10月22日は衆議院選挙 誰に投票しようか? 比例代表はどの党か? を考えながら討論を聞く

10月22日の衆議院選挙に向けて党首討論が始まりました。
私は自分も株式講演会で登壇する立場なので、各党のスピーカーのご様子を仕事のヒントとして参考にさせていただいています。
さて、党首討論でもっとも声がよく通っているのは公明党・山口那津男さんです。

滑舌、声、姿勢の良さが目立ってますね。

今回、初めてご経歴を拝見したのですが、東大法学部出身で弁護士さんなんですね。
そこに滑舌と声の良さが加味されて、党首討論でもっとも話が聞き取りやすいと感じます。

それにしても、各党代表は連日の激務でお疲れかと思います。
でも、緩むことはできない。
言葉の力が一気に風を変えてしまうため、疲れているからと言って気が抜けない点で、
トップとはものすごい状況を潜り抜けていかなければならないものだなあ、とつくずく思います。

精神が強靭でなければならないし、
油断しない、
失言しない、
人間力を失わない、
冷静で、
かつ、
人を引き付けていく魅力があり、求心力を保ち続ける・・・・・。

なかなか大変なものですね。

党首討論のもう一つの楽しみは
そんな緊張の中、
党首ひとりひとりの人間臭さが垣間見える瞬間を見たような気がするときです110.png

何度も何度も裏切られ、煮え湯を飲まされたから、と私は勝手に想像しているのですが
安倍晋三さんが小池百合子さんを見るときの表情は「失望」「絶望」「嫌悪」「絶句」「あまりの人間性に慄然とする」といった感じ。

その感情を勝手に翻訳してみると、
「いやあ、この人は本当に恐ろしい人だ。私の女性観からは考えられない人であった。かつて総理首班指名の時、安倍さん、仲良くやっていきましょう。私はあなたを応援します、と言っていてくれたのに、地方票では石破茂さんが支持されていると知った途端、さっきまで後ろにいた小池さんは石破さんに走った。今回も安保法制で展望が同じかと思ったら、民進党と連携している。もう、何があっても気を許してはダメだ・・・・。この人を少しでも信用すると足元をすくわれる」

その小池百合子さんが安倍さんを見るときの表情はこれも一視聴者としての勝手な憶測、印象ですが「怒り」「見下し」「闘志」「侮蔑」といったところでしょうか。
「あんたなんかに私は負けないわよ」という闘志むき出しで、
「よくも石破さんになびいたことを根に持ち、私に10年も冷や飯を食わしたわね。見てらっしゃいよ。どんな手を使っても倒してやるから」みたいな怖い顔をされています。安倍さんが話始めようとするときや話している時に、ぐーーーっと安倍さんをにらんでいます。

それにしても小池さんの自己宣伝力はすごいものがありますね。若狭さんと細野さんにやらせておいて、そういうのをバッと飛び越えて「私が希望の党の党首です」と前面に出て、そして連日、マスメディアに出続ける。

「次期首相は私よ、とアピールすること」においてタダで広告しているも同然で、この「誰が何といっても、どう思われても連日、私に注目を集め続ける、前に出る」という作戦を臆面もなくとれる点で、すざまじい人だと思います。
ここまでやれる恐ろしさ。
すごいですね。

音喜多さんも若狭さんも細野さん、そして前原さんもみんな同じように踏み台に。
そういうことの繰り返しで前面に出る力。
石破さんは演説で「小池さんは恐ろしいというレベルを超えている」と評されたとか。なるほど、と思います。

立憲民主党の枝野さんはお声はいいのですが、姿勢が悪いですね。いろんなことがあってバタバタで多分、相当、お疲れなんだと思います。でも、党首になられて、活き活きとされている瞬間も見えるので、前原さんと袂を分かってよかったと思います。筋を通した点で、評価されるのではないでしょうか。

維新の松井さんは「いまはこのおばちゃんと行くんですわ」とひょうひょうと割り切っている。
私にはあのニコニコ顔といい、よくわけがわからない人という印象が強く、愛想はいいけど、意外と冷淡な人ではないのかなあと思います。つかみどころがないように感じますが、本性を人に見せないタイプの人なのかもしれません。

こころの中野さんは「大丈夫かな」と発言のボールの転がり方にハラハラするのですが、結構、ツボにはまったことをズバッとおっしゃることもあるので、侮れませんね。

共産党の志位さんも声のいいかたですが、やはり、お疲れ気味と感じます。今と比較しての話ですが、全盛期の志位さんはもう少し、切込み力があったのになあ、と。誰しも年を取りますから、志位さんだけの課題ではないですが、共産党の若手育成はできているのでしょうか。二人三脚が必要な段階に差し掛かっているのではないかと思います。

社民党の吉田さんは社民党という党の性格を反映してか、印象がフラット。水平線化しています。実際に会ったら、お人柄はいい人なんだろうと思いますが、逆説をいえばあまりにも灰汁がなさ過ぎて、党首討論では埋没気味です。社民党がどうして議席が多くないかというと市井でのフラット志向が政界スタンスとシンクロしてしまっている点です。

社会運動、公民活動を推進する母体の厚み作りが必要ではないでしょうか。党首討論の席でも「木綿のハンカチーフ」状態になってしまって影が薄いです。もっとも社民党がギラギラしているのはおかしいんですけどね。109.png

いやはや、いやはや、今回の党首討論で勉強になったことは
小池百合子さんのすざまじい前面に出続ける姿でした。

人に何を言われようと、都知事として公約が果たせていないまま国政に手をかけることを人に何と言われようと、
カエルの面に・・・・、
まったく平気のへー。
すごいわ。

あそこまですざまじくなければならないものなのか、仕事をしていくうえで大いに考えさせられました。
とはいえ、そういう印象は人に伝心するようで
小池百合子さんの人気に陰りと報じる日刊スポーツ(リンク切れの場合はご容赦のほど)

かつての聴衆の数とは比べ物にならない人気の凋落ぶりのようです。それを朝日系の日刊スポーツが報じるところが風向きが変わってきたと感じます。
なんで小池百合子さんの人気がなくなってきたのかなあ。それは選挙民が安倍さんが小池さんを見るときのような気持ちに傾斜してきているからではないでしょうか。
ここまで、前面に出続ける小池さん。「ひょっとしたら総理になりたい病の人なのかなあ」「都知事は踏み台の役職と割り切っているのかなあ」「今、民進から希望に来た人を選別やサラサラという言葉で失言し、大事な仲間と言い換えているけど、音喜多さん、若狭さん、細野さんだって大事な仲間だったはず。その人たちに小池さんがとった態度から、言葉だけの人ではないのかなあ」と疑い始めているからでしょう。

捨て身で都知事の仕事をしている姿が見えてこないままで、国政党首に。
築地の女将さんの会からも失望したとの声が出てきていることからして、言動不一致が疑わしいなあ。
築地 おかみさんの会 小池百合子氏に失望の記事(リンク切れの場合はご容赦ください)
空疎に横文字、中身のない主張、裏付けの伴わない理想論に期待値減少

そんな印象が伝わっているからだと思います。
捨て身で仕事しないと人には伝わらない・・・。

都知事として都政を改革するというロジックで都民ファーストの党首となった時点までは風も吹いた。
しかし、その都政でも職責を果たさないまま、国政に手を突っ込んだことで正体がばれたような印象になってしまった点で
やりすぎた、と思います。

投資でもおんなじことでみんな失敗するんですけどね。
いける! という確信が導く勝負で3度目が怖い。

都知事、都ファでとりあえずのピークだったのかもしれないですね。
株でも3度目の勝負で負けると結構、立て直しに時間がかかるものです。

もっとも小池さん人気がホントに陰っているかどうかはわかりません。
選挙はミズモノ。

その怖さ。
これも株と同じです。




いずれにしろ、人のふり見て我がふり正せ。

滑舌、声、姿勢、中身、実績、人柄。

磨きたいですね。

次の講演は
10月19日名古屋 レオパレス

11月3日大阪 光世証券
f0073848_17014478.png
11月6日東京 東証会館
f0073848_09401762.png
11月6日東京・東証会館でのお申し込み先です


お待ちしていま-す!


