっても100点満点はありません。

さて、東芝。社会人になって通った2つの大学院には東芝の人、元東芝の人がいましたが、社内政治に気を使い、一人は嫌気がさして転職、もう一人は会議のたびに社内政治にへとへとになっていて、人間性も変わらざるを得ないと吐露していました。

社内政治に疲弊し、今日を招いたと受け止められかねない東芝の現況。その東芝の技術力が狙われています。
オバマ大統領が「対話」を重視したがゆえに、中国が台頭し、それに待ったをかけるトランプ政権の誕生で生まれる新たな潮流に、日本の政治経済も企業も嫌がおうにもさらされています。

東芝はどうなればいいのか? 
投資家として東芝を客観的に判断すべき時ですね。
シャープが台湾資本の下で再生を図るように、かつては日産自動車が、そして近年では三菱自動車がヨーロッパ資本の下で再生するように、東芝が中国資本の下で再生するのか、
別の再生の道を探るのか。

国民として、生活者として、企業、日本の政治経済、国際情勢がどうあるべきなのか、都政も含めて、仕事の面から、生活者としてしっかり考え、観察が必要ですね。


今後の講演予定です
※東京では4月12日東証会館15:00頃(主催・日本証券新聞リサーチ)
と25日は18:00頃八重洲ベルサール(主催・マジカルポケット)です。


【東芝の関連記事】
東芝のアメリカ法人に関する記事
東芝がエレベーター会社になる日



# by yoshi-aki2006 | 2017-03-11 09:59 | マネー | Comments(0)  

安倍昭恵さんが理解できない!

私の感覚が古いのか?あるいは安倍昭恵さんが異次元空間の住人なのか?

昭恵さんの日々、ビックリな行動に新しいタイプの女性なんだかなあ、と衝撃とともに思います。

たまたま、夫になった人が総理大臣になってしまっただけ。
連れが総理大臣になりまして・・・・ということでしょうか。

どうも安倍昭恵さんの行動の軸にはそういう自分ファースト、なお考えが据えられているような気がします。

だから、飲食店もなさって、
布袋さんと親密すぎるショットを雑誌に掲載されても「ケセラセラ」、とされているのでしょう。

一時期は医療大麻にも触れられており、あまりのスタンスに、「大丈夫なのか!」と思いました。

森友学園の名誉理事長になられていたのも、ご自身のお考えに近い教育者だと共感されてのご就任だったようですね。

たまたま共感した相手が問題の多い人だった、ということでしょうか。

が、何か、違和感が解消できない。
私の感覚が古いのか?と自問します。

もしも、私に息子がいて、その息子が総理大臣となって日々、大変な重圧の中で政治経済をハンドリングしているさなか、昭恵さんのような嫁がいたとしたら?

きっと、こう言ってしまうと思います。

「あなた、ご自由になさるのはいいけれど、マスメディアに出るのは息子が公職を退いてからにしてください。あなたはタレントでも芸能人でもないのですよ。息子が総理大臣であることであなたを担ぎ出す効果を確信犯的に狙って、キャスティングされているのですよ。そうしたことに思い至らず、タレントのようにあちこちのイベントに出てしまうのはいかがなものかと思います。そうした自覚がないから、森友学園ともかかわりを持ち、広告等のような存在になってしまって、結果的には広告塔として園児を募集したり、寄付金を募るときの動機形成に寄与した形になってしまった。その上、あなたの存在に象徴される国家的サポートがなされている事業であるかのような錯誤を生み出させてしまい、土地価格を安くしたり、便宜を図られたのではないかと国民が疑う結果になっているのですよ。それでも活動するというなら、安倍という名前や総理夫人という肩書、公的な費用は一切使わないでタレント活動なさい」

私が姑ならそう言って強く自覚を促すと思います。

もちろん、そんなことをいう人も今までたくさんいたのだろうな。でも、ご自身の思う生き方を貫いているんですね。私にはとてもそんなことできないです。自分にはできないことをされているという点では「すごい」と思います。

今までも安倍昭恵さんは様々な「自覚不足」を指摘されてきました。例えば、伊勢志摩サミットに同行し、ほぼリアルタイムに安倍晋三氏と過ごした時間をSNSに投稿されて、セキュリティ上どうなのか、という物議をかもしたこと。

SP同行もなされている中で、飲み屋に出向き、布袋さんを呼び出し、前述の顛末が報道されたこと。

などなど。

普通の感覚なら、そうしたことから「どうなんでしょう、あなた様の行動は?」との声が耳に入ったら、「あら、ちょっと逸脱しちゃったわね」と反省して、行動を慎むでしょうに、次々と・・・。

夫が今回の森友学園問題であれほど国会で質疑されているのに・・・。しかも、国民が「総理夫人としていかがなものか」と感じているのに、
「よく報道してくださいね」と言われてもなあ。

安倍昭恵さんが日本を代表するお菓子会社の経営者の娘さんとして、特別に育てられたということも基盤にはあるのでしょうか。失敗したって帰れるゆるぎない居場所、バックボーンがあるのが強みになっているのでしょうか。
そこが油断の源泉だと思うのですが。

