君子豹変 小人面革

f0073848_9204887.jpg


懸案の仕事はスローテンポでなかなかはかどりませんが、インプットは続けなければならないので知らない分野の講習会を受けたり、各所に寄ったり、資料読んだり。

しかし、本もいいものです。心のよりどころとなる言葉と出会えたので早速、書の練習も兼ねて言葉を反芻。
君子すなわち器量の大きい人は「自分が間違っていた」と思えばすぐ改めるが、小人は面子だ、筋だとかたくなで改めることはない、というたとえ。
いいことをすぐ成すことが最善というエッセンスを私たちに伝えてくれている言葉だと思います。

最善を成すために器量の大きな人になりたいものです。

by yoshi-aki2006 | 2010-06-29 20:13 | 生きる力 | Comments(0)  

<< ワールドカップ2010 日本は... 日本テクニカルアナリスト協会総会報告 >>