老親介護の現場から



本日の動画更新しました。

さて、表題です。
「腰が痛い」
「病院に行きたい」
というので、老親を病院に連れて行きました。
すっかり足が弱って杖がないと歩けない母。

運動の習慣がないので、内臓を格納している腹膜もゆるんで、大きな氷嚢みたいな体の安定性が悪く、見ている側がヒヤヒヤします。
道の端を歩けば邪魔にならないのに、巨体がよろよろと道の真ん中をスローに歩くので、支えるこちらも気が気ではありません。そんな中を自転車が信号無視して突っ込んでくるし、自転車を運転しているのは分別盛りの年齢の人だったりするので、
なかなか生きにくい世の中だなあ・・・・と思います。

さて、病院にたどり着き、見てもらうとどこも悪いところはナシ。
しかし、ここでも問題が・・・。
ほとんど耳が聞こえない状態なのに、補聴器は嫌ということで装着していません。
そして、医者のいうことに聞こえていないのに、「はい、よろしくお願いします」となんでも全肯定してしまうので、悪循環が発生してしまいます。

今回の不調は
別の病院で「眠れません」と言って睡眠導入剤を貰い、それが効いているのに夜半、トイレに起きて、フラフラして転び腰を打ち、
今度はトイレに起きないようにしたいということで頻尿を抑える薬をもらい、そのせいでか、膀胱炎にかかって別の病院で診察を受けたという次第。
病院によっては医者と調剤薬局が親族経営で大量に薬を出すところがあり、そっちで睡眠導入剤をもらい、頻尿を止める薬ももらって、転んだり、膀胱炎になって別の病院に行くという悪循環。

「そんな病院に行くんじゃないよ」と言っても、「話術が面白い」とか、「これを飲めば大丈夫」とか安心させてくれるので彼女にはよき相談相手であるという。

今回伺った別の病院の先生は私から見ると良心的でお薬も最小限度にとどめてくれたし、治療や医療費用も適切でした。

しかし、話し相手がいない中、病院の先生で話が面白い、薬をたくさん出して安心させてくれるとなると権威を崇める傾向がある老親には、頼りになる相手と映るのでしょう。ほっておくと、その薬漬けの病院にまた行くな、と感じました。そうならついていき、医師にお薬の出しすぎをやめてもらうようにしなくては・・・。

病院が終わると、買い物です。売り場で「ここで待っていてね」とくぎを刺しても目を離すとフラフラ売り場を歩き、ちょっとでも値下げシールを張っている現場と出くわすと、買わずにおられない昭和主婦のサガにこちらはイライラが倍増。
しかもレジをすませて袋に詰めているところに「ほら、半額になっている」と持ってくるのには参って、「ダメじゃない、私に見せる前にレジでしょ。ちゃんとレジに行ってお勘定してきて!」と厳しめに言うことに。ほとんど、自分の世界にいる点で赤ちゃん返りしていると感じます。
周りが見えていない!

とはいえ、講演でマイクなしの会場でも楽々大丈夫な私の声量で老親に指示すると、鬼娘が老親を怒鳴りつけ、いじめているかのような印象に。まったくなあ、、、、、、。

ようよう買い物が終わって「こんな大荷物を抱えて帰るのか」とげんなりしているところに、外食には意欲満々で「家では作れないものが食べたい」ということでお店屋さんに入ることに。
エビチリ定食を頼んでおいて、「ちりちりしていて食べられない」というので「ちりというのは赤唐辛子が入っているに決まっているじゃない」とたしなめると、「えへへ」とか言っている。
別のものを頼むと、まあ、よく食べること食べること。

食べることしか楽しみがない、といえばそうだろうけど、見守り側は本当に疲れます。一日でこれだけ疲れるのだから介護の仕事の人の忍耐には頭が下がります。

さて、食事中、「かいへるさんですか」と聞かれました。「は? ああ、介護ヘルパーさんの略称ね」と気が付き、こういう二人ずれは珍しくないのだな、と思いました。

ああ、自分も老いていくのに老親、老家族の世話をしながらの仕事の日々。
おかれた場所で咲きなさい、といいますから、がんばりましょうとも。

さて、株式市場の報道に惑わされるべからず。
大幅に値下がりしています、売られています、とやたら伝えらますが正確には買いが少ないだけ。

夏休み、香港問題、米中問題、北朝鮮などの不透明要因が多いため、買い意欲が少ないだけで、売り殺到ならもっと大幅に下がるはず。

マインドと軸足をしっかり保ち、自分の持ち株をいかに高値で売り、目当ての株をいかに安く買うかに集中です。
木村佳子チャンネルは8月13日火曜日も更新中。
ぜひご覧くださいね。
木村佳子チャンネル




?



# by yoshi-aki2006 | 2019-08-13 12:25 | シンキング | Comments(0)  

今日も「木村佳子チャンネル」で動画更新いたします!

毎日、暑いですね~。
そんな中、連日、ニュースが多いのでゆうちゅぅぶの「木村佳子チャンネル」ではネタがつきません。助かってます!101.png

7日水曜日は「木村佳子の経済都市伝説」12時更新、「木村佳子の3分間で気になる銘柄」15時更新です。



今日も15時に上記リンクのような短い番組が更新されますので、ぜひ、ご覧くださいね♪

# by yoshi-aki2006 | 2019-08-07 10:11 | お知らせ | Comments(1)  

木村佳子チャンネルできました!

ゆうちゅうぶに木村佳子チャンネルができました!
月~金の15:00~動画更新します。
第2回目は
f0073848_08531672.png
です。

8月1日は正午更新で「月刊 木村佳子」、
15時更新で「木村佳子の気になる銘柄」です。

勉強したことをどんどん皆様に還元していきたいと思います。
よろしくお願いしまーす!


# by yoshi-aki2006 | 2019-08-01 08:57 | お知らせ | Comments(0)  

猛暑克服!

ああ~、毎日すざまじい暑さですね~。
つい先日までの梅雨寒がウソのようです!