非常に立派な公的活動をされている紀子さまのような賢い控えめさ、「公的」感覚が昭恵さんには感じられない・・・。

自由人、何物にもとらわれない生き方推進、そういう生き方を示す存在として異色の方なのですね。

総理夫人としての自覚が薄すぎる、だから森友学園問題にヒットしたという点
は国民利害と接点があるから、今後も意識されるとして、自由人としてタレント的に活動されている点については、ご本人の意向として尊重されるのでしょうか。

これだけマスメディアに取り上げられ、国会で紛糾しているさなか、あのふんわりした笑顔で「よく報道してください」と言われる。

異次元過ぎてひたすら、唖然・・・・です。
そこが魅力なのか? 雅子さまにも通じるGOING 自分道。
いやー、まぶしすぎます。
安倍昭恵さんの記事一覧
昭恵さんのリスク管理にかける姿にトランプ夫妻は

f0073848_11405521.png
画像は外務省に掲載されていたものです。
安倍首相は女性の時代のフオロアーを自負されていたようです。


f0073848_11411788.jpg
日本一高い山、冨士山。
高い役職についている人は目立つもの。
f0073848_11325233.png


f0073848_11331488.png
アベノミクスで随分、株価も上がったので安倍政権に問題が起こってぐらつくのはリスクですよね。
f0073848_11595589.png



講演でしっかりリスク管理の大切さをお伝えしていきたいです!






# by yoshi-aki2006 | 2017-03-09 11:53 | アンテナ | Comments(2)  

グリコ・森永事件は株価操作が目的だった? 話題の本「罪の声」

f0073848_23490225.png
画像出典はここから

塩田武士さんの「罪の声」を一気に読了しました。
グリコ・森永事件は昭和の重大未解決事件としてあの時代を生きた人には忘れられない歴史の一つです。

私は当時、駆け出しの学生ライターで報知新聞や東京スポーツ、日刊スポーツに原稿を届けに行っては下手な文章を叱られて腐っていました。当時、すでに株式投資をしていて体験談を書くこともぼつぼつしていたころだったと思います。
世の中にFAXやワープロが出回るかどうかの当時、マスコミ全盛期に至る過程であり、その起爆剤となるような大きな事件が立て続けに起こっていました。
グリコ・森永事件、ロス疑惑、日航機墜落、ホテルニュージャパン火災事故などなど。

グリコ・森永事件の時、森永の社員の人が「わが社の製品をぜひ、お買い求めください」と赤坂だったかで、直売りしていて
気の毒に思って、1500円ほど購入したことを覚えています。

事件が起こって、該当食品会社のお菓子は売り場から除去され、森永製菓は窮地に陥っていたのです。

さて、小説の体裁になっていますが、筆者は元新聞記者。調べ上げたデータの中には限りなく真実に近いと思われる記述もたくさんあり、非常に面白かったです。

すでに詳細を伝えるWiki=ウイキペディアなどがありますから、ご存知の方も多いと思いますが、
犯人像は小説の中に登場している人々と近いのだろうな、と思います。

上場企業を狙っていた事、しかも一部のある程度の規模の企業に絞られていること、裏取引があったかなかったかは不明ながら、金品を要求しておきながら、一度もそれを受け取りに現れなかったことなどから、株式での売買益狙いだった可能性は十分説得性があります。

が、当時は個人投資家には売買株数の無税制限があり、それを逸脱して売買すると目立ったはずです。

その詳細は小説をお読みいただくとして、作者である塩田氏が指摘するように、事件を起こした側に比較して、巻き添えになった子供や捜査当局の中には責任を感じて退職日に焼身自殺した県警本部長もいたりして、なるほど、人間には2通りある、と思い知らされます。

自分の欲のためには人の犠牲などはなんとも思わない人と
そうした悪人のしでかしたこととどんな形であれ、苦しみながら向き合う人たちと。

因数分解し、何が罪なのかを明らかにしようとする取材者の姿勢にも久しぶりに、読んでよかった言葉を見つけた思いになり、充実した読書ができました。

ふと、テレビで国会を見ると、民進党・蓮舫氏が安倍総理に森友学園の国有地払下げ問題について質問していました。
「総理、なぜ、国民がこの事件にこんなに関心があるかわかりますか? 安倍晋三学校と名前を付けようとしたり、安倍首相頑張れなどと園児たちに言わせ、安倍昭恵夫人が名誉校長を務めたりしていた森友学園に国有地が考えられない値段で格別安く払い下げられたことに関して政治家の関与があったのかどうか、つまり政治家の力で税金が不適切な使われ方をしたのかどうかを知りたいからなんですよ」(おおよその意訳)と追及していました。

それに対して安倍首相は「先ほどの答弁を聞いていなかったのですか?」とお豆腐を無理やり箸で立てたような答弁をされていました。今日は北朝鮮からミサイル発射で結果的にはその対応が優先され、安倍さんは救われた恰好になりました。