# by yoshi-aki2006 | 2017-10-09 05:10 | アンテナ | Comments(0)  

児童虐待を目撃したら110番通報が一番いいそうです

とある場所で、用事を済まそうとした時のこと。
「あんた、何やってんのよ」と女性の叱責する声。それに続いてバシッと人をたたく音。
続けて、
「だから言ってんじゃないのッ」バシッ。バシッ。
「あんたのせいでこうなったじゃない」ゴン。ドスッ。バシッ。

さすがにこれは捨て置けないなと目をあげると6歳くらいの女の子をこずき、殴り、ひっぱたいている母親らしい女性の姿が目の先に。

女の子はひたすら、戸惑いながら、泣きそうになりながら女性の執拗な暴力に耐えながら、何をしても殴られる状況におろおろしていました。

「どうかしたんですか?」と声をかけると、
「いえ、いや、あの・・・・」と取り繕う女性。
30歳になるかならないか、女の子とは顔が違うから、本当のお母さんではないかもしれないな、と思いながら、
「さっきから、何発も殴っているようだけど、どうしたの?」
さらに畳みかけると、
「ほっといてください」といって子供の顔を覆って隠してしまいました。

女の子の顔を見ると右目が浮腫、両ほほが赤く腫れあがっていて、口の周りにも傷ができていました。

「あなた、日常的に子供に暴力ふるっていませんか? 
子供さんの顔、ただ事ではないじゃないですか?」
私もこれは捨て置けない、とスイッチが入りました。

「どこにそういう証拠があるんですか。へんな言いがかり、つけないでください」
としらばくれる女性。

ぱっと上を見ると、防犯カメラがありました。
「あなたがしていたことは全部、防犯カメラに写っていますよ。しらを切りとおしますか?」

子供は私をすがるような眼で見ています。
「あなた、次に殴られたら警察に行くのよ、分かった?」と子供に言うと、子供は目に涙をためてこくんとうなずきました。

「親が気分に任せて子供を殴るのは虐待です」
など、女性に話しますが、コズルい言い逃れに終始し、被害者ずらをして逃げようとします。

「もうしませんと聞くまでは私も引かないよ!」
「子供に謝りなさい!」
「もうしません、と子供の前で誓いなさい!」
「何の罪もない子供に執拗に暴力をふるう現場を目撃した以上、見過ごせない」と
真剣勝負で対峙しました。
女性はしぶしぶ、言われたとおりにし、逃げるように現場から去っていきました。

しかし、あの調子ではまたやるでしょう。
では、どうしたらいいのか?

児童虐待の現場を見たら、どうするのが一番なのか?

その後、その現場の施設店長と所轄警察、虐待通報ダイヤル番号 189と話をして、
相手の住所、氏名を押さえるには110番通報が一番いい、ということを知りました。

警察も「通報してください」と言っていました。
現場の店長とも話をし、防犯カメラの映像は提出できるとの協力体制を確認しました。
次回、同じようなことがあった場合は、警察官を呼んでもらってもいい、との話ももらいました。
というのも、虐待の現場をうやむやにするのは企業としてCSRコード上、好ましくないからです。

ホントに醜い、許しがたい暴行でした。

「あなた、抵抗できない小さい子に何してんの!?」

勇気を出して声を出せてよかったなと思います。
「今、その子にしていること、将来、あなたが弱った時におんなじことを子供から、されるよ!」

子供の代わりに精一杯、その女性に言ってやりました。

「次に暴力ふるわれたら、警察に行くんだよ」
と私が行った時の女の子のうなずいた顔が、
「代わりに言ってくれてありがとう」と伝わってきます。

ホントに理不尽。

土日月と休みだから、学校で不審がられないはずと確信的に叩いていたなと後で思いました。

ああ、何とか助けてやりたい!


【追記】
児童虐待防止法…厚生労働省
児童虐待の定義 第二条
児童虐待の防止 第三条
罰則 第十八条
違反したものは懲役一年以内
もしくは罰金100万円~50万円

企業や商業施設、公的場所等で児童虐待を目撃したり、現場に遭遇した場合、施設側でどう対処するのかの現場のワークフローを作成しておく必要がありますね。
商業施設で、目撃者が110番通報をした場合、従業員、あるいは店舗責任者は現場をどうしきるのか?
施設運営側が110番通報をして被虐待者を救う場合、現場で誰がどう行動するのか、企業として現場従業員に対して、指針を示す必要があると思います。

児童虐待だけでなく
万引き、万引き教唆、強制
高齢者への虐待

などを第三者として目撃する場合があります。
目撃者はどう対処すれば一人の市民、国民、人として社会貢献できるのか?
一人の力では限度があります。

ぜひ、社会としてどう問題解決していくのか、一人一人が考えたいものです。
虐待のない社会の実現を念頭に
国政選挙にも臨みたいものです。













# by yoshi-aki2006 | 2017-10-08 00:44 | アンテナ | Comments(0)  

マスメディアが小池批判を封印する理由

マスメディアは視聴率が命。
マスメディアはスポンサー命。

マスメディアも企業だから営利追及はする。ここまでは理解できますが、こういう記事を読むと、難しいもんだなあと思います。
小池百合子さんが出演者を選別

誰しも生番組でやり込められたくない。
安倍サイドも政権批判には「ご説明」隊が繰り出して、政策を説明にやってきたり、電話で説明がなされたりする、と以前、報道されていたため、政治家がテレビ出演する際、

局側が批判ばんばんで政治家のメンツをつぶさないように、ある程度、配慮しよう、という気持ちになるとしても、

まともな意見まで封印されるのはどうかな、と思います。
小池百合子さんを批判していた政治評論家の口数が少なくなり、あまり批判めいたことを言わなくなったな、と感じた背景にはこうした事情があるんですね。
国際弁護士も、解説委員もみんな批判を丸くされていますが同じような要請があったんでしょうね。
不思議だなあ、と思っていたので事情が呑み込めました。
しかし、
こうしたことは「ソンタク」を批判してきたメディアの自己矛盾なので、是々否々はしっかりしたいものですね。

中立を貫くのはなかなかむつかしいものですが、
「ソンタク」しすぎるとメディア操縦→政治の方向性が意図的に誘導されてしまう
リスクがあり、その方向が間違うと国民生活に影響し、結局、視聴者が困窮することになるし、スポンサー企業もめぐりめぐって消費現場疲弊から業績に響くので、どこか間違った情報濾過装置とならないようなガバナンスを保っていただきたいものです。

ガバナンスを口にしていた人がアンチ・ガバナンス

では洒落にはなりません。

さて、昨日は大きな地震でびっくりしました。
為替市場も一部、北朝鮮緊迫報道を受け、ドル安場面に転じる状況も。

投資家としてしっかり現状認識し、将来に向けて社会的価値を創造していく企業を発掘し、応援していきたいものです。
11月6日は日中ですが、東京茅場町/東証会館大ホールで企業の個人投資家向けIRセミナーと私・木村佳子の株式講演会があります。

f0073848_09401762.png
詳細とお申し込み先です

民主主義にのっとった政治のむつかしさは企業など組織で仕事している人にも通じるものがあると思います。
会議でみんなの共感を得て、企画が採用され、推進し、
結果を出さなければならないわけです。

それが一発だけでなく継続して結果を出していかなければならない。

人が協力してくれないとか、企画がいまいちとか、実行力にかけるとかではNGで
やる気だけでもダメだし、
推進する一方でもダメだし、
本当にむつかしいものです。

実績を上げ続ける企業
挑戦する企業
還元する企業
人を育てる企業

見つけたいですね!