あまりの暑さに冷たい飲み物をということで、
私はせっせとお酢ドリンクを作って飲んでいます。

かち割氷に三温糖、レモン、そしてお酢、お塩少々を入れてドリンクを作り一日に何度か、飲みます。酸っぱさにしゃっきりし、すっきりします。

タオルに包んだ保冷剤で首まわりを冷やすこともしています。
レジュメを作ったりするときに頭がヒートすると具合が悪くなるので、頭を温めないように首回りの血液から冷やしている次第。
外出する時も首回りに保冷剤をスカーフなどに巻いておくと、熱中症予防になりますね。

食欲は衰えがちなのですが、きゅうり、スイカのようなさっぱりした夏食材を食べるようにしています。

スイカはリコピン、ビタミンC、βカロテンなど抗酸化作用成分が多いほか、血管の働きを高めて、むくみ解消にもいいので積極的に。
きゅうりもカリウムを含みむくみ解消に効果的。

そして、お高いのですが、うなぎも。
今年のうなぎは一段とお財布にパンチなのですが、
体力をつけるにはいいかも。

しっかり体力を蓄えて、夏場を上手に乗り切りたいですね。
何しろ、まだ夏は始まったばかり。
7~8月はもちろん、
9月秋分、いや10月くらいまでこんなふうに暑いと思われます・・・・。

が、この暑さについ見落としがちですが、
子供服のマザウエイズが突如、倒産したり、有効求人倍率が二か月連続で低下傾向と
景気は減速気味で、秋の気配が感じられるようになるともっとこの類の話が増えてくると思いますので、要警戒ですね。
そんな中、どう投資していくかについては8月1日正午公開の「月刊 木村佳子」でご確認くださいね。

月~金更新の「木村佳子の気になる銘柄」の動画も始まりました!

チャンネル登録のボタン、よかったらぽちっと押してくださいね!

最新号

というわけでリアル講演は8月5日札幌すみれホテルです。
詳細はこちらです

では、明日もがんばりましょう!!


# by yoshi-aki2006 | 2019-07-30 20:42 | 工夫 | Comments(1)  

吉本興業問題、芸人焼け太り現象

「もう、いい加減食傷・・・・」というほど、連日、吉本興業問題がワイドショーなどで取り上げられています。
もっと世の中に大事なことがたくさんある中、
吉本興行問題はほぼ、連日どの局をも席捲。

しかし、大真面目に取り上げている番組を観ているうちに

次々にインタビューされる芸人さんが知らない人ばかりなことに気がつきました。

「へーえ、こんな名前の芸人さんがいたのか・・・」と思うとともに
「この機に乗じてタレント売り出し作戦に打って出ている」ように見える吉本戦略に
「やられた?」
と笑う羽目に。
「あほらし~、よういわんわ(関西で呆れた、やられた~みたいな意味)」ということで、

転んでもただでは起きない吉本興業。まずは軌道に戻れた?

そんな中、宮迫さんが金塊強盗から写真を一緒に撮っただけではないらしい、という情報に吉本は戸惑い、契約解除を解除する話は解除するかもしれなとのFAXを各社に送信したりして、まだ騒動は収まる気配はないようです。

ちなみにヤフーリンクで見たニュースの中に
宮迫さんの住まいは家賃100万円とか
宮迫さんの趣味が高級時計コレクションとか
がありました。

もし、それがホントなら、そんな生活感覚が宮迫さんの今日を招いたのでは?と思いました。

私が宮迫さんからアドバイスを求められたとしたら、
家賃100万円の賃貸からは即刻、退去するように助言します。
高級時計コレクションは封印したほうがいいとも言いますね。

これから10年は冷や飯が続くと思うから。

宮迫氏が反社からお金をもらっていたことを隠し、会社にウソをつき、あとで実はもらっていたと明かしたうえ、会社の仕切りでの記者会見は信用できないとして記者会見を強行し、
その結果、芸人6000人、社員900人の仕事に影響を与え、
社長を衆目にさらさせ、結果的に泣かせるような事態にまで追い詰めたことは
「どんだけ身勝手なの?」
と言われても仕方がないことです。

「謝ってどうしたいのか?」
という展望のなさとともに
「100万円の家賃、高級時計コレクションの趣味」
なる行動様式が
「それが、そもそもアホでしょ」
と言われてしまう。

家賃100万円?
そういう行動様式に目をつけて近寄ってくる人がいる怖さがわかっていない。
維持するために金に困っているだろうなと値踏みされて餌をぶら下げて接近してくるヤバい人も世の中にはいる。

高級時計を身に着けている様子を見て、
「あ、この人、見栄っ張りだな」
と思う人が
「この見栄っ張りには断ることができない弱さがあるぞ」
と難題をごり押ししてくることもある。

そういう怖さがわかってない人なんじゃないのかな。

「どう思われてもいいんだ」という強さが宮迫さんには欠けていた気がします。
嘘をつくのは「いいかっこしい」だから。

いいかっこしい、は、だいたい分が悪いもの。
まずは家賃100万円の家から出て、これからの厳しい生活に目を向けてもらいたいもの。
ぬかるみにはまったら手を差し伸べてくれる人が必要。
家賃100万円の部屋にすんでいる人に仕事を世話してやろうと思う人は少ない。


手を差し伸べてもらうには、相手から共感される行動様式を取ることですよね。

さて、ゆうゅうぷ動画を更新しました。


8月2日は大阪 千里阪急ホテル(産業組合様むけ講演)、8月5日はさっぽろすみれホテルで日本証券新聞リサーチ主催で講演です。

ぜひお越しくださいね



それはそうと、反社と知らずに取引問題は吉本だけでなく、どんなタレント事務所もプロダクションも注意しなければならない問題で、知らずにタレントを起用しているメディア各局もたいがいにしておかないと、飛び火してくるリスクが意識されるところ。





# by yoshi-aki2006 | 2019-07-27 05:26 | 事象観察 | Comments(0)  

吉本興業騒動でメディアも何も論点ずれまくり

吉本興業の岡本昭彦社長の記者会見を見ました。
ここまで言葉を費やして、語られる内容は少ないという歯がゆさがありましたが、メディアの質問も的外れだったと思います。

まず、弁護士を立てるということは、
「もう直接、当事者同士は話し合いしません。今後は弁護士を通してください」という意思表示にほかなりません。
それをしたのは宮迫さんと亮さんだったので、会社は「家族と思っていたのに、もう、弁護士を通してしか話をしないというのは何だとがっかりした」のでしょう(宮迫さんの会見で、会社が悲しがっているという説明を聞いたというくだりはここに呼応します)

しかし、メディアの記者は「どうして宮迫さんらと直接、会わなかったのですか?」と岡本社長を追求していました。
弁護士を立てる意味合いがわかっていないんですね。

宮迫さんは初めての経験だったので、弁護士を立てる意味を解釈間違いしていたのでしょう。
弁護士が「まあまあ」とその場のサポーター役になってくれるものだと思っていたのだろうと思います。

まさか直接、社長と話し合いができなくなるとは思っていなかった。
だからあわてて、弁護士さんに降りてもらった。

この時、業界の大物で社長とも話ができる民間人を仲介者にしていればもっと違った展開になったかもしれません。

しかし、そんなことよりも何よりも、ことの本質は違っています。
まずは反社会的勢力と金銭授受があった時点で、会社はアウトになる崖っぷちに立つことになるのに、
反社会的勢力の仕事を仲介したカラテカの入江慎也さんが吉本の芸人に闇営業をさせていた事実を知らなかったことです。

だから、コンプライアンス チェックを徹底します、という話になるわけですね。

ご存知のように反社会的勢力と取引がある会社は公的機関との取引全面停止、ほかの民間企業との取引も解除され、たちまち営業が成り立たなくなる会社存亡の危機に立たされます。

しかも、その会社の株主に多数のテレビ局が入っているとなると、
株主のモニタリング能力も問われることになるわけです。

すると、そのテレビ局が上場している場合、今後、海外などのアクティビストが株主として登場し、その経営陣の不備を突き、どんな要求をしてくるかもしれないわけです。

さらに、所属の芸人が闇営業で100万なり、なんなりを受け取っていたのなら、税金問題が発生します。誰がどのような格好で税金を納めるのか?
法人なのか、個人なのか?

宮迫さんらはまさかそんな重大事案につながるとはつゆ知らず、
入江さんから言われて現場に行き、芸して金をもらった、打ち上げでうまいもの食べた、飲んだ、臨時収入、おいしいなあ、
ということだったのだろうと思います。


だから、写真がマスメディアに出るとわかった時点で、金をもらったのかどうだったのかは絶対に正直に言わなければならなかった。

もし、金をもらわずに現場に行っただけなら、
「人脈商売をしているカラテカの入江慎也さんから、来てくれといわれて行ったけど、相手がどんな人か知らなかった。すみません」
ということで芸人としての明日があった。

しかし、「もらっていなかった」「いや、実はもらってました」では、
再々、そのような反社の人たちの宴会に行き、付き合いがあり、金銭授受があったのではないか、
だから、隠したのではないか、
会社もそういう反社の方たちとの付き合いがあるので黙認していたのではないか
と世間は思う。

嘘をついた時点、金をもらっていないといいながら、あとで実はもらっていたという事態がそれまでとはまったく違ったロジックになってしまう。

もはや、芸人数名の問題ではなくなって、会社の問題に拡大されて、しかもどこまでその話が膨張して破裂するか、わからない事態になっていった。一気に吉本興業、民放、仕事を依頼していた公的機関、海外企業も巻き込んだ、吉本興業・存亡の危機問題に核心が変わってしまったわけです。

そういう状況なのに「俺が一刻も早く謝りたい」「謝らせてください」とせっついた。
宮迫さんも亮さんももっと大きな視点で今回のことをとらえる視点が欲しかった。
いくらでも謝罪の機会はその先にあったろうと思います。
筋を通して、ロジックを整えて、会社も芸人も生き残るための会見を準備しなければならなかった。

それがわからないんですねえ・・・・・。

人間というのは本当にむつかしいなあ。
では、会社が用意したテーブルに宮迫さんが戻ったとして、芸人・宮迫さんの明日があるのだろうか?

今回の選挙で例えるなら、山本太郎さんのように、捨て身で気概、気骨を見せる世の中力があるのだろうか。
しかし、考え直せば、崖っぷちに立つ、いい機会を与えられたのです。
満杯の劇場に立つ機会を今回の騒動で作ったのです。
大勢の人が宮迫さんらの明日を観ている。

だから、ぜひ、次はあのような会見での姿ではなく、うわあ、すごいなあとうならせるような芸を見せてほしい。
会見の時の自分を吹き飛ばす、素晴らしい芸人として人として、満杯の観客席に登場してもらいたいものだと思います。








# by yoshi-aki2006 | 2019-07-23 09:54 | 事象観察 | Comments(1)  

吉本興業の危機管理術

宮迫博之さんと田村亨さんの記者会見を見ました。

やはり芸人さんは笑わせてナンボの世界に生きる存在です。

あのような謝罪会見をしてしまえば、本人は正直に全部を話して、すっきり感はあるかもしれませんが、
芸人さんとしては「明日、どの面下げて人を笑わせるのか」という点で、会社は商品である芸人にシリアスな記者会見はさせられないという強い思いがあったと思いました。

それに気が付く芸人であれば、謹慎して静かにしていたと思います。

「それができなかった」という点で会社が、「ああ、残念だけど、もはやこれまでだなあ」と思ったことはよくわかりました。

そういう状況すべてを一番わかっていないのが宮迫さんという人なんだなあ、とも思いました。

認識の残念さ・・・・。

画面に芸人として登場されている時から、ちょっと何かずれている感じがしていた方でしたが、今回の会見もやはりそのずれ感は解消できませんでした。
会社員としての芸人さんには向いていなかったのではないかと思います。
そもそも芸人さんは過剰利他精神で人を笑わす人でなければなりません。
謝らなければ気が済まない、自分の気持ち悪い感が何より最優先するのなら、
「人間・宮迫博之さん」「いい人・宮迫さん」として、これからやっていかれるということなのでしょう。

しかし、謝ります、すみませんでしたと100回、1000回繰り返したからといってやってしまったことがナシになるわけではありません。そして謝っている現在の私が「いい人」として認められるわけでもないと思います。やはり、「それだけの事をしてしまった人」であることに変わりはありません。

会社は「商品としてのタレント価値」を守るためにそれなりに動いてくれていた。そのためには「謝らないと気が済まない」という思いをじっとこらえて、世間からバッシングされたり、白い目で見られ続ける気持ち悪い感に堪え続けなければならない。そして、それでもなお、動いてくれている会社にこうべをたれ、いつかこの借りを返そうと思う、それが謹慎ということでしょう。
自分が思っている自分と今、世間が自分を認識している自分は違うんだ、と今の今、声を大にしていったところで言い訳がましいだけです。
その理屈がわからないという点で、会社としてはもはやお手上げです。

「いやあ、食えなくて闇営業してしまいました。人を見る目、相手を選ぶ目が私にはありませんでした。それを嫁にいったら、それを私に言うんかいとえらい怒られてしまいました」と笑わせ、呆れられながら芸人として出てこられる日もあったのに。あの面構えであれば悪役俳優で売り出すこともできたのに。

でも、食えなくて闇営業という話は宮迫さんの場合、違うでしょう。女性といろいろあったり、派手なお店に出入りもしていて飲んだり食べたりの機会が多いようなのに「食えなくて」「家族もいて生活が・・・」という話は通りにくく、やはり、金が欲しくて社会人のルールを逸脱したと思われても仕方ない。ばれた時に潔く、スンマセンと認められてもいない点で嘘もばれて、その上、記者会見させてくれ、では会社としては受け入れられなかったというのは理解します。

女性問題、闇営業、金塊強盗犯人との決め写真・・・・。

飲んで食べて、いいことして、ばれた、嘘つく、それもばれて、謝りたい、すみませんで明日があるの?
会社が「将来の明日」のために動いていたことを理解していない。

自己管理を厳しくできなかったのか、芸人、テレビ出演者としての派手さと私生活との区別がつけられなかったのか、分別盛りの年齢としては残念過ぎる。

周りに甘えさせてくれる人、会社が多かったんでしょうね。

田村亨さんと宮迫博之さんはちょっと何かが違うなあと感じましたが、
いずれにしても「吉本の商品としての明日」を自ら摘んでしまっていると会社には映るので「契約解除はやむなし」だと思います。

会社は様々な人を扱うという点で、会社が社員のためによかれと思って対処しても、すれ違うというリスクをどうしていくか、という課題がありますね。

会社に属す以上、会社に属するルールは守らなければならないと思います。
会社に属しておいしいところはもらいたいけど、会社が知らないところでいろいろあって、ばれて事態の収拾で会社の敷いた路線は歩けないということなら、もはや会社はお手上げです。


飲んだり、女性といろいろあったり、闇営業したり。人間ですからいろいろあるとは思いますが、

記者会見も「そんなはずはなかった。そんなつもりはなかった」ということでないようにと願っています。


島田 紳助さん、横山やすしさんのように惜しまれ続ける芸人さんとは何か決定的に違うと感じたのは私だけでしょうか?









# by yoshi-aki2006 | 2019-07-21 01:47 | 事象観察 | Comments(0)  

生活が苦しいと感じている人57%の衝撃

生活が苦しいと感じている人の割合が6割に迫るってすごいですよね。厚生労働省が発表した国民生活基礎調査から浮かび上がってきた数字です。

年金生活者が増加していることと働き方改革で残業代が減ったこと。
そして、どんどん生活関連費用が値上がりしていること。

おまけに消費税が上がること。

誰しも「ちょっとなあ・・・・」と用心する気持ちになりますよね。

私も「食品関連の値上がり」とマンション、事務所などの管理費や修繕積立金が値上がりして、いずれもランニングコストなので、痛いなあと感じます。

日々に直すと、結構な支出になります。

家族持ちの方とお話すると、家に退職夫なり小さい子供なりがいて、三食おうちごはんの場合、全部を作っていると妻は悲惨な状態になるので、外食も取り入れて自分の体や時間を大切にしたいのだけれど、費用のかかることゆえ、毎度毎度というわけにもいかず、自炊もやむなしだけれど、作っているコストを計算すると、販売されている総菜をアレンジするのがもっともコスパ面でいいかも、といいます。

少人数分、毎食自炊はいろんな意味で大変。まったく同感です。

毎食分の買い出し、保存、料理、ゴミ出し、健康管理、支出管理などを勘案すると、販売されている総菜に豆腐や厚揚げ、揚げ、野菜、適宜の魚介、肉、根菜を使って濃いい味を薄くするなどのアレンジ料理が一番いいかも。

ただ、外売り総菜はどうしてもプラスチック容器のゴミが出るのが悩ましい。ブラゴミは洗って出すようにといわれているので、洗い物が減るわけではありません。

少人数での食洗器利用はかえって手間なので結局手洗い。食器洗いを家族に任せるとたいてい高い食器ほど欠けさせてしまっているので、自分でやるほうがいいということになり・・・・悩みは尽きぬよ、どこまでも。。。。

そんなこんな生活の悩ましさを抱えつつ、所用あって事務所近所の大きなコンビニに行くと、まあ、なんと充実したスペースであることよ~。

空調が効いており、小腹満たし系食品が販売され、イートインがあり、電源ちゃんも用意されており、ワークスペースもある。ゴミ出しはその場で済み、コピー、FAX、自分会計レジ、ATM機があり、今すぐほしいものをスマホやPCで注文すれば支払機もすぐそばに・・・・。

ああ、いっそ事務所をここに移設したいくらいだ~。

それくらい充実したノマド用スペース。コンビニの進化系ですね。イオンなんかもやればいいのに。施設はできるだけパブリックスペースを増やしてほしい。そこで落ち着けば、買い物もするんだし。疲れていれば早く帰ろうとお店はパッシングしてしまうから。

コンビニのイートインは店に入って注文して、会計して、という外食プロセスや
素材を買って調理してゴミ出しして食器を洗い、シンクも磨くという自炊プロセスを全部省けてしまえて体も休まるので魅力です。

いっそ事務仕事をコンビニイートインですまし、諸経費値上がりが続く事務所は貸し出してインカムを増やさねば~と考えたり、

貸すと汚され、リフォーム費用も半端ないし、貸すくらいなら手放したほうがいいかも。。。と、心は揺れますねえ。
何しろ、老後資金は必要ですからねー。


以前はカフェ費用やちょっとしたプチ散財は息抜きでしたが、
今は
値上がり続く諸経費を考えるとプチ散財を減らして、最適コスパ生活を研究せざるを得ませんね。

しかも自分の寿命と相談です。

いつ死ぬのかわからんのに、ケチケチすんな、どうせ長生きしたとしてもあと×年と思う気持ちと

いやいや、どんだけ生きるかわからんのに、今、バラバラお金を散財していると後でキリギリス、と思う気持ちとがないまぜになって、とても複雑です。

「国民生活基礎調査」の生活が苦しいと感じている人が6割に迫っている背景には収入曲線が減っていく中で値上がりラッシュが続き、かつ、高齢化問題があるからだと思います。

参議院選挙前にそういう実態を問題視する空気が生まれていないのは人口動態の影響があるからかも。

高齢者も中年も若者も「羊たちの沈黙」状態なのでしょう。
恐ろしいことです。


というわけで、運用資産をなくさないための知恵はしっかりと。

そのための知恵動画を更新しました!



19日名古屋講演もぜひ、ご来場くださいませ。
不動産リートダイジェスト(リート四季報のような冊子)を配布いたします。
詳細です

f0073848_14044663.png
アクセス
地下鉄 今池駅、10番出口直結
申し込み方法
メール、またはFAXによりお申し込みください。
「7月19日名古屋セミナー参加希望」と記載の上、住所・氏名をご記入ください。
seminar@nsj-r.jp
FAX:03-3662-0361







# by yoshi-aki2006 | 2019-07-18 14:05 | アンテナ | Comments(3)  

改憲議論でいわれていないこと

参議院議員選挙。


まず、自民党ですが、各国からこれだけ日本に要人が来るようになったのは政権が安定しているからで、やっとまともに相手にしてもらえるようになった点で、評価します。

誰だって社長がころころ変わる会社は信用しません。
総理総裁だってそうです。
自民党が仲間割れをしないで、ある程度まとまっていることで今日があるのだと思います。

それに対抗するはずの野党ですがいまいち主義主張も行動も鮮明化できていないのが残念ですね。

まず、野党は何をしてくれるのか、何ができるのか、はっきりした論点が打ち出せていない。
現政権を批判するだけなら政治家でなくてもできます。

そんな状態だから、
NHKから国民を守る会のようなはっきりした主義主張を持つ党の立候補者が目立ちます。

最初は面白がって見ていただけなんですが、
NHKから国民を守る会の立候補者の政見放送を聞いた限りではとてもまともなことをおっしゃっていた。
なかなか興味深い主義主張でした。

野末陳平さんの立候補。まずポスターでびっくりしました。
昔のちょい悪オヤジ時代と比べて、外見のあまりの老いさらばえ方に
「・・・・・・・」
と、ポスター前でしばし、絶句。
「終われない人だなあ」と半ばあきれていましたが、政見放送を聞いて
「なるほど」
と思いました。
「高齢者を適当な概念でいい、扱っていることに物申す」
そんな人がいてもいいかもしれないなと。

が、やはり、実践政治家としてよりは若手を応援してご自身はその顧問で見守ってもいいかもしれないと思います。

セクハラを受けたといって大騒ぎだった女性の立候補もありましたが、
うーん。
どうもなあ。
政治信条がようわからんなあ。
騒ぎの余波で目立ってはいるけれど、彼女が参議院で何ができるのか、まったくもって視界不良。
もっと政治姿勢や主義主張で共感できる部分がないとなあ、と思います。
自分をどこに建てれば一番いいかの戦略だけたけている気がして、もう、その手は賞味期限ではないか、という風に見てしまいますねえ。都議としてなんかやったんか、あの人?

音喜多君。
小池劇場の一幕目では
ああ、狸にだまされたなと気の毒に見え、
二幕目では
狸に化かされていたことに気がつき、舌鋒鋭く狸退治を試みるなど、なかなかやるなと思わせましたが

先般の統一地方選挙で落選した後、
参議院選挙立候補となると
少々、スパンしてみてみる気持ちが芽生えてきました。

この人弁舌さわやか、行動力もあるし、外見も悪い人には見えないけど、
なんか軸にしっかりはまり切れていないところがあって運動量のわりにうまく回っていないのではないかなあと。

こんな有様だと政界にごまんといる大狸、古狸のつかいっぱで終わらないかなと。
政治家以外のNPO代表のような立場の方が彼の良さは生きるのではないかしらなどと思います。
医者などでこういう先生がいたら、人気が出そう・・・・。
しかし、政治家はなかなか大変だよ、と思います。

というわけで、ポスター前で各立候補者の人相を見ながら、
見せていない部分を想像してみるのも選挙前の楽しみ方です。

税金を投じて国会に送り出すのだから、
それなりの働きをしてくれる人に投票したいですよね。

ところで、今回の選挙では「改憲派が3分の2以上の勢い」と伝えられています。

安倍首相は「自衛隊を違憲状態から適憲状態を目指す」として改憲含みを示されています。

将来、日本国防省みたいな部署の国防隊という位置付けにするのだろうと推察しますが、

いろんな視点で見ておく必要がありますね。

今の日本をどこかの国が攻撃したら国際的に相手国が責められます。
しかし、いったん国防隊のような組織をもってそれが各国に軍隊と認識された上で攻撃されたら、
自分の国は自分で守ると言っている国が自国を守れなかったのはその国のミスだということになります。

誰も日本を擁護しなくなる可能性がありますし、第一、そんな時は座ってなどいられない。受けて立つことになる。
そして始まってしまう。

今はトランプ政権と安倍政権の関係が良好だからいいようなものの、改憲はした、トランプ氏はいなくなった、そのうち安倍氏もいなくなったその時が怖い。

国防軍を持つということは脇差をした状態になるわけだから、その点をよくよく考えて、スイスのように永世中立国を選ぶなり、いろんな選択肢の中から考えないと10年、20年後の日本人からあの時の日本人は何だ、と言われかねないなあと思います。

脇差をさすのか町人のまんまで行くのか、思案のしどころですね。

改憲して将来、国防軍を持つと仮定した場合、国防軍があるからこそ、攻撃されない抑止力になるのだ、そういう国から拉致被害者は出ないという意見もありますが、果たしてそうなのか、いろんな角度から吟味したいですね。


さて、7月19日は名古屋今池ガスホールで講演します。
詳細です

不動産リートダイジェスト(冊子タイプで読みやすい。リート四季報みたいな冊子です)が配布されますのでご活用くださいね。

主催
一般社団法人不動産証券化協会
株式会社日本証券新聞リサーチ
日時
2019年7月19日(金) 12時00分開場~16時10分終了予定
会場
今池ガスビル 7階「ダイヤモンドルーム」
名古屋市千種区今池 1-8-8

アクセス
地下鉄 今池駅、10番出口直結
申し込み方法
メール、またはFAXによりお申し込みください。
「7月19日名古屋セミナー参加希望」と記載の上、住所・氏名をご記入ください。
seminar@nsj-r.jp
FAX:03-3662-0361
f0073848_07465019.jpg






# by yoshi-aki2006 | 2019-07-17 05:56 | 時事 | Comments(0)  

NHKニュースウオッチ9のトランプ報道の不思議

まえまえから不思議だなあ、と思っているのはNHKニュースウオッチ9のトランプ大統領に関する報道姿勢です。
11日もトランプ・バッシングに近い内容を放送していました。

NHKニュースウオッチ9のトランプバッシングは目に余ります。
何故、トランプ大統領を毎度毎度あそこまでひどく報道しなければならないのか、はなはだ不思議。
偏見に満ち満ちていると感じますねえ。NHKさん、どうしてなの?

いわくFRBパウエル議長を利下げに追い込んでいるトランプ大統領という内容。

確かにトランプ大統領は前から「パウエルはわかってない!」という論調ではあるけれど、それはトランプ大統領の経済政策を理解していないからで、私も「パウエルさんはまったく鈍いなあ」と思っていました。
「この人は自分が何をやっているか、まったくわかっていない人だ」と。

だからトランプ大統領の率直な発言には共感したのだけれど、NHKニュースウオッチ9がバッシングすることはないと思います。
日本だって内閣と日銀が連動して経済政策を推進しているわけで、
それを是とするのか否とするかのスタンスによりますが、
国民の一人として、いくら日銀の独立性問題があるにせよ、内閣と考え方で不一致であるのは不安です。
だから、いい悪いは別として、今のように安倍内閣と日銀の政策目標が一致しているのは不整合でない点で、是です。
不一致だと困るじゃないですか。

アメリカだってそうだろうと思います。
中央銀行も大統領も一致してアメリカの国益最大化のために働くべきで、そのためには政策が一致していくべきだと思います。

アメリカのトップはトランプ大統領。
会社でいえば社長です。

FRBの独立性は担保されなければなりませんが、だからといって株式や企業ファイナンス、国債ファイナンスが混乱するようなことをしていいどおりはありません。国の政策の方向性は中央銀行と一致しているのが望ましいのは言うまでもないことです。
それなのに、NHKニュースウオッチ9では、
「再選主眼のトランプ大統領のごり押し」のようなテイストで番組で報道しています。

それがとても不思議です。
毎回、トランプ大統領に関する報道姿勢が不思議。

トランプ大統領が大統領に選ばれた民意を尊重していない点がまず不思議。その点で、アメリカ国民に失礼だと思います。

トランプ大統領は選出されて大統領になっているのであって、独裁者のようになりあがったわけではありません。選ばれた彼は任期中、アメリカの国益を最優先課題として取り組むわけです。
その人物に向かって再選されたさにFRBパウエル議長を崖の端まで追い詰めたという表現はいかがなものか。
第一、他国の経済政策にNHKがどうしてそんなに批判的なんだろう?
トランプ大統領が逆イールド状態に対し、精力的に是正に向かって舵取りをしているだけで、再選されたさに金融政策を左右しているような表現ははなはだ失礼だと感じました。

なんであんなにバッシング論調なのか、本当に不思議です。
それに再選されないでいいと思って大統領をやる人などいるわけがありません。
どの大統領も再選されたいのは言うまでもありません。



それとジャニー喜多川さんが亡くなったことってニュース番組でながながと放送する価値のあるものなんでしょうか。
もっと国民の関心事を幅広く取材して報道してほしいものです。
山手線などの異常混雑だとか、
電車内にベビーカースペースがあるのにそこに平然と占拠するわかっていない乗客マナーとか、
全国に張り巡らされた視覚障碍者用の誘導敷設にハイヒールやカートが引っ掛かってどれだけ危険か

などいろんな身近な話がたくさんネタとしてあるのになあ。

羽田など保安検査で没収されるはさみ類を破棄される是非とか、
後で返してもらいたいのにうっかり鞄に文具ばさみなどが入っていると廃棄処分になる点など、
トランプたたきより視聴者に寄り添った内容での報道を期待しています。

さて、為替の見通しを更新しました。
イラン問題は視点を変えてみるべきという趣旨です。
為替コラム更新しました





# by yoshi-aki2006 | 2019-07-12 01:41 | アンテナ | Comments(0)  

いよいよ参議院選挙スタート 株式投資のヒント



月刊 木村佳子7月号を更新しました!
いよいよ、参議院選挙がスタートです。367名の立候補予定者の中から当選する人の与野党比率がどうなりますか、興味津々ですが、こと投資に関してはポイントとして
「株は知ったらしまい」。
結果がわかるまでの期間と結果が分かった後では対処法が違います。

参議院選挙期間は主力株というより、キャンバスが動いた例のように個性的な銘柄が動きやすいですね。
動画では銘柄は少なめにして、売り上がりを提案しています。


ぜひご参考にしてくだいね。

さて、毎回、直前までスライドを作ってスタジオに行き、一発撮りなので、
動画公開後に
「化粧が変だった!」とか
「ヘアスタイルがまとまってない!」
「服がいまいち・・・・」とか
反省します(^^;)

前日、うつぶせに寝ていた場合は顔がはれていますし、
運動しすぎの翌日は目がくぼんでいるし

顔面変遷、自分でも笑ってしまいます(;'∀')

リハーサルなどもしないと滑舌問題もあるし、一発撮りはなあ・・・・と思いますが、撮影環境で非常に恵まれているので自分の工夫の余地がまだまだ残されていると思いなおして、さらに良くなるように頑張ります!


こちらは「人生100年時代の前半」

後半も公開されていますので是非、お時間がありましたらご覧くださいね!
木村佳子の経済都市伝説「人生100年時代にそなえる知恵」後編




# by yoshi-aki2006 | 2019-07-04 10:25 | アンテナ | Comments(0)  

プライドの高いアホをどうやり過ごすか?

「あの先生、女子にひどいよね」という点で伝説の女性教授がいらっしゃいました。
「オリエンテーションに出たけど、私は大丈夫だったよ」と言っていた人も、
「やっぱりやられた・・・・」と後日、苦々しげに語っていたものです。

私もその先生の授業を取りましたが、ほかの女子から
「木村さん、まったくしらっと交わしていてすごいなと思った」と言われました。

いや、それは伝説先生の繰り出したパンチがまったく私に関しては不発で利かなかっただけで、
ほかの方なら「やられた~」と悔しかったと思います。

伝説先生は基本的に
「あんたなんか、私と口がきけるだけでもありがたいと思いなさいよ」というえらそーさ、本人セレブ意識の塊状態でした。生徒が少し接近しただけで、
「あんたなんか」モードで見下し感メモリ最大限に威嚇の表情を作るのです。

何しろ学歴、家柄、配偶者の社会的地位、ご本人は何社もの社外取締役と綺羅星のようなセレブぶりです。

私は「そうですとも。あなたは綺羅星! 私は路傍の石」作戦でした。
競ったってどうしようもない。第一、向こうは単位認定者でこちらは単位をもらう側なんだからハナから負けです。

競うエネルギーこそもったいないと思いました。
それに立場が強い状態で生徒イジメなんて、ろくでもない性根じゃないですか。
そんなアホと戦って消耗する方がもったいないです。

伝説先生の講義では海外の資料をみんなの前で発表し、ディスカッションするというもの。
前振りで、海外の資料の要約を翻訳し口述しなければならないのですが、
伝説先生のやり方はまず本人にやらせておいて、あとで翻訳文がいかに間違っているか稚拙かを伝説先生の翻訳でひっくり返して恥をかかせるというものでした。

事実、まじめな生徒がそうされたときは(その時は男性でしたが)、顔が赤く紅潮し、その後、凍り付き、固まってうつむきました。

毎週のようにそうされて、彼は鬱になりました。

さて、私の時も同じようにされたのですが、
私は自分が翻訳した文章を全ダメ出しのように先生がご自身の翻訳で語ってくださったとき、
「あらー、さすがだわ~。しかも楽だなー、こっちが調べてきたことを逐一直してくれて助かるー。正しい翻訳をしてもらったのでこれを仕事にもつかえる~!!」

と思い、かえってありがたかったのでした。

伝説先生は私の翻訳を全部ひっくり返して見せて、メンツをつぶした成果を見るために私の顔を氷のような表情で見ていましたが、私がごきげんな様子なので『効かなかったのか?」と1秒くらい、オドロキ、ちょっと焦っていらっしゃいました。

さらに「いや、いや、助かりました。サンキューです!」みたいな笑顔を返すと
伝説先生は「こんなやつ、いじり甲斐がなくダメっ」とばかりに私への粘着をやめてくれました。

その後、ちゃんと単位ももらえ、正しい翻訳もしてもらえたので私としては非常にラッキー感を感じました。それをほかの女子から見たら、「大人対応」と見えたのでしょう。

ぶつかって悩んでいる女子は、その本人も非常に出世が自慢のキャリアウーマンでした。

伝説先生にはいじり甲斐があった相手らしく
「女性取締役を推進しようとする時代に遭遇しただけで、実力もないのに、役員になれる実力があるように錯覚している」
と揶揄されたそうです。

彼女は歯ぎしりするくらい腹立たしかったようですが、私に言わせればそんな怒るのはエネルギーがもったいないです。いわせておけばいいんですよ。
「確かに私はラッキーでした、それが何か?」と。

さて、私が伝説先生に何を言われても平気だったのは立場やキャリアの差もさることながら、
「なんだかんだ言っても、伝説先生は勉強しすぎでその年ですでにあり得ないほど猫背だ。おばあさんになった時、もっとひどくなっていると思うなあ・・・・」
とか、
「筋肉なさ過ぎ・・・・」
とか、
別軸で査定していたからもあります。

伝説先生はいつもおしゃれな衣類を身に着けていて、特に決め服はイタリアンオレンジなどのいかにも海外で買いましたカラーでした。で、お仲間の先生方からニックネイムで呼ばれて、お嬢ちゃまのようにふるまうのが好きみたいでした。
ということは彼女もまた、承認要求の強い人で、それがゆえに、人を承認したくないのだろう、とも思いました。

こんな人に承認してもらったって、私は自分の仕事の屁のつっかえ棒にもならないです。単に単位くれればいいんだとも思っていました。

そして、長い時間にも目を向けました。
「息子がいるみたいだけど、これだけ意地悪な人だと、将来、弱った時に嫁さんらにきっと仕返しされるだろうなあ。意趣返しはそういう嫁軍団にお任せしよう」とも。

すると全然、気になりませんでした。

今も似たようなプライドの高いアホがいろんなパンチを繰り出してくることがありますが
相手を分析し、
長い時間を想像し、自分の代わりに意趣返しをしてくれる未来にぶつかるであろう人に「よろしく~!」とお願いするようにしています。

するとプライドの高いアホとの遭遇による腹の立つ度合いはぐっと軽減できます。

それでもどうにも収まらなかったら?

それはまた次回のテーマにとっておきますね106.png106.png106.png106.png106.png106.png106.png







# by yoshi-aki2006 | 2019-06-28 12:16 | 工夫 | Comments(2)  

それでもアホと戦ってしまう場合のおまじない

一人一人が自分の顧客・・・・。
そう思えば人当たりがよくなるということで実践している人は少なくないと思います。

が、時にとんでもないアホと遭遇し、そのアホがやらかしてくれるために、大幅に物事が遅延したり、損害が発生することがありますよね。

で、怒髪天突くほど激昂し、事情が分かっていない周辺の人は「雰囲気で判断」してしまうために、勢いついて怒っている人を非難してしまいがち。

また、アホほど「私はこうされた、ああされた」といいまくって自分に味方してくれる人を作ってしまうため、結果、「アホと戦うのは損」となってしまい、
アホを野放しにしてしまうことになります。

私もそのアホの一人かと思いますが、そのアホから見てもやっぱりアホ、みたいな人はいて、あまりの予想外の行動や言動についつい怒ったり戦ったりしてしまう。

しかし、元祖「アホと戦うな」提唱者の田村耕太郎さんは「アホと戦うな」という著書や相談室
プライドの高いアホにどう対処するか」でヒントを語ってくれています。

私はプライドの高いアホと遭遇した時は、
激昂せずに
このアホに反論する⇒するとこのアホは立ち向かってくる⇒すると気の短い私は怒鳴りつけるだろう⇒すると周囲の人は怒鳴った声の大きさや態度にびっくり⇒プライドの高いアホはそのびっくりに付け込んで、ワタシを攻撃するために悪口包囲網を構築するだろう

と想像するようにしています。

アホの陰口能力は侮れないものがあるので、陰口のエサは与えない方がいい。

なのでアホにエサは与えない、と心の中で何度か繰り返してやり過ごすようにしています。
何にしろ、人を怒らせるようなことをしていること自体、アホな証拠。

対応さえよければ、人はいくらでも力をかし、親切にしてくれるありがたい存在。
それを使いこなせないということはアホな証拠。

自分や他者のアホの度合いは人を怒らせている度合いで知ることが可能。一度、じっくり周囲を見回したいものですね(^^)






# by yoshi-aki2006 | 2019-06-27 08:48 | 工夫 | Comments(0)  

食パン完売商法

用があり、麻布に。
目的地近くに 
毎回、行列ができているお店があり、この日も相変わらず、並ばれていました。食パンのお店です。 
f0073848_15470232.jpg
美味しいのかしら? 興味はありますが、、、、私はもっぱら並んでいる人の属性分析ですね\(^-^)/。

私は基本的に並ばない主義。
時間に勝るものはナシと思うので、並んでまでは買いません。

が、帰り道、ふと見ると行列が一段落していました。
ちょっと取材してみようかしら?
f0073848_15461144.jpg
いつも、14時過ぎると完売になっているので、今日はチャンスかも。並んでいる人に話を聞くと、生のまま食べると、柔らかくて美味しいんだって。リピーターの方のようですね。
待ち時間にあれこれ観察すると、お一人様5つまでと書かれた張り紙が。
律儀に5つ買って行くお客様も多いです。
私は裏読み専門なので、ああ、一人の人に店が5つ買って欲しいということだな、と受け止めました。半斤450円、一斤864円として5つなら客単価は2250円~約5000円。
これなら家賃の高い麻布に出店するコストもペイします。
f0073848_16064191.jpg
みんな、複数買うなか、たくさん荷物を持ちたくないので、一斤だけにしました。
歩いていると見知らぬ女性に話かけられました。
「あの~、紙袋のお店に食パンを買いに行きたいんですが、場所、教えてくださいませんか?」って。
きれいにお化粧され、ルイヴィトンのバックを肩から下げた妙齢の方でした。なんでも、パンがとてもお好きなんですって。

さて、その足で用があり、広尾へ。紙袋を沢山抱えた女性とすれ違いました。
なんだろう? と見るとあら、ここにも完売食パン屋さん。
f0073848_16194699.jpg
この日の食パンは完売と張り紙が。

ウ~ム。
記憶のそこから上がってきたぞ。
これって、フリスビードーナツの時と仕掛けが似ている。
食パン完売商法仕掛け人がいるんじゃないかしら?  

ま、美味しかったら、なんでもいいんだけど。






# by yoshi-aki2006 | 2019-06-21 16:24 | アンテナ | Comments(1)  

ガスト「ぼっち席」に拍手! おひとり様席のある都内ガスト店

図書館に調べものをしに行くと閲覧室、自習室にはびっしりと人がそれぞれのお勉強でデスクについています。

なかなか空いている席がなく、なぜかしら空席になっていたところを見つけて座ると、
「あー、そういうこと?」
と空席だった理由がわかります。

その日のお隣さんはものすごく作業量の多い方でした。
ページをめくる音があまりにも気になるのでふと見ると、
作りこんだノートを何度も行きつ戻りつされていて、あるところでは付箋を貼り、
あるところではマーカーを引き、が延々と続きます。
サンダルを脱ぎ、髪の毛はクリップでアップにし、はだしになってすっかり没頭されているので、周囲への気配りには思いが及ばない様子。
日焼け痕跡ゼロな色白さんだったから、研究生活に没頭してお長い方ではないかとお見受けしました。
こりゃ、お隣さんとしては大変だぞお~と思いました。

耳栓をしても気になるその作業音についにギブアップ。
席を離れてフロア放浪。
やっと見つけた静かなデスクでひと心地着いた次第。
図書館だけでなく新幹線でもターリーズ、スタバなどでも「あ、この席、NGだな~」と思うことがよくあります。
タイピングの音が非常に大きい人とか。
本人はイヤホンしていて、タイピングの音のうるささには気がつかないんでしょうね。
ちなみにキーボードをたたく音でどんな人か、どれくらいのポジジョンについている人かだいたいわかります。

勢い込んでタイピングする人にあまり賢そうな人はいない気がする(;'∀')

というわけで、かくもお隣さん事情に悩む機会があり、おひとり様充実タイム需要はいや増すばかり。
そんな中、すかいらーく(ガスト)では「おひとり様デスク風のお席を充実させて流行っているようです。

ガストの東京圏の「ぼっち席」所在は
赤坂見附
麻布十番
新橋
三田慶応

など11店舗。

#ジョナサン麻布十番はボッチ席ナシでした!
#ガスト麻布十番は商店街地下だそうです。
同じすかいらーくグループでも、ボッチ席がないって、違い、なんでかしら? 研究したいわ~

新橋や麻布十番ならよく通るので一度行ってみようと思います。
PCやスマホで作業しつつ、ご飯やのみものが運ばれてくるという環境は働き方改革で会社から追い出される会社員や私のようなフリーランスの隙間時間利用需要に十分こたえてくれている優れた社会インフラだと思います。
おひとり様席だと「お隣さんリスク」からも解放されそう。
 
公的な場所で人のことなんて考えない人の行為を以前は嘆かわしく思ったけれど、今は、
そういう頭の働かせ方ができない人
人のことをおもんぱかる能力が欠如している人は思っているより多いのだという現実を見なければならないのだな、と思います。

そういう人と遭遇するとその場はジャックされて居心地の悪い時間を過ごすことになるわけですが、
そういうお困りごとをくみ取って新たなビジネスが生まれ出てくることを思うと
それもまた、ヨシですかね。

そんなことをつらつら思いながら体を鍛えるためレッスンに行くと
「電車の中で怖い人に会った!」と盛り上がっていて、
その人が録音した音声を聞かせてもらうことに。

なんでも満員電車の中で周囲の一人一人の乗客の顔に向かって
「私がお化粧してきれいにしていることがそんなに目障りですか? ね、あなたどう思う?」とか真顔で聞いてくる乗客がいたのだそうです。

遭遇するのは二回目なんだとか。
お隣様リスク電車版ですかしら。

そう問いかけるご本人にとっても、周囲の人にとっても、生きるのがなかなかむつかしい世の中ですねえ。


# by yoshi-aki2006 | 2019-06-19 02:47 | スタディ | Comments(0)