人は人に与えることで豊かになれる

6月は新しいチャレンジがたくさんありました!

一つはある資格にチャレンジし、ついに師範の免状をいただいたことです。

いずれ、どんな資格だったか、ご報告しますね~(*^-^*)
この資格を生かして、株式評論やファイナンシャル・プランニングとは違ったアプローチで世の中に楽しいことを還元できたらと思っています。

二つ目は美術大学を卒業して以来、ほとんど創作とは無縁の生活を送ってきましたが、今年からできるだけ絵筆を握ることにしました。そのうちそのうち、と思っていましたが、「そのうち」に寿命がきてしまうことに気が付き、せっせと描くことにしました(*^-^*)

まずは、お世話になった方に贈ることに。

いつも講演に来てくださっているご夫妻にもお贈りしましたが、もう一人、お約束していた知り合いにも差し上げることに。

f0073848_135240.jpg


ご飯にも絵を描いてみました。
f0073848_1353362.jpg


描いている時は時間のたつのも忘れます。

そして、人は「何かしてもらう幸せ」もありますが、「人に喜んでもらいたい」と積極的にその種を探すことで元気になれるし、気持ちも豊かになることを実感します。

長い道の途中では、人にしてもらうことが当たり前になったり、不足ごとを不満に思ったりすることもあるわけですが、人からエネルギーをもらおうとするより、何かできないかな、何ができるかなと考え、実行する自立性こそが実は元気の素なんですね。

人に喜ばれることがうれしくて株式評論や経済ジャーナリズムに精を出してきたわけですが、この世界、どんな権威も勉強も結果がすべて。

人格とか品位とかより当たることがすべての世界であるうえ、
当たっても次を求められる過酷な世界です。だから参入障壁が低く、若い私でも入ってこられたわけですが、この世界に長くいると、傘もいつかはボロボロになり、最後は傘の絵が折れて体ごと濁流にのまれてしまいます。

どこかで「闘魂」の世界から出家しなければならないのです。
誰でもが信長や秀吉、家康になれるわけではありません。


ファイナンシャルプランナーの先生にも尊敬すべき「これこそがファイナンシャル・プランナーのエッセンスだ」と思える活動をされている方がいますが、その先生は非常に地道にかつ地味に活動されており、「先生業」の華が目立つわけではありません。

私がその先生のように地道にファイナンシャル・プランニングの道で活動できるかと自分に問うと、ある種の埋没性にアイデンテテイの危機を感じてしまうのは事実です。
若い人なら活動の継続が後半の人生の土台になるという展望が持て、それがモチベーションの刺激剤となるでしょうが、
こちとら、ぼつぼつ終着駅への滑走の始まり年齢を意識します。

すると、結果勝負の世界で力尽きるまで頑張りながら、
創作の世界で、
これまでお世話になった人や喜んでくださる人に「にっこり」をお届けできるように頑張るのがもっとも残りの時間の過ごし方としてはいいのではないかと考えるようになりました。

何か人に喜んでいただきたいという動機から続けてこられた株式の世界とは別軸の
創作で
人に「にっこり」を届けられるように。

それが元気と豊の源泉になっていることに気が付き、励まされます。

また、新作ができたらアップいたしますね。

さて、最近、原稿を書く時間も少しできてきたので少しずつ各所に寄稿しています。
ヤフーファイナンスのコラムです

ヤフーファイナンスには銘柄のアイデアも出すのですが、
まだモジュールの調整がうまくいっていないためか、奮戦する割には銘柄紹介がタイミング的に一日早かったり遅かったりし、なかなか勝率が上げられずにいます (*´ω`)

売りとした日は下げないため負け判定となるのですが、翌日から怒涛のように下げるとか、その逆とか。時間軸を広げれば結果はよい評論であったとしても、ヤフーファイナンスのルール上は負けなのです。

ヤフーファイナンスのルールは寄り付きと終値判断なので、高く寄り付くと負け確率が増す点で講演で紹介する銘柄とはまた違うスキルが必要になりますが、講演で皆々様になかなかお目にかかれる機会がない時は、「こんなことをフォローしたい」という情報ツールとして重宝で、特にコラムは喜んで寄稿させていただいている次第です。

ヤフーコラムでは講演でお話ししたことのトピックを取り上げることがあり、ブログとともに読んでいただけると幸いです。

銘柄においては講演で取り上げる銘柄とは全く性格が異なりますので、講演メインのご参加の方は講演でしっかりご一緒に研究成果を共有していただければと思います。



とはいえ、ヤフーファイナンスでは大勢の人に見ていただいているわけなので、四の五の言わず、ルールの縛りの中でひたすら勝率があげられるよう努力します!

さて、講演が迫ってきました。
7月9日札幌

16日富山
17日金沢


19日鳥取
23日東京

広島、福山となんだかしっちゃかめっちゃかです。

# by yoshi-aki2006 | 2016-06-23 01:55 | ライフスタイル | Comments(0)  

今こそ浜矩子先生の出番です!~ユーロにネガティブ判断された先駆者

浜矩子先生は同志社大学大学院ビジネス研究科の教授であり経済学者でいらっしゃいます。
詳しくは同志社大学大学院の浜矩子先生のご紹介ページをご覧ください。

さて、浜先生はかねてより、「ユーロは一地方通貨になる」と指摘されており、御著書もたくさん世に出されています。


私も浜先生のご本は何冊も読み、勉強しました。


日経のイベントの時はご一緒させていただき、お名刺交換の機会もいただきました。
とても気さくに接していただき、ありがたかったことを覚えています。

さて、今般イギリスのEU離脱国民選挙を23日に控え、その動きがイギリスだけにとどまらない様相も広がっており、ユーロへの信任が揺らぎつつあるのはご存知の通り。

浜矩子先生は何年も前から、今日のこうした事態を懸念されていたのでしょう。
が、アベノミクスが登場したあたりから為替が円安方向に振れ、浜先生の「ユーロ激安説」はトレンドとは違った時期があり、
その期間は
「浜矩子先生の見通しって?????」ということもあったかもしれません。


でも、今は浜矩子先生の見通しが大変示唆に富んでいたことに改めて敬意を表すべき時です。

浜先生はアベノミクスにも懐疑的な発言をされていたので、摩擦を避けたいケースには敬遠されたかと思いますが、

先見の明

という点で、

ユーロしかり、
アベノミクスしかり、

きちんとリスクを指摘してくださる知性として今最も、「この人の話を改めて聞くべき人」なのではないかと思います。


勇気を出して、異論持論を展開するのは難しいものです。
だけど、そうした異論を唱える人が鮮明に見通しているものがあることを人は知るべきです。

今こそ聞きたい浜矩子先生のユーロ観。

メディアや講演で浜先生のご意見を伺いたいものです!

浜先生~、ユーロの今後についてどんどんご発言してくださいね~。期待しています!

ちなみに私はマネーパートナーズ為替原稿で毎週木曜日に寄稿しています。よかったら見てみてくださいねー

# by yoshi-aki2006 | 2016-06-19 00:03 | マネー | Comments(0)  

顔だけが赤くかゆくなる状態に2年苦しんで・・・

何故か顔だけ、厳密にいうと顔周りだけ赤くなり、困っていました。

日焼け止めを塗る度にかゆかったり皮がむけたりが続いたので、最初は日焼け止めが原因カナと思っていました。
そのうち化粧水にまでひりひりを感じ、次第次第に化粧品は一切付けられなくなり、すっぴんで過ごすことに。
仕事の時はまゆ毛程度しか描けない状態が続いていたのです。

特に春先から顔周り、ほほと赤くなり、かゆみが増し、掻くから余計にひりひりし、さらに悪化する。

それは新幹線に乗る度に一層ひどくなり、出張から帰った翌日は目も開けられなくなるほど腫れて

この犯人は新幹線か毛染めだなーと勝手に思っていました。

ちなみに新幹線に乗ると手にも湿疹が出ます。
疲れや振動による体調不全があるのかと思いました。あんなに微振動が続く状態が体にいいわけはありません(と、私説)

次第に顔の赤みが人が振り返るほどになり、ついに病院へ。
ステロイド剤、かゆみを抑えるクリーム、飲み薬を処方していただきました。

飲んだり塗ったりすると少し良くなった気がしますが、なかなか治りません。
アレルギーテストにも行きました。

が、異常なし。
そこで自分で推論しました。

夏場になるとひどくなるため、ダニではないのか?

実験的にまず寝具に徹底的にクリーナーをかけ、日に干したり洗濯をいつもより頻繁にするようにしました。

クリーナーで寝室を中心に徹底的に掃除を。

枕にはダニを寄せ付けない布用のスプレーをかけ、毎日のように干しました。
また、かゆいと思ったらすぐ、洗髪をしました。

顔にはステロイド剤をやめて、顔ダニ用せっけんでの洗顔とムヒ・ソフトを使うようにしました。

すると、今までで一番効果がありました。

一時期は法令線に沿って口まわりまで真っ赤になってコロッケさん演じる田舎とーちゃんみたいな面相になっていたのですが、今はまだ赤味はありますが、ぐっと落ち着き、かゆみとともに次第に収束傾向となっています。

こうしたことから犯人はダニ。ハウスダスト化したダニの死骸やフンではないかと思います。

新幹線病という点はまだ解明できていませんが、ハウスダストとダニが引き起こしている頭皮と顔の皮脂への攻撃はクリーナー、ムヒ、顔ダニ用せっけん、殺虫剤で鎮圧できたと思います。

これで染髪をするとどうなるか、新幹線での出張が立て込むとどうなるか、また、続報を書きたいと思います。

染髪の度に呼吸困難を感じるほど胸苦しくなっていたのは事実で染髪でのアレルギーも大問題になっていますので、けして侮れないのですが、ダニとハウスダストが原因でそうなっていた可能性もあり得ます。



ネットでいろいろ調べると
結構多くの人が同じ症状で苦しんでおられるようなのでご参考になれば幸いです。

# by yoshi-aki2006 | 2016-06-15 00:21 | 工夫 | Comments(3)  

ライフスタイルの知恵~ちょっと年上の人と付き合い、ちょっと年下の人を応援する

6月の講演会は消化したのですが、毎日、雑用でバタバタしてしまいます。

オマケにペットや家族のごはんとその準備の買い出し、後始末に追われるため、出張がない時のほうが自分の時間は取りにくいですね。

今日の晩御飯は結構バリエーションに富んだものを作りました。
写真を撮るのを忘れたのですが・・・・。

・ズッキーニとベーコンのゆず胡椒炒め
・卵ときゅうりとトマトのサラダ
・大根とトリ肉のごま・八丁味噌和え
・焼きナス(かつ節)
・大根の自家製ピクルス
・築地卵焼きと大根おろし
・頂き物の山椒とじゃこの佃煮

ごはんを炊いたのに、ふたがバカっと開いたままになっており、ご飯を炊きなおすことに。

炊き立てごはんと上記のおかずで家族は
「旅館ごはんみたい」
と喜んでいました。

冷蔵庫の中の野菜が傷む前に使い切りたいと思うと、結構、重複した野菜の使い回しになるのですが、料理方法を変えると飽きずに食べてもらえるようです。

しかし、これだけの品を作っては出すのを土日は3食×3回=9食ぶん作るとなると結構大変です。
いろいろ習い事もしているし、
7-8月の出張の準備もしないといけないというのに・・・・・。

と、そんな時に救われるのはちょっと年上の人達とのお付き合いです。

皆さん、たっぷりと人生の様々な体験を積まれた方たちなので包容力があるある。
いろんな悩みを受け止め、優しくヒントを授けてくださいます。

ああ、こうやってしのいでいけばいいのだな、という知恵や
なるほど、そうすればいいんだ、というヒント

ふむふむ、そういうことか、と納得したり、
へーえ、そういうこともあるのかと気がついたり。

子育てしたり、旦那さんとのいろいろ、舅姑、親せきづきあいで培った人としての深みが人を救う許容力となってもたらされる。
ちょっと年上の人達との交わりで救われたり、教わったことはとても多いです。

そして、それをちょっと若い世代の人に応援の意味で還元していくこともしています。
それが私の世代の務めかなとも思いますし。

さて、講演でもお話ししましたように23日のEU離脱国民投票に向けてポンド売り円高株安のリスクが高まっています。

ま、仕掛ける側は恰好の仕掛け時なので、手ぐすね引いて大儲けしようとしているだろうと思います。
そんなのに巻き込まれずに個人投資家は配当優待がうれしい株の安値買いに徹することですね。

好きな株を買い下がっていけばいい時だと思います。

大きな嵐に巻き込まれずにいたいものです。
それが賢い個人投資家道ですね。


今の年齢になってちょっと若い世代の人にアドバイスするとしたら、それは人生も同じってことです。
大きな嵐に巻き込まれない生き方をしたいものです。

それと、どん底まで落ちたとき、誰も手を差し伸べてくれないような人になってはさびしいよということも肝に銘じたいですね。今、都知事の金銭問題が連日報道されていますが、あそこまで叩かれ、自民党の森元総理が「彼はオリンピックに関してはよくやっている」と言われた以外は誰も彼を擁護してないですね。どんなに金を自由に使える立場であっても貧しい生き方になっちゃってたんでしょうかね。

蓄積するのは金だけではだめなんですね。

大きな嵐に巻き込まれないように生き、それでも巻き込まれた時、頼りになるのは自分と自分のしてきたことですね。

いろんな意味で賢明でありたいものです。

# by yoshi-aki2006 | 2016-06-14 23:53 | ライフスタイル | Comments(0)  

マネーモンスターを観に行こう!~経済指標に振り回されるマネーマーケットで個人投資家の取るべき道は?

6月10日から上映される映画「マネーモンスター」。
ジョディ・フォスター監督作品でとても面白そうです。公式サイトはここ

是非、観に行こうと思います。
6月は意外と時間的余裕があるんですよね。

6月は株主総会などが集中しているため、評論家が呼ばれるセミナーは7月に集中。
特に7月16日、17日は
富山と金沢でポスターにあるイベントの午前中には近場の会場で「女性講座」(女性向けのセミナー)が開催され、なんと私は両日、ダブルヘッダー!(体がもつかしら???)
●富山
午前中は
    日時: 平成28年7月16日(土) 12時30分 ~13時45分
    場所: 「ボルファーストとやま」 3F <サファイア>
          富山市奥田新町8-1 TEL :076-431-1113  
    人数: 最大 20名
で女性講座が開催されます。
f0073848_719148.png


午後は多様な企業のIRセミナーと私・木村佳子の株式講演会が開催されます。
f0073848_2344291.png

この翌日は・・・

●金沢で
午前中は

    日時: 平成28年7月17日(日) 12時30分 ~13時45分
    場所: 「金沢都ホテル」 5F <蓬莱の間>
          金沢市此花町6-10 TEL :076-261-2121  
    人数: 最大 20名

午後は多様な企業のIRセミナーと私・木村佳子の株式講演会が開催されます。
f0073848_2351252.png


という具合です。

翌々日は鳥取。その週末は福山、そしてそして・・・。
仕事が集中するシーズンは家にいる時間がとても少なくなるので、

逆に6月にしっかり準備したり、インプットしたりする時間に充てるわけですが、
なかなか緩急の切り替えのリズムに乗るのが大変です・・・・。

普段できないこともやってみるのですが、いろいろ発見があります。
干してはいましたが、丁寧に掃除機をあてたことがなかった毛布に掃除機をあてると、取れる取れるビックリなな量の埃! こんな埃が取れるなんて、あ~、驚きました。

少し年上の方たちの勉強会に参加し、「あと数年後、皆様の年齢になるワタシ」を想像し、「いつ、今の仕事を引退するか?」とか考えてみることも。

どんな人も精神年齢は若いままですが、物理的には老化が進行するので、その老体を受け入れる平均年齢若めの世界では重量感というか高齢感が意識されます。彼らからはどうしても
ご老体扱いされるため、チヤホヤされて生きてきた人ほど、辛さを感じるのだろうと思います。
そこで、若者に親切にしたり、役に立とうとしたり、押さえつけようとしたり、肩書などでエラソーにしたり、えばってみたり、いろいろな方法でご老体化を軽減しようとするわけですが、頭も知恵も回らないワタシにはどの技も難しそう(^^)

どこか風光明媚な場所で隠匿生活を送るご隠居ライフもいいなあ、と考えてみたりします(^^)

さて、表題の「マネーモンスター」。市場は巨額マネー運用者に仕組まれているという伏線が見どころ。
先ほど発表されたアメリカの雇用統計は予想より悪化。
それを受けて一気に円高が進行。

10日のSQも控え、なかなか難しいマネー市場の行方。

おそらくFOMCは金融政策を見送るかと思います。
すると・・・・。

続きは6月7日名古屋・中電ホールと翌日の8日鹿島セントラルホテル(茨城)でお話しできたらと思います。
f0073848_1365941.png

8日の主催はあかつき証券・八日市場支店さんの主催ですがお口座がないお客様も自由にご入場いただけます。当日、特に営業はありませんのでお気軽にお越しくださいね。

私は東京・八重洲口から出ているバスで現地入りいたします(^^)

# by yoshi-aki2006 | 2016-06-03 23:39 | マネー | Comments(2)  

東海道線・仕事旅~初めて平塚に伺いました!

初めて平塚に伺いました!
東海道線で横浜まではよく乗車するのですが、平塚には初めて降車しました。

茅ヶ崎あたりから、「あら、茅ヶ崎の手前と思っていたけれど、その先なんだわ」と思い、夜、このあたりにご自宅がある場合、うっかり終電を乗り過ごすとタクシー代が大変なことになる、などと考えたりしました。

結構、東京から遠い距離に感じられましたが、それは初めての仕事旅だったからかもしれません。帰りは意外に早く大崎に付き、「武蔵小杉も大崎も大変貌している」との認識あらたかにしました。

品川~横浜の常識から、

平塚~武蔵小杉、大崎に広がった交通網の移り変わりに世の中、じわじわ、確実にいろいろ変わっているんだと思いました。電車の仕事旅でそれを知る、というわけです。

平塚は駅前にバラが見事に咲いた庭園があり、市民の皆様がくつろいでいらっしゃいました。赤、真ん中がピンクで周囲が白いバラ、華やかな濃いピンクのバラ、白バラ・・・・。夕陽に映えてとてもきれいでした。
バラの色を引き立たせるようにラベンダーなどの紫色系の花をつける植物も開花していました。

見とれていると同世代の男性から「もっとこっちのバラも観ていかれたら?」と声をかけていただき、
ベンチで休憩されていたその男性としばし、ベランダでの園芸談義となり、心温まるひと時を過ごしました。

タクシーで平塚駅前で降車されたご婦人もバラの美しい姿に「あら、キレイねー」と顔をほころばせていらっしゃいました。

こうした場所を設けてお花を愛でていらっしゃる平塚の方たちの心が伝わってきて、いい街だなあ、と思いました。

花を共に愛で、そうした公共の場を大切に思う心が平和の源泉ですよね。大切にしたいものです。

さて、講演では・・・・。

相場の話の枕に
「最近、顔がかぶれるし、ぎっくり腰になるし・・・」
とお話し、
これを元に戻る前提でとらえるか、いや、壊れていく過程ととらえるか、で相場にひっかけてみたものの、自分が思うほどには決まった枕話にならず、汗汗、いや、いや、もっとわかるようにお話しなければと思いましたが、
お客様は優しくて、うんうんとうなずいてくださったり、わざわざ埼玉から来てくださったり、たまたま、このブログを見てくださって株の話はあんまり分からないけど、来てみましたといってくださるお客様がいらしたり、「うちの母にお顔がそっくり」と親近感をもってくださるお客様などに助けられ、無事に講演は終わりました。

ありがとうございました。
f0073848_1740658.jpg

f0073848_17403052.jpg

こうした機会を設けていただいた「あかつき証券平塚支店」さんにお礼申し上げます。

25日・今日の日経平均株価は上昇し、講演で申し上げた銘柄も健闘しておりますが、
講演で申し上げる銘柄と分けたほうがいいかなと書くヤフーフアイナンスの銘柄はこのところ勝率が落ちており、頭が痛いです~。

講演では交通費と時間をかけてご来場くださるわけなので、何とかメディアで出している銘柄とは違うものをと思うわけですが、
ヤフーフアイナンスでは大勢の方と一緒に大勢の皆様が見てくださるスキームで寄付きと引け値で勝敗が決まるルールでの寄稿です。
上げが急なものは高値つかみを避けていただきたいために買い、買いとは書きにくいし、上げ過ぎたら利確優先をされたほうがいいと思うので売りスタンスを取るわけですが、
日計りで出すとだいたい、買いとしたものは高値寄付きで引け安で負け判定、翌日ならよかったのに、という展開になりがちですし、
売りとしたものは、安寄りしても引けに買戻しでしっかりし、これまた負け判定になるので、次第に勝率が悪くなっています。

銘柄そのものはその後展開しているものの、日計りでの勝負はなかなか難しいです。

また、先日のデータセクションの例では、ネットトレーダーたちには提灯がつくのを避けようとする動きがあるようで、日勝負で寄稿した日に、日中上げていても、引け間際にどんどん成り行き売りが出て、寄りと引けが同値で着地し、余計な提灯はふるい落とされた恰好に。日計りで銘柄を寄稿したので引き分け判定に。

しかし、翌日から再暴騰という展開になり、億トレーダーの動きにも気を付けなければな、と感じさせられました。

また、月勝負で出したメデイシノバは途中、爆上げしましたが月末に沈静化しこれまて負け判定。

いやはや、ホントになかなか勝率は上げられないものでございます。勝負師なのだから勝たねばならないのは当然で、体のガタピシも治し、月であろうと週であろうと、日であろうと、しっかりと勝率を上げなければなと思っているところです。

ま、あったかく見守ってくださいな010.gif

木村佳子のヤフーフアイナンス寄稿ページ

週勝負の銘柄メインにまた気を取り直し、講演とは違った銘柄発掘で頑張ってみたいと思います。

それはそれ、これはこれ。

講演でご紹介した銘柄の健闘が何よりです。また、今後ともいい銘柄を発掘してご紹介できたらと願っています。

# by yoshi-aki2006 | 2016-05-25 18:05 | 感謝 | Comments(2)  

決めたことを速やかに推進できる人に

広島のセミナーが盛会のうちに終了いたしました!
f0073848_11263135.jpg



この日は二部構成となっており、第二部は日本酒蔵元の澄川酒造場・澄川宣文社長のセミナーと利き酒会でした。澄川酒造さんは東洋美人が有名ですね。

利き酒会では大吟醸を5種いただいて味わうという趣向です。
f0073848_11414211.jpg

最初の一杯目はさらっとして飲みやすく・・・・。
f0073848_11424177.jpg

豪華なお料理も来て、飲みが進むのですが・・・。
f0073848_11433338.jpg

おや、ちょっと目の焦点がぼやけてきた感じが・・・・・。
f0073848_11443889.png

このまま飲み続けると、ちょっと酔ってしまうのではないか?????
f0073848_1145426.jpg

村四郎さんの蒲鉾がいまだかつてないおいしさで舌つつみを打ちつつ、心の中では「酔ってきた~、大変だわ~、しっかりしなければ~」と思い始めます・・・・。

全部飲むと大変なことになると思い、それでも、せっかくの機会ですので特に相性がいいと思えた大吟醸・地帆紅を少しずついただきました。

お客様はご見識の高い皆々様で日本酒にも大変お詳しく、味わって飲まれていらっしゃいました。


そこにどーーーーんと萩の長荘和牛さんのステーキが!
f0073848_11481017.jpg

とても柔らかく、どなたのお口にも合うお肉です。
堪能させていただき、もう、立ち上がることもできないほどお腹は一杯に。

さて、本日の表題、「決めたことを速やかに推進することの大切さ」です。
どんな人にもチャンスは平等にあり、それをつかむかどうかで結果は大いに違ってきますが、それでも運がいいとか悪いとか、思い通りに行かないこともたくさんあります。

しかし、「決めたことをしっかり速やかに推進する」。
それが大切です。

というのも澄川酒造さんの澄川社長は、最初、東洋美人を全国各地に売り歩く時、深夜バス3席分にご自身とお酒の席を二席とってコツコツと営業されてきたというお話を伺ったからです。
当時は東京でカプセルホテルに泊まっておられたそうです。
次第にお酒が知られるようになり、次、東京に来たときにはあのホテルに泊まれるようになろうと決めて、それを次々にランクアップさせて今日までいらっしゃったそうなのです。

で、今では大手企業さんからも引き合いが来る存在感のある酒蔵に。

ネットでババババーっと売れる日本酒もあるけれど、澄川酒造さんは「うちはこう売る」と決め、それを推進してこられたのですね。

そのお話を伺って、「こうやる」と決めたことを推進する力が大事だとつくずく思います。

「私もそうしようと思っていた」という状態と「すぐ」「速やかに」「推進する」ことの差は大きいです。

今日から、「決めたこと」は「速やかに」「推進」を。

とても勉強になりました!私もそうしたいです! 前をみて、ただ前を見て、(木村拓哉さんの言葉ですね)、やると決めたことは絶対に成し遂げようと思います。

この日在ったすべてのことに感謝します。
ブログを見てくださった方にも!

では、また明日!

# by yoshi-aki2006 | 2016-05-18 12:14 | ライフスタイル | Comments(2)  

角さん、あなたは偉かった!

東京近郊で「朝活株式セミナー」の講師を務め、
f0073848_2241286.png

一路、日経ホールで開催されたFP東京支部主催の継続研修講演会に初参加しました。

この日の講師JPモルガンの佐々木融さんの話を聞きたかったので、間に合ってよかったです!  
佐々木融さんは私と同じ「分析おたく(失礼(^^))」の匂いがしてちょっと嬉しかったです。
為替の見通しはほぼ私の朝活株式セミナーと同じでしたが、「どの道筋からどう説明されるのか」という点で、佐々木さんのアプローチに大いに納得する箇所がたくさんありました。

佐々木融さんの講演内容もさることながら、よく通る聞き取りやすい声をされていて、とてもよかったです。

ちなみに、佐々木さんや三菱UFJの 藤戸則弘さん、北野一さんなど一流の講演者は難しい話を的をついたポイントに集約されるので、プロのみならず個人投資家に人気があるのがうなずけます。


二部の講師は藤沢久美さん。タイトルは「為替の見通しとFPのアドバイス」。「えっ? 藤沢さんが為替見通しを話すの?」という点にまずびっくり(タイトルはご自身がつけたものではなかったそうです)。

それと、レジュメがない点にもびっくりしました。レジュメなしって講演者にとって、とても勇気がいることです。

まず、私にはできないなあ・・・。レジュメがない講演は。

もっとも講演内容はレジュメがなくても大丈夫なものでしたから、それもありなのかと思いました。
レジュメ作成に毎回、七転八倒する私にはうらやましい限りな講演スタイルです
(^^)。
一度やってみたい! いや、できない!(^^)

内容は、最初の1時間は「タイトル消化にご苦労されている・・・」と思い、「FPさん」という呼称にも違和感がありましたが、後半は適度に「FPさん」をヨイショされることにくすぐられ、ご自身がかかわる全役職や会議、知名度のある人たちの話を盛り込み、役に立つ内容でした。

特にダボス会議は「各国要人の密談の場」という話は前々からそう思っていた不思議な会議だっただけに、日本から要人参加の活動に携わる彼女がそう明かされることで、「やっぱりそうなのか」と思いました。だからと言って、彼女はそれを糾弾するとか、告発するわけではなく、そこで活動できていることがきっとご自身にとって「いいこと」「満足すべきこと」なのでしょう。
密談の場たる場所に日本から要人を担ぎ出す活動を推進していることより、「要人が集まる場所」に携わっていることに価値を見出しておられるからでしょう。

 この、はたから見ると不思議な感じ、ある種の可愛さが野心満々なオジサマらをずっこけさせ、ファンにさせる彼女の魅力なのだと思います。
 で、ずっこけさせて彼女のファンになったオジサマたちをばっさばっさ、踏み越えていくのがこれまたお見事なところ。

 陥りがちな女子道では、賢すぎる人はいきり立ったり、相手の非を責め立てたり、筋を通そうとか正しい病にかかったり、好きな人と群れたり、旗手を鮮明にしすぎたり、色恋に我を忘れたりと派手ですが、その分、無駄が多い。そして、できる女子は人からあまり好かれない。特にオジサマには嫌われる確率が高いでしょう。結局、やっていることが効果的ではないわけです。この点でも藤沢さんはお見事です。

 そして、彼女も声がいいですね。話し方も佐々木かをりさんと似て、滑舌が国際感覚で英語を使う機会が多いんだろうな、と感じました。

 マーケットにかかわるテーマの講演は命がけでやらないとバッサリ、思いがけないタイミングで相場や投資家に斬り込まれ、あっという間に大切なものをなくします。信用であったり、損失であったりです。
その超絶の痛みは経験した人間でないとわからないものです。腹水盆に返らずといいますが、油断していると今でも、そういうことはあります。そして、「あ、」という間に手から水がこぼれていきます。

だから、舐めた考えでマーケットに身を置くのは専門家も投資家もホントに危険なことなのです。

私も何度も何度も「片手間にマーケットを語れるような甘いもんじゃない」という経験を積んで、汗をかき、恥をかき、ここまできました。だから、というわけではありませんが、ほかの事は一切できない、狭い世界の一専門家にすぎません。

しかし、藤沢さんはそうした部分にはあまり拘泥しないで実にざっくりとしておられる。アナリストなら人前で拡散できない細かな数字がちょっと違っているとか、今はそうじゃなくなっているという金融情勢の差異をあまり気にしないでざっくり語る。
そのちょっとしたデータの「あららん?」が彼女のチャーミングさの源泉になり、人によっては「なんだよ、そのざっくり感は」と叱られる可能性もある中で、彼女の場合はいろんな他の要素との超絶バランスで「可愛い人」と受け止められるんでしょう。素敵ですね。

それと「どこどこ会社の役員をしている」「著名人や政治家と親しい」という類の話は自慢話に聞こえかねないので、どんなに著名人と交流があっても人に話さないとか、講演の話材として避ける人がいますが、彼女はいつもテレビや講演で上手に自己PRと聞こえない話し方をされる点で感心します。

以前はお上品な楚々とした美人感の強い人と感じましたが、だいぶ貫禄がついて、いい意味でちょっとすれて、べらんめえ調にもなられ、ある意味、人なれ、こなれて今、お付き合いされている人たちがどんな人たちなのか、彼女の立ち位置が見えてくる感じがありました。どうぞ、頑張ってくださいと思います。

アウトプットばかりしていると枯渇するので、こういうふうにたまに人の講演を聞き、脳みそ、価値観の違いを体感することはいい経験になります。

朝からジュースだけだったので東京駅で腹ごしらえし、さらに広島へ。
そして、あっという間に広島につきました。
便利な世の中になったものです。


四時間の車中で石原慎太郎著「天才」読了。田中角栄氏の物語。今、まさに田中角栄氏が提唱した通りのインフラが実現していることに感慨深いものがあります。それと、「そうか、ロッキードは思っていた通りのことだったんだ」と私なりに納得しました。


f0073848_245577.png

角さん、あなたは偉かった!

角さんが首相から退いてからこのかた、彼の「志」を理解し、その筋を通そうとしている政治家は果たしていただろうか?
それを考えられる成熟した国民でなければならないと思います。歴史上、かつて失脚した政治家の中にも恥辱にまみれて政権から去った人の中にも、おそらく、「ああ、そうだったのか」という知られざる真実が一杯あることでしょう。

私たちは賢くあらなければならないと思います。

物事の本質を見抜く力を持とう! そう思います。


というわけで新幹線は一日三食おうちごはんの家族+猫たんがいないので読書が進む進む(^^) 広島での講演も頑張るぞ!!(^^)


23日は平塚
6月7日は名古屋中電ホール
6月8日は八日市場に伺います。

詳細はこちらで!

# by yoshi-aki2006 | 2016-05-15 02:49 | 日々雑感 | Comments(3)  

地震の前に頭痛が激しくなりませんか?

熊本や大分で大きな地震が発生しましたがその前の2週間くらい、激しい頭痛がして、
「どうしたんだろう?」と気になっていました。

地震の後、知り合いのマダム達にその話をしたら、
「私も頭痛がした」とおっしゃる方がいました。

ここのところ、また、あの時と同じように激しい頭痛というか、磁石のs極とs極を近ずけた時に発生する反発の間に頭を突っ込んだような違和感を感じます。

家族が気圧計付の時計を買ったり、血圧計を買ったりしたのでいろいろ計測してもらうと、
眠くて眠くて仕方がない時は
血圧が上が93、下が59だったりします。

気圧が1000くらいだと快調ですが
低気圧で大雨が降る一日前くらい前から、頭がくらくらします。

地震の歴史を調べると1950年から1980年くらいは比較的静かだった日本ですが、1700年、1800年など毎年のように大きな地震が発生していたんですね。
1900年代は阪神淡路大震災でスイッチオンになったといわれます。

天地異変の動向を頭痛一つで予知するのは至難の業ですが、身体に出る兆しと注意深く向き合い、いざの時に備えたいものです。


さて、次々と講演が決まっております。
お近くに参りましたら是非お出ましくださいね。

最新スケジュール

# by yoshi-aki2006 | 2016-05-10 09:58 | アンテナ | Comments(0)  

タケノコの効用

タケノコをどっさり頂きました!

f0073848_13221034.jpg

さっそく煮物に!

f0073848_13231266.jpg

タケノコには食物繊維がタップリ。代謝を高めたい人にいいですね。
カロリーも少ないので量は気にせずいただけます。

えぐみが気になるかもしれませんが、私はほろ苦いあのえぐみ、割と好きです。

タケノコってどこになっているの? あまり気にしたことはなかったのですが、山持ちの方はこの時期、旅団をしつらえて山に入り、好き好きにタケノコを取ってもらって持って帰ってもらうそうです。

そうしないと、雨後のタケノコといわれるようにあっという間に大きくなって、日陰が多い山肌になり、ほかの植物が育ちにくくなるのだそうです。
f0073848_13281832.jpg

あら、タケノコ!と思う間に
f0073848_13295880.jpg

しゅるしゅると伸びていき、あっという間に竹林の構成員に!
f0073848_132977.jpg


f0073848_13315593.jpg

竹のあるところ、お水あり。水源の近くに竹林ありというほど竹は水が大好き。
f0073848_1354393.jpg

青々とした竹林は自然の恵みの象徴ですね。

さて、5月もあっという間に中旬に。
この後、相場の流れは変わると思いますのでいつまでも4月波乱の印象でいると流れに乗りそびれる可能性がありそうです。

5月14日10:00-12:00武蔵小杉ユニオンビル会議室、5月23日平塚15:30-17:00
株式講演でお伝えしたいと思います。
主催はあかつき証券さんですが、お口座がない方もご自由に参加していただけます。
当日、特に営業はありませんのでお気軽にご参加くださいね。

f0073848_13443014.png

(平塚のお申込みも同じ電話番号で予約していただけます…当日の飛び込みご参加も可能です)

# by yoshi-aki2006 | 2016-05-08 13:45 | 医食同源 | Comments(0)  

子供に習わせたいおけいこ事

今日の表題、こどもに習わせたいおけいこ事。

先日、お知り合いのお嬢様が牧阿佐美バレエ塾の公演でソリストとして舞踊され、また別の日にコッペリアの主役を務められました。
コッペリアは有名な演目で、バレエの技術だけでなく、演技力が必要で踊り手の実力が試されます。当日の舞台はソリストの美しさに加え、バレエ技術の確かさと的確な演技力で心から楽しめました。

「塾」の公演も、別の日のコッペリアもそれはそれは素晴らしい舞台で、若く才能のある人が努力によって磨かれ輝いている姿から感動とエネルギーをいただきました。

舞台に立つ人の美しさも輝いていましたが、来場者のご父兄、観客のみなさまも「わー、なんだか、まぶしい!!」と目をこすりたくなるようなキレイなお母様とお人形さんのような可愛らしいお子さん(たぶん、お母さんもバレエの素養があり、お子さんにも習わせているのでしょうね)、すらりーとした若い女の子が多く、とても華やかでした。


f0073848_10305660.jpg

お花もきれいでしたが、周囲の美しい親子ずれに思わず目を奪われることしきり・・・・。

下は3才くらいの小さい子供から男女ともに踊るのですが、どの踊り手もソリストを引き立てて、それなりにしっかりと演じていて、頼もしい限りでした。
こうした舞台経験は、舞台に立つまでのレッスン、立った時の所作、グループワーク、自分の持ち分をしっかり消化し表現する、など、社会にでても役立つ経験ですね。

スポーツもいいけれど、私なら男の子にも女の子にも、、バレエを習わせたいなと思います。
特に男の子はバレエやフラメンコがお勧めです。
バレエでは男の子が女性を上手にリートする役割がとても重要で支え方一つとっても、間違うととんでもないことになるので、要所要所でパシッと決めなくてはなりません。
相手との信頼関係になりたつエスコートは社会に出て女性と接するとき、非常にいい効果があると思います。

バレエでしっかりと体を使えるようになると姿勢が良くなりますし、健康にもいいですよね。
ちなみに、健康効果を意識して・・・なのかもしれませんが、意外にも、とある有名なバレエスタジオでは髪を7:3に分けたいかにもビジネスマン風の成人男性や50歳に近い男性もレッスンに励まれているお姿を拝見します(最初、アトムパンツにハイソックス姿のシニア男性レッスン生にどぎもを抜かれましたが、子供のころからバレエをされていた男性でしょうか・・・ね?)。

フラメンコという選択肢もいいと思います。フラメンコの男性舞踊はなによりかっこいいものです。男性でフラメンコが踊れるとモテ度は高くなると思います。
体への効果としては姿勢が良くなり脚力がつきますし、顔が精悍な感じになります。

洋ものはちょっと・・・という場合は、国際交流にも役立つ和の趣味、日舞はどうでしょう?
所作が美しくなり、着物さばきが決まればこれまた素敵ですし、姿勢もよくなりますね。
小さい時から日舞に励み、歌舞伎の子役に抜擢されるようなお子さんもいるそうですので、子供の適性を見極めながら、舞踊の趣味を持たせてみるといいと思います。

いずれにしても何か舞台に立つおけいこ事、がいいですね。立ち姿のキレイな人になれるおけいこ事がお勧めです。

f0073848_1036224.jpg

大勢の方に見られることで凛とした一輪の花のように磨かれるのではないでしょうか。


他に物事の成り立ちを理解するために
図画工作以外にお料理、裁縫、生け花なども習わせたいお稽古事です。
男の子でもお料理ができたり、生け花がいけられたら、素敵ですよね。


さて、前回の札幌講演でも触れましたが、
f0073848_9425632.jpg


円高が進行し、当面は103円までは覚悟しなければなりませんし、米国大統領がヒラリーさんに決まったらもっと円高は進むだろうと思います。

株式市場はもともと企業の業績向上を今の時点で評価する場所ですから、円高、業績減速であれば下がるのが妥当な姿です。

それをいろいろな金融政策で一時的に盛り上げたところで、難しいものは難しいといえますね。
消費増税も掛け声が大きい時は需要喚起になりますが、前回の駆け込み需要で一巡した耐久消費財はまだ賞味期限が来ていないため、効果は限定的です。

タワーマンションなどに相続税対策で殺到する人たちはその後、入居者が限定的であっても節税にポイントがあるわけだから、景気刺激と受け止める部分はオフして考えないと間違います。

というわけで、株式市場や経済は俯瞰力が大切です。
f0073848_9483887.jpg

視点を大きく持ち、間違わない投資をしたいものですね。

株式市場があげているときも下げているときも資産が増えている姿が理想です。
あげているときも下げているときも損しているようではレジャーと同じで、そこにいる間中、楽しんでお金を使うだけです。

理想的な投資を目指したいですね。

さて、5月14日土曜日・10時-12時武蔵小杉のユニオンビルでどなたでもご参加いただける講演会があります。
主催のあかつき証券にお口座がなくてもご来場していただけますので、よろしくお願いいたします。
f0073848_1014518.png


5月23日は平塚です。
f0073848_9511027.png

15:30-17:00 平塚プレジール

お持ちしています!

# by yoshi-aki2006 | 2016-05-02 10:37 | 感謝 | Comments(2)  

パナマ文書5月10日実名公表へ~日本企業、個人も

熊本地震でニュース性がかき消された感があったパナマ文書ですが、株式投資をする人にとって、ちょっと看過できない展開になっていますね。

ヤフーニュースによると5月10日実名公表の運びとなる模様です。

既に一部、報道もされていますが、日本企業、個人名も多数含まれているとのこと。
相場には侮れない材料です。

ところで、このところ、日本経済を揺るがすニュースが相次いでいる点がひっかかります。
日本経済の10分の一の規模を占める九州に災害被害が出たり、
三菱自動車やスズキにデータ問題が出たり、

そこにこのパナマ文書。

ゴールドマン・サックスなど有数の金融機関の決算が悪い時だけに、崩れ相場で大儲けしたいと考えているプロも腕を鳴らしているかもしれず、まだ、これでもかといろいろ、出てくる可能性はあります。

ちょっと用心したいと思います。

ゲーム感覚で投資を成功させているスキャルピング・トレーダーは「基本、日計りで一日完結型の投資が理想」としています。
持ち越して失敗した時は自罰するほど、厳格にトレード・ルールを定めていると言っておられました。

それが合理的な投資スタイルかどうか、ここ数か月、研究していたのですが、なるほど、今年のような変動の大きい相場では「含み損を抱えない」点でいいですし、「持ち越して明けてびっくり、追い証ラッシュ!」という展開にもなりにくいので有効性が高いように思います。

短期売買はちょっと・・・という方向けに有効性が高いのは私の提唱しているカレンダー投資法です。

札幌でお世話になった証券さんにも褒められました。
「あの投資法、なかなかいいよね。個人投資家にはもってこいです」と。

大ベテランがそう太鼓判を押してくださるのですから、うれしいです。

カレンダー投資法を単なる優待狙いの投資としか理解しない人にはこの投資法の極意が伝わっていないと思いますが、深く相場を理解すればするほど、カレンダー投資法の持つ戦略や良さがわかっていただけると思います。

さて、久しぶりの札幌講演は大盛況で、後ろの補助席にもたくさんお座りいただき、感激しました。
ありがとうございました。

f0073848_21465442.jpg

最近、まったくファウンデーションを塗らないため、服の白さが際立っております(^^)
f0073848_21472654.jpg

f0073848_21475837.jpg


次の講演ですが、五月は広島、武蔵小杉、平塚、六月は名古屋、七月は金沢、富山が決まりました。
詳しいことは順次お知らせしますね。

明日の日銀政策発表ですが、政策通の中原伸之さんが含蓄のある発言をされています。

中原伸之さんに以前、お話を伺う機会がありましたが、その懸念はリーマンショックとなって見事に的中しました。示唆に富んだお話を伺えて、2007年7月当時、とても参考になったものです。2007年11月の丸の内の講演で個人投資家さんにも警鐘を鳴らすことができました。

当時の懸念から顕在化までの時間を考えると、今回も「危機はすぐそこにやってきている」と思います。用心したいですね。

ちなみに個人投資家の出口戦略としての売りですが、
札幌の投資家さんでよく御来場いただく方が「売値をこうしたい」とおっしゃっていました。
私は「よい材料があっても売ろうと決断したなら、理想的売値にこだわっていては売り損ねますよ」とお話させていただきました。

売ろう、と思ったら、少々のことにこだわらず、さっさと売るほうが結果は良かったりします。
前述のスキャトレードの王者さんはそういうことをよくわかっている投資家さんだと思います。

細かく、美しく、完璧を求める気持ちは芸術には向いても
投資には向きません。

投資はざっくり本筋をつかむのがいいようです。

本筋から軸がぶれないようにさえすれば投資でも仕事でも大失敗はしないはずです。
キレイな偽物に騙されるリスクもぐっと減らせるのです。

では、よい週末を!

5月10日名前が出る可能性のある企業や個人名の情報で何かわかりましたら追記します!

ZAKZAKの記事

# by yoshi-aki2006 | 2016-04-27 22:00 | マネー | Comments(2)  

株式投資ここからの戦略

株式投資をメインテーマに個人の資産形成の知識普及に携わり幾星霜。

「実行・実現するのはあなたです。私ではありません」を基本骨子として
個人投資家が自ら学び、自ら行動を起こすために
今まで培ってきた私の経験から得た知識を誰でもがわかる使えるツールとしてお届けするのが私の仕事のミッションであり、使命だと思っております。

それを応援してくださるのは、私の講座を聴講しようとしてくださる生活者、啓蒙講座を開催してくださる組織、私の講座を聞いてご自身の学びを深めて、行動する場=資産市場=への仲介役としての証券会社、金融機関のお取組み、執行場所としての取引所があるわけですね。

 そして、資産運用対象として、あるいは幅広い社会のインフラとしての発行体企業、事業組織、一連の評価としてのSNS、情報インフラとしてのマスメディア、と位置ずけて、各所とよいお付き合いをさせていただいと願っています。

 各所とよいお付き合いをさせていただくことが回り回っては、生活者の資産運用環境を整えることに寄与できるものと信じます。

なので、セミナーを開催してもいいよ、講演してください、勉強会を開催したいと声をかけてくださる会社さん、担当者さんがいてくださると本当にうれしく思います。

さて、4月は人事異動もあり、3月末本決算後の今期経営計画、業績見通し、株主総会などがあるため、セミナー自体が基本的に少な目でどちらかというと6-7月に集中、という傾向があるのですが、
この度、東京・武蔵小杉でセミナーが決まりました。

●5月14日(土)
東京・武蔵小杉 ユニオンビル
午前10:00~
修了12:00
主催・あかつき証券
(あかつき証券にお口座がないお客様もご入場して頂けます)。

是非、奮ってご参加くださいませ。お申込み先など、また、近々アップさせていただきます。

ほかにも5月の開催のご相談をいただいておりますので、決まり次第、ご案内いたします。

(チャート カブドットコム証券)
f0073848_10444249.gif

18000円を超えられる環境には少々、時間がかかりそうですね。
詳しくは講演でお話ししたいと思います。

# by yoshi-aki2006 | 2016-04-25 10:39 | マネー | Comments(0)  

女性が知っておくべきスカートを踏む男の特徴~小さき男の病

女が知っておかなければならないことは「女性」を持ち上げ、揉み手をしてすり寄って来る男には今も昔も、基本的に用心したほうがいいのです。

そういう男は概して一ミリたりとも女性が活躍してもらいたいとは思っていないから。

いや、安倍首相の女性活躍推進政策にどうこう言っているわけではありません。安倍首相は国の就労者が減り続けると日本国はいずれ倒産してしまう=と、同時に同盟国のアメリカも非常に困ることを懸念されているので、高齢者も女性もみんなで働こう!とハッパをかけられているわけで、彼が女性蔑視でないことは奥さんの昭恵さんを見ればわかること。

アッキーは実にのびのびされているではないですか。

ただし、安倍首相以外であなたのまわりで「女性」をやたらおだてるような会社組織の人がいたら、ご用心めされよといいたいですね。

そういう男性の本心は?
女性がバリバリ働くのは大嫌いなのですよ。
そうした男性の頭の中の「働く女性」とは「妻」か「娘」のようなイメージであり、話す内容は基本「お花畑」的な事がよく、男を凌駕するエラソーな女などは絶対に認めないのです。
特に政治、経済、地政学、経営に対してグローバル戦略的な見識をもつような女は嫌いも嫌い。おそらく毛虫よりも大嫌いだと思います。

だから、仕事ができる女性、
仕事の評価が高い女性、
人気者の女性、
学歴の高い女性、
処理能力の高い女性、
なんでもできてしまえる女性、
悩む姿を人に見せない女性、
健康で丈夫でへこたれない女性、
先が見通せる女性、
資産や仕事に不自由していない女性、
夫がそれなりの人、家族が立派な女性、
持ち物、服装のクオリティが高い女性

などは嫌われ度が高いことを自覚して、ご注意召されよ。

もしも、そんな女性たちにアドバイスするとしたら、剛腕な女性であればあるほど、社内外にいる小さき男に気を付けることです。
小さき男は剛腕な女性のスカートを踏むチャンスを虎視眈々と狙っています。

そして、策を弄して、剛腕な女性を陥れ、うまくやれたと陰で喝采することで自らの小さなアイデンテティの安定を図ろうとします。

こんなことを思うのは
最近、異業種交流会で女性の部長や取締役とたくさんお知り合いになり、いろいろと聞くからですね。
こちらは年の功というか、最前線に立つ彼女たちを眺める場所にいる山姥みたいなものですから、
その悩み、苦しみはかつての経験から、よくわかります。

一ついえることは、剛腕の女性が小さき男にスカートを踏まれたら、
「ああ、この男は自らの精神衛生上、己の使える権力を最大限に使って、剛腕女性を料理したいのだろうな。それくらいしか、自分の力を確認するすべがないのだろうな」「会社や組織でのストレス解消法にそういうことをしないと精神衛生が保てないのだろうな」
と、まずはその小さき器を眺めて、笑う余裕がほしいですね。

小さき男は面とは向って剛腕女性に意見を言ったりはできないのです。だから、口先旨く、へつらい、媚びて、耳触りのいいことをペラペラと口にします。

しかし、己にはない能力を持つ女に対して、うらやましいのを通り越して、敵愾心はものすごく持っており
何とかはめ事を企画して、剛腕女性のスカートを踏もうとチャンスをうかがっています。

敵愾心を何とか隠そうとするあまり、「女性を応援したい」みたいな言葉を使って接近してきます。

剛腕女性は何でも見抜いてしまうので、その下心はわかるのですが、そのたくらみと小さき男のもみ手の小ささを笑うのは気の毒だと思ったり、その子供っぽさは可愛らしくさえ思ったりし、胸にあることは言うまい、気がつかないふりをしてあげようとかするのですが、

小さき男は自分の力を試したいのです。蟻のカマきり背負い投げのようなタイミングを見ています。

もしも、図られたなら? 逆上は禁物です。
何故なら、剛腕女性の逆上こそが小さき男にとって己の力の確認ができる最高のごちそうだからです。
エサを与えることはありません。逆上はそんな相手にはもったいなさすぎます。

おそらくこうした類の男は怖い母親に叱られながら育ったか、無視されて愛情不足だったか、モテ期がなかったかなので、母親や女性への代償行為として、憎い女性の象徴として剛腕女性を困らせて喜びたいわけです。

もしも、生きていくなかで小さき男の組織人に理不尽なことを仕掛けられたら、そんなことをしたことを100倍後悔させるようなスキームを正当な方法で打ち返すことです。

女の時代ともてはやされる時こそ、油断せず、
小さき男の姑息なやり口に、逆上せず100倍返しのパワーで真に有意義な仕事を通して世の中に佳きこと、善なるものを還元していくのです。

それができる女性こそ、「女性の時代」とおだてられても、木に登ったふりをして全体を俯瞰し、最善が尽くせる賢い人です。

姑息な小さき男を輝く強さで吹き飛ばす。
負けるな、女たち!
悩みを聞くたびにそう思います。

# by yoshi-aki2006 | 2016-04-24 00:54 | 生きる力 | Comments(0)  

熊本・大分地震・被害支援~できることから一歩ずつ

NHKアサイチを見ていたら岡山の男性(高梁市在住の高見さん)が福島・相馬で被災された方の犬のジョンを引き取り、大切に育て、アサイチに「元の飼い主さんに岡山にジョンがいることをお知らせしたい」(およそ、そのような内容でした)とFAXされて、それが元の飼い主さんに人を介して伝わり、ジョンと元の飼い主さん、今の飼い主さんが感動のご対面をするという映像をみて、大きな勇気をいただきました。
その番組のことが書かれた記事

何か自分にできることを一つずつ、と思い、今日、その一歩を踏み出せました。
堤さんのツイートで情報をいただき、出張で行ったことがある佐賀県武雄市に被災ペットの餌なをど受けてくださる場所があることを知りました。
f0073848_2134790.png


そこで、楽天を通じて、今の時期、猫には必要な毛玉ケア用キャットフードと固まる砂を何袋か、武雄市に送ることができました。

何故、最初の第一歩で気おくれしてしまうかというと、熊本に不用意に送ると、交通渋滞の一因になるかもしれないとか、不用な品かも知れない、と躊躇する気持ちが生まれ、行動そのものが迷惑かも知れない、静かに熊本産のモノを買うほうが支援になるかもしれない、などと悩んでしまうからです。

日本赤十字社への義捐金も東日本大震災や阪神淡路大震災の時、被災者に届くまでにかなりお時間がかかったり、いろいろな配分の基準があったりの問題点が週刊誌で報道されていましたから、自分の寄付が生き金になっているのかどうか、それも悩ましいものです。

 それなら、いっそ、笹川さんの日本財団のように現金一万円を何度も被災地にて被害に遭われた方に直接支給されたり、今回のように熊本城修復にポンと30億円みたいな具体的な支援が望ましいと感じます。

 でも、私の資力でできることは限られているし、どこに寄付するといいのかしらなどと考えると、悩みが深まり、その間にも、どんどん復旧が進んでいき、いつも「最初の第一歩」で出遅れてしまいます。そんな自分に余計悩ましくなったりして。完璧を目指そうとする足枷が自分を縛るんですね。やるからには完璧にと思い過ぎるわけです。

でも、今日のNHKアサイチを見て、岡山の男性のFAXに大きな勇気をいただき、何でもいい、完璧でなくても、背伸びしないでまず、自分にできることをやろう、と思いました。

具体的な支援が一番。
検索した結果、福岡に物資が続々と届いていると知りました。
何か、足りていないものは?とさらに検索するとツイートで堤さんの情報を知った次第です。

背伸びしないで少しずつできることから息長く。

何が足りていないか、どこに届くといいのか、関心を持ち続けたいと思います。

そして、今日は被災地にペットフードと砂を送ることからスタートです。
関心を持ち続け、できることをできる時に。

# by yoshi-aki2006 | 2016-04-21 21:10 | 公益活動 | Comments(0)