塩田武士さんの本のあとがきに「大事件がたくさん起こり、対外的にはそのさなかプラザ合意が結ばれ、金余りが起こり、バブルに突っ込んでいく」(だいたいの意訳)とありました。フォークランド紛争、豊田商事事件等も1980年代に起こった事件です。

今、デジャブ感にさいなまれるのは私だけでしょうか。

テラーソン国務長官が近々、日韓を訪問するようですが、北とこれまでにない緊張展開となるのでしょうか。いずれにしても、波高し。一人一人が、何が大切な事実なのかをどうぞ見失いませんように・・・。





# by yoshi-aki2006 | 2017-03-07 08:47 | アンテナ | Comments(0)  

ネットで買い物のメリット、デメリット

各地でデパートが閉店に追い込まれている報道が相次ぎます。
昭和の人にとってデパートで買い物はちょっとした晴れの時間。
うちの母なんか、デパートが大好きでしたねー。

ともかくなんでもデパートでした。お洋服選び、お中元お歳暮、特別食堂での飲食、展覧会、催し物。
今でもお友達と待ち合わせる場所はデパート。

デパートの中の名店(ショップインショップみたいなものですね)も大好き。

が、次第に彼女たち世代は高齢化。ゆえに足が弱り、ぶらぶら歩きも厳しくなりました。
今でもデパートの包み紙に特別な思いを持つ彼女たち世代ですが、
もはや時代はネットショッピングが主流。昭和の人の足腰問題発生から世代交代したらネットがいいわ、というわけです。

ネットショッピングは簡単に比較できたり、選ぶのに人が介在しない点が特徴ですね。
一円でも安く、お得に買いたい買い手
そのために費やす時間は惜しまないけれど、人が介在して意味のない会話をあたり障りなくかわす労力は惜しみたいのが本音かと思います。

実際、デパートに限らず、売り場で販売員さんと話していて「伝わらない言葉の壁」は日常茶飯です。

こちらもベストな言い方ができないですし、
相手も語彙が違っていて会話が成立しないことが多いように思います。

勝負服といいうか仕事服を探しに行くデパートで
「そんなカジュアルな服は現場で着ない」と言っても
遊び着を持ってこられることなどは本当に多いです。

デパートに納品しているメーカーも感覚が古いです。「奥様」「お嬢様」「OL様」「ご結婚式」「PTA」「パーティ」などというカテゴリーが古いのだと思います。

シーンを理解していない服作りというか、ちゃんとした服を着て仕事している女性と仕事する機会がないのだろうな。

私の属している「金融」系の服がレアな存在なんだろうけれども。女の服は、少なくとも私の場合は、服にお金をかけるのは勝負服だからです。勝負服というのはビジネスの現場で対人で快適な服であり、見栄えする服であり、特別感が前面に出ていない、しかし、それなりに「いい服」のことてす。服業界におけるそういうたぐいの服は「オミズ」に属性分類されてしまうんですね。実際、オミズ街にはチーママが着るようなスーツは売られており、デパートでそのたぐいの服を探すよりも当たりは多いです。が、しょっちゅう飲み屋街に行ける時間はなく、

いきおい、ネットで探したほうが圧倒的に効率がいいってことになるわけですね。

が、宝飾品や時計などはネットで買って失敗するとダメージが大きいので気を付けたほうがいいですね。
例えば、
f0073848_23595149.png
(撮影:yoshiko kimura)
この時計。それなりの大きさに見えるではありませんか。
が、実際はとても華奢。

小柄な人がすれば似合いそうですが、私はもっと大ぶりの時計が欲しいんだなあ。
カルティエの時計はお値段が車一台分くらい、平気でするので、
こうした高額商品を買う時は
実際は何センチくらいのものなのか、
慎重に判断したほうがいいですね。それが写真だけではわかりずらい。この点がネットショッピングのデメリットだと思います。
センチは書いてあっても、大きさがわかるサイトはほんとに少ないですねえ。

服も通販で買うものは色やサイズにジャスト感がない場合もあります。

便利ですが、デメリットもある点で人工知能や様々な進化が待たれるところです。





# by yoshi-aki2006 | 2017-03-06 00:06 | ライフスタイル | Comments(0)  

ハンバーグ・ソースの決め手はドウミグラス・ソース

お料理にちょっとコクのあるものをプラスできれば満足度が高まります。
今日は久しぶりにハンバーグを作りました。
ソースにはドウミグラス・ハッシュドビーフの固形ルウをお湯で溶かし、水分が少なくなったところに赤白ワインを入れて煮立たせ、ハンバーグの上に乗っけてみました。
f0073848_12190408.jpg
結構、いけるお味に!




付け合わせはホウレンソウのゴマあえ、鳥そぼろ味の煮物。
f0073848_12185447.jpg
お皿手前は沖縄の焼き物。きれいなお皿はお料理の彩になりますね。




# by yoshi-aki2006 | 2017-03-04 12:24 | 医食同源 | Comments(0)