作られた「新しい戦前」、こりからの「作られる戦後どさくさ」に打ち勝つ資産運用

コロナ禍もウクライナ問題もこれまで起こった世界大戦の時のフレームにすっぽり当てはまる。戦争や疫病は過去、世界に人口オーナス、人口ボーナスを造りだしてきた。人口調節としても作用した。そしてそれが経済変動の源泉となってますます富み栄えた国と困窮国とを生み出した。
また、戦争には物価高騰がつきものだが、大インフレが起こることによって借金帳消し、つまり債務をなかったことにできる面がある。今まで国のカネでうまい汁を吸っていた人たちは食い逃げができてしまえる。そして、このフレームをわかっている人たちにとっては資産価格の変動、借金の事実上の帳消しがさらなる富の源泉となってマネー覇権を強固なものにできてしまえる。

我々生活者はぼやぼやしていると戦前戦後の困窮を味わうことになる。

ならば助かるためにはどうすればいい?
それには今起こっていること、これから起こることに備えて、戦前戦後、価値が下がらなかった対象や下がっても復活したものにお金を分散することだ。
日本の戦後では預金封鎖があったが、その時、株や不動産を買う資金だけは引きだせた。

そして、タンス預金は新札発行によって紙くずになった。

タンス預金より株式や不動産、金投資がずっとマシ、ということだ。
株式は折々、暴落に見舞われたり、時には投資した会社の倒産リスクもある。しかし、戦後に株価は復活している。
不動産はいつの世も買いにくい高額資産だが、一等地、駅近、ブランド地は価格維持力がある。
金は重い。火事に溶けてしまう。持ち去られた場合、善意の第三者に所有権が移ってしまうことがある。
しかし、タンス預金よりはましだ。

今の状況は戦後の大インフレ状況とそっくりだ。今後、新札切り替えなどでタンス預金は無価値になるリスクに備えて、納得できる資産に切り替えていくことをおすすめする。

【youtube 木村佳子の気になる銘柄】
今日のブログのテーマは水曜日コンテンツとしてyoutubeにアップします。

貼り付けているのは1月23日月曜日の動画で、個人投資家の銘柄選びの参考例について語っています。





# by yoshi-aki2006 | 2023-01-25 07:35 | マネー | Comments(0)  

内閣支持率を上げるには生活破壊をしない政治をすることに尽きる

北海道の酪農家の廃業が相次いでいます。牛の飼料代が上昇し、牛乳の価格は伸び悩み、牛の命を手放さざるを得なくなっているからです。
搾乳しても利益を生まないために絞った牛乳の廃棄処分に追い込まれている酪農家もいます。

一方で食うや食わずやで生活苦に陥っている生活者は日本各地にいますし、もっと栄養を摂りたいと思いながら金銭的な事情からかなわない人達もいます。
生産者と生活者両方が困っている事態を放置している政治ってなんなんだろう?

岸田内閣は菅内閣やかつての短命内閣と同じような道筋をたどり、支持率がいよいよ、内閣維持困難水域にまで低下しています。
支持率を上げたいなら、岸田氏が自ら動いて困窮している酪農家を救済し、もったいない廃棄牛乳やタダ同然で肉にされる牛を救うことです。酪農家の生業を助けつつ、困窮生活者に配分するなり具体的に動いてほしい。すると「生活者のことをわかっている内閣だ」ということで、内閣支持率はおのずと向上していくはずです。

廃棄処分のようなもったいないことをすぐにもストップさせて、例えば生乳を欲しがっている人、施設に配布する。高齢者施設でもいい、保育園でもいいじゃないですか。
そうした行動がどれほど、人々を国民を喜ばせるだろうか?
岸田内閣に足りないのはバイデン氏を喜ばせることではなく、国民を喜ばせること。バイデン氏は岸田氏を「真の友達だ」と評価したと伝えられていますが、バイデン氏は日本の酪農家を困窮させる一因となっているウクライナの現状を長引かせるかのような行動をとっている政治家ですよ。その政治家から称賛されても自国民に支持されない政治って切ないもんですよね。

ちなみに歴代の内閣はアメリカに配慮して、様々なものを輸入してきました。
武器、ワクチン、農産物。
外資に有利になる施策なら何でもしてきた。
反抗する政治家は政局にされたり、失墜させられてきた。
恐ろしい相手として、触らぬ神に祟りなし、ということでしのいできたわけです。

そんな腰が引けた政治家に代わって私たち生活者ができることは何なのか。
まずはミルク、バターの流通に今一度、立ち止まって何が国内酪農家を疲弊させているのかの現状を知ることではないでしょうか。
NHKのクローズアップ現代 2023年1月23日号でも問題点を洗い出しています。
https://www.nhk.jp/p/gendai/ts/R7Y6NGLJ6G/blog/bl/pkEldmVQ6R/bp/pYOm2qkqJz/
参考サイト
残念ながら、コメンテーターが発した重要な根本問題はテキストとして残っていませんが、酪農家の困窮状況を知る手かがりにはなり、問題提起の源泉として貴重な取材です。

酪農家 苦境のデータ

ところで、困窮している酪農家から直に乳製品を購入する方法はないのか。
どうしたら、支援できるのか? ふるさと納税で何とかできないのか?

農林水産省の「輸入ありき」の姿勢はどうやったら改められるのか?
農林水産省の輸入の理由
農林水産省

ちなみに昨今、牛回りの話だけでなく、鳥インフルエンザで日本国内で大変な状況となっているのはご存知の通り。
要するにアメリカの牛肉を食べなさいってことなのかしら?

生活者の一人として、そんなふうにニュースを見て思ってますよ。私はね。

そんなこんなの状況を乗り越えて、内閣総理大臣は生活者第一の政治をするに尽きる。
困難な中、戦えばそれは伝わるものですよね。
生活者はバカではない。
それを政治家が信じて、腰の引けない政治をやれるかどうかです。

一生懸命、バイデン・アメリカに配慮して、うまく調整してのこの惨憺たる内閣支持率の値なのてやってみる価値はあると思います。

国民のこうした具体的な現場の困窮に立ち上がってくれる政治家であれば、与野党問わず多くの人が支持すると思います。
私たち国民はバカじゃないんで、観るとこ見てます。それを政治家が信用できるかどうかです。


# by yoshi-aki2006 | 2023-01-24 11:29 | 提案 | Comments(0)  

新しい「戦前」説

金子勝先生が「今は新しい戦前なんだ」と発言されています。まさにそうだなと感じます。
ちなみに金子先生は日本の経済学者で立教大学大学院経済学研究科特任教授、慶應義塾大学名誉教授でいらっしゃいます。

たまたま、年末に放送されたNHK「松本清張 帝銀事件」12月30日、31日を録画していて、それを最近になって見ました。「なんと !」と触発され、それから憑かれたように帝銀事件や関連軍医関係、陸軍関係の資料、動画を見まくりました。

その結果、今のコロナ禍の状況と帝銀事件の背景にある細菌戦に備えた日本の軍医たちのかかわりに点と線のようなものを感じるようになりました。

当時の状況に触れておくと、軍医で細菌学が専門だった石井四郎氏は巧みに各国の研究所を視察する機会を実現させます。そして、「日本にも敵国の細菌戦に備えた研究をしなければだめだ」と軍や政治家に働きかけます。石井氏は以下のように説得に回ったようです。
「細菌戦は鉄砲、大砲で相手国を責めるより安上がりで確実。しかも、相手国のインフラが無傷で手に入る」(常石敬一著 消えた細菌戦部隊 海鳴社)

石井氏は石井氏を取り立てる政治家によって自身をピラミッドの頂点とする部隊組織を構築し、その統括になり、軍医として最高位・中将となりました。今でいうと各期でたった一人しかなれない事務次官といったところでしょうか。

しかし、多くの高級指揮官の例にもれず、敗戦色濃くなるといち早く日本に帰国。
そして、身を隠すのではなく、積極的に自身のおかれた立場を好転させる動きをとります。
米露との駆け引きに研究室での実験データを材料に、戦犯になることを免れ、軍事裁判でも裁かれず、戦後も富と権力を保持し続けたと言われます。
いったんとらわれると実験素材にされて二度と生きて研究所施設から出られなかった捕虜たちに関して、賠償も責任も倫理観も反省も遺族に対する補償からも遠く、罪を裁かれ服役した者や罪の意識に耐えかねて自決した人たちとは一線を画して、別の場所に立って恥じなかった石井四郎氏。
敗戦と同時に敵国だった米側GHQのエージェントになり、マッカーサー出迎えの際、今にも抱きつかんばかりに駆け寄った映像が残されている有末精三氏にも言えることですが、多くの人とロジックがまったく違う人物なんですね。
ちなみにそうした人々のありようを「悪魔」とする声があります。どんな人も生きて為した様々な行為は死して後世の人々に審判されつづけるわけで、悪魔と呼ぶ声があることはそう呼ばれる人々の名前とともに知っておく必要があるでしょう。

さて、この帝銀事件。
真犯人は研究所で取り扱っていた薬物を使っての犯行と疑われることから、冤罪の色濃い事件として逮捕された平沢氏が死してもなお弁護士有志達から再審請求がなされているのですが、
ここでは帝銀事件そのものではなく、「細菌戦だと相手方のインフラを無傷で手に入れることができる」という発想に注目します。

いまなお、コロナ禍で疲弊し続ける中国はつい最近まで大インフラ設備投資国でした。
そして2020東京五輪にむけて日本も大インフラ整備をしてきました。インフラは国富です。

こうしたインフラの整った国に感染がいまだ広まっているのは実に不思議です。
日本は世界で一番国民がワクチンを打った国なのに感染率が高いのはなぜ?
奇しくも両国とも超高齢化社会を迎え、ただでさえ人口減少が問題となっています。

過去、石井部隊は実際に大陸で細菌爆弾等を使用したといわれますが、今なら昆虫型ドローンが活用されたでしょうか。
そういえば大量には発生したバッタが一時期話題となりましたが、ああいう状況を利用した輩がいたのではないか? 
誰も証明できないことながら、不思議な符号を感じます。

仮にどこかのたくらみによる細菌戦によってその地に住む人々が減少すれば、だれが得をするのか。
100年人生を生きていくにあたり、金融リテラシーとしてそういうことを知っておくべきだと思います。

大阪の名門リーガロイヤルホテルがつい最近も外資に買われましたが、外資は2025の大阪万博をにらんで「儲かる」と計算してコロナで疲弊して撤退していく日本の経営から難なく資産を手に入れています。

コロナ以降、外資が日本の資産を買いあさっている例はリーガロイヤルだけでなく枚挙にいとまがありません。

となると、この「禍」で得をしている者がいる。
この「禍」を利用している者がいる。
細菌戦の側面から時系列でフォロー ザ マネーの観点で見直してみることが必要なのではないか。

円安政策をとり続けた安倍・黒田路線。
強いドルで弱い円資産をさらにコロナ禍でさらにお買い得価格で入手した外資。
次は円高で受け取り利益のドル換算での為替差益を膨らませる計画があるのではないか。2023年2月10日発表予定の次期・日銀総裁は脱・黒田路線をとる可能性が強いのではないか。

物価が驚くほど上がり、多くの生活者が売り場で買うのをためらっている姿を多く見かけます。
円高になっても値下げはなされず、企業には利益が生じることでしょう。
それを配当で吐き出させ、
ドル換算で為替差益も膨らませたい。
そう考えている運用者がいるとするなら、コロナはまさにフランス・マクロン大統領が「これは戦争だ」と叫んだような代物だったとみる視点が必要でしょう。


さて、私のyoutube概要欄には帝銀事件の背景に詳しくなれる明治大学 登戸研究所 山田教授のご講演URLも張り付けてあります。ぜひ、ご覧ください。










# by yoshi-aki2006 | 2023-01-22 11:30 | 事象観察 | Comments(0)  

おちおち住んでもいられない 住宅周辺の大問題 

どこに住むか、どう生活するかは私たちにとって大問題です。
そして、ようよう住む場所が決まったら心安らかに、子供たちは健やかに生活ができるよう自治体や政府もライフラインの安全と持続可能な環境を整備し続けてほしい。

ところがいま、悩ましい問題を抱える地域がそこここに。
まずは福岡県飯塚市の住宅街に現れた巨大太陽光パネル地域出現について。

私がこの問題を知ったのは朝日新聞の小川裕介氏が2022年10月23日 7時30分に伝えた記事からです。そこからさらに西日本新聞の水山 真人氏「あなたの特命取材班」で詳しい状況を知ることになります。

九州工業大学近くの白旗山付近に太陽光パネルを敷き詰めた地域が広がり、整備されていない斜面も見えていることから、周辺に住む人々が不安を覚えたり危険視しているというのです。
白旗山周辺の住民たちが閑静な住宅街を見下ろす山林一帯にメガソーラーができることを突然知ったのは2014年。
木々が切り倒され、パネルが敷きつめらたのが2019年。周辺住人の方たちが懸念していたとおり、豪雨の際には雨水が濁流になって、道路に流れ込み、くるぶしまでの冠水がみられたそうです。そんな状態が続けば、いずれ盛り土が崩れる危険もあります。
実際、工事中には盛り土が崩れたことも報道されています。

西日本新聞によると時系列では
事業者は当初、東京の住宅メーカー⇒住民の反対運動⇒土地所有者が変遷していく

福岡県森林審議会は15年に「継続審議」とした⇒16年に「災害防止などの条件は満たされている」と答申。県が開発を許可。
ちなみにこの時の県知事は小川洋氏です(2011年4月23日~2021年3月24日 2021年1月に発症したガン治療のため辞職)

しかし、当時、副知事だった現知事、服部誠太郎氏(2021年4月14日~)は県庁職員として総務も長く担当されていたたので事情はよくご存じだろうと推測します。

当時の小川知事は麻生太郎氏が支援した元通産官僚。
しかし、2019年の再選をかけた選挙の際には麻生氏は小川押しをやめています。
というのも前回と同様に共産党以外に推薦要望届けを提出し、非共産の与野党統一候補となることを希望していた小川氏は、
立憲民主党と先に政策協定を結びました。これを問題視した自民党は推薦見送りとなったわけです。何かここに「いうことを聞かんやつは応援せんよ」みたいな印象を受けます。
小川氏を代弁すれば「私は言いなりの傀儡政権は嫌だ」というところでしょうか。

背景にはJR九州や宿泊税問題での自民党との意見の違いもあったといわれます。

そんなこんなを熟考したのでしょうか。小川氏は事態を収拾すべく、2月1日になって「野党の代表みたいに捉える向きが一部である」「与野党対立候補に見られてしまう」として立憲民主や社民党など各党へ推薦願取り消しを求めたそうです。

とはいえ、自民党の重鎮、九州に影響力の強い麻生氏は、自民党福岡県連会長の藏内勇夫の推薦を取り入れ元厚生労働官僚の武内和久を擁立。
結果は小川氏が武内氏に大差をつけ3選し、藏内氏は自民党福岡県連会長を引責辞任したのですね。

その小川氏はくしくも2021年春に一気に進んだガンのため、72歳で病没されています。
うがった見方をすれば、国際経済の流れを意識する麻生氏はそもそもは元通信官僚の小川県知事とともに太陽光パネルなどの再生エネルギー事業を推進していく方向感があった。けれども、小川氏は自民べったりの人ではなかった。その小川氏亡きあと、副知事をつとめ、県庁生え抜きの実務派、服部氏はさてどうする、という状況でしょうか。
総務畑も体験されていることから調整力を期待されているんでしょうね。

現状は外資が太陽光パネル事業主となっており外国人投資家、外資事業体のコンサルには外国に本拠地を置く日本企業が携わっているようです。
飯塚市の市長は教育畑が長い片峯誠氏。

太陽光パネルは耐用年数が20年といわれます。メンテナンスのコストが収益に見合わなくなったり、災害発生時に大惨事となった場合の補償などの誠実性がどこまで担保されるのか、住人と市長、県庁と県知事、国としての外資に対する姿勢など、諸課題に取り組んでいく必要があるでしょう。

ちなみにかつて東日本大震災の時の内閣総理大臣 菅直人氏の執務室に孫正義氏は関係者と一緒に総理大臣室に入室し、太陽光パネル事業についての構想を話されました(総理の一日等に記されるほか、内閣府からのオンデマンド放送みたいな形での孫氏らの情報発信があったように記憶しています)。
その孫氏は福岡県飯塚市にかつて住んでいたことがあり、飯塚市とソフトバンクは教育事業で2019年に連携しており、教育畑で長かった飯塚市長との接点も感じられます。

また、株式会社 麻生も福岡県飯塚市。
株式会社 麻生といえば麻生太郎氏と因縁浅からぬ関係。

何か住人のあずかり知らないところで着々と進行しているビジネスプランがありそうですね。


長くなったので調布つつじが丘道路陥没問題は別コラムで取り上げることにします。

さて、福岡には3月11日予定で講演に伺います。主催は日本証券新聞で詳細が決まり次第、お知らせします。
月の動画貼っておきますね。


#日銀総裁
#福岡県飯塚市
#小川洋 福岡県知事
#太陽光パネル 白旗山

# by yoshi-aki2006 | 2023-01-18 07:36 | Comments(1)  

現場でありがたく飲んだ「白湯」

仕事で京都に行って日帰りで帰ってきました。
講演に登壇で京都というと華やかなイメージを抱く方もいると思いますが、講師は職業。京都という観光地で開催される講演であっても観光に行っているわけではないので、行って登壇してすぐ帰ります。

ところで仕事というのはまず、時間に必ず現場にいることがマスト、お約束です。

なので出張の時には交通工程をいろいろ考えるのですが、出張続きで新幹線のりまくりだと振動が腰に来たり座った状態が何時間もとなると筋肉が固まって体幹が弱まるし、声も出にくくなる懸念があります。飛行機便で行くことをしばらく続けていましたが、飛行機も乗るまでの工程が新幹線よりはお手軽ではない点で痛しかゆしですね。

必ず現場にいることを達成するには前泊が安全です。当日入りは交通関係の遅延で現場につけないことがありますからね。

しかし、ホテルが暗い、wifiが不安定、勝手が違い落ち着けないなどの課題もあります。

資料を前日、直前まで手直しするには自宅や事務所で真昼間みたいに明るくして、高速wifi環境で作業するスタイルが捨てがたいため、最近は始発で現場に行き、現地で朝食を食べて食休めの休憩の後、体操をして登壇というスタイルも取り入れています。

さて、現場で登壇前の朝食ですが、重いものは食べたくないので慎重に選びます。うどんやそばもいいのですが、店によって当たりはずれがあるため、まずい店に遭遇するとメンタルにきますので、これはパス。

今回は講演会場の真下にコンビニがあったので覗いてみました。以前はコンビニで買うものがほとんどなかったものですが、最近のコンビニにはいいものが出てきましたね。

今回、セブンイレブンで、「あ、これなー」と私が選んだのは
わかめおにぎり
きゅうりとイカとエンドウのサラダ。
タコとブロッコリーと玉ねぎのドレッシング和え。
そして、白湯。
現場でありがたく飲んだ「白湯」_f0073848_10270490.png
白湯を見つけたときはうれしかったですね。こういうものが飲みたかった。
冷たい水でなく、白湯がいい。

お茶や甘いジュース、コーヒーより優しくほっこりとできる白湯が何より。
味噌汁となると軽く済ませたいのに大事になるのでパスです。

京都限定レモネードとどっちにするか激しく迷ったのですがレモンは好きですが、甘い飲み物はからだの血管にあまりよくないといわれる加糖ブドウ糖が入っているため選択劣位に。

ちなみに加糖ブドウ糖が入っているものはなるべく買いません。
もし、どうしても果物系のジューシーなものを食したい時はミカンそのものを購入するほうがいいです。最近はミカンもコンビニに売ってますよね。やや値段は高いですけどね。

食はほぼ死ぬまでのお付き合い。
わざわざお金を出して体に良くないものを食べたくないですよね。それはおいしさより優先されるポイントだと思います。

なので白湯は商品化されてホント、うれしい。

わかめおにぎりは小食の私にしてみるとやや、量がありましたが食物繊維が取れたしミネラル補強にもなりました。
パンを選ばなかったのはグルテンを避けたかったからです。60分話しとおす場合、高速頭脳活動を要するわけですがグルテンはこのシーンには合わないかなと思いおにぎりにしました。ぱさぱさのおにぎりという先入観をいい意味で裏切ってくれてもちっとおいしいおにぎりでした。

そんなチョイスにマッチした白湯。「こんなのあったらいいなあ」という品が商品となって提供される時代に生きているってうれしいですね。
もっとも30年くらいは待っていたことになるんだけど。

いつの世もニーズを世代の違う人たちが製品化することになるのでどうしてもタイムラグが生じる。
ニーズ。
株式投資の世界でもものすごく重要なこと。

今、NISAを恒久化しようとしているけれど、この制度を必要としている人たちが利用しやすく、そして本当に株式投資してよかったな、という制度に向上していけるように多くの人と研究し、現場の声を制度に届けていきたいと思っています。

というわけで、家では濃い目熱めのガツンと来るコーヒーを。

明日は石川県金沢に。
どなたでも参加していただける新聞社主催のセミナーです。
https://www.nsjournal.jp/seminar/20221217kanazawa/

12月17日(土)<石川・金沢> Kids Smile Holdings、アイリックコーポレーション 会社説明会 株式評論家 木村 佳子 氏による株式講演会 | 日本証券新聞 (nsjournal.jp)

現場でありがたく飲んだ「白湯」_f0073848_10414771.jpg
#白湯
#アサヒホールディングス 天然水白湯

# by yoshi-aki2006 | 2022-12-15 11:02 | アンテナ | Comments(2)