新たなシーンへ 2 

今日は「お兄さん」と慕っている方にテクニカル分析のレポートの指導をしてもらいました。
私は時系列チャートが好きですが、長年見ていると自分の物の見方に偏ってしまいます。
そこで指導していただくことに!

クリアなロジックになるへそ、なるへそと目からうろこが落ちる思いでした。

この数年、あるボランティア活動で非常に大きな負担を強いられ、勉強や仕事、遊びや休息、家庭生活にも多大な影響を受け、つくずく不毛な消耗に嫌気が生じていたところ、すっきりしたロジックで導いてくださる研究家の姿に久しぶりに気持ちが晴れ晴れ。

そもそも私は何かに属して拘束されるのは向いていないな、ということにも気がつき、自由人として仕事に研究に、趣味に家庭生活に生きていこうということを再確認。

別の先輩からも「捨てて拾うものが大きい場合もあるよ」とアドバイスももらったので、あまりにも負荷の多いボランティア活動からは離れる方向で調整することに。

人生は短いよ。

何かの会の役職につきたいわけでもないし、私に役職があるから仕事の発注があるわけでもなく、私が今までコツコツと仕事してきたことで切り開いて来た仕事ばかりなのだから、本来ある姿に戻るべく、負荷の高いボランティアは徐々に他の方に委譲することにしました。

問題は後継者だよなあ。

時間がたっぷりあり、マメに対応される方を探さないとね。

by yoshi-aki2006 | 2009-09-19 00:33 | 生きる力 | Comments(0)  

<< 花のある午後 人気について >>