お待ちしています!



# by yoshi-aki2006 | 2017-10-07 09:45 | アンテナ | Comments(0)  

衆議院選挙~10月19日発売号の文春砲が決め手?


メディアで「衆議院選挙の行方について」が連日のように取り上げられていますが、

現在のところ、

寄せ集め感の強い「希望の党」に大事な国政を任せられるのか?

小池百合子氏は都知事に専念すべき

というごくまっとうな意見が過半数を占めているようです。

私もやはり、できたばかりの党、首相候補者がいない党と言われても仕方がない「希望の党」には信頼感はもてません。

なんだかんだ言っても安倍晋三内閣で株価も土地価格もデフレ脱却方向に動けているのだし、
オリンピックも決まって、円安でインバウンドも加速し、それで、有効求人倍率も上昇しているのだし、
少々、一強のゆるみがでてしまったことはあったとしても、
安倍自民党+公明党の従来路線のほうが希望の党よりは絶対にマシだと思います。

が、選挙はミズモノです。
この点で投資家は「どちらが勝っても大丈夫なように」ポートフォリオ強化が必要ですね。


特に仕掛け上手な人が仕掛けてくれば
10月19日発売の週刊文春、週刊新潮あたりで、

「えええええええーーーーーー」

というような話がどちらかに出てくるかもしれません。

今までのスキャンダルは元秘書経由で漏えいしたものが多かったように思います。各党の先生方、大丈夫でしょうか。

ちなみに小池百合子さんはこれまで、そのスキャンダルの追い風を受けてきた人です。
メディアの使い方もたけているといえます。

小泉首相の手法の研究もされたのでしょう。対立軸をつくり、相手を悪と決めつけ、自分が正義側につく。
「私を応援してください」という構図作りがうまいですね。

連日、メディアに取り上げ続けられるようにネタを提供し続ける。
パンダの名前発表から、大阪、名古屋の知事と連携してみせるなど、毎日、話題を提供し、顔を売って印象強化をしています。毎日、メディアが「小池、小池」と話題にするように仕向けている点で宣伝力はすごいですね。

これは影響力の武器を知っている人のやり方です。人はよく名前を聞く人に親近感を抱くということを狙っているのでしょう。

また、こんな例も思い出します。
古くは、彼女が防衛大臣の時。
当時の事務次官が更迭されましたが、追い風になったのはメディアによって事務次官氏の「くれくれ妻」「おねだり妻」のことが明らかになつたことが大きかったし、
先般の稲田朋美さん、安倍昭恵さんの報道の時でも、それがきっかけとなって安倍首相が窮地に追い込まれていくことになり、結果的に小池さんには有利になりました。

都議選直前の週刊新潮スクープの「このハゲー」もインパクトがありましたし。

もし、今の小池さんへの逆風を一転させたいということになれば、
誰が仕掛けるのかはわかりませんが、10月19日を狙って仕掛けてくる可能性もあるのでは、と一読者としては思います。

今の段階では、
「やっぱり安倍さんがいい」という声のほうが強い中、安倍さんは
「ええーーーーーー」というような仕掛けを仕掛けられないよう
最後の最後まで気を抜くことなく、
しっかりと国難回避に尽くしていただきたいですし、
各党各人も国難回避に真剣勝負で挑んでいただきたいものです。

選挙はミズモノ。最後の最後まで予断禁物。投資家はどちらがどうなっても大丈夫なようにポートフォリオを強化しておきましょう!

さて、経済+株式セミナーの募集告知サイトが続々と出来上がってきています。

名古屋は

f0073848_16585822.png
詳細とお申し込み先です




大阪は
f0073848_17014478.png


日本取引所グループお申込みサイト










# by yoshi-aki2006 | 2017-10-01 17:18 | アンテナ | Comments(5)  

自分をブランド化するのが上手な小池百合子さんが語るリセット物語に乗る人・乗らぬ人 

小池百合子さんと安倍晋三さん。

いずれも今後の衆議院選挙で注目度がぐっと増す日本の二大フェイスですが、
小池百合子さんは余裕綽々で上手に演説もこなし、メディアの使い方がとても上手ですね。

しかし、安倍晋三さんは追われる立場という難しい立ち位置だけに余裕がないように見受けられます。
今までの実績にケチをつけられ、
そして、それをリセットし、その先に希望があるよ、と言われているのだから、そりゃあ、安倍さんならずともそわそわしてしまいますね。

一方の小池百合子さん。都知事として何したんだっけ? メディアに出まくり、公務をキャンセルしてまで希望の党に頭を突っ込み、まだ実績らしい実績がないじゃない?
そういわれるのをうまく逆手にとっていますね。突っ込まれるだけの実績がない、イコール弱みがない、突っ込みようがないという強みにしています。そこが彼女の転換のうまいところで、実績がない分、ケチをつけられようがない、という立場にたち、有利に運ぼうとしているわけですね。

勝負師、小池新党などメディアの報道を効果的に自分のブランディングに役立て、民進党が解党するほどに人を引き寄せてしまいました。

私は「弱そうなほうを気の毒に思ってしまう」ため、安倍さんが気がかりです(*^。^*)
選挙の世界ではリセット話は挑戦者が使う常套句。
現状に不満な人はいつの世にもいるため、現状を変えましょうという話は「私に投票して私に替えてください」話なので、
有権者として、どちらが乗れる話なのか、よく考えたほうがいいですね。

民進党と希望の党が合体する事態はしかし、小池さんにとって良かったのか悪かったのか。
政権をとっていろいろなことがあった民進党のイメージがちょっと残念すぎますから、勝負師としてはどうだったのかな。

いろいろと有権者として夢話ではなく「実績」で判断したいですね。


人は実績よりもイメージに誘導されてしまいやすい。
上がる株に飛びつく心理と似て、リセットとか希望とかいわれるとぐらぐらとしてしまいます。
安倍さんは心して、今までの実績に照らして、何も恥じるところがないなら、追われる防戦ではなく、挑戦者として小池新党に挑むべきだと思うなあ。

いずれにしても両者は改憲派といわれます。
めぼしい野党はナシ。
どちらが勝っても改憲含み。
日本はどうなるのか、しっかりと見据えていきたいものですね。
さて、撮影現場でテスト画像を確認し、愕然。

f0073848_09385999.png
f0073848_09392916.jpg
写真で客観的になってみて、実感。なんだか年をとっちゃったなあ。
f0073848_09532296.jpg
事実、実績に目を向けないとだめですよね。
ふわふわ、夢に引っ張られて崖っぷち。そうなりたくないものですよねえ(^_^;)

リアリストになろう、現実を見よう、
とつくずく思いました。

衆議院選挙にも生かしたい視点ですね(^○^)


# by yoshi-aki2006 | 2017-09-28 10:03 | アンテナ | Comments(0)  

高学歴プアと低学歴リッチ、いずれにもなりえる学歴とお金周りのこと

大学院関連の記事にアクセスが多いのできっと大学院に行こうかな、どっしよかな、と考え中の30歳代、40歳代が多いのだろうと思います。
ちなみに、ビジネス系の大学院が想定しているターゲット年齢層は30歳代です。

ビジネスの現場を知ったうえで、
さらに飛躍するためにグローバルなマーケテイングや財務、マネジメントの知識を増強すれば
将来の幹部候補になれますよね、という想定です。

もし、このコースにパチッとマッチングできれば大学院に学んだことは何倍にもビジネスの上で膨らませることができますので「あの時、行っておいてよかったね」ということになります。

が、大学院に行ける時間とお金がある余裕は、実際30歳代ではかなりむつかしいです。
だから会社が学校に行かせてくれることが一番幸せな社会人大学院生の在り方と言えるでしょう。
(会社に働きかけて、そういう制度を作らせ、まず「偵察」と称して、担当上司と一緒に大学院生になることをお勧めします!)

時間がある・・・つまり、現在、閑職、傍流であるというケースもありますし、
お金がある・・・・もうビジネスマンとしては名を成し、功を成した後で高年齢

であるケースも少なくないため、

大学院の想定する30歳代でMBAをとってバリバリ行きましょう! という理想と現実はずれています。
また、海外では転職文化が根ずいているから、会社を辞めて大学院で学んで、また、会社に勤めて、ということもしやすい。
が、日本ではなかなかむつかしいということがあります。

大学院がビジネスマンを想定しているかどうかは授業内容と教授でしっかり見極めることですね。

大学院側もビジネスですから
お金はたっぷりあり、新しい知識を得たいという社長向けのコースを設けている場合があります。
こういうコースは教授との連携も取りやすいため、教授側にもメリットが大きく実学的な意味合いが大きいですね。
(現役社長とビジネスをしたいがためにこのコースを創設する人もいるくらいです)

学術系の大学院にビジネスマンが行くとか
学部から大学院に進んでくる人数が多い大学院の場合、授業内容がビジネスマン向けではないとか、

ミスマッチになってしまうリスクがあります。これを避けるためにしっかり現場見学なりをして、理想と現実をすり合わせたほうがいいです。

私の場合のミスマッチをあげれば
ファイナンス系、経済系の大学院は文系文脈ではない、ということを肌で知ることになった点です。

経済というと文系的なイメージがありますが、実際はマクロ経済学、ミクロ経済学等、ギリシャ文字で経済モデルを数式で示したり、数学のアプローチが多いので、「えっ? なんで微分積分で経済を学ぶわけ?」とそこからですか的オドロキに見舞われ、激しく混乱と後悔するところからスタートしました。微分積分は証券アナリストにも必要な知識で経済はつまるところ数学だ、とアカデミックな世界ではとらえているわけです。(´;ω;`)

大学院入学の際、「数学、数学、数学ですが大丈夫ですか?」と聞かれたのに、その意味がよくわかっていなくて、
まあ、何とかなるか、と思ってしまい、実際、ものすごく苦労しました。

私と同じようにΣ(゚Д゚)状態の不動産ビジネスに携わっていた女性は家庭教師5名に学んでいましたし(どんだけお金がかかったでしょうね?)、外資系の証券会社にお勤めの女性も家庭教師にフォローアップしてもらっていました。
私も塾に通い、東京大学大学院の学生さんに個別指導してもらいました。

数Ⅰしか学んでいない、しかもそれがン十年前という文系頭でよく卒業できたと思いますが、難関数学科目にA評価をもらったので、何とかなるっ、と言えばなるかもしれませんが、

お金と時間はかかりましたよ~(´;ω;`)

それと大学院で観たのは
高学歴プアになりえることでした。

大学院には前職は有名銀行に勤めていたのに、辞めてまで、研究に没頭する人がいたり、
転職し、かえって年収が下がるような人が結構います。
英語も読み書きできる、博士課程で学識も高い、なのに年収が生活保護ギリギリ、そんな人がいるものです。
きっと親が金持ちなんですかね???
私も大学院に2年×2回で4年を費やすうちに、世の中の変化も進み、プア化が進んだような気がしますねえ(´;ω;`)

一方、仕事の現場で地歩を築いているのは大した学歴がなくても働いて頭角を現してきた人です。

どっちが旦那さんであれば幸せなのか、と考えると複雑なものがありますねえ。高学歴プアな人が低学歴リッチな女性と結婚してなんとか暮らしていけたりしている姿は結構あります。

結局、年収と地位を獲得するのは学歴ではなく本人のやる気とビジネスセンスということが言えるかと思います。
しかし、こうしたガッツで伸びてきた低学歴リッチをマネジメントして儲けようとする輩も世の中にいて、
それが会社であればMBAタイトルを持った役職者であったりするわけです。

誰からも舐められず、マネジメントされず、コンプレックスを掻き立てられて利用されることなく、
「どうだ!!!! 私のこのやり方は!!!」
と気迫で生きていくことがもっとも強いビジネスマンの姿だと思います。

ただし、この生き方で注意すべきは
健康管理と異性関係。

むつかしきかな人生は、というわけで、
けしてMBAタイトルをとればなんとかなるってことではないので、MBAに投資するならしっかりと得るものはなんなのだろう、とよく考えてから、学びに投資したいですね。

安い大学院でも卒業までに学費だけで250万円は必要だし、
有名私学の大学院なら400万円はつっこむのだから

投資した挙句、高学歴プアになっているようじゃ、世話はないというわけです(⌒∇⌒)
f0073848_10191561.png
もう2年たつわけですが、苦労しても卒業できたのはよかったです(*''▽'')
(学んだことを社会に還元すべく、これから大学院に行こうとしている人に折に触れ、いろいろ情報を提供していきますね)

さて、さて、
投資ストラテジーは
アメーバで更新しています!
f0073848_11355667.png
コラムは
金融ウエーブについてのコラム
が公開されました。
どうぞお読みくださいね!




# by yoshi-aki2006 | 2017-09-26 10:42 | ビジネス | Comments(0)  

中国の精華大学に留学する手を考えてみては?

ジム・ロジャーズさんは有名な投資家ですが、娘に英語と中国語を覚えさせようとシンガポールに拠点を構えたのは有名な話。
確かに中国語と英語はこれから飛躍したい人には必須です。

で、もしも留学を検討しているなら、思い切って中国の精華大学に留学してみるというのも手です。
精華大学は日本でいう東京大学。
中国のトップはほぼ、精華大学出身者で

習近平氏
胡錦涛氏

も出身者です。

面白いのはこの精華大学はアメリカが作った大学という点です。
これからのグローバルリーダーを作ろう、
人口が多い中国の成長を見据えてのことで、そこがアメリカのすごいところですね。

こういう大学に行って人脈を作って
しかもハイレベルな学業で磨かれるって、すごくない?

参考サイトは
精華大学への留学について参考リンク

さらに面白いのはこの大学の中にブラックロックという投資信託を運営している会社のトップやトランプ陣営と被る経営者たちが運営員会を構成している学部があるんですよ。
つまり、米中は商売としてつながるところはつながっているんですね。
表の対立、中での握手。
という点も日本人は知る必要がありますね。

というわけで、どうせ行くならハーバード、ケンブリッジだけでなく
精華大学も要検討です。位置的には欧米より近いしね。
ちなみに私が早稲田の大学院で驚いたのは中国人の留学生の多さでした。

会社に入って語学で苦労するのも大学で語学で苦労するのもどの道一緒。
留学を考えているなら一考の余地あり。


株価と政治についてのコラムは
木村佳子のブログ アメブロで更新しています

北朝鮮リスクと株価についてのコラム

ぜひお読みくださいね!

# by yoshi-aki2006 | 2017-09-25 23:24 | ライフスタイル | Comments(0)  

福を呼ぶ挨拶の力

先日、とってもいいことがあったんですよ!
いつも怒っているような顔で入室してくる人がいたんですよね。
ブスーっとされているので「ああ、この人は人が嫌いなのかなー」とあまり話しかけないようにしていました。

でも、挨拶くらいはいいんじゃないかな、と見かけたら、「こんにちは!」と声掛けをしていたんですね。
すると・・・・!

ある日、「これ、よかったらどうぞ」と展覧会の券をポンとくださったんです。しかも、何枚も!

ちょうど、行きたかった内容だったのですごくうれしく、ありがたかったですね。
あいさつはしておくもんだ、と思いましたよ!

仏頂面に同じように返していたら、こうはならなかったと思うのです。

次は逆のケースです。
すごく感じのいい人がいたんですよ。
好きだなあ、と思えるかわいい人でした。

ところが、散々、お世話になった先に何の挨拶もしない。しかもどこででもです。
これにはかばいようがなく、「悪口ではなく批判」を口にする人を前に、「ああ~、しょうがないなー」と思いました。

本人はきっと「えっ? 挨拶ってしなければいけなかったんですか?」というだろうと思います。
だって、言葉では、「ありがとう」と言ったし、それ以上にメールとかラインとかでもお礼文を書く必要あるんですか? という反応が返ってきそう。
本人は「だって、もう感謝はしたし」と済んだこととしてとらえているようなのです。

こういう人を複数、知っていますが、自らが作っている限界があるように思います。共通項として二人とも配偶者さんとはうまくいっていないようです。
旦那さんが浮気し、旦那さんのほうから離婚を切り出されたというコースも似ています。

本人たちは「私はやることやったし」という考え方なのだと思いますが、
キチンと場でも挨拶し、
後に感謝状などをメールなどで送るまではしたほうが印象は圧倒的に良くなります。

世の中には手紙などで礼状を書く人もいますし、
お世話になった方にはスイーツなどを送るような人もいます。

そして社会的に出世している人ほど、もらいっぱなしな人はいないですね。
もらいっぱなしな人は伸び悩み、
報復返礼の法則を自発的にする人ほど出世しています。

これは不思議とそうです。

それと「位」が高い人ほど挨拶されます。
「おはようございます!」「失礼します!」「お先に!」
挨拶している人がトップ、という事実。
挨拶もしないような人がトップの会社は必ず伸び悩みます。

この決定的な違いを知るにつけ、
「ああ、私もなんかやらかしていないかな」と胸に手を置いて、挨拶をしていない現場はないか、もらいっぱなしになっていないか気にするようにしています。

言葉の挨拶、世話になった挨拶、挨拶はきちんとしておく。
たとえ相手がブスーっとしているような場合でも、挨拶しておくことです。

そうそう、別の会合でも、いつもブスーとしている人がいたんです。
しかし、目礼に始まり、声掛けの挨拶もかかさずするうちに、ある日、飛び切りの笑顔で挨拶を返してくれたんですよ。

うれしいですね!
投資ストラテジーはアメブロにて更新しています
投資ストラテジーは
いろいろなケースを考えています。
調査、取材もしています。
どうなりますか? 

①北朝鮮問題は沈静化するか
②トランプ氏がしていること
③中国と米国
④日本の位置ずけ
⑤株価はどうなるか

次の講演でアイデアなどをお示ししたいと思います。








# by yoshi-aki2006 | 2017-09-25 00:52 | 生きる力 | Comments(0)  

いくつまで現役でいるか~自分で決める定年~安室奈美恵さん引退宣言で考える

安室奈美恵さんが来年で引退。泣く人もいる人気者の決断です。
40歳を区切りに歌って踊ってヒットさせて、のビジネスモデルから転換して別の人生を歩んでいくんですね。

40歳なんて若いのに~。
惜しいな、まだまだできるのに。
でも、その「惜しいね」といわれるうちが花。それをよくわかっての引退なのかもしれませんね。

安室さんのようにスパッとやめた人として思い浮かぶのは
昔は原節子さん 43歳でスパッと引退。
山口百恵さん  21歳でスパッと引退。

一方で
50歳でも
60歳でも

歌い続ける人がいますね。
竹内まりやさんや加藤登紀子さん、荒井由実さん、森山良子さん。

しかし、皆さん、現役であり続けるためにたゆまぬ努力をされていると思う。実際は大変だろうと思います。

突然大きな仕事が来るかもしれないから、常に備えていなければならないし、
ちょっと間が開くと忘れられるから、なんかしら話題を提供しなければならない。
レジェンドと尊敬してくれる人もいる代わり、いつか追い抜かしてやろうと手ぐすね引いている人もいる。
表に出ている人だけに人に夢を与え続ける存在であらねばならないけれど、そうそう夢の物語ばかりつむげないし、現実的には資金繰りもある。

そうまでして、現役であり続けるには何か理由があるはずです。ライフワークとか、やり残していることとか、フアンがいる限りとか。

いくつまで現役でいるかは考えどころですね。

大学の先生は70歳が退官年齢。
先日、お会いした早稲田の先生は「退官後のプランは持っておりますが今は言いません。常に現役であり続けたい」と意欲を示されていました。

90分の授業一日に二コマ、三コマと登壇される先生を拝見していて本当にすごいなと思いますがずっと現役を続けていかれるというお考えにも敬服します。

私も大学の先生の退官年齢まで頑張ってみようかな。
定年を自分で決められるだけに、いろいろ考えますねえ。

先輩の姿からも教えられます。
北浜流一郎さん、杉村富生さん。
今もバリバリ仕事されています。
女性では年増組を代表して私。

若い人はたくさん登場しています。
というのも株式のお仕事は状況がいいときは可愛らしい女性がどんどん参入してきて、本やムックを出し、売れっ子になって、
楽しいのですが、
状況が悪くなるとそういう可愛らしい女性たちの大半はこの業界から去って違う世界に活躍の場を移されます。あまりにも効率が悪い状況になってしまうからです。
状況がいいときはタレントとしては雑誌に登場できなくても、株式投資や投資信託を実践している可愛らしい女性としてなら取り上げられるし、顔を売ることもできます。しかし、株式市場が不況になると何もその畑にいなくても別の畑に行ったほうが効率が良くなるわけです。

すると株式市場が活況だった時にいた可愛らしい、若い人達はいなくなり、昔から続けている人たちだけが残っているということの繰り返しです。そして、その効率の悪い環境の中でお客さんを儲けさせていくことができる人が証券会社の人であってもフリーであってもプロ認定ということになります。

調子のいいときだけチャラついている人の正念場は必ずやってくる。
だから状況のいいときに風呂敷を広げまくっている人のことはプロは見ていないようでもじーっと見ています。その風呂敷、どうするの?と。

今の光景も過去、何度も見てきた状況と似ています。
ITバブル崩壊前夜とも似ているし、リーマンショック前の状況も似ているし・・・。

だから、楽しく美しい女性たちが天女のように株式業界を漂い始めたら、ご用心というのが私の経験則なのですが、

株式評論は基本的に強気で明るい未来を提示するほうが歓迎されるため、余計なことは言わない、言わない129.png125.png

誰にもこびずへつらわず、おごらず高ぶらず淡々と仕事に誠実に向き合いつつ、
頃合いがよさそうなところで引退がいいのではないかなと思っています。
フリーランサーで仕事をしている女性の中には
「あと数年したら、瀬戸内寂聴路線で行く」と僧侶の資格を取った人がいます。
そういうビジネスモデルとしての僧侶のお話をありがたがって聞く人がいるかしら?と厳しめの意見を言ったのですが、
皆さん、そけれぞれにいくつまでどのように働くか、考えているんですね。

ま、私は「個人投資家の皆さんが転換点で間違わないようお役に立ちたい」というライフワークを無理せず掘っていくつもりです。
そうそう、先日、盆踊りをみんなで踊った時のこと。
なれていない人がめちゃくちゃ踊りをすると慣れている人まで引っ張られてしまうんですよね。
自分の踊り方が正しいのだ、と強い信念を持っていないとあおられて間違う。
それをみんなが口々に言い合っていました。まったくその通りです。

マイペースで強い心でがんばろー!!

f0073848_00151842.png
よろしくお願いいたします102.png109.png


ストラテジーについてはアメブロで更新しています!





# by yoshi-aki2006 | 2017-09-22 00:16 | アンテナ | Comments(0)  

頭の使い方、心の配り方は訓練のたまもの

大学院でぐいぐい絞られていた時は関数電卓と家計簿電卓をいつもカバンに入れ、試験の時の時短の訓練に暗算も日々、緊張感を持ってやっていましたが、
今はひたすら、ダラーン。

買い物する時に消費税を計算してきっちり代金を出そうとするのに、
間違っていたりするΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

やはりシナプスに電流を日々、通していないと、細胞間の連絡がうまくいかないのですね。練習あるのみだなあ、と思います。

また電流を通しておかないと(^▽^)/

ところで出世する人、社長を務めている人はもちろん頭もいいのでしょう、能力もお持ちだろうということ以上に、心配くばりが半端じゃないんでビックリです。

相手をさりげなく思いやって、さっと気の利いた言葉やしぐさで対応する。そういう役員さんや社長さんがいらっしゃいます。
私もそういう人になりたいな、と憧れますが、なかなかすぐにはいきません。

人に心配りをして、磨かれて、仕事も人徳も積み上げてこられたのだろうなあ、と思います。

ところが、そういう状況ではない人ほど、見事に自分中心で、
だからこそ孤独であり、
だからこそ見栄を張らなくてはならなくなり、
自分が間違っていないことを証明するための承認要求が強く、
承認を異性に求めたり、ごまかすために酒におぼれたりし、

自己中心であるがゆえに他人に気使いができず、その有様を見て心ある人は離れていくスパイラルが展開されています。

人の事を思いやれるのも頭の回路、心の回路からであり、拡張をし、シナプスがつながるように努力した賜物なのだと思います。頭も心も使って拡張しないと・・・。電気を通してかないとすぐにはつながらないから日ごろが大切なんですね。

情けは人のためならず。

さて、回路といえば、現在、朝鮮半島情勢の研究をしていますが、
過去の朝鮮戦争の時、
第二次世界大戦の終結時、
東京証券取引所が閉鎖された歴史や預金封鎖について調べていくと、

どういう嗅覚からなのか
かの小佐野賢治さんなどは取引所が閉まる直前に全株を売却をしたらしいですね。
その資金で持ってホテルを買いまくり、のちの資産にしたとか、

森ビルの創業者の方も不動産を買いまくって基礎を作ったとか、

皆さん、絶妙なタイミングで緩急つけた投資をなさって大金持ちになっています。
そういう頭も常日頃から鍛え上げた成果からなのではないかと思います。

頭も心もよく働くように日ごろから訓練あるのみですね(#^.^#)
f0073848_17570066.jpg
さて、9月から10月前半は静かなスタートなのに
10月19日は名古屋
11月3日は大阪光世証券
11月6日東京証券会館
11月9日大阪朝日ホール
11月10日福岡
11月11日大阪・天海塾で講師
11月18日大阪フジトミでセミナー
と怒涛の講演スケジュールとなっています。同じ場所でお客様に飽きずに来ていただくために全講演の資料つくりに励みます。

お近くまで行きましたら是非、ご来場くださいね!
f0073848_18023749.jpg

1950年の時の日本株の動きがわかるチャートをアメーバに貼りつけてあります
当時の詳しい話は
マネーパートナーズコラムに寄稿しました



# by yoshi-aki2006 | 2017-09-20 18:03 | 工夫 | Comments(0)  

敬老の日は老親宅にお掃除プレゼント

老親宅に行くと、どこもかしこも掃除が必要、ということに気がつきます。
ジュースとか麦茶を飲もうとして食器棚からグラスを出すと、
なんかペタッとしているんですよね。

どうしてペタッとしているんだろう?

母親に聞くと「洗剤で手荒れする」といい、あまり洗剤をつけて洗っていない様子。
「手袋をするのだけど、忘れることもあるし。ささっと洗って伏せておくとこうなる」と。

きゅっと音がするほど光らせたいグラス類。
洗剤をつけて洗い、お湯で洗うとすっきりするけれど、
いずれも手の脂分まで流してしまうので、
手荒れします。

食器洗い機は「少ない食器を洗うのにもったいない」とか「使い方に確信が持てず怖い」とか「固形石鹸が解けずに残っていることがあり、なんだか具合が悪い」とかいろいろ言って使わない。

結果、自己流に洗い、食器棚にしまうからペタッとしたグラス類が並ぶことに。
フローリングの床もペタッとしているし、
抜け毛が洗面台に落ちているし、

あ~、なんか気になる~。
くつろぎに帰る、つもりが老親宅の掃除をしてくたびれ果てて自分ちに帰ることに。

食器類の掃除。特にグラス、急須。
重曹。
クエン酸。
手袋が必須です。

それと老親宅は臭気対策も必要。
トイレの掃除。
フローリングの掃除。
台所の掃除。

玄関まわり、庭掃除。

これに犬の散歩。犬のシャンプー。
買い出し。

布団干し。

ああ~、なんかもうクタクタ~。


自分ちに帰ると自分ちもとっちらかっています。だからこちらもまた、掃除するはめに。

すると一日中お掃除していることになり、すっかりくたびれてしまいます。
ほっとできるのは誰もいない事務所だけ。

でも事務所も掃除しておかないと。

お掃除。人にしてもらえる人はいいけれど、一生の課題ですね。

f0073848_01285501.jpg
サングリアを飲んでほっと一息。

株式市場に関するブログはアメーバで更新しています!


こちらがアメーバブログ

# by yoshi-aki2006 | 2017-09-19 01:32 | 日々の暮らし | Comments(0)  

社会人大学院に仕事をしながら通うには?

団塊退職に伴い、若い世代が社会人として中軸化している今、また、大学院でMBAをとろうというブームが始まっているように思います。

一番幸せな形が、会社にそういう制度があって、会社のお金で2年間、国内外の大学院に学ぶことができるケースでしょう。

何しろ、会社が「行ってヨシ」とお墨付きをくれるのだから、職場も納得してくれるわけですね。
高額な学費も会社持ち、もしくは奨学金として貸与してくれたり、ということが何より助かります。
それに、見込みのなさそうな人に会社がそんな投資をしてくれるわけもないので、会社がいかせてくれたというだけで、周囲の人にも「あいつ、優秀なんだな」的な見方が広がるメリットもあるかと思います。

しかし、会社が大学院に行かせるケースの中には会社にとってのリスクもあります。
せっかく行かせたのに、MBAを取った後、その社員が転職や退職してしまう。
このケースが少なくないため、行く限りは誓約書を取るなどの退職転職防止策がとられているかと思います。裏返せば、社会人大学院卒業後、転職退職したくなっても一定年数、働かなくてはなりませんし、投資された分、会社に還元もしていかなければならないでしょう。

いやいや、うちの会社はそんな制度がないんです、という場合は、

学費、本代、などの費用
家族、職場の理解にもとずく時間のやりくり
職場の人の嫉妬

などをよく対策したほうがいいでしょう。


私は社会人大学院を2つ、修了しMBAの学位を2校からいただきましたが
最初の大学院は「株式以外の勉強も効率的にしたいし」「業務関係以外の知り合いも欲しいし」「違う脳も使わないと」という3つの動機から
カルチャーセンターに行くようなノリで入ってしまいました。
その大学院は家からドア to ドアで30分で行けるのが一番の選択理由でした。

で、行ってみて( ゚Д゚)。
大学院に入った時点で、同級生の中には入学早々、もう、後は修士論文を書くだけ、というくらい、自分が研究したいテーマがばっちり決まっており、授業を実に効率的に受ける人がいることでした(この人は優秀論文賞をもらっていましたね)。

確かに入学前には面接で教授から研究計画書についていろいろ突っ込んで聞かれるのですが、ともかく入学して勉強したいと思っていたのでその問われている意味がちゃんと分かっていなかったと後で思いますね~(⌒∇⌒)

そういう「よくわかってないで大学院にやってきた」組は大変です。
仕事は忙しいし、大学院では修士論文を書くためのどたんばたんが続くし、都度都度授業の勉強もあるし・・・・。前の日、よく寝ていないまま、炎天下で下手なゴルフを腕前が格上のしかも準備してきた人たちのもとで打つようなもの。なので、修士論文を書く大学院なら研究テーマをしっかり把握してから行ったほうがいいです。

「ああ、いろいろタメにはなったけれど、修士論文を書く大学院はもうおなか一杯」
卒業時には、「もう大学院に行くことはないだろうな」と思っていたのに、2年過ぎたある日、「今しか勉強しておく体力、気力もないだろうし」とまた、ファイナンス系の大学院に行くことにしてしまったんですよね。

ここは前の大学院の隔週授業と違って毎週、講義があり遅刻は15分まで。それが4回続くと一回欠席扱い。15回講義の三分の一休むと単位はもらえないという仕組みでした。

しかも、どどどどどーっと講義があったと思ったら15講義目にバンッと試験。
大学院の方針が教授に対して「オールAという採点でなく5段階分類で評価するように」とお願いされているようで、どんなに慈悲深い教授でも「大丈夫だよ、みんなにAをあげるから」という手形は切れない仕組みになっていました。

やはり採点されるには、いい評価をもらいたい。
この大学院でのテスト漬けの2年間は投下した授業料が高かったこともあり、「なんとしても卒業せねば、お金をどぶに捨てたようなもの」
と必死でした。

また、そういう時に限って14現場とか33現場とか、通常業務では考えられない怒涛の忙しさに見舞われ、本当に地獄をみたなあ…嘆息( ;∀;)

さて、この時、忙しいながらも余裕な人が周囲にはいました。
聞くと「聴講」などで大学院入学前からいくつか単位を取っていて大学院に入学してからの時間配分に余裕を持たせている賢い人たちでした。

卒業までに24単位必要だったのですが4期で割ると1期6単位。
ふつうなら余裕~と思ってしまいますが、
単位を落とすというリスクに備えて、1期8つ授業を取ることになるのが事前準備ナシ組にありがちなパターンです。

が余裕組は1期5単位くらいで平気なのです。
すでに4単位くらい、入学前に取っているので、時間繰りが楽なんですよね。

この試験漬けだった早稲田大学大学院ファイナンス研究科は今は経営管理研究科に統合されたので試験はどのような仕組みになっているかわかりません。

が、いずれの大学院でもいえることとして
大学院に行く前に
自分が大学院で何をしたいのか、よく考えたほうがいいし
方向性が決まって学びたい授業、教授の目星がついたら聴講生として場慣れしたり、単位も取っておくほうがいい、ということです。

そんなこと、あまり深く考えずに行ってビックリ!
ひたすら、「ああ~」と思っていたある日、とてもいい評価をもらっていたある人から、
「えっ、木村さん、準備せずに入学したんですか。僕は何年も前から周到に準備してから入学しましたけど」と逆にビックリされました。

が、地頭が優秀な人はものすごく忙しい会社や組織に属していても首席で卒業してましたけれど(@ ̄□ ̄@;)!!

こうして卒業力を高めることと大切なのは家族、職場対策です。
新婚ほやほや、奥さん子育て中の男性は
奥さんから「どうしてほったらかしなの?」と随分、つめられていたようでした。
そういうケースを何人かは見ましたね。

奥さんにしてみれば仕事、学業はともかく、教授を招いての飲み会、科での飲み会、学生同士飲み会などもあるので、
遊んでいるように見えてしまう。

家族の理解、サポートは大切ですよ。
奥さんを伴って学校を見せたり、奥さんも聴講するなどの工夫も必要ではないかな~。

職場では上司、同僚が嫉妬する対策をとる必要があるのではないかと思います。
自分の部下の学歴が上がると自分を抜かして出世される恐怖心を持つ上司がいるし、
同僚も学歴が上がった同僚に対し、面白くない人もいるのが現実です。

だから通っていることを隠している人もいました。

対策なくして社会人大学院卒業はできず。

入学前にしっかりと対策を。
最初の大学院の原田保教授も2つ目の大学院の大村敬一教授も同じことを指摘されていました。
「どうして大学院に来たのか、よく考えなさい。大学院に使った金額分、本を買って読めば得られる知識と大学院で学ぶのとどう違うのか。知的好奇心を得たいだけなのであればどうしてカルチャーセンターに行かなかったのか、自分で答えを出すように」

と。行くからには行くだけのことをしたいですよね。事前準備もせずにノリで行ってみて苦労したからこそ、お伝えできることですね101.png 

でも、どちらの大学院も行ってよかった!
苦労はしたけど103.png楽しかった~105.png102.png

f0073848_11142878.png
早稲田大学大学院が誇るガバナンス研究での大学識、首藤恵先生とファンド運用会社を経営している有名社長のYさんと(お二人とも著名人でいらっしゃるので肖像権の考慮から★印を入れさせていただきました)


ご参考までに修士論文研究テーマの例として
職場の課題や会社の業態に関する課題が会社人として役に立つ研究テーマではないかと思います。

例えば
成熟産業に勤めていらっしゃるなら、
★オールドエコノミー業態からイノベーティブ・カンパニーへの転換には何が必要か
とか、
★職場の最適人材配分の研究
とか、
★女性のⅯ字カーブをどう改善するか
とか、
★保育施設が社内にある場合とない場合の社員のストレス度
とか、

何か自分の職場、会社の問題解決と成長に寄与することを掘っていくと、授業を受けていけばいくほど、働きながら学ぶことの効率がぐぐっと増すように思います。

政治と株価についてのブログはアメーバで更新しました!





# by yoshi-aki2006 | 2017-09-17 10:19 | ビジネス | Comments(0)  

プロとは危なっかしくない人のこと~危なっかしい人といかに付き合わないか? 

危なっかしい人、身辺にいませんか?

いたら距離を置くことですよね。私は男も女も危なっかしい人とはなるだけ接点を持たないようにしています。

大酒のみ
異性関係が乱脈
欲深
なんでも首を突っ込んでくる
おいしいとこ全部いただき
後輩に砂をかけ、目上に媚び、有名人と付き合いたがる
いつも大騒ぎ
口がうまく、あった時は相手をほめそやしいい気分にさせる
なんでも人に頼んでおいて、頼んだ本人が忘れてる
暗示にかけるようなことを口走る
占いが大好き

危なっかしい人の特徴の一端ですね。

こういう人は自分が台風の目でいないと気が済まず、いつも周りの人をぶんぶん振り回し、得しているのは本人だけという構図が得意。

インテリやまじめさんは意外と律義にこういう人に誠実にこたえようとして取り込まれていくんですよね。
メールなどの連絡はいつも一方的で
こちらからの問いかけや返信は気が向いた時、自分が得できるときだけ返してくる。

男にも女にもこういうタイプの人が何人か思い浮かびますが、いつか転落すると思いますねえ。人から獲るばかりで陰徳を積んでいないから。


こういう人とは本気で付き合わないにこしたことはありません。
しかし、概してこういう人には独特の魅力があるため、
とりこになるリスクがあるわけですが、人となりが見えてきたら、かかわりを深めないことです。
返信もしない、無視が一番効く。
するとどっかに去っていく。
追わずに台風さんだったと思うことですね。

さて、昨日、ワーニャ伯父さんを新国立劇場に見に行ってきました。
地味な出し物なのに小ホールはほぼ、満杯。
一日二回公演の日なのにすごい集客力です。
それはひとえに宮沢りえさんと黒木華さんという今、活き筋の女優さんの魅力に負うところが大きいといえるでしょう。これがキャスティング次第では集客はできなかったろうと思うひたすら地味な物語なんです。なんでこんな演目をやるんだろうなあ、というようなむつかしさがある。でも、そこがまた、やりがいになるんでしょう。
興味を持たれた方のために
シスカンパニーのワーニャ伯父さんのサイト
貼っておきますね。

ところで、私は今回、初・生・宮沢りえさん体験でした。

宮沢りえさんは独特の魅力があり、舞台に立っているだけで放つ光量が強く、見に来た甲斐があったなあと思いました。
宮沢りえさんは花火でいうとまさにオンタイム後半戦入り口という印象で、あー、終わらないで、もっと見ていたいよーという状況かと思います。年齢44歳。女優さんとしても女性としても、まさに今、絶頂期オンタイムではないでしょうか。

黒木華さんも名監督が使いたがるだけあって、まだまだ可能性のブラックホールが奥深く残されている気がします。そこに光を当てたくて使いたがる方が多いのだと思います。

このワーニャ伯父さんはひたすら退屈なシーンの連続。どこまでこんな退屈さを見せるのか、というほど盛り上がりに欠ける物語。しかし、登場する俳優さん一人一人がまったく危なっかしくなく見ていられる点で、プロだな、プロの仕事だなと感じさせられます。丁寧に質が高い表現が繰り広げられ、全体が濃厚な熟成ワインのような、チーズのような味わいになるのですよね。

伏見蛍さんのギターもとてもよかったし、生出演の小鳥のさえずりも効果的な素敵な舞台でした。

ところで、宮沢りえさんもひところは「大丈夫なの?」という危なっかしい人であったような。

その時を乗り越えて、今まさに、プロとして押しも押されぬ存在になられましたね。


危なっかしい人と付き合わないというのも、
仕事を危なっかしくなく務める人というのも

プロの領域。

そういうプロしか通用しない世界で生きていくことを目指したいものだと思うんですよね。

さて、株・経済に関する投稿はアメーバで更新しています!
よかったら見てくださいね~







# by yoshi-aki2006 | 2017-09-15 15:05 | ビジネス | Comments(0)  

億を稼ぐ人でも貯蓄ゼロの人もいる~年収300万円でも貯蓄額が多い人もいる~どっちがいいか?

知り合いのやり手女性社長。

しょっちゅう旅行、移動、出張で生活も派手。
食べるものもお高いものばかりで、私はこの人と仕事やプライベートでたまにお会いするとき、我が身の庶民的なつつましやかな生活にちょっぴり引け目を感じます
(#^^#)

社長はキャビアにシャンパンがお好き。
私はたい焼きとほうじ茶で十分というくらいの感覚の開きがあります106.png

でも、お話を聞いてみると
稼ぐ額は私の10倍くらいであっても、
貯蓄はゼロのようで、まんざら、嘘ではなさそうなのです。

会社をいくつも経営しているとお金は回転材のようなもので、貯めるという対象には感じられないような位置ずけなのでしょうか。
かつ、ロスも多いようです。

出店した店を閉店するロス。
従業員に使い込まれたり、持ち逃げされたりのロス。
金がないときに税金の支払いで借金。
儲け話に乗って詐欺にあったりもあるようです。

流れに乗っていくという格好であるため、動きが大きく、大物とも知り合うけれど詐欺師とも知り合い、だまされてしまうということもあるという具合です。

「どうするんですか、貯蓄もしないで」
と聞くと、「そうですよね、これから貯めるわ」といいつつ、やっぱり、いろいろなものに投資したくなる傾向から抜け出せず、ロス、という繰り返し119.png


女性社長のようによく稼ぎよく使い、貯蓄ゼロ149.pngという人は意外と少な
くないと思います。
よく稼いでいる人が貯蓄しているとは限らないのです。


もちろん、人並み程度の稼ぎでも、貯蓄しっかり、というほうが圧倒的に堅実だと思います。
年収300万円前後の人でも1000万円以上の貯蓄があるケースも聞きます。

どちらのライフスタイルを選ぶべきか?


ちなみに女社長は高級時計を引き出しに入れたのをわすれ、その家具を捨ててしまったり、
高級なサングラスを旅先に忘れてきたりとモノのロスも多いのだそうです。
そして、引っ越しに際して、たくさんのブランド品を捨ててしまったとか。

もったいなさ過ぎて、ちょっと気が遠くなりました141.png

いつまでもそんな生活が続けられるわけはないと思うので、
60歳から90歳までの30年間を過ごせるだけの貯蓄は心がけたいものだと思いますね。

株式に関する投稿はアメブロで更新しました!






# by yoshi-aki2006 | 2017-09-14 00:39 | マネー | Comments(1)  

夫婦になる人って前世で敵同士だったんだって、だから仲がいいほうがおかしいんだってと先輩主婦に教えられた!?

「ねえねえ、知ってる?」と世界中を夫婦で旅行しまくっている先輩主婦のAさんから話しかけられました。
Aさんは外資系企業で働き、旦那さんは専門性の高い「士業」の方で子供たちも独立。
悠々自適世代。

Aさんは数か月かけて世界を旅行し、たまに私の習い事教室に顔を出されるという優雅なご婦人なのですが、
「夫婦は前世で敵同士だったんだという説があるらしいよ。だからこの世でどうやったら仲良くできるか修業しなければならないのよ。嫌気して死んだりしたらダメなんだって。また同じことの繰り返しを違う人生で味わうことになるから」

冗談とも本気ともつかないひょうひょうとした語り口でそう教えてくれました。

前世が敵?

うーむ。わかる気がする!
敵だったんか! なるほど!
でも敵と言ってもそんな壮絶な敵ではなかったような。

お前のところの水路をこちらの村にもよこせ
いやだ
なんだとケチ
ケチとはなんだ

くらいのいがみ合いをしていた敵だったのではないかな? 我が家の場合は。
お宅の場合はいかがですか?

親のケースも些細な小競り合いをはたで見ていた時、
確かに「前世で敵同士だった」感はあり、
どっちもどっちだ
と子供心に思ったものでした。

いさかい事をはたで見ていると
小さな器同士がぶつかり合っている場合が多いですよね。
どちらかの器が大きければぶつかりようがないだろうし、
ぶつかったときに相手が木っ端みじんになることもあるだろうし、
だからこそ似た者同士の器でくっつくんだろうか、と思います。

相手の小ささは自分の小ささ。

相手を客観視して自分を知りなさいということかしら129.png

さて、今日も

株式・為替・経済の話はアメブロで更新しています

頑張りましょう!



# by yoshi-aki2006 | 2017-09-12 22:20 | 日々雑感 | Comments(